« 超保守のシンボル サラ・ペイリン | トップページ | 定額減税の方針 なにか違う »

2008年10月28日 (火)

太郎ちゃんねる 選挙対策か

 麻生太郎メールマガジンを余りしっかり読んでいないので、たまには読んでみるか、と読んでみたら、どうも論理が粗い。これでは、突っ込まれて言い訳ができないような感じがする。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位見る

今回の対策の目的は、世界的な金融危機のなか、皆さんの生活の暮らしの不安を取り除くこと、生活の安全保障にあります。重要なのはスピードです。重点を絞り、バラマキにはしない。これまでにない大胆な対策としました。

影の声:バラマキにはしないと断ることが、あやしい。それ、ばらまきでしょ。現金で配るとか、わけわからん政策ですね。

 Rwjbyiaz まず、ご家庭への緊急支援として、2兆円規模の給付金を実施します。4人家族で約6万円。できるだけ早くご家庭に届くようにします。雇用保険料も引き下げます。働く人の手取り金額を増やさねばなりません。年長フリーター、ロスト・ジェネレーションの方々の正規雇用化も支援します。

影の声:それをもらったからって、生活が安定するわけじゃないんだね。あとから、消費税上げるって、麻生さん、種明かししてしまったもンね。

 これから年末にかけて、中小零細企業の資金繰りを万全のものとすべく、補正予算で措置した9兆円の融資と保証を、30兆円まで拡大します。

99029  高速道路料金を大幅に引き下げ、地方の底力を発揮できるようにします。休日は、どこまで行っても最高千円。平日は昼間も3割引にします。道路特定財源の一般財源化に際しても、1兆円を地方が自由に使えるようにします。

影の声:土日、休日に割り引くっていうけれど、大都市圏は省くでしょうし、トラックを割り引かないとか、ETC装備している乗用車だけとか、へんな小手先使っているのがクサイ。全部無料にしたら、係員もいらなくなる。あるいは、削減できる。統括する会社の収支を公開して見せてもらいたい。

 これらの対策を、すみやかに、できるものから実施していきます。

Kas_map  財源については、赤字公債を出さずに手当します。しかし、日本の財政は、依然として大幅な赤字であり、今後、社会保障費も増加します。この点について、皆さん、大きな不安をお持ちのことと思います。

 私は、歳入・歳出についての方針、財政の中期プログラムを年内に取りまとめ、皆さんの前にお示しします。

 その基本的な考え方として、景気が回復するまでは、減税を時限的に実施します。まず、景気を回復させることが最優先。そして、経済状況が好転した後に、安心な社会保障のため、消費税を含む税制の抜本的改革を行います。


 具体的には、政府・霞が関のムダを無くすことを大前提に、経済状況を見た上で、3年後に消費税の引き上げをお願いしたいと考えています。

 中福祉でありながら、低負担を続けることはできません。増税は、誰だって嫌なこと。しかし、多くの借金をこども達に残していくということもあってはなりません。

 それが、政治の責任であると考えています。

影の声:それだけできるっていうなら、政権与党なら、さっさとやりなさい。そんなグチがでる。もう10年前からできたはず。

 世界経済が百年に一度の暴風雨に見舞われているからといって、萎縮してはなりません。台風が通り過ぎるまでじっとしているだけでもいけません。

 世界各国が、この困難な状況に対して協調していこう、自らできる限りの対策を進めていこうとしています。難しい舵取りですが、日本も、政府の総力を挙げて取り組んでいきます。

太郎ちゃんねる(動画)
http://www.kantei.go.jp/jp/asovideo/2008/11/1224/normal_play1224.html

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  感想コメント↓お書きください

|

« 超保守のシンボル サラ・ペイリン | トップページ | 定額減税の方針 なにか違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超保守のシンボル サラ・ペイリン | トップページ | 定額減税の方針 なにか違う »