« 人間の飽食から生まれた糖尿病 | トップページ | 草食系男子 人口調節本能が作用 »

2009年5月 6日 (水)

オードリー・ヘップバーン 加藤タキが語る

35453547 オードリーというと、今ではお笑いの春日・若林のコンビの方が有名になってしまうような時代になってしまったが、オードリー・ヘップバーンの人気は衰えていない。日本では、彼女の華奢な容姿といい、控えめな態度に好感がもたれている。オードリー・ヘップバーンを悪くいう日本人は少ない。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

アンネ・フランクと同い年で、戦後、オードリーはアンネの事を知りひどく心を痛めたという。後年、映画『アンネの日記』のアンネ役のオファーもあったのだが、辛い過去を思い出すのを恐れて断った事もある。英語、フランス語、オランダ語、スペイン語、イタリア語に抜群に堪能であった。『ローマの休日』のアン王女役のオーディションに合格。パラマウント映画と契約し、アメリカにおいて映画初出演を果たす。『ローマの休日』のアン王女役で一躍有名となった。ウイッキペディア参照 テファニーで朝食を

3554加藤タキとオードリー 加藤タキは、英語が堪能でオードリー・ヘップバーンの通訳をしていた関係で、長年親交がある。加藤タキ:夫は、建築家の黒川紀章の弟で黒川雅之黒川 。本名は多喜子(くろかわ たきこ)。父は元国会議員の加藤勘十、母は同じく加藤シヅエ。

オードリー・ヘップバーンは、かの有名な「ローマの休日」でアカデミー主演女優賞を23歳で取った。その印象が極めて強いから、日本では、オードリー・ヘップバーンといえば、「ローマの休日」のイメージだ。日本の企業が、オードリーの名声をうまく利用して、CMに出てもらおうとした。その交渉の当事者として、通訳が加藤タキさんが当った。

35483557 ローマの休日の映像を使いながら、60代のオードリー・ヘップバーンが語りかける、そんな構想で交渉にあたった。どこの会社がCM起用を考えたか、それは私には分からない。多分、オードリー・ヘップバーンが日本での人気を利用してCMで稼いでやろうと思えば、湯水のようにどんどん稼ぐことが出来ただろう。

多分、キリンで飲料水のCMでヒットすると、次にヤマハのオードバイ、保険、電化製品に、と、年間5000万円でといえば、喜んで契約したがる企業は出るだろうね。容姿が衰えたら、昔の映画の写真を利用する手があるから。日本は、格好のマーケットだろう。韓国からきて、ブームになった韓流スター達は、自分の価値がある限り、1円でも稼げるなら、ドンドンで尽くす。えげつないと言えば言えるが、資本主義市場というのは、価値があって買いたい人と売りたい人がいれば、思想信条は関係ない。

そういうものだ、というのが常識だ。そういう常識いつのまにか、当たり前になっていたが、オードリー・ヘップバーンは自分の映像をCMに使うことを断った。しかし、オードリー・ヘップバーンの映像がCMで見かけたような気がするが。まあ、いいわ。

「この写真は使ってほしくない」というオードリーに加藤タキは「どうしてですか。この写真、みんなが好きです」と申し上げたら「私が今見ても綺麗だ、と思う。私があたかも、あの頃の名声とか、人気に浸っていると、日本の方々に錯覚をされたくない」

私は歳を取ることは怖くない。常に今を生きている。そして、明日に向って生きていきたい。人間はやっぱり、死ぬまで成長できるってこと、今、自分は知っている。

00007 65歳と25歳 あの時(若い頃、の意味だろう)のように不安なんて一つもない。「それを見てほしい」という。そういう意味で、日本企業のCMを断った。その姿勢を示すのが、スイスの自宅にはマスコミを近づけない。そして、黒柳徹子と同じような親善大使でソマリアへ行っている。

「前世は日本人だった」というほど、日本びいきで日本へ来たい来たいと言っていたが、ようやく来日したのが、60代になって、子供を二人連れて奈良、関西を回った。

オードリーの言葉を落合恵子が紹介していた。「私の最高の勝利と成功は、あるがままの自分を愛せるようになったこと」深いい言葉だ。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
ご感想  お書きください。

|

« 人間の飽食から生まれた糖尿病 | トップページ | 草食系男子 人口調節本能が作用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間の飽食から生まれた糖尿病 | トップページ | 草食系男子 人口調節本能が作用 »