« 次期アメリカ大統領はオバマ氏だ | トップページ | 借景と契約 日本の立場 »

2008年2月13日 (水)

町会はボス支配 新住民は嫌う

02 新住民でなくても、自治会というから、みんなが仲良く自治を考える会と思って近づくと、意外とボスが牛耳って取り巻きがかしづいている。

某町の町会へ行って、夏祭りの執行を取り決めるのを見たが、どうも民主主義とはかけ離れた感覚でことが運ばれている気がした。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
 nozawa22ブログ順位がわかる

毎年、日枝神社の祭礼で町内を子供みこしが回るから、休憩所にお菓子を用意して、、あと盆踊りの会場の設営を小学校の運動場に作って、盆踊りの練習などをする。これが主な仕事になる。

そのため、役員が数ヶ月前から夜集まって会議をするわけだ。町会は、自治会費として一ヶ月200円を一年分一括で4月に集め、それを管理事務所に届ける。それで全体で500万円近く集まる。毎年行われている。

それで管理事務所の光熱水道代、修理から、管理人を雇う費用にする。会合ごとに飲み食い代に消える。会長、副会長、交通担当、祭礼準備、衛生、等の役員が6,7人役員待遇で決まっている。

会長は地元の不動産管理の会社を長くやっている人が、ずいぶん長く続けていて、その会長のめがねにかなう人が役員になっている様子だ。だから、会長が少し遅れて総会に来た途端、役員の人たち、恭しく会長の席を空けて、真ん中にすわらせてた。総理と大臣の関係のようにみえて不思議な瞬間だった。

定年退職がとうに過ぎた年齢の男性にとっては、町会役員は重要なことなんだろう。役員にしてもらうことが、唯一の存在を認められている充実感を感じているようで、この町会を生き甲斐にできるのかもしれない。そんな印象が感じられた。

町の秋祭りに配るお菓子を買うのも、やはり役員の店から仕入れる。町内の役員の店から仕入れてもらうように工作する。その仕組みは、政府の中枢に食い込むのとそっくり。裏工作で、町会費から購入してもらえる。何か、国家の組織のミニチュアを見ているようで、ちょっと噴飯ものである。

神輿を引っ張る子供にお菓子を配るというのは、もう止めてもいいじゃないか。人からモノを貰うなんていう時代ではない。その時代錯誤の感覚は、前からやっていると、役員は疑問持たない。ほかの人も、あえて意見をさしはさまない。役員は、ボスの意向に汲々としているだけだ。これでは、町会への参加を嫌がる人が多く、組織率が下がっていると叫んでいたが、当然だろう。

町会は、区の伝達事項を掲示板にはり、町会の下請けを嬉々として役立っていると説明していたが、それでは、自治会でなくなるだろう。上意下達の旧態以前の町会では、新住民が嫌がるのは当然だ。都会の町会は、もう役目は終わっただろう。もっと住民のための役立つことを考えるべきだが、今のメンバーでは新しいことをやれないし、新住民の期待に応える内容を考える力はなさそうだ。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください

|

« 次期アメリカ大統領はオバマ氏だ | トップページ | 借景と契約 日本の立場 »

コメント

もっと住民のための役立つことを考えるべきだが、今のメンバーでは新しいことをやれないし、新住民の期待に応える内容を考える力はなさそうだ。

投稿: | 2011年2月24日 (木) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次期アメリカ大統領はオバマ氏だ | トップページ | 借景と契約 日本の立場 »