« 平櫛田中作品を楽しむ 小平美術館 | トップページ | 落選しそうな自民党政治家の8月30日 »

2009年7月14日 (火)

野中広務 提言 福田康夫選挙管理内閣

Photo10 日曜日の時事放談で、野中広務が自民党の混乱を心配して語っていた。

現在の自民党の混乱を収拾して、選挙の歩留まりを考えると、麻生さんが自分の身を引く絵が描けないのが問題だと憮然としていた。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
  ご感想  お書きください

Hukuda 「麻生さんの主導で福田康夫さんを首班に指名する。選挙管理内閣をつくり、選挙をくぐり抜けると、そのあとの政界に麻生さんが力を残せる。」

麻生さんには非常に親切なアドバスだ。この「絵」を描ける人がいないのが、残念だ、司会の●●も納得した顔をしていた。一手戻して、福田さんに2ヶ月くらいお願いしたら、非常にうまく今の混乱を収められる。私もそのアイディアを聞いて、なるほど、と思ったんだから、政治家ならわかるだろう。

そうすれば、他の異議を唱える反麻生分子も黙らせることができる選択だという。それを自らの意思で行うことが、今後の自民党が生き残る道だという。

もう、今は200を切ると多くの議員が覚悟しているが、選挙管理内閣を作って、今後の見通しを見せれば、負けるにしても、目減りの数を最小限に抑えられる。野中務の豪腕、やり手ぶりは引退しても光っている。

200901p04cPhoto_5 野中広務は、参議院のドン青木とケンカして辞めたが、古賀誠はもっと彼の知恵を借りにでかけたらいいのに。彼にとっては先生みたいな人なんだから、相談しにいくべきだろう。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
  ご感想  お書きください。

|

« 平櫛田中作品を楽しむ 小平美術館 | トップページ | 落選しそうな自民党政治家の8月30日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平櫛田中作品を楽しむ 小平美術館 | トップページ | 落選しそうな自民党政治家の8月30日 »