« 太郎ちゃんねる 選挙対策か | トップページ | 田辺聖子文化勲章ほんまかいな »

2008年10月29日 (水)

定額減税の方針 なにか違う

Photoこれって、某省でタクシー券を配るようなもの。財源のムダ、バラマキ?某党組織の信者には上納金の足しになるだけ、という見方をする人もいる。こんなの、景気刺激策にはならない、と寺島実郎が言っていた。

長期低落、あるいはパラダイム変換、とにかく今までに日本の産業構造が成り立たなくなる瀬戸際に、一ケ月生きのびる策、など短期の展望で1世帯6万円を配布して、ご機嫌取り政策は、却って窮乏していくのを黙って見ているだけになる。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位見る

アメリカ頼みで防衛を考え、アメリカへ輸出して産業を興す方式は崩れてきている。この景気が根本から崩れているとき、日本の産業の建て直しをするためにカネを使えという。今日本の国土は世界で60数番目だが、海域は世界で6番だから、この海域から鉱物資源を干し出すとか、海産物を取るとか、食料にしても、原材料を輸入するばかりでなく、今後は海域産業を創出していく・・・ここに新しい産業のために、巨額を投じて、国民に方向を示すために、ゼニを使え。

日本人の生きていく方向を示すために、日本国民がガマンして、方向を示すために今目先に使うカネを、有効活用しなければならない時ではないか、そういう主張を早朝の「時事放談」で聞いた。

Terasimaいわゆるバラマキで、経済効果が上がって、景気がよくなるとは、ちょっと思えないな。将来日本の骨格をどう描くか、そりゃ難しい問題だが、海洋利用の着眼はいいアイディアでが¥はある。これ一つだけだなく、発案を広く探す必要がある。既に小さな企業で始めているアイディアがあったら、それを応援する形で、日本のプロジェクトに造りかえるのもアリだろう。

新しい産業を探して、もりたてられないか、と思っている。日本人がどういうビジネスでメシが食っていくのか、それを方向づけることが先ず大事である。辛抱強くやっていかまければならない。国民は辛いところだが、未来に向けてこういう産業を作ろう。

例えば、自動車以降のプロダクトサイクルとして、波及効果の大きいプラットフォーム型産業は何か。海外へ海外へと依存しているエネルギーや食糧を国内の資源に目を向けて、寺島実郎がこだわっているのは、海洋資源開発である。

世界の国で面積は61番目の日本であるが、海洋面積は世界で6番目で広い海洋を保有している。既に確認されている資源だけで大変なものがある。もし、この2兆円を中核として、20年後の日本の海洋立国を目指して「頑張ろうよ!」と声かけたら、日本人はバカでないから、それに向って進んでいける。

景気対策でというと、半年程度の先を考えた景気浮揚策ばかり考えるが、世界の中で日本がキチンとした方向を考えて、もっと長い期間を見通した方策を立てよう。

私は、休耕田を利用して、米の増産して、米の価格を1/2から1/3にして、低所得でも生きて生き易い国にしたいと思っている。食生活のセーフティネットになる。一食が20円とか、高くても50円になる工夫をしたら、あらゆる分野に波及効果が大きいはずだ。大増産で生産者の所得を増やす可能性もあったら、どうだろう。多く取れた米は保存して、アメリカの麦やとうもろこしで苦しめられない国造りを考えたいものだ。

これらの理論は、既存の条件で一笑に付されてしまう可能がある。そこを乗り越えるようにしたら、増産+低価格で、輸入食糧を減らせる。食費の節約で文化、娯楽へ投資が増える。

空き地、湿地水田を利用した水田造りは、日本の技術で広めることが可能であると思う。一番のねらい目は、ベトナムのデルタ地帯で二期作、三期作で米をつくる協力条約できたら、日本ベトナムは姉妹都市ならぬ、姉妹国として外交上でもうまくいくのではないか。

会社単位で、南米の国へ日本の資源となる産物を丸ごと輸入できるシステムを作っている会社がある。

そろそろ、国としての境界線はトパラって、行き来自由、技術の移転も自由、あらゆるものを自由にしていく・・・これが小学校4年のときに習った先生、近藤武典先生のよく語っていた夢だった。

それができないなら、我が国だけでも、バラマキより新しい国造りを志向したいものだ。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  感想コメント↓お書きください。

|

« 太郎ちゃんねる 選挙対策か | トップページ | 田辺聖子文化勲章ほんまかいな »

コメント

時事問題、大好きです。
新しい記事、楽しみにしています。

投稿: 元塾講師中里 | 2008年10月30日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太郎ちゃんねる 選挙対策か | トップページ | 田辺聖子文化勲章ほんまかいな »