« ローマ帝国 なぜ滅びたか 気象変動説 | トップページ | ビッグダディ2008春版を見たが »

2008年4月 8日 (火)

サプライズ結婚式と平常心

Photo式を挙げない人も多くなっているが、結婚式は、結婚式場で挙げるのが当然という意識が少しずつは変わっているが、まだまだ、形式にこだわる。

うちの娘が日本帰ってきたとき、真夏だったが、浴衣と甚平で千葉の海浜公園で日本の友人とバベキューパーティを開催して、結婚式とした。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
 nozawa22ブログ順位がわかる

Bqp3_2 日本人の傾向として、消費をあおる商業主義に引きずられる。七五三も、バレンタインデーも、母の日、父の日、と決められると、何か、それに乗り遅れまいとする。そんな他人様の決めたことに乗っかるだけでいいのかなぁ。自発的に表現していくって、案外一人ぼっちだから、勇気がいる。

私の考えた結婚式は、一台バスをチャーターして、みんな一緒に乗って、天気にもよるが、郊外へ出て大地のうえで、遊びながら食事しながら回る。バスガイドがミコさん役で、バスの中で歌ったり、盛り上げる役目。帰りも、それぞれ、降りたい場所で解散する。5時間くらいの結婚式なら、これでいい。

Bbq1_2 祝いたい本来の心、その気持ちを汲んだものなら、ストレートに感情が伝えられる。何千万円も掛けて結婚式でも、登場人物の気持ちが貧弱なものなら、感動を呼ぶものにはならない。

とはいうものの、豪華な結婚式ができない貧乏人のタワゴトと言えば言えるか、とちょっと僻みも入っているか、と思う私である。金銭のタカで良し悪しが決まってくる昨今では、真実の喜び、本来あるべき感動が、形、形式の中にしか存在しない、と思い勝ち。形、ネームバリューに寄りかかることで、価値がわかる。ブランド志向の典型は、自分で判断できないからだろう。

平凡で過ぎ行くのが、一番幸せであることを忘れているようなもの。豪華というのは、非日常、それは誰かに乗せられているあやういものだ。地に付いて自分の足で地を踏みしめていないと、平常心が保てない。

平常心でいることが、一番。最近の私の生き方。死ぬことも、平常心で受け入れられたら、最高。森進一から「おふくろさん」を歌わせないと言った川内康範さんも亡くなり、黒川紀章さんも、世を騒がせて去っていった。

平常心でいることが、人間の生命の流れを受け止める姿勢であり、生きることの意味であると、改めて痛感する。00008 

川内康範 母の教え,仏の教え都知事戦 石原慎太郎VS黒川紀章  

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください。

|

« ローマ帝国 なぜ滅びたか 気象変動説 | トップページ | ビッグダディ2008春版を見たが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマ帝国 なぜ滅びたか 気象変動説 | トップページ | ビッグダディ2008春版を見たが »