« 花粉症の季節とその対策 | トップページ | 自由への脱出  未完 »

2008年3月17日 (月)

チベット暴動 他山の石

Kif_9060チベット暴動を日本人はどう見たらよいか。テレビを見ていて、はなぜラサで暴動は起きたのか、よくわからない。

おとなしい日本人は、他国に圧制されても、激しないのかもしれない。中国側の圧制、漢民族の強さ、チベット国民には、一体どこに爆発するほど、憤りがわきあがるか。

Kif_9024 チベットの市場経済が発展著しいのに、こんな暴動がなぜ起きるのか、本当いうとよくわからない、というのが本音であるが、中国が報道規制をしているがら、真実が伝わってこない。隔靴掻痒かっかそうよう、

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
 nozawa22ブログ順位がわかる

Kif_9040Kif_9041 明の時代、チベットは民族も違うし政府も違って独立国であった。清の時代になると、チベットを同化させる方向へ持っていく。そこにはムリがある。

Kif_9053チベットに対する文化的な虐殺だという日本が朝鮮を併合して、朝鮮の人々から未だに36年間の癒しがたい傷を負わせたとして、賠償を求められた。北朝鮮はそのことを根にもって、今も拉致問題をいうと、それをこの併合植民地問題をぶつけてくる。

それを中国では、少数民族の問題としているが、植民地問題だろう。国内問題というが、民族は違うし、だらい・ラマがインドで亡命政権として政府を作っている。日本には、ダライラマ政権の日本駐在所があって、今回のラサの暴動について日本語で語っていた。

Kif_9052チベット自治区のトップになったときは、紛争解決に大きな成果を上げた。その後は順調に昇進して印は党国家主席になった。 中国政権側の中国放送は、「物価も安定して、普通に買い物が出来る」とスーパーの中の買い物客にしゃべらせていた。これも、多分仕込みの客だろう。とにかく、チベットで反政府運動が盛んであるとは、国際的には知られたくない事実である。http://jp.youtube.com/watch?v=pab7NQ2Q1Pk

チベットは高速列車が来るようになったのは、数年前である。自由化経済の波が押し寄せてくると、人の移動も多くなり、町もにぎやかなになり、お金を落とす観光客も多い。それをチベットの人々の上に潤うなら、それもよが、利にさとい漢民族の人々がチベットへ入り込み、銀行を経営して、大きなデーパートはスーパーを経営して大いに稼ぐと、町はにぎやかになっていく。

チベットのラマ教信者のような国民は、市場経済になることで、物価は上がり、所得の少ない生活をする人々は、にぎやかな町になると、かえって苦しむことになる。我慢しきれないチベット人は、怒りの矛先を漢民族系の銀行や商店を狙い撃ちして、襲撃したようだ。

Kif_9026 暴動を起こしたチベット人に対して、中国政府は戦車を繰り出して、暴動デモ隊を鎮圧した。今回の鎮圧戦車はデモ隊が行進している隊列が人間のバリケード作っている中へ突っ込んだ、と見ていた日本人観光客は語っていた。死体を戦車に乗せて持って行ったという。

天安門事件の際は、広場で一人の青年が戦車を止めたし、戦車の操縦士も国民を踏み潰すことはできなかった。最近、その戦車操縦士の裁判があって、軍律違反で処罰されたばかりだったから、ひき殺したのだろうか。

Kif_9062 生活の上で大事にすることが、漢民族とはまるで違うチベット族には、こう漢民族が入り込んで、国を支配すると、やり切れなさを感じるのだろう。敗戦後、進駐してきたアメリカ人が大きな顔して町の中で店開いて、商売し始めたら、違和感感じるだろう。特に銀行を作って経済を支配しているような形になると、いやだろう。日本人はおとなしいから、何も言わないかもしれないが。

Kif_9065 チベットの」国のトップ、ダライラマは身をもって、中国と戦う姿勢を示している。そういう国難を自らの人生を賭して、国民に見せている。国民も、そのダライ・ラマを見捨てていない。姿勢を一にした国民の信念が感じられる。

国民が虐げられているのは、チベットの場合だけではない。日本の中で時代の流れの中で虐げられているのは、中小の零細商店は、大スーパーに利益をさらわれて、生活基盤を奪われている。これは、チベットにおける漢民族の侵入のようなものだ。町の本屋さんはことごとくつぶれている、小さな乾物屋、豆腐屋、食べ物屋など、大資本の進出でつぶれた。大資本の稼いだ利益は、一旦吸われたら、地元のために使われることはない。

Kif_9031 この構造をチベットに置き換えると、日本人、庶民も、大企業進出へ怒りを覚えてもいいはずだ。なんだろうね、一体、どれが庶民の味方で、どれが敵が、すっかり目くらましを投げつけられて、「選挙に行かないで、寝ていてくれたら、いいのだ」と当時の森総理が放言した。

国民は、目覚めないほうが、政治はやりやすい。江戸時代から「知らしむべからず、寄らしむべし」と、言われている。00008

中国の模倣、偽ディズニーランド   温家宝 氷をとかす旅 裏の狙い   「ロシア油田」中国と競合から考える  偽ブランド品工場から考える  怨みに徳をもって報いる 以怨報徳  日清戦争で日本人の意識が変わった  もうケンカはすみましたか 毛沢東  天安門事件と中国政府の体質  チベット暴動 他山の石

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください

|

« 花粉症の季節とその対策 | トップページ | 自由への脱出  未完 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花粉症の季節とその対策 | トップページ | 自由への脱出  未完 »