« 日朝平壌宣言 平成14年9月17日 | トップページ | 東京都水道局ワッペン作り直しの病根 »

2009年4月12日 (日)

佐藤しのぶ 品のある点が魅力

2839 NHKの番組「にっぽんの歌、ふるさとの歌」~歌の旅路 心の風景~という番組に 8人くらいの歌手と一緒に佐藤しのぶが出ていたが、格別の存在に見えた。何で?見栄えのある押し出し、すでに存在自身が魅力だ。特に力んでいないのが、いい。力まないのは、ガツガツしていない証拠。環境に恵まれて、やりたい仕事を選んでいるからだろうか。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
ご感想  お書きください

佐藤 しのぶ(1958年8月23日 - )は日本の声楽家、ソプラノ歌手。東京都生まれ。大阪府高槻市育ち。夫は指揮者現田茂夫。
 東京都生まれ。小学生、中学生は大阪府高槻市で過ごす。国立音楽大学で声楽を学び、卒業後、文化庁によってイタリアミラノに留学。『椿姫』でデビューし、マスコミから絶賛を浴びる。留学後、イタリアオペラで歌い、衛星放送を通じて世界へ披露された。1987年から1990年にかけてNHK紅白歌合戦に出演。また、1998年11月にウィーン国立歌劇場「蝶々夫人」では主役をとつめた。テレビ神奈川のレギュラー番組「佐藤しのぶ出逢いのハーモニー」で司会。毎年5月の母の日に「母の日コンサート」を開く、途上国で子供達を対象にしたコンサートの上演に精力的である。(ウイッキペディア参照)

2872 一緒に出たのは、左からラクシス(3人)、氷川きよし、ペギー葉山、堀内孝雄、佐藤しのぶ、木村弓。春の小川から、故郷など、昔からの唱歌を聞かせた。佐藤しのぶは「この道はいつか来た道」と「ねむの木の子守唄」だったが、オペラでも聞いているようなしっかりした歌唱法だった。

2842 NHKで認めている扱いをしている印象である。紅白では出るタイプではないのか、見かけない。年末にみは、こういう歌唱力がある人を10人くらい出して、じっくりl聞ける番組があるといいと思う。(1987年から1990年にかけてNHK紅白歌合戦に出演)

和田アキ子がボスのような歌謡界には、入っていけないのかもしれないが、和田アキ子を佐藤しのぶと取り替えると、芸能界も、歌の世界も印象が変わるだろう。きっと日本の歌はもっと聴きたくなるのではないか。和田アキ子も発声を佐藤に倣うといいのではないか。

2849_2 佐藤しのぶが子供のころ、母が歌ってくれた「どんぐり コロコロどんぐりこ」→「どんぶりこ」、「雪やコンコン」→「コンコ」と間違えて教えられたんだという。多くの人が間違えたまま覚えているかもしれない。

子供を生んでから、15年、母の日に「母の日コンサート」をやっている。生んだ娘は母と同じくらい背の高さがあるという。

参照 手紙 拝啓15の君へ アンジェラ・アキ  井上陽水 「いつのまにか少女は」聴く エンヤの歌声を大晦日に聴く 新宿駅裏「紅とんぼ」ちあきなおみ 遠藤実 国民栄誉賞 北国の春  三原純子『南から南から』昭和17年 歌で一息 休憩だ 椎名林檎 天才か、はったりか 真夏の夜も さだまさし ハーレム  ドイツ平和村へ千手観音がきた  陽は、また昇る 歌詞 音楽つき 人間力大賞 大野靖之学校ライブ 歌は世につれ、世は歌につれ 佐藤しのぶ 品のある点が魅力

真夜中に倍賞千恵子を聴きながら ちあきなおみ 冬隣 喝采 紅とんぼ  さだまさし バースディBirthDay  歌で脳活 人生いつまでも青春時代 お互いに目を見つめる トワエモア 本田美奈子が歌うドボルザーク新世界  夏川りみ 彼女の歌をYouTube聴こう アジアの風 感じて 加藤登紀子 ヨイトマケの唄 米良美一が歌う もうすぐ春ですね、キャンデーズが歌う  心疲れた方へ 童謡唱歌を紹介 

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
ご感想  お書きください

|

« 日朝平壌宣言 平成14年9月17日 | トップページ | 東京都水道局ワッペン作り直しの病根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日朝平壌宣言 平成14年9月17日 | トップページ | 東京都水道局ワッペン作り直しの病根 »