« 北朝鮮 テロ支援国家指定解除されず | トップページ | 鳥越俊太郎の就職試験&手術 »

2008年9月24日 (水)

脳科学者 茂木健一郎

21652193_2 茂木健一郎の講演が大もてのようだ。本も飛ぶように売れている。一冊が今年の上半期でトップになったらしい。  母親の子育ての悩み、学力優秀な子を育てたいという願望にピッタリである。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位見る

2181 宣伝しているわけではないが、「脳を活かす勉強」なぞ、50万部も売れているという。たぶん、「人間一滴」の取材で山本監督に茂木健一郎が語ったのは、これらに書かれている内容だろう。頭をよくする方法があったら、誰でも知りたいと思うのは当然だろう。いう内容は意外と単純だ。

2204 『勉強を楽しいと信じて、脳に喜びを与え、達成感を感じたら、脳は活性化する』これを茂木健一郎流の言い方で、説得しているのだ。いまや、有名になり、NHKに語る場を与えられていると、見る人、聞く人はマインドコントロールしてしまっている。決して間違っていることを言っているわけでないが、他の人が言うより、効き目がある。

2200 脳をフル活動をさせるとドーパミンという物質が分泌される。それのドーパミンを起動させるには、どうしたらいいか。これに尽きる。時間制限のプレッシャーで本気にさせると、のんベンダリンとやっていたときと比べたら、完全に違った様相を示す。たしか、〆切りがあれば、人は本気になる。

2196

2195

うまくいくと、脳は喜ぶ、これでドーパミンが放出されて、尚一層脳が活動をする。これを脳科学的に説明するから、ありがたく思うのだろう。

2194 真剣な目つきで聞いてくれる人がいると、それにまた他の人が聞く。緊張感がいい刺激なり、脳の活性化につながる。「茂木さん、あなたにとって勉強とはなんですか」山本監督がきくと、「勉強とは、自分が良い方向へ変わっていくみたいなもの

この茂木さんは言わないが、競馬うまのように血統が人間にもある。それを無視して、できるようになれ、と言われても、限度がある。これは本音。世の中、目立つ人は、やはり素質があり、それに努力をしている・・・それなしに才能は開花しない。

ただ、才能にもいろいろある。私の分類法を申しあげると、記憶力Aと記憶の持続B この組合わせで一番いいのが
1記憶Aと持続Bあれば、鬼に金棒。
2記憶Aは遅いが、持続Bする 
3記憶Aは早いが、持続Bが苦手、
4記憶Aが遅く、持続Bも悪い。という順になる。

しかし、もの覚えが悪くても、繰り返すがんばりがある、というのも才能の一つだ。たとえば、一年で仕上げるものを2年かかっても、完成すれば、それも才能である。早く終えたら偉いが、あとから追いかけて目標達成するのも、決して劣るものではない。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想コメント↓お書きください。

|

« 北朝鮮 テロ支援国家指定解除されず | トップページ | 鳥越俊太郎の就職試験&手術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北朝鮮 テロ支援国家指定解除されず | トップページ | 鳥越俊太郎の就職試験&手術 »