« 勝浦で終戦を迎えた通信兵 | トップページ | うじきつよしへ反論は、戦争容認か »

2009年8月17日 (月)

拝啓、社民党代表福島さんにお願いが

5744 拝啓、社民党福島瑞穂様
 私は、千鳥が淵国立霊園、中国、南太平洋の戦没者人数の書かれた戦闘地地図前で、「ここで父が戦死した」、指差す人と話をしていました。十二時過ぎに「福島瑞穂社民党党首が到着されました。」アナウンスがあり、福島さんは戦没者慰霊の前
で挨拶をされた。
「父親が戦地へ行き、かろうじて生きて帰ってきたから、自分が生まれた」と。
  福島さんの父親のことを初めて知った。戦争反対、平和を愛する党の党首でさえ、家庭の事情は聞こえてこない。多くの個々の人が、前の戦争とどう係わったが、知る機会は少ないものです。

今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ
 ご感想  お書きください。

5765  多くの人は、戦争と自分のかかわりをを語りたいのに、語る機会がない。唯一この戦闘地が描かれて地図を前にして、やっと語る機会を得たような気持ちになるようです。
 戦死者が山ほといるのに、麗々しく慰霊の式典は盛大にとり行われても、それを個々に語る話を聞いてくれる人は誰もいない。そんな状況がある。国民は個々にバラバラにされて、横のつながりがない。

5712 庶民レベルで8月15日くらいは、千鳥が淵にくれば、人が集まっている、という輪があって、戦争について語りあえる場、機会があっていいのではないか。3人以上集まると集会とみなされ、解散!と排除された時代ではないのですから。
5726戦争の傷が消えたと思われ、「もはや戦争が悪いことではない」「戦うべき時は戦うのだ」と いう流れになって、「九条」の存在があやうくなっている今、社民党は「九条」と「平和」にこだわるには、戦争の痛み、戦争の悲惨さを語りつぐ人々を集める働きをしなければ、ますます「日本の自尊を重んじる」と称して、戦争の気配がする坂道を転がり落ちていく。
 
 そこで、社民党代表の福島さんにお願いがあります。


57145735 ①あの「戦闘地の地図」は青銅板で立派にできているのですが、よほど近くへ寄らないと、地図も数字も見にくい。
もっと見やすく作り直すべきです。自分の身内が戦死した場所を知りたいと、地図に近寄る姿を見て痛感します。芸術作品ではなく、黒板の役目を果たすように、五メートル離れても地図がよく見え、文字が読めるようにしてはいかがでしょうか。

57375719 ②戦争説明をボタンを押すと音声ガイダンスがありますが、あれでは不十分です。
 戦争の説明は太平洋戦争と当時の政治的な背景をよく知るボランティアを置くべきです。戦争博物館で戦争の被害を説明するものもありますが、「戦闘地の地図」の前で戦闘の概要説明するボランティアがいると、長年の疑問が解決するという人も多いはずです。

5734 8月は、国民の平和へのこだわりが高まり、平和のありがたさを共有でき、特に8月15日は戦争を反省する日です。
 1年に一度、平和を愛する社民党の月があるとすれば、毎年8月のはずです。そのためには、千鳥が淵霊園の緑陰の芝上で、戦闘地ごとにボランティアがいて、戦闘の説明や、「戦前、戦時の生活やあのころは・・・」という話ができるのではないでしょうか。戦争の現実を伝える場がなくて、どうするのですか!

Photo 戦争反対は当たり前、平和は与えられものではなく、日常で獲得していくものです。私たちは今、何をするべきか。九条、九条という前に、みんなの心を掴むには、国民の戦争体験を語る場所を千鳥が淵公園にするべきです。
 ここが東京のスピーカーズコーナーになるように社民党が働きかけるのです。地道な一歩一歩が平和を獲得するステップになるのです。平和へのロードマップはこういうステップです。

 再度、社民党を代表して福島瑞穂さんにお願いしたいことは、
 霊園掲示板の戦闘地地図を見やすいサイズにしてください。5メートル離れても見える地図にすること。次に、太平洋戦争を満州事件から終戦までを、子供に説明できるボランティアを常時いるようにさせてほしい。それは社民党ががんばって設置するべきだ。それが社民党の草の根運動となるだろう。党勢拡大の一助になるはずです。

拝啓、社民党代表福島さんにお願いがあります 
靖国神社8月15日(2009年) 
うじきつよし 本物の平和主義者になるために 
海軍軍令部はどんな反省をしたのか 
ミサイルとMDに戦争の悲惨さはない 
陸軍中佐沼田正春 幼い息子に遺訓  

8月15日靖国神社2008年 千鳥が淵Ⅳ 
8月15日靖国神社2008年 Ⅲ 
8月15日靖国神社2008年 Ⅱ 
8月15日靖国神社2008年 Ⅰ  
靖国神社(18)0815 
2005年
靖国神社 8月14日(1) 
靖国神社 8月14日(2) 
靖国神社 8月14日(3) 
靖国神社 

太平洋戦争 開戦から学徒動員まで 
嗚呼 満蒙開拓団 岩波ホール盛況なり 
橋本艦長 回天出動せず 真夏のオリオン 

今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ
 ご感想  お書きください。

|

« 勝浦で終戦を迎えた通信兵 | トップページ | うじきつよしへ反論は、戦争容認か »

コメント

社民党代表福島瑞穂さんにお願いは、
①霊園掲示板の戦闘地地図を5メートル離れても見えるサイズにする。
②日中戦争、太平洋戦争を満州事件から終戦まで、子供にもわかる説明するボランティアを常時いるようにする。
 その設置への行動が、草の根運動となり、社民党の党勢拡大の一助になるはずです。
 この提案が、受け入れられないなら、この社民党の衰退絶滅は必至だ。

投稿: nozawa22 | 2012年8月29日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝浦で終戦を迎えた通信兵 | トップページ | うじきつよしへ反論は、戦争容認か »