« 偽メール事件の永田元議員自殺 | トップページ | 脳力アップ 頭を鍛える問題 »

2009年1月 6日 (火)

定額給付金は連立コスト 自民党の腹

000572  Yahoo!ニュース  今朝の民放番組にて、自民党野田毅衆院議員(元保守党幹事長)は定額給付金の「政策的意義」を、彼が地域振興券実施時の政策責任者であった事を引用し、「公明党との連立コスト」だと発言しました。与党のベテラン議員のこの発言に、今更ながら絶句するばかりです。2008/12/30

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位見る

Seikyoitti071101_2 「給付金がもらえればうれしい」「早く配って」といっう程度の関心だと、どんどん国民の生活が政争の具にされていく。そういうニュースの裏でなにが行われているか。

定額給付金は連立コスト」これは、実にビシっと自民党の本05102音を言い当てているようだ。こういう文字を見せられて、自民党 議員大村秀章は苦笑して、「既に二次補正を提出しているから・・・今から、それを直すことはできない。」と、公明党の押している給付金を切り離して、民主党の主張にあわせることはできないという。この矢面に立つのは、大村秀章、打たれ強いし、弁が立つと思われている。

20071212_483061民主党山井議員 この大村秀章は、日比谷の派遣キリのホームレステント村も見て、現場を知っているだけに、司会、コメンテーター、民主党山井議員に突っ込まれて苦しそう。それでも、景気と生活支援の両立をやっていく、と強弁していたが、本音は公明党と自民党の申し合わせの板ばさみで苦しんでいるのが顔に出ていた。

D87ec53fStt0812310126000p1 公明党の太田委員長と自民党の麻生首相が腹割って、この給付金は評判が悪すぎるから、一時棚上げしようと自民から持ちかけるのの一つの方法だ。別の借りを作って、高い物になるかも。公明党から「給付金の不評につき引っ込める」とはいえないから、自民党の決断が必要。そうしたら、一気に自民党株が上がるだろう。

公明党は宝塚出身の女性議員をして、言わせているのは、拘束した主張のみ、自主的な意見をいう人間は公明党にはいない。共産党ですら、自分の意見、感情を出すのに、公明党は能面のように、この統制ぶりには気味が悪い。決まった方針以外の見解を出そうとしないのは、党方針に違反したら、つるし上げられるのだろう。公明党は、明らかにみんな硬直、萎縮している。

責任ある立場で、自民党が政権を持続して行きたいなら、民主党と話合って妥協するほうが延命につながるだろうに、このまま衝突してニッチモサッチもいかない状態で国会をストップしては、国民の支持を失う。どう考えても、民主党案に乗っかってしまったほうが、自民党が大人に見える。

徳川幕府が崩壊するときにも、自分の側がなにやってもうまくいかない、そして、なにをやっているかもよくわからない状態に陥った。それが、麻生政権の末期状態がそうだ。

公明党に自民党が縛られてしまって動きが取れない。麻生さんは、公明党に支援してもらっていない数少ない議員だと民主党の威張っていたが、幹部同士の話し合いで、給付金配布方針が縛られてしまっている。

麻生政権では選挙に勝てないということで、選挙前にもう一度首相の交代するという説もある。その場合、与謝野さん、と見る政治評論家がいる。政権を変えると、瞬間、支持率が上がる、その瞬間を選挙を打つ。これが目くらまし。

麻生さんだって、福田さんから変わった瞬間は56パーセントあった。それが安倍さんから福田さんへ変わったとき60数パーセントあったので、福田に負けては、人気あると信じていた麻生さんにはガマンできなかった。そう見る評論家がいた。

00003 石井一(民主党の長老)が麻生さん相手に政治とと宗教癒着を追及したが、マスコミはまるで報じていない。孫引きで申しわけないが、永田町異聞 byクレイジーパパより
「公明党の後ろに陰の力がある。それに公明党が唯々諾々と従っている。その公明党が政権の中核に入っている。日本の民主主義にとっていかがなものか」 「10月7日の朝日、毎日、読売に池田会長の写真入り一面広告が載った。こんなことだからマスコミも沈黙している。票とカネの力で政治やマスコミに影響力を発揮する異常事態だ。真摯に問題を取り上げるべきではないか」

これに対して麻生首相いわく。「マスコミへの影響がどれくらいあるか、新聞を読まないようにしているし、広告も見てないのでなんともお答えできません。少なくとも私に公明党から解散時期についての要求もありません」

Koumei_2 石井一議員は、こんな発言もしている。公明「ばい菌みたいなもの」=民主・石井氏   民主党の石井一副代表は5日午後、テレビ朝日の番組に出演し、衆院選で政権を獲得した場合の公明党との連立について「一切ない。 (同党は)ばい菌みたいなものだ」と明確に否定した。 石井氏は「小沢(一郎代表)とわたしは強いそういう(思いだ)。選挙前だから(民主党の)中には(公明党が)票をやると言ってきたら、もらえるのかな、と思う人間もいるだろうが、そんな雑音は聞かない。 公明党の票を4もらったら浮動票は6逃げていく」と語った。 (了) (2008/10/05-14:18)

石井議員の発言に引換え、大新聞でさえ公明党・創価学会の鼻息をうかがうようなマスコミになった日本の社会はゆがみを感じざるを得ない。

外部リンク:石井一議員 創価学会を追及1/3 石井一〝P献金〟「公明党と創価学会」  民主党はP献金を解明できるか   石井一議員 創価学会を追及2/3

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  感想コメント↓お書きください。

|

« 偽メール事件の永田元議員自殺 | トップページ | 脳力アップ 頭を鍛える問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偽メール事件の永田元議員自殺 | トップページ | 脳力アップ 頭を鍛える問題 »