« すりこみ、マインドコントロール、がんこ、カルト | トップページ | 信用を上げる抵抗 私の悩み »

2008年1月17日 (木)

山本文郎アナ73歳の再婚 

8362 30歳年下の美女と再婚した73歳のフリーアナウンサー山本文郎さんに山本晋也監督がインタビューしていた。

再婚したカレは、籍は4月までに入れるという。カレ、山本晋也が遠慮して聞かないでいることを、自ら話していた。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓ 

人気blogランキングへ
  nozawa22ブログ順位がわかる

8000 にわとりの卵と同じで、一度廃鶏にしたものでも、養生さえすれば又卵を産み始めるように、山本アナウンサー血色がよく、「復活するんですよ」と嬉しそう。彼女の写真を見せるわけではないが、スタイルはいいし、常に前向きな子で一緒にいて疲れない。相性があっている。

年齢差が気にならないという女性は、お父さん子だろうね。父がいないとか、歳の差のある男性に可愛がられること少なかったのかも知れない。条件がいろいろ山本文郎さんに合ったんだろう。

8371この子とは、幼稚園時代から、知っているんだそうだ。この子の兄さんが小学生時代、TBSの子供音楽コンクールに毎年出ていて、その応援で家族で見に来ていたんだそうだ。その時の司会が山本文郎アナウンサーだったわけだ。

8373 結婚式の司会13年前 この女性の結婚式の司会を頼まれて、司会を山本文郎アナが引き受けたんだとか。そんな関係で毎年年賀状を貰っていたのだとか。

8385 山本文郎アナの奥様は11年前の12月23日、台所に立っていて、突然ふーっと倒れ、そして救急車に乗せられ意識が混濁して「何かあなたにすることはありますか」とうわごとを言っていたという。気の毒にね。そして、1月1日死亡。奥様60歳。文さんは62歳からずーっと独身を続けていた。

案外、この年齢60歳前後でなくなる奥様、女性が目立つのはなぜだろう。有名人の裏方をする奥さんは苦労とストレスが多いのではないか、そんな印象がある。

8383 年賀状にいつも亭主が横に書いてあるのがなく、「一度お目にかかって相談したい」とあったので、会うことにして連絡を取った。監督が聞くと、下心がなかったら、うそになるんじゃないですか。何を話しても、嬉しそうだ。なにしろ、自分の息子より年下だよ。子供は作らない予定。新しい奥様になる女性と初めてあって、見て驚いたことに、女優でいえば誰に似ている?監督が聞くと「十朱幸代かな」という。ウエストが締まっていていいんですよ、とニヤっとした。

0278始めてテレビに出演 紳介の行列で どこか食事に行こうと誘い。それから親密な、しばらくつき二ヶ月ほどあって、「私と一緒に暮らしてくれませんか」と彼女から言われたんだそうだ。文さんとしては、30歳の歳の差が気になって「オレといしょになると、介護する人生だよ」とかいったら「私が面倒見てあげる」という言葉を聞いて、決心したんだそうだ。

始めて会った日から次に会う12日後まで、毎日朝昼晩の3回電話したとか、かなり執着していた文さん。仕事していた彼女としては、怖い感じがないでもなかったという。一日3回電話するのは、ストーカーだろ。今が幸せなら、まあいいだろうが。文さん、恋愛体験が少なくて、エネルギーが残っていたんだろう、と紳介が解説していた。

8380 1月1日一緒に墓参りして、亡くなった妻に報告をしたが、「なんと言ったの?」と新しい彼女はいう。さっそく女房になると、気にする。再婚するが紀伊だろうかと聞いた。「何と言っていた?」「うんと言っているみたいだ」。女らしい、干渉が始まっている。

友だちからは「籍は入れないほうがいい」と言われたので、彼女にもいったが「財産はいらない」というが、籍は入れてほしいという。それを誓約書は書けとはいえないからな、という。

8423 最近は、糖尿病は注意してカロリーの取りすぎに細心の注意を払い、彼女に心配をかけないようにしている。いやはや血色がよくて、生き生きしているから、負けそう。羨ましいほど元気そう。再婚という恋愛中ということ。だから、話している内容が、どう考えても、彼女をよく見すぎ。そんな時期に水掛ける必要はないが。

Hara10ss この二人の再婚は、加山雄三の父上原謙のケースを知っているだけに気にかかる。妻だった大林雅美は「きょうは安全日だから」と言って、子をつくるつもりでない上原をだまして妊娠したという逸話を聞いたことがある。そのとき生まれた娘が女優をやっている。次女の上原芽英子

小学生以前から、彼女が山本文郎さんを知っていて、彼女の内側で育っていた思いがあるのが、間違いでなければ上手くいけるはずだ。

2009年の「新婚さんいらっしゃい」タレントカップル4,5組出ていた。その中に、山本文さん夫妻が出て、二人のアツアツぶりを語っていた。中学生の子どもが登校したのち、雨戸のシャターを閉めるのが「合図」だとか。文さん、案外強い。マムシドリンクを飲むと、血のめぐりがよくなって、大丈夫だという。この奥さん、あけすけにしゃべる度合、計算があるようにも見えず、ちょっとそそっかしい。控えめな点はない。見た目と違って、十朱幸代というには品がない。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください

|

« すりこみ、マインドコントロール、がんこ、カルト | トップページ | 信用を上げる抵抗 私の悩み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すりこみ、マインドコントロール、がんこ、カルト | トップページ | 信用を上げる抵抗 私の悩み »