« 清水由貴子 49歳自殺介護疲れか | トップページ | ゾマホン援助 たけし、所ジョージ、田中義剛 »

2009年4月24日 (金)

新島襄 妻八重の評判 烈婦、悪妻

3151_2 新島襄は、アメリカの友人に妻のことをこう書いている。She is not handsome,but she is a person who does handsome.(器量は悪いが、彼女の心意気はすばらしい。)と書いている。今回の歴史秘話は、同志社大学神学部本井博康教授が監修している。先生は、「早稲田を知る」シリーズ講義 ()で「同志社大学と早稲田大学」を担当。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
ご感想  お書きください。

3121 歴史秘話ヒストリア「明治悪妻伝説 初代“ハンサムウーマン”新島八重の生涯」 を見て、新島襄の妻を知ったが、明治新政府軍が会津へ攻め込んだ戊辰戦争で会津若松城籠城戦で、(旧姓山本)八重(24歳)は男装して新式スペンサー銃で新政府軍と戦った。彼女の家は、代々砲術指南の家柄だったので、銃の操作には慣れていた。白虎隊に参加した少年に銃砲の扱いを教えていたという話もある。

戦いを通して、女も武器さえもてば、かなりやれるものだという自信を持った。武器から、その後は英語を武器にしようとして京都で勉強を始める。

Spencer スペンサー銃は、1860年アメリカで発明された世界最初の後装式連発銃。銃身は鋼鉄製で、銃床は前床と尾床の二つに分かれ、鋼鉄製の尾槽を中心に結合している。弾倉は床尾端の装填孔より管に依って尾槽に連結され、弾薬筒の装填後、管底にコイル・スプリングを持つ鋼鉄製の弾倉管を挿入する。

3130_2 進行役:渡邊あゆみアナウンサー、東大卒で美貌でニ物を天から与えられているのかな。美貌に自信ありげな態度、女から反発を食いそう。そういう振る舞いの女がいてもいいのだが、上から目線で、近寄り難い振る舞いが見える。今までのNHKアナウンサー(桜井さんなど)の路線にはない雰囲気の人だ。そういうキャラの女(例、淀殿)は、みんな敵役だった。この振る舞いで渡邊あゆみアナウンサーは、庶民に好かれるのは難しい。

3120 若松城籠城戦に参戦したとき、既に八重は結婚していたが、籠城中に夫は戦闘に巻き込まれ行方不明になる。会津藩が降伏後、彼女は京都府顧問となっていた実兄・山本覚馬を頼って上洛する。

新島襄は、アメリカ留学から帰ってきて、京都で神学校を作る計画していた。それで、京都の兄山本覚馬宅を訪れているうちに妹八重と知り合いとなる。真夏の暑いとき、つるべ井戸の上に板を渡し、その上で冷房代わりにしている八重を見て、新規なアイデアを考える彼女に好意を抱く。そんなこと、本当にあったかどうかは不明。

彼女の性格を表現するための作為だろう。彼女が戊辰戦争に参加して度胸をつけただろうことは、大いにあると、 同志社大学本井博康教授は解説している。

3129_2 翌明治9年(1876年)1月3日に結婚。その前までは、英語の勉強している。明治5年、兄の推薦により京都女紅場(後の府立第一高女)の舎監と教道試補の仕事についていた。

結婚と同時に新島襄の同志社建設に助言をして、京都女紅場は退職している。レディーファーストの身についた新島襄と男勝りの性格だった八重は似合いの夫婦であったが、世間は「亭主を尻に敷く 」悪女と言う評判であった。その当時の常識だったわけだ。

3144_2 頭は帽子をかぶり、足は革靴、パラソルで、着物を着る和洋折衷の格好を鵺ぬえだと称したが、新島八重は世間のそしりをヘとも介していなかった。神経のやわな人にはできないだろうが、新奇をてらうわけでもないが、堂々と因習にぶつかってそれを破っていく勢いがあった。

新島襄は、明治23年(1890年)、病気のため急逝。結婚生活は約14年か。新島家に養子を迎え、八重は新島家と疎遠になり、同志社とも足が遠のく。結婚当時から、八重は悪妻ぶりを上げつらわれ、夫のいない未亡人の身の上では、多分居心地はよくなかっただろう。

396pxyamamotoyaewithmissionary 茶道を教えていた時期もあり、その後、日露戦争時の従軍看護婦に志願して、50代で20名の看護婦を引き連れ、広島で傷病兵の看護に当った。それまでは、看護兵が看護していたところへ、女の看護になると、風紀の乱れを指導部では危ぶんだ。そこで軍としては「年配で見栄えのよくない」女性を看護婦として行かせるという方針だった。50代の八重はその条件にぴったりだった。

その後も、八重は何かを見つけては、やろうとしていた。目標があった。昭和7年に87歳で亡くなるまで、止むことのない好奇心に満ちた女性だった。

清戦争、日露戦争で篤志看護婦となった功績により昭和3年(1928年)、昭和天皇の即位大礼の際に銀杯を授与される。その4年後、寺町丸太町上ルの自邸(現・新島旧邸)にて死去。86歳没。墓所は襄の隣、京都市左京区若王子の京都市営墓地内同志社墓地。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
ご感想  お書きください。

|

« 清水由貴子 49歳自殺介護疲れか | トップページ | ゾマホン援助 たけし、所ジョージ、田中義剛 »

コメント

She is not handsome,but she is a person who does handsome.(器量は悪いが、彼女の心意気はすばらしい。)

投稿: | 2011年8月20日 (土) 12時40分

She is not handsome,but she is a person who does handsome.(器量は悪いが、彼女の心意気はすばらしい。)

投稿: 悪妻 | 2012年9月25日 (火) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清水由貴子 49歳自殺介護疲れか | トップページ | ゾマホン援助 たけし、所ジョージ、田中義剛 »