« 道路特定税を解説するつもりが・・・ | トップページ | ルソン島で人肉を食う敗走日本軍 »

2008年5月15日 (木)

真夜中に倍賞千恵子を聴きながら

0121_2 夜外に出ると、闇の中でむせるような香りが匂う。気になって、その元は何か、と鼻をクンクンやっていると、たどり着いたのがこの花であった。なんていう名前だろうか。

0130NECのサービスセンターへ電話するたびに、パソコンのテレビの調子が悪くなって、ついに画面が出なくなってしまった。一回目が、更新データをインストールしてないからだと、勧められて、マイクロソフトにデータを更新したら、チャンネルが利かなくなった。次に、相談したら、録画中はダメだからと、終わったので、電話すると、線は全て抜いて電源を入れなおしたら、今度はこんな状態になってしまった。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
 nozawa22ブログ順位がわかる

再インストールCDでやり直ししなと、直らないといわれて、デジタルTVボックスからテレビを見られないという。相談する前は、時々うまくいかない程度だったのが、完全に見えなくなってしまった。

再インストールCD、再インストールCDと探すこと2時間以上、探し物、探し当てて現状回復にすぎない。探して見つからないときの、無駄な労力を費やしただけ・・・。まったくムダに時間を使っただけ、そういうムダだったときのやるせなさ。CDどこへいったのだろうか。探すことの虚しさを感じる。ないときは、ないものだ。半年以上前に箱と一緒に捨てたのだろうか。

5d 諦めて坐ってみると、真夜中になっていた。倍賞千恵子を聴きながら、きょうを振り返る。倍賞千恵子の歌は、歌詞がはっきりして、古い日本人のよさが出ている。演歌でもなく、童謡の系譜か、「忘れな草」「はるかなる友へ」「朧月夜」「あざみの歌」これが、仏教国の人間の感性かもしれない。倍賞千恵子 - Wikipedia 倍賞千恵子姉妹は「お父さんが都電の運転手」といっていた。妹美津子は、元アントニオ猪木の奥さんだった。

0104 四川省が震源地の巨大地震が、中国に起こって大騒ぎだ。地震で建物の下に人々が閉じ込められて、既に50時間たち、72時間が救出のリミットと言われている。死者は1万数千人で、万の単位で人が救出を待っている。数万人の犠牲者になるようだ。

どこの国の人も、同じ感情で悲しむ姿を見るにつけて、何とかしてあげたいものだ。日本の建築基準なら相当の建物が崩壊しなかっただろう、と思われる物件がめにつく。ここから、材料を節約して賄賂につかったなどという事実がえぐり出されてきそうだ。

0111 四川省だけでスペインの面積があるという。震源地は山岳地帯で救助にいける道路がないという険しいところが多く、村がそっくり飲み込まれているらしい。電気電話が不通でよくわからない。日本なら北海道で地震があって、鹿児島でその揺れを感じたくらいのスケールだという。

0124 ミャンマーのサイクロン(台風)と同時に中国の地震で地球の様子がおかしい。こうやって、地球が滅びていくのだろうか。光電話で寄附の電話ができないというのは、どうも納得がいかない。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください。

|

« 道路特定税を解説するつもりが・・・ | トップページ | ルソン島で人肉を食う敗走日本軍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道路特定税を解説するつもりが・・・ | トップページ | ルソン島で人肉を食う敗走日本軍 »