« 血管外科のプロフェッショナル大木隆生 | トップページ | 公明党と民主党の関係 YouTube石井代議士 »

2009年4月17日 (金)

田中義剛 生キャラメルの作り方

3028生キャラメルの生産が追いつかなくて、買えないとかいうが、それなら作ればいいじゃないか。田中義剛、製造方法をしゃべっている。作れるのではないか。女の子がクッキーを作るくらいの難しさに聞こえた。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
ご感想  お書きください

3016 材料は、牛乳、生クリーム、水あめ、バニラビーンズ、蜂蜜。それらの材料を銅なべに入れて、45分間煮詰める。温度管理がむずかしく、煮立たせない温度で内容物が半分くらいまでかき混ぜ続ける。30分ころに泡立つ。なおかき混ぜて、生キャレメルが出来上がる。焦がすのが一番いけない。数回失敗すれば、できるようになる気がする。作り方 動画で説明

30183014 田中義剛30代と50代  従業員1500人、売り上げが120億円とは、いい企業になったものだ。10年間の奮戦が実ったと思う。農協や問屋を介しないから、既成の卸売り機構が面白くないのかもしれない。巨額の収入があると、人が集まり、仕事の道がつく。田中義剛、テレビで顔を売れているから、今後も伸びていく。北海道の景気から考えて、安く人を使っているだろうと思う。

三、四年前の牛乳廃棄問題が起きた。その後、乳牛削減が言われたとき、この牛乳で何かできないかと考えて、岡山の吉田牧場でカチョカバロというチーズを習った。これは、黒柳徹子のヒントで、このチーズが美味しいということで、それを話しを聞いた翌日に義剛は出かけている。彼は、このフットワークのよさが身上だ。

牛を飼って、牛乳をしぼり、1割がチーズ等に利用されて、9割が廃棄物になる。この廃棄物ホエーというが、このホエーをブタに食べさえ、ホエーブタを養育している。このホエー豚が肉が美味しいと評判だ。ホエーを飲ませるのはヨーロッパでは普通のこと、日本でホエーが産業廃棄物で問題だったのを解決して豚をドンドン販売できる。

3021豚は、ビニールハウスに飼い、籾殻で敷き詰め、そこで豚が糞尿で醗酵すると熱を発し、40度から50度になる。ビニールハウス内の温度は夏のように暖かいのだ。これを聞いたとき、イチゴハウスやメロンハウス内の暖房を豚と同居のビニールハウスなら、石油燃料が不要ではないか、ハウス園芸の経営者は飛びつくと、ふと思った。こんな所に経営のヒントが隠れている。

3023次の目標は、夕張の遊休施設を買って、夕張メロンのジュースと生キャラメルのコラボ商品を既に考えているらしい。夕張の市長に頼まれたというが、「石炭の歴史村内」の旧サイクリングターミナル「黄色いリボン」建物を落札して、ここを改装して4月20から稼動する。

Pic_090301_2 店や見学施設を併設し夕張への観光事業を考えている。夕張工場では地元夕張メロンの果汁入り新製品「生キャラメル 夕張メロン」を1日1万箱の生産する。地元の老人施設から50名、全国から従業員50人公募して300人規模の工場を計画している。この不況を味方につけた経営は波に乗っている。普通ならカネのかかる仕事を半分以下、多分1/10以下でできているのではないか。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
ご感想  お書きください

|

« 血管外科のプロフェッショナル大木隆生 | トップページ | 公明党と民主党の関係 YouTube石井代議士 »

コメント

生キャラメル、おいしいですよね!

投稿: | 2009年5月24日 (日) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血管外科のプロフェッショナル大木隆生 | トップページ | 公明党と民主党の関係 YouTube石井代議士 »