« 加藤登紀子 遠い祖国 | トップページ | 高嶋由美子 緊急報告 ケニア避難民 »

2008年6月 2日 (月)

新ニッポン人現わる 久米宏

00007新ニッポン人現わるという番組を12チャンネルで久米宏がMCでやっていた。正式名称は、久米宏・経済スペシャル“新ニッポン人”現わる!テレビ東京である。
日曜日の9時という時間帯は、島田紳介「行列のできる法律相談」とぶつかっているから、見た人少ないのではないか。
久米宏 - Wikipedia  http://www.kumehiroshi.jp/  本日のゲストは小池百合子 岡野雅行 小倉優子だった。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位がわかる

今の20代は全然モノを買わなというコンセプトでやっていた。それと対照的に40代は、バブル経済の時代に成長して就職しているから、ものは買うし、海外旅行もする。それに対して、新ニッポン人20代はバブル崩壊を見て育ち、経済の停滞下降、北海道拓殖銀行の倒産、「社員は悪くないです」と言って社長が涙を流して頭を下げて記者会見した証券会社があった。そのような時代を見て社会に出れば、人間はこうなる、というのを見せていた。

車を買わない、旅行はしない、酒は飲まない・・・そんな世代の集合体を懇切丁寧に解説したテレビを作っていた。こんな番組はスポンサーをつけることができるか、ひょっとして久米宏だから、可能になった番組かもしれない。久米宏が時々出演する特番は彼が選んでやるだけあって、彼のカラーが前面に出る。それがおもしろい。

20年くらい10Chでニュースステーションで、久米宏は生涯必要なお金を稼いでしまったから、したい仕事をする、そういう姿勢を貫いている。だから、ゆとりのある番組が作れるようだ。語り口自身、ニュースステーション時代から余裕がある態度であったし、自分の言いたいことをいうように見えた。(田中真紀子と早稲田で同級)

特に注目されたのは、若者が買い物しなくなったことで、20代が「老後を心配して、貯金している」と平気で答える。昭和の一桁とか、それ以前の人は保険制度もないし、政府が産業発展のために貯金を奨励していたが、今それを若者が進んで貯蓄している。

フリーターの月給手取り18万で家賃5万円払って、なおかつ、毎月10万円以上をためている。政府を信用していない。バブル崩壊を一番モロに影響受けている世代では、社会のシステムを信用していいないのは、当然といえば当然だろう。

車を買わないし、海外旅行へ行きたいと 思わない。酒は飲まない、タバコは吸わない。消費をしない塊り世代があってもいいと、私個人は思っている。休日は家でゴロゴロしていて、何が悪い?仕方がなく家にいるのではな、家にいることを選択しているのなら、それでいい。全員が全員、そうするわけではないが、40代のバブル期世代と比較すると、極端に消費性向が極端に違うという。

現場へ突撃する久米宏は、その実態を見せる。飲み会では、「とりあえずビール」という、一斉に同じ行動をとる上の世代とは違って、自分の好きなサワーのハイボール、ミルク割り焼酎、云々、各自の好き勝手な注文が細かい。それは店側の売り上げには協力する姿勢は一切おかまいなく、自己主張を貫く

5月の連休に何をしていたか、それは特殊か、それは確認がとりないが、職場の同じフロアーの十数人が山手線内で電車バスを使って鬼ごっこ、携帯の写メールを送りあって、最後東京タワーに集まっていたが、そんな遊びで一日を過ごす。独創的ではあるが、いまどき風な遊ぶで目を見張った。

特殊な人かもしれないが、5,6年前に150万円で株式投資を始めて、今250億円の資金でデートレードしている人の家へ訪問して生活ぶりを見せてもらう。年収は100億円あるという。前場の最中で久米宏一行を玄関開けてちょっと顔出してまたトレーディングルームへ戻ってしまって、相手うぃない。

このマンションは、4億円で最近買った。フジテレビが見える、東京湾が一望できる見晴らしのいいマンション最上階である。

夢中で前場の買い、三井商事の株を億単位で買っているさなか。三井、伊藤忠とか、東京一部の商事会社をドンドン買い進めていた。月曜日に家ssん報告が出る前の金曜日で、照準を決めて買っている最中で、指先がテンキーをキーボードは見ないでドンドン叩き込んでいる。

「数字を間違えて打ってしまいませんか」という久米宏の質問に、しばらくは画面をにらんで、指が動いているさなか「ありますよ。3000万円損したことがあります」あとで取り返せばいいので、あまり気にしていません。億の損失したときは1日は落ち込みます。

前場が済んで、後場の始まるまで、外へ出て昼食を取りに出ると、「きょうは私がお金を出します」と立ち食いそば屋で、天ぷらそば450円を久米宏と食う。年収100億の男の昼食である。早く食べられて、いいのだそうだ。

午後も、パソコン画面を見ながら、夢中で画面を見ながらキーボード出打ち込んでいる。しなやかな指捌きを見ていると、かなりの才能はあるように感じる。20代で生涯賃金を優に稼いでしまうと、後の人生、どうするんだろうと心配さえする。

久米宏に「月曜日、見てください」と言っていたら、月曜日新聞見ると、三井商事も関連商事会社は軒並に史上最高の値上がり、各会社を億、10億単位で買っていて、それを月曜日前場で全部売り払った、という。数日で3億円宝くじを10本当てた分を稼いだ。値上がりした株、高値で処分してババは庶民が引くことになるのだろう。

どういう情報を仕入れているのだろうか。インサイダー情報でないと、そうそう自信もって億のカネを投資、投機できるはずがないと思うが、それはヤッカミか。00008

nozawa22: 久米宏から日本人へ   

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください。

|

« 加藤登紀子 遠い祖国 | トップページ | 高嶋由美子 緊急報告 ケニア避難民 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加藤登紀子 遠い祖国 | トップページ | 高嶋由美子 緊急報告 ケニア避難民 »