« 時間の有効利用、ヨガ教室、仏陀再誕 | トップページ | 役立っていた新聞紙 昭和20、30年代  »

2009年11月19日 (木)

光電話で再び騒動

8175 パソコンのメールを受信しようとしても、ビクともしない。またか、とルーターの電源を抜いて、再度電源を差し込んで起動すると、消えていた灯りはつく。でも、メールは降りてこないで、故障したように見える。光ケーブルの終端装置ONUの電源も切って入れた。すると、消えていた灯りはつく。しかし、パソコンのメール、インターネットが動くわけでもない。コリャ故障か、「ひかり電話のご案内」の故障係0120-242751へ電話する。電話も固定電話がさっき使えたのに、今は使えないから携帯で連絡する。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

故障係は私が二週間前に終端装置を取り替えたことは把握しているから、その故障に「ひかり電話」の今後を占う重大な問題点を感じたみたいで、さっそく対応する姿勢を見せた。

取り替えたばかりの装置がおかしいというのは、NTTにとっては、そんな・・・という気持ちがある。他の原因かもしれない。明日修理に来るという約束だったのが、「きょう午後ご在宅ですか?」と再び電話があって、きょうの5時半に二人組の修理班がきた。

8469回線終端装置が故障してはいないようだ。電検査器具で見ると、ひかりのファイバーに受光量(じゅこうりょう)が少ない。マイナスだという。室内の配線の元(ローゼット)をフタを開けて調べるが、受光量が外から来ないので、そうすると、幹線の電柱から光量がどこで阻害されているか、調べてひかりの線、グラスファイバーがどこかで折れている可能性がある。

8481 応援を求めて電話してくれた。それが午後7時ころだ。雨が一日中降っている夜になって、作業車が二台もやってきた。最初の二人きて、次に六人くらいやってきた。最初に来た二人室内で検査したときに一台小型が一台きているので、三台が当社の前に止まって作業始めたから、大騒動になった。

8482_3 車1台、作業車2台、作業する人間が8人、作業が終わったのは午後9時だ。六人は2時間、二人は三時間残業でのべ18時間。賃金にすると18万円、車代が2万円とすると、20万円。材料費を含めると21万円をNTTにかけたことになる。彼らは、経費感覚はないのかもしれないが、レンタル料でカネがかからないということは、私のこの費用は、みんなの電話代から補填されるのだろう。

ひかりケーブルの線は、二階より高い電柱の上部にあるから、作業ボックスのついた箱に二人乗って、上がっていって、検査。ただ、暗い夜の懐中電灯の大型みたいなもので投光してみるから、ウチにつながるケーブルがどれかよくわからない。この識別に手間がかかっているようだ。

8489 配線の元(ローゼット 幹線電柱からウチ直前までの受光量は正常量。室内は再度調べても、受光量すくないが、回線には異常ナシ。すると、わが家の外に出てから電柱までの間に異常がある。しかし、どこがファイバーに不具合が起きたか、場所の特定ができない。よって、線(光ファイバー)を取り替えることになった。

ポキンと折れた可能性があるのだが、結局わからずじまいで、外の部分でファイバーを交換したら、メールも正常、電話も正常になった。

光ケーブルは線がガラス繊維でできて壊れやすいから、それが弱点だ。電話線→ISDN→ADSL→ひかりに私は、この技術の進展過程に私はクビ根っ子をつかまれて、振り回されて全部カネ払ってきた。ひかり、これが最終であるというが、まだ改良されるのではないか、多分。ワイヤレス無線が主流になるかも。

ひかり電話の故障!大騒動顛末   光電話で再び騒動   光電話って、債券75000円どうなる?

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 時間の有効利用、ヨガ教室、仏陀再誕 | トップページ | 役立っていた新聞紙 昭和20、30年代  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間の有効利用、ヨガ教室、仏陀再誕 | トップページ | 役立っていた新聞紙 昭和20、30年代  »