« 菊地弁護士の深イイ話  | トップページ | 南田洋子認知症 長門裕之語る »

2008年10月 5日 (日)

東国原知事、国政へ転身 反対84%

Photo_2 朝日新聞の報道では、自民党関係者によなると、東国原知事の出馬はほぼ固まった、と見方を示した、という。本人の弁は、何度も、現状では考えていないと繰り返した。これは、大阪府知事になった橋下徹も「(立候補は)200%ない」と言っていたのをひっくりかえしたのは、記憶に新しい。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位見る今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

今夜は「サキヨミ」に東国原知事、生出演の予定がドタキャンで今後援会で中山代議士からの申し入れを話し合っているという。テレビ画面上で「出ない、出ない」というわりに、色気があるのが「そのまんま」顔にアリアリだった。

某コメンテーターは、「今自民党で当選しても、自民党は野党になる可能性の方が高い、という理由で、今立候補するのは賛成ではない」と述べていた。大多数の人の反対意見は、宮崎県の知事としてまだ1年半、まだ仕事途中ではないか、という見方だ。それに、知事に無所属で当選してきたのが、突然一党に偏するのは、県民としては、納得がいかないだろう。

中山代議士の辞任は潔いが、その穴埋めを自民党は考えるのだが、人材がいない。そこで東国原知事を思いつき利用する「商魂たくましい」というか、与党からずべり落ちるのが怖いのだというのが、ヨークわかる。泰然としたふりはしていても、自民党の先生たち、選挙=落選のイメージしかない。何が何でも、当選、過半を得たいと必死。

しかし、首相も途中で投げた、それも2年連続で、知事が一期の途中で投げ出すのか、またもや、自民党はそういう党か、そういうイメージで見られる。選挙は今年中はない、そういう流れになっている。麻生総理になって、総理としての仕事をやるのが、今必要だという大義名分を持ち出して、居直っている。自民党の最後のあがきに見える。選挙は来年2月、野党を兵糧攻めという手に出たという見方もある。

きょうのTV画像で、麻生さん、就任以来の初めての休日で、ゴルフの打ちっぱなしをやっている。それを見た、識者クロガネさんは「ウソでもいいから、休日には勉強して国政、国際問題を研究している姿を見せてほしい」と言っていたが、お坊ちゃん宰相には、下々の期待に応じるという神経はない。ゴルフで気分を紛らわす、リクリエーションの何が悪い・・・そんな気分でしょう。

政権交代こそが、一番の効能、なんやカンや言っても、自民公明が引っ込んで、民主党指導の野党政権で、政治運営をしたら、世の中が変化する。楽市楽座、関所の廃止、これ信長の実行した革命は、前の時代の権力者を引きずり下ろし、新しい秩序に時代を変えた。それを意識した時代の変換を行ってくれると、政変になる。

血を流すことなく、暴力的な事件なく、政権が移動するこの日本の良識を見せてほしいものだ。パキスタンの野党党首ブットさんが銃殺されたし、ミャンマーではデモすれば多数が死傷する。そんなことのない日本、ガンバレ日本、やる気になれば、いい国ができる。期待したい。ガンバレ日本。

84%が東国原氏の国政への転身に反対、14%に賛成で、この障害を自分から壊して出ると、今までの知事で博した人気も、浮気で人気が消えるのと似た現象が起こる。やはり、知事の職はダシに使ったのか、そんな政治不信が起きるかな・・・

いや、そんな程度の人間を相手にするのではなく、84%なんか、クソ喰らえで、気にしないで、やはり代議士になり、ビートたけしを首班とする新勢力を日本に生むかもしれない。そんなきっかけになると、すごい革命になるかもしれない。凡庸な頭では考えられない劇場型の政治が始まったら、政治に関心を持つ人が激増する。

Photo二人が政党を作ったら 閉塞社会を打ち破ると言って、ヒットラーが生まれた。ナチス党の増大したのだ。東国原がビートたけしを巻き込んで、新しい党東国原ビートたけし党が「新しい日本」を作ると叫んだら、いったいどういうことになるのだろう。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  感想コメント↓お書きください。

|

« 菊地弁護士の深イイ話  | トップページ | 南田洋子認知症 長門裕之語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菊地弁護士の深イイ話  | トップページ | 南田洋子認知症 長門裕之語る »