« 参加することに意義ある、精神の是非 | トップページ | 給食に脱脂粉乳を飲んでいたころ »

2009年10月 4日 (日)

中川一郎(父)と中川昭一(息子)の死

P292 父中川一郎は北海道広尾町で出生。九州大学農学部を卒業後、北海道庁に入った。その後、昭和38年に北海道5区から出馬して初当選。昭和48年に故・渡辺美智雄、石原慎太郎(現、東京都知事)らと「青嵐会」を結成し、昭和54年に中川派を旗揚。彼は「熊のような体躯で涙もろく、愚直なまでに純朴な男」と言われ、国民には人気の政治家だった。出典

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位見る


死の前年、昭和57年11月、中川は自民党総裁選に出馬し中曽根康弘、河本敏夫、安倍晋太郎の3氏と戦い、最下位で落選した。中川は思い悩み衰弱。中川には次のチャンスはあったが、落選という結果は中川にとって、将来に向けて望みが絶たれたようであった。

①三塚博代議士との確執
三塚は総裁選で中川に票を入れることを確約していたが、実際には安倍氏に票を入れた。また、三塚の地元仙台での選挙演説では100人に満たない聴衆者しか集まらず積極的に動員しなかった。

②鈴木宗男代議士との確執
当時、中川の秘書鈴木宗男は中川の金庫番で、権限は絶大であった。総裁選で必要な資金の調達に鈴木の手腕が発揮、中川に対して自分の参議院出馬を要請するなど確執は相当あったと言われている

③ソ連エージェントの疑惑
昭和57年7月にソ連スパイで米国に亡命していたスタニスラフ・レフチェンコ元駐日KGB少佐が米下院情報特別委員会で「日本人エージェント・リスト」を暴露した。このリストに中川の名前は入っていなかったようだが、リストに入っているテレビ会社重役の某氏を介してソ連エージェントが中川と頻繁に接触していた。中川は間接的なエージェントになっていた可能性があり、中川自身が相当悩んでいた。


-謎の人物-
死亡推定時刻のわずか1時間前に中川は事務所の幹部に電話をかけ、色々な相談事を話していたが、その途中「やぁ、やぁ」と誰かに呼びかける様子で突然電話を切った。突然、中川の部屋に入ってきた人物が誰だったのか、いまだに解明されていない

  父中川一郎の死も、息子中川昭一の死も、突然で驚かされる。中川昭一は、なんで死んだのだろう。もうろう会見以後、ストレスがかさなって、落選というで肉体の限界に引き金を引いてしまったのだろうか。これが意思的に本人が引いたか、自然が引いたか、死へ逃避してしまった。死ぬほどに彼は情が厚かったともいえる。父の位牌に対しても、涙を流すと書かれている。拉致被疑者にも、情をかけていた。その情こそが、死へ引き込むのかもしれない参考

   彼もそうだが、ニセメール事件の永田元議員も順調の時は強い能力を発揮するが、挫折に弱い。中川昭一本人の頭では耐えようという意思はあっただろうに、肉体は挫折に耐え切れなかったか、と思う。頭で考える意思は強くても、肉体の限界はほとんど人は差がないのかも。

  自民党の与党としてのなれが、酒豪にはこれくらの酒酔いは許されるだろうという気の緩み、民主党が天下り禁止、税金の無駄使いと積極的にやっているから、自民党のボロが続々とサラケだされ、民主党ショーになっている。そのなかで中川昭一の能力より酩酊会見の印象ばかり強く、赤城元農水大臣も同様に4年、8年はカムバックできないだろう。松岡元農水大臣も、生きていたら、そんな憂き目に合っていたのだろう。
  議員というのは、明治維新の志士と同じで、刀を振り回していないが、闘争して刃の上を渡っている観がある。

所に住む女性(58)によると救急隊員らが死亡を確認して引き揚げた直後に、中川氏の妻は玄関から外に現れ、声を上げて泣いていたという。「中川さんは夫婦で出掛けることが多かった。奥さんがかわいそう」と声を落とした。別の女性(47)は「3日ほど前の早朝に、コンビニの買い物帰りの中川さんとあいさつした。元気がなさそうだった」と話した。以前は庭いじりをする姿を住民が見掛けることもあったが、最近は庭の手入れもあまりしていなかったのか、枯れたままの花も。

  この父の自殺後に起きた鈴木宗男との後継争いは、当時、マスコミから骨肉の争いと書き立てられた参考

  早くから竹下派で頭角を現し、経世会系の実力者に上り詰めた鈴木宗男には後れを取っていた。両者の実力が逆転したのは、小泉政権下であり、中川が一貫して党幹部・閣僚として政権中枢にあったのに対し、鈴木は後にスキャンダルで離党・逮捕されるに至った。

中川昭一の父中川一郎の酒クセ: nozawa22

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位見る

|

« 参加することに意義ある、精神の是非 | トップページ | 給食に脱脂粉乳を飲んでいたころ »

コメント

 救急隊員らが死亡を確認して引き揚げた直後に、中川氏の妻は玄関から外に現れ、声を上げて泣いていたという。「中川さんは夫婦で出掛けることが多かった。奥さんがかわいそう」と声を落とした。別の女性(47)は「3日ほど前の早朝に、コンビニの買い物帰りの中川さんとあいさつした。元気がなさそうだった」と話した。以前は庭いじりをする姿を住民が見掛けることもあったが、最近は庭の手入れもあまりしていなかったのか、枯れたままの花も。

投稿: 近所に住む女性 | 2012年9月 1日 (土) 13時50分

ぼくも、この二人は、謀殺されたんだろう、とおもってます。

投稿: まゆまゆ | 2018年5月30日 (水) 04時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参加することに意義ある、精神の是非 | トップページ | 給食に脱脂粉乳を飲んでいたころ »