« 先生の名前を覚えていますか | トップページ | 後藤新平 大風呂敷 NHKその時歴史 »

2008年6月 5日 (木)

婚活 結婚のための活動

Photo_2 朝日新聞オピニオン 白河桃子(ジャーナリスト) 造語なんだけれど、「婚活という言葉がある。黙っていても異性が寄ってきてくれる人には、縁のない言葉だが、9割方の人々には、大いに傾聴すべき言葉である。サルの群れには、ボスサルがいて、そのサルが食べ物からメスも、独占している。人間社会(日本)では、ありがたいことに「一夫一婦」が決められて、蓄妾や二人以上の配偶者を持つことを禁じている

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
 nozawa22ブログ順位がわかる

だから、サルの世界では、雄サルは一人前になると、ボスから追い出されるか、自発的に群れから離れている。「はぐれサル」として力をつけて、群れのボスに挑戦してボスの座を得ない限り、メスと交流はできない。「はぐれサル」が群れの中のメスを誘惑してということが見つかれば、群れのボスから手ひどい逆襲を受ける。

 もてる女には男が集中、もてる男に女が集中する。個々の性格と容貌では、そういう結果が出るのは、人間の正直な姿かもしれない。数十年前の大学生の頃、ダンスパーティ誘われて付いて行ったことがある。ダンスが踊れないのにそんな場へ行ったのが間違いのもとであるが、都会出身の学生はどかでダンスを覚えて、女性をちゃんと誘っているし、女性もできる人はできる。田舎から出てきてそういう機会に恵まれていないと、女性を誘えない。壁にジッと立ったまま二時間、三時間というのは、経験しないとわからないが、つらいものである。このつらさは、トラウマになる。

03_2  25歳~34歳の男性で、男性で結婚しているのは正規雇用の5割、驚くなかれ、非正規雇用では1割。非婚率を収入で見ると、年収400万円以上は65%結婚しているが、200万円以下では85%が結婚できないでいる(結婚率15%)。今や、社会の大問題である。これを無視できないのに、個人の問題と政治家は考えている。

これを見て、半分結婚していないから、いいや、普通だと思ってしまっては、それは将来、ボディブローみたいに、人生の節目、節目に寂しさを感じることになる。伴侶がいたら、子供がいたら、にぎやかな家になる。子どもが成長に従って知合いも増えるし・・・。昔は、結婚プレッシャーがあって、女は25歳越すとトタンに外も歩き難いくらい、世間の目が「どうしたの?結婚していないの?」と、うるさいほど、お節介が多かった。

 宮崎県の東国原知事、台湾旅行へ男女十数名ずつ連れて、見合い成功率3割で、6組できた。あれは、素晴らしい。そのまんま東は、目立つから、トクだろうが、努力している。民間の力、努力を官でやれば、アノくらいになる。大阪の橋下徹知事、の経費削減の斬り込みは敵をつくるが、よく切り込んでいる。前知事太田房江、「私にはできない」という。黙って見逃す方が楽だろうよ。みんなに好かれるのだから。(ここは雑談)

01 今、「自然の形でよい人にめぐり合えるのを待つ」という姿勢では、とても結婚は出来ない。遅れてしまう。特に男性は、消極的では、女性の知り合いは作れない。もっと積極的に女性との知り合いを作り、なおかつ、「いい人がいたら紹介してください」と自分が伴侶を求めていることをアピールする。いまどき、他人の世話焼きのオジサン、オバサンはいないから、売り込まないと置いてきぼりになる

公の機関でも、男と女のマッチングー!する機会を作るように乗り出さないと、「日本のどこかに、『あなた』を待っている人がいる~♪」赤い糸はつながっていると思っていると、楽観していると、誰もあなたの相手を探してくれないよ。命短し、恋せよ、乙女」と言われたとおり、あたら命が老いていく。散っていく・・・。

 人生でそうそう多い出会いはない。多くても、アレコレ数えても、自分で出会える人は20人~30人いれば。多いくらいだ。チャンスを生かそう。大人の紹介を頼もう。そうすれば、その自分で出会える倍になる。自分をアピールしよう!見合いを流行らせようよ。

 昨日聞いた話では、女性の生涯働いてくれる人、仕事を持っている女性は男性に人気だそうだ。家に置いておく美形のお嫁さんより、働く女性が売れ筋だという。結婚したら、家庭に入ってもらう、そういう要望が男性側から言うだけの自信がなくなったのだろうか。

 生活がもっと安くできないと、家庭がもてない。消費税を上げるなら、医療費を無料、教育費が無料、葬式、結婚式が無料という健康で文化的な社会を作らないと、許せん。ビンボウなら、ビンボウでもみんな等しく、格差のない社会ならいいが、うまい汁を吸うやつばかりが、いい目をみる社会はゆるせん。一度国会議員から、全ての人にチャンスを与えるように、「(そろばんの)ご破算で願いましては」総トッカエ(取っ替え)をしよう。00008

離婚、結婚、離婚のスパイラル 竹久夢二をめぐる女たち  カフカの小説と恋愛の軌跡・・・  まだそんなに老けていない団塊世代  青年は、目標に向って歩け  結婚相手キャッチのノウハウ  恋のからさわぎ 男は苦労する  青年は、目標に向って歩け  モテる男になる 目のストレッチ  恋は、男の能力不足?それとも  遥かなる約束 奇跡の夫婦愛

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください。

|

« 先生の名前を覚えていますか | トップページ | 後藤新平 大風呂敷 NHKその時歴史 »

コメント

宮崎県の知事、台湾旅行へ男女十数名ずつ連れて、見合い成功率3割で、6組できた。あれは、素晴らしい。そのまんま東は、目立つから、トクだろうが、努力している。民間の力、努力を官でやれば、アノくらいになる。

投稿: 東国原 | 2012年3月11日 (日) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先生の名前を覚えていますか | トップページ | 後藤新平 大風呂敷 NHKその時歴史 »