« 「冬構え」(1985年)NHKアーカイブス | トップページ | 東尾理子と石田純一ら 現代男女関係 »

2009年9月28日 (月)

東アジア共同体は 夢のまた夢か

7582 鳩山由紀夫首相が国連で、東アジア共同体構想を中国主席胡錦濤とであって握手した途端、友愛外交と東アジア共同体構想を訴えていた。記事は日曜日のテレビ朝日「スクランブル」からの引用

専門家は、「そ7595んな構想が実現できるわけない」と、障害になる点を列挙して見せるが、やれないでも、近づいたらいいのじゃないか。アジア共通通貨、地域の恒久平和の枠組みを作るのは、非常に意味がある。人類の願いだと思う。この奇想天外な理想が言えるのが「友愛」鳩山一族のいいところだ。これは、実現できたらノーベル賞ものだ。沖縄返還より大きいかもしれない。中国と日本がツーカーになることだから。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

ロシアへ交渉に鳩山一郎と河野一郎が一緒に出かけたとき、飛行機の中でも鳩山一郎は必死に勉強しているのに、河野一郎はリラックスして眠り続けていた。鳩山由紀夫の勉強する、努力する点は似ている。河野太郎の森義朗の退場を求めたり、町村信孝の推薦人引き下ろしを暴露するなど、その度胸は河野家の伝統だね。

7588 東アジアだけで、18億人の人口がある。中国だけで13億人いるのだが、ヨーロッパのEUより人口は多いし、発展していく可能性がある。人類が平和に安心して暮らすには国の統合が、どうしても通らなくてはならない道だ。

2009年5月に民主党代表となった鳩山由紀夫は、演説や寄稿文などで「日米安保条約は外交の要」としながらも、友愛精神に基づいた「東アジア共同体」を提唱した。内容としては日本・中国・韓国を中心とした東アジアが集団安全保障体制を構築し、通貨の統一も実現すべきだ、とするものであるが、鳩山は「東アジア地域の安定を図るため、米国の軍に機能すべきだと思うが、(同時に)政治的・経済的にも影響力を行使し続けるのには、できる限り歯止めをかけたい」(Voice』2009年9月号)

東アジア域内の共同体で、日本は対等に協力しようと思っているのに、中国が覇権主義に考えを捨てる気がないから、それを専門家は危惧する。

7589 中国共産党の世界地図(2050年予想図)を見たという評論家の言葉だが、「日本の東半分が日本の自治領で、西半分が〝東海省”となって、日本という国は消滅していた」という。新疆ウイグル地区の立場を想像してしまった。中国共産党の覇権主義もここまで計画しているとしたら、付き合いきれん。中国が本当に東アジア共同体のイニシュアティブを握ったら、こうなんだと脅かされたら、中国とどう付き合ったらいいのだろう。中国は、どういいう考えか、知りたいものだ。

7591 日本が先に言い出したので、胡錦濤は何も対案を用意していなかったので、返事はないが、中国も世界の覇権国としてアメリカに取って代わるには、周辺の東アジアを従えるために東アジア共同体を作り仕切りたいだろう、と日本人からするとそう思える。

7598日本は中国の影響力にさらされて東アジア諸国は日本以上にそれを肌身に感じているから、対等な東アジア共同体には、日本の提案に同感を得られるのではないか、と予想している。しかし、アメリカとの関係、中国の関係が複雑に絡むと、一筋縄では進まないのがこの種の外交だ。

7586中国に対して東アジア非核地帯構想を打ち出すことで、中国を牽制したら、中国も戸惑うはずだ、という。中国の核配備で力を振るう外交カードを逆手に取って、非核地帯をつくることで東アジア諸国を日本の味方にして、共同体内を中国に張り合えば、中国を覇権主義を出せないだろう。とにかく日本が先手を打つことだ。中国に先手を打たれたら、日本は負ける。共同体の中で中国が仕切る関係になったら、中国が盟主になり、東アジアも日本も中国の属国扱いされる。

そんな危惧を、大方の評論家はいう。非核連合で進めていけたら、東アジア共同体構想は前に進む。しかし、現実には、一歩も前に進んでいない。

Kuroganehiroshi黒鉄ヒロシは「大東亜共栄圏を連想してしまう」とのっけから言う。しかし、他 の出席者はそれには反応していない、五族協和、八紘一宇など大東亜共栄圏を忘れたのか。忘れてもらったほうがいいのだが、中国首脳が知らないはずはない。「大事なところで『大東亜共栄圏を持ち出されて、中国の風下にいてもらうよ』といわれたら、グウの音も出ない」と、黒鉄ヒロシ、そればかり言っていた。日本が共同体をいうと、色眼鏡を掛けて見られる宿命がある。

日中韓三カ国で500漢字の共通化   東アジア共同体は 夢のまた夢か    中国簡体と日本略字からアジア連合 天安門事件と中国政府の体質  国のない民族 クルド、チベットなど 中華民族の国家造りの問題点 温家宝 氷をとかす旅 裏の狙い   「ロシア油田」中国と競合から考える 怨みに徳をもって報いる 以怨報徳 日清戦争で日本人の意識が変わった もうケンカはすみましたか 毛沢東 天安門事件と中国政府の体質 

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 「冬構え」(1985年)NHKアーカイブス | トップページ | 東尾理子と石田純一ら 現代男女関係 »

コメント

八紘一宇

投稿: | 2009年10月25日 (日) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「冬構え」(1985年)NHKアーカイブス | トップページ | 東尾理子と石田純一ら 現代男女関係 »