« 裁判員制度の問題点 | トップページ | 裁判員が死刑を言い渡す »

2008年12月10日 (水)

歌で一息 休憩だ

http://www.ocarina.cc/musicdata/utanotubasa.mp3

シューベルトの鱒 こいのぼり 夢路より 故郷の廃家 旅愁 浜辺の歌 故郷 ブラームスの子守唄 シューベルトのセレナーデ 冬景色 歌の翼に

    故郷の廃家
1.幾年ふるさと 来てみれば
  咲く花 鳴く鳥 そよぐ風
  門辺(かどべ)の小川の ささやきも
  なれにし昔に 変わらねど
  荒れたる 我が家に
  住む人 絶えてなく

2.昔を語るか そよぐ風
  昔をうつすか 澄める水
  朝夕かたみに 手をとりて
  遊びし友人(ともびと) いまいずこ
  さびしき 故郷や
  さびしき 我が家や

冬景色文部省唱歌

1・狭霧(さぎり)消ゆる 湊江(みなとえ)の  
  舟に白し 朝の霜
  ただ水鳥の 声はして
  いまだ覚めず 岸の家

   ....

    2・烏啼き(からすなき)て 木に高く
      人は畑に 麦を踏む
      げに小春日(こはるび)の のどけしや
      かえり咲きの 花も見ゆ
    

ブラームスの子守唄

1.
眠れよ吾子
(あこ)
  汝
(な)をめぐりて
  美
(うるわ)しの 花咲けば
  眠れ、今は
いと安
(やす)けく
  あした窓に 訪
(と)いくるまで、、、、、

  

           2.
      眠れよ吾子(あこ)
       汝(な)が夢路を
    天(あま)つ使い 護(まも)りたれば
        眠れ、今は
        いと楽しく 
     夢の園に ほほえみつつ

故郷
高野辰之作詞  岡野貞一作曲
兎追いし かの山 
小鮒釣りし かの川 
夢は今も めぐりて 
忘れがたき 故郷
2、
如何に在ます 父母
恙なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出ずる 故郷
3、
志を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷

|

« 裁判員制度の問題点 | トップページ | 裁判員が死刑を言い渡す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裁判員制度の問題点 | トップページ | 裁判員が死刑を言い渡す »