« 高田延彦と向井亜紀 | トップページ | 池田大作喚問を狙う民主党 »

2008年4月 3日 (木)

悲しい 母への詩 小4少年

Photo

この詩を書いた少年は、実の母親に絞殺されたという疑い。詳細は、まだ母親は何も語ってはいないが。

この詩のように魔力があるとはおかあさん自身、自分にそんなに気づいていないかもしれない。男から見ると、誰だったか、女の髪の毛一本で象をもつなぐ・・・と言った。

男の子はいつまでも母を慕っている。それは、いい年になっても、母を歌う。吾亦紅 (われもこう) すぎもとまさと いつまでも、母を恋う、この気持ちが、小4でも同じだ。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
 nozawa22ブログ順位がわかる。今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

若い母に何があったのだろうか。わが分身を殺すのは、普通の精神状態ではない。夫との間に通じ合うものがなかったのか。精神を病んでいる人が今は多い。学力をいくら高めても、純化していけばいくほど、精神が弱くなる。

71a889a5 母と子① 母の精神は、何か障害がにぶつかってこそ強くなる。子供を生んで、「女は弱し、されど母は強し」と言ったのは、ヴィクトル・ユゴーの言葉だった。女は母となって、男がいつまでもロマンチストであるのに、女は現実的になる。髪振り乱しても子のために突進する。それが母。「女は弱しされど母は強し」女は母親になると、子供を守るために強い力を発揮する。 ヴィクトル・ユゴーの言葉

Victor_hugo ヴィクトル・ユゴーは、『波乱に富んだ人生』である。作家としては、彼の「レミセラブル」は今日まで多くの人を感動させる作品として残っている。しかし、政治家としての彼は逆境の連続であり、さらに幼少の頃から家庭生活はずっと不幸の連続であった。ウイキペディア参照

その一方で、子どもにとっては最初に出会う女でもある。ぶよぶよ、プリンプリンの母でもあるだろう。その大地にも似た、疑うこともない母に絞め殺されてしまったろしたら、誰、何を信じたらいいのか。悲しくてやりきれない。

母は大地だ、とか言われて、女の側にも、言い分があるだろう。そんな、押しても倒れないと思っていた母も、人の子、ひっくり返ってしまう弱い人である。それは、秋田のわが娘を橋の上から落とした女がいた。「怖い」と橋の欄干の上で母にしっかり捕まえていてほしいと願っていた娘を母が突き落とすそんな女もいた。

出産後、肥立ちが悪く、親が子どもを面倒見てくれたら、母として子と母の絆が正常に太くならない。すると、若い母に赤ちゃんが負担になって、そこへ精神的な孤独が増す。夫は会社で出張、単身赴任、精神が弱いとちょっとの変化にも耐え難い。

5629s母と子② 姑に赤ちゃんを預けて、実家へ帰って静養したいと帰ってしまったとか。義姉の立場から聞いた話では、弟の嫁は、一流の大学を出て、多くの人が羨ましがる職場に入ったはずが、一ケ月もしないうちに、人間関係に耐えられないとやめてしまった。夫の帰りが遅いと、実家へ帰り、つわりが気持ちわqるいと、家に帰る。それでは、夫も実家へ同居したが、それは耐えられないから近くのアパートへ越した。

子供が生まれて、その変化に気持ちが付いていかれない。表面上は大人だが、精神が大人になっていないというか、これはウツ病だろう。心療内科で本当に治療しないと、ここから人格の破壊に進んでいく。少し休んで寝たら、落ち着いたから、子供を返してほしい、そう言ってきた、と義理の姉から話を聞いた。

Ichikagestu_img001 母と子③  おかあさんはどこでもふよふよ、ぼよんぼよんの大地のような母になってhしいが、ウツになると、最初自分がおかしいと、気づかない。確か、最初の子は、その子一人でも、母と赤ちゃんの世界では、始めての子育てでパニックになる。その精神の世界で病んでしまう、そういうお母さんがいる。それは事実である。精神を病んでいると、誰かが気づいてやらないと、病院へいけない。

うちだって、子育て時期は子ども子供で、パニックになった。娘が喘息になったときは、一晩中寝た気がしない。深夜に病院探しで大騒ぎした。深夜、世の中の人たちが寝静まっているとき、自分だけが、苦しんでいる子と二人、市内を走り回っていた。こんなことが1回や2回ではない。

アノころをこうして、余裕持って振り返ることができるのも、過ぎ去ってしまったからであろう。現に子供と格闘している親には、そんな余裕はないかもしれない。しかし、子の心を知って、「おかあさん、子どもの命はあなただけのものでなない」連綿と続いた命のDNAは、まだまだこれから次の代へも続いていく。

仮の宿として、今、あなたのところに留まっているだけ。大事に育てて、送りだす役目が、あなたにあるのです。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください。

虐待ネグレクト 育児ネグレクト 秋田の例   出産、子育ては楽しみでありたい  ネグレクトで自分を肯定できない   悲しい 母への詩 小4少年    生んでくれた恩、育ての恩、どっちが    子育てイライライ どうするの?    親も しょせん 子供のなれの果て   捨て子の気持ち   新山千春「喜んで!」赤ちゃんの世話   家庭で子育てしながら働くSOHO   おとなの知恵で、丸く治まる    風見しんご 親の悲しみ    お父さんの育児協力    奈良の事件から考える   中国人お母さんの孤独ストレス 幼児殺したネグレクト育児放棄の罪  幼い子を孤独にしてはいけない   施設に預けられている子の背景  親の態度→子供に影響する一覧   離婚した女の生き方、育児放棄の罪  

|

« 高田延彦と向井亜紀 | トップページ | 池田大作喚問を狙う民主党 »

コメント

現に親と子が格闘していると、振り返る余裕はない。

投稿: | 2010年12月10日 (金) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田延彦と向井亜紀 | トップページ | 池田大作喚問を狙う民主党 »