« 施設に預けられている子の背景 | トップページ | 孝経 身体髪膚 毀傷せざるは、孝の始め »

2009年10月10日 (土)

毒キノコ 食べられるキノコ 自然を楽しむ人々

7807 ドクツルタケ一本で、人間三人は死ぬ程度の毒分があるそうだ。だから、間違っても公園などに生えている、一見キレイなキノコに手を出さないことだ。

なかなか、コレが毒か、それとも食べられるか、見分けがつかない。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  感想コメント↓お書きください。

7808 頭の丸いカラカサタケは、食べられるのだそうだ。ちょっと、自信もって「カラカサタケ」といえないかぎり、手は出さないにかぎる。

78117812 次にムレシメジ、これは一面に群がるように生えているのが特徴で、食べられるコノコらしい。シメジというポピュラーなキノコに近いのかも。山に近いところに住む人は、秋になるとキノコ狩りを盛んに行う。

私などは、田舎でありながら町に住んでいたから、そういう野趣に富んだ遊びが意外とすくない。草を食うというのも、少ない。俳優の岡本信人が野草に詳しくて、野草のてんぷらを作って紹介している。

Photo 岡本信人:小学校時代まで同県萩市で過ごし、神奈川県へ、さらに東京都へ引っ越す。駒場学園高等学校卒業、東海大学二部工学部建築学科を1970年に卒業。

中学2年のとき、劇団ひまわりに入団。1962年、NHKのドラマ『福澤諭吉』で子役としてデビュー。1966年、高校卒業と同時に退団。TBS『肝っ玉かあさん』にレギュラー出演。『ありがとう』、『渡る世間は鬼ばかり』など、石井ふく子作品の常連となった。

道端に生えている野草を調理して食べる趣味で、1998年3月には野草の食べ方の著書『道草を喰う―素朴で美味しい野草の話』 (法研)を出版。『ナニコレ珍百景』で植物系のネタで度々出演、野草をてんぷらにして食す場合もある。Wikipedia参照

義兄が中津川(岐阜県)市の近く坂下出身で、キノコ取り、魚釣り、野鳥の卵をとって孵化までやる人だったが、子供がみんな女で彼の技術を受け継いだ人はいなかった。

キノコ取りは技術だから、ありそうな場所を探すコツ、そこまで行く方法、キノコを取ったあと胞子をまくようなとり方、取りに行く時期、そういう総合的にノウハウを知らないと、行く気がしない。いけない。

秋田出身の義弟は、彼は自然災害で亡くなったが、父親譲りで習得した技術を持っていた。キノコとり、笹たけのことり、山女釣り、自然薯じねんじょ掘りは、趣味を越えて、プロと言っていいほどだった。専門家で、ホームページをつくってキノコ販売までやっていた。

彼と会えば、キノコ狩りの薀蓄で一時間、魚釣りでニ時間は軽く語っていた。体験談だから具体的で、こういう話は、毒気もないし、政治談議のように理屈ぽくない。肩がこらないから、飲みながら聞ける。酔えば民謡か、河島英五を歌う。スポーツマンでスキーの指導員資格をもっていた。彼のような好男子は、神に好かれるのか、早く逝ってしまった。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  感想コメント↓お書きください。

|

« 施設に預けられている子の背景 | トップページ | 孝経 身体髪膚 毀傷せざるは、孝の始め »

コメント

先日、孫がビデオを見ていると
とんでもない言葉に耳を疑いました

「オッス オラ 極右」

主人公は異星人との紛争を
暴力によって解決しようとするもので
とても、子どもには
見せられる内容ではありません
  
また主人公がピンチになると
金髪で青い目に変身します。
(元々の主人公は黒髪で黒い目をしています)
時代遅れの脱亜入欧的表現に笑ってしまいましたが、
こういう所から同じアジアの同胞への
差別が始まるのかと思うと薄ら寒い気がします。

そして、最後の必殺技は、
全ての人々から元気を少しかけてもらい、
巨大なエネルギーにするというものなのですが、
その表現が更に恐ろしい。
全ての人々が両手を天に上げる、
そう万歳なのです。
万歳をした人から力を奪い取り、
敵を撃つという図式は戦中の構図そのもので
その衝撃にへたりこんでしまいました。
  
このような番組を見て育つ子どもの将来が
非常に心配です。
この国はいったい何処に進んでいくのでしょうか

投稿: 平和主婦 | 2009年10月10日 (土) 15時03分

なんというタイトルのビデオをごらんになったかわかりませんが、個人として私が見ても、偏見や差別を感じて憤慨するでしょう。

しかし、ビデオやDVDは、鑑賞する側の考えで見ないようにすることしか、できません。制作または表現するのは、現在の日本では自由です。公共放送とは違うので、個人の購入、また借り側が注意するしかないと思います。

表現の自由を奪う、思想の検閲はできないと思います。各自が健全な考えをもって、不健全な思想を間違っていると思う見識を子供時代から育てていくことが重要です。

ぜひ、お子様の教育には、健全な本やビデオを見せて、常識の基本を身につくように指導ください。

投稿: nozawa22 | 2009年10月11日 (日) 13時54分

ところでnozawa22さんはドラゴンボールも見たことが無いのでしょうか。

ドラゴンボールも自称平和主義者にかかったら、極右の暴力アニメなのでしょうね。おそらく少年漫画は全て暴力的でダメなんでしょうね。クレヨンしんちゃんも著者が無くなった今は評価が上がっていますが、PTAには評判が悪かったですし、ドラえもんなどはいじめを助長したり、差別を生んだりするマンガで受け入れられないのでしょうね。

ドラゴンボールの世界では、動物型知的生命体も人間も、怪物も共生している社会ですので、地球と言う枠組みで、ある意味興味深い社会を形成しておりますが、

そこに地球人を全滅させようという武器を必要とせずに核爆弾以上の破壊活動を行える異星人が問答無用で襲ってきたら、果たしてどうしたらよいのか。

物事は多面性を常に持っていますので、nozawa22さんも偏見に満ちた一方的な意見だけで物事を判断されない方が良いのではないでしょうか。

投稿: ぬえ | 2009年10月12日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 施設に預けられている子の背景 | トップページ | 孝経 身体髪膚 毀傷せざるは、孝の始め »