« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

紅白歌合戦 概評

紅白歌合戦は、年々おもしろくなくなっているのを痛感している。そんなこと言うのは、年取った証拠だけど。

今年、昔ヒットした曲をNHKの功労者だからと、毎年顔出す歌手がいる。昔ヒットした曲はそれなりいにいいんだけど、それはそれ。懐かしのメロディって、紅白の前の時間帯に東京12Chでやっていた。往年の歌手、双葉あき子、東海林太郎、みんながもう忘れかけた人が、「わーふけた」とか言いながら見た番組があった。

そんな感じの曲が多かった。今年ヒットした曲を中心にやってほしいものだ。時間は2時間か3時間で終わりにしてほしい。曲芸とか、ショーやコンとは別立てで、緩やかにやってほしい。詰め込まないで。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

歳末の大掃除余話

孫達が来るからと、大掃除で、トイレ、洗面台、浴室を洗う。掃除をし始めると、案外やることが多い。

トイレのこびりつきはウンコとは違うが、尿素か、フチの奥に固まっている。トイレクリックルとか、水と共に汚れが落ちるという類では、取れるものではない。取れないと気になると、ファイト、闘争心が涌いてくる。こんなものが取れないはずはないやるのだが、割り箸などを使ってもとれない、金属たわしを使っても、あまりきれいに取れない。やっぱり錐の先のような金属が必要。マイナスドライバーで陶器を傷つけないように擦ると落ちてきた。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

洗面台の蛇口の上、横のくすみ、これが普段水がかかって、水道水の中に混入しているものが辺りをよごしている。それは、ガンコにこびりついて、雑巾程度のものでは落ちない。こういうのはカナダワシが効く。

掃除のメインは、特に浴室のカビ。塩素系のスプレイで噴霧してメジについているカビが落ちる。しかし、これは肺が苦しくなる臭気が強く、厳しい仕事である。液体の容器には、混ぜるのは厳禁とある。確か噴霧して15分も後から水で流すと、妙にきれいになっている。よく効く。よく効く薬品はそれだけ劇薬ということにもなる。半日その臭いが残る。

ダスキンの歳末大掃除セットは、スーパーで買うものがセットになっていた。余計なものも買わされるが、注意書きもそろっている。

子供のころから、学校へ行く前に雑巾ガケ、土間の掃除をさせられたので、掃除のポイントはわかっている。厳しいママ親だったから、ごまかせないので、病気以外毎日課せられた。いちばん辛いのは、冬場、雑巾が戸のレールに凍りついて剥がれなくなるときだ。素手の雑巾ガケは手が真っ赤になるし…湯なんか、使わせてもらえない。

Honmachi3467_2 本町2丁目がわが町エリア 大抵の家では、子供が学校へ行く前には何かお手伝いをするのが当たり前だった。夏休み中は同じ町内の小中学生が通りを朝6時に竹箒で掃除した。女の子はサガ子、朝子、ユカ、男の子は5人とも夫、勲、シンペイ、常雄くらいが8区本町(NTT前から田口医院まで)にいたが、寝ぼ助に呼ばれて目をさました。二階から顔出すと、掃除は終わりに近い、なんて感じだった。今なら、町の掃除を子供がしてるなんて、美談になってしまうだろう。昔は当たり前の感覚だった。

家で掃除していたから、高校生の時は、掃除当番を上手にすることくらいお茶の子さいさいだが、家でやっていた反動でか、サボっていたら、同級生のK君に下駄箱の裏に呼ばれて、注意された。そのことでK君が怖い人に見えた。彼だって緊張して言ったのだろうな、と今ならわかるが、番長ぽい行動に反発したものだ。

生徒が今も掃除しているのだろうか。最近、聞いてことがない。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月29日 (土)

アイラ百面相 エンジョイ三歳

100115825  普通にしていればいいのに、カメラを構えると、必ず一ひねりした顔をする。そして、できた写真を「見せて、見せて」とデジカメの画像を見て確かめる。それで、どうこういうわけではないが。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

10002_3Kif_5539顔を隠した次は、口に手を入れて、変化をつけているつもりか、またまたヘンな顔をする。本人はそれを楽しんでいるようだ。面白いことをいろいろ真似してみせる。

「そんなの関係ない」を保育所で覚えてきたが、それをしばらくやっていたが、アイラの家にはテレビがないので、その実際を知らなかったが、ウチでそれを見て衝撃をうけたのか、親に言われたのか、真似しなくなった。

7192Kif_7170知恵がついてきたと思ったら、大人のいうことを聞かない子になる。それが成長なのかもしれないが。こどもらしい時期が短いような、大人の勝手ではあるが、寂しさも思う。この可愛い時期、人間のルールを覚えていく時期でもあるから、可愛がると同時に、いかに叱っていくか、難しい。

10008Photoマゴというのは、間に親がワンクッションあるから、勝手に可愛がるだけになり勝ちだ。昔の人は「おばあちゃん子は、三文安い」と言ったものだ。安いのは、まだある。「一人っ子」兄弟間の争いがないから、世間の競争を知らないで育つ。特に母と子一人は、密着しすぎてしまうから、これは問題である。

100_2それを具体例ナシに、他人様の子供を決め付けるのは勝手なことであるが、子供を成長させることに難しさを痛感する。、「人は子育てしてみると、その人の精神的な成長度がわかる」という。人間は、外見からはなかなかわからないが、立派な大人、そんな人はいるのか、よく分らない。みんな欠陥は持っているから、そこそこ、それでいいのかも。常識をわきまえていれば、良いじゃない?

アイラの今は、素の部分がストレートに出る時期。まだまだ、我を主張して、遊具で遊んでいる他の子を押しのけても、泣いてでも、自分の番にしたがる。まだこの傾向が強い。これが徐々に我慢も覚えていき、友だちと折り合えるようになるには、あと半年はかかるだろう。

この三歳の時期、たった一年しかない。あっという間に過ぎてしまう。これが十分豊かにエンジョイしてもらいたいものである。00008

お子様ランチおまけおもちゃの恨み 七五三 記念写真 浅間神社 七五三のお祓い 読み聞かせ 幼児寝かしつけ  きょうがんばったご褒美に明日がある  酔払い行き倒れとハルケンゼー家  自閉症の子との遭遇  相模川こいのぼりの吹流し&孫娘 こども世界 大騒ぎ こども世界 アイラ、ヒナ&麟太郎  従姉妹と従兄弟 朝から成田へ出迎え 新年泣き笑い  少子化時代 ジャガー横田も出産  湯けむり横丁で FarewellParty  イギリスからのお客さん  一年生麟太郎の部屋 りんたろうの手品 Just for you, GRNADAD 父の日 アイラ百面相 エンジョイ三歳

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月28日 (金)

爆笑問題太田光の妻 酒癖の悪さ

夜中3時過ぎに酔っ払って帰ってきた妻光代、澄ましていれば、おとなしい人に見えるのだけど、なかなか。夫の太田光が家で寝ていたら、夫をベットから引き落として、「どこで寝ているんだ!」と大声で怒鳴り、「オレの家だろう」と寝ぼけて応えると「ここは私の家だ!」と応酬があった。酔払い相手にケンカしても始まらないと思って「出ていけ」と妻がいいう通り、出て行けば納まるだろう、と光は出て行こうとした。

Kif_7969_2  爆笑問題の相方、田中は「自分の家だから、出る必要はないだろ」と言うが、「酔払い相手だから、出ていくしかない」と、実に抵抗をしない姿勢にあきれるというか、柳に風・・・強いときは引いて。その話は全部太田光の作り話か、と思われるくらい。その話を聞いている妻の光代はおとなしい。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

Kif_7964しょちゅうではないですよ」と妻。すると夫の光「一日置きで」と応える。田中は「それじゃ、しょちゅうだろ」とチャチャを入れる。三人の役割を決めたシナリオのある漫才になっているから、「徹子の部屋」は盛り上がる。太田総理大臣で、雄弁を振るって、まくし立てるときの太田光とは違う表情である。

Kif_7965 太田光が出て行こうとすると、「カギを置いていけ」と妻はいう。妻は酔っ払っていても、押さえる点は押さえていう。出ていくなら、カギは必要ない。という言い分も最もだ、とテーブルの上にカギを置いて出ると妻は鍵を閉めた。締め出された光は行くところがないから、家の近くで一夜を過ごすハメになった。

Kif_7973 翌日、妻は目が覚めると、夫がいない。昨夜、自分が夫を追い出したことさえ覚えていない。テーブルの上に鍵が置かれている。慌ててマネージャーに電話して「太田がいない」と大騒動。探しに出かけると、玄関の戸を開けると、太田光、夫は玄関の前に坐っていた。という話である。

Kif_7970 この夫婦喧嘩というか、あっけらかんと話す太田光と光代の二人にハーモニーが妙に面白かった。司会の黒柳徹子さん、何もしないでも、話しを勝手に進めてくれるから、こんな手のかからないゲストは楽だろうと思う。

こうやって、奥さん、太田プロの社長をやって、爆笑問題をマネージメントして、巨大な利益を生んでいるから、凄腕だね。 大阪府の府知事に当選した橋下徹、弁護士、ここの太田プロダクションに所属して、テレビ出演は、全部奥さん光代さんが出演交渉からギャラとか条件を全部一手に引き受けていた。

「200%立候補はありません」と橋下徹氏(38)は出演番組の調整がつかないことで、あきらめていた。それほど、かように契約でガンジカラメに縛られて、おいそれ針路変更ができない。夫の光「女房は、頭抱えて悩んでいた」と光代さんの姿を話していた。しかし、快刀乱麻かどうかわからないが、橋下徹を府知事に立候補できるようにした。あのか弱い顔した光代夫人には、実行力があることがわかる。

Kif_7963 あるコンテストがきっかけで、太田プロにスカウトされる。楠田枝里子などのものまねでお笑い芸人として活動、女優を志望していた。1990年9月26日、同じく太田プロに所属していた爆笑問題の太田光と結婚。この年、爆笑問題は太田プロから独立。1993年、「タイタン」を設立。光代自身の営業努力や爆笑問題の実力が実を結び、事務所の経営が軌道に乗る。近年では、弁護士の橋下徹を所属させる離れ業を成し遂げ、大手に引けを取らない芸能事務所に成長させた。(ウイッキペディア参照)

前どこかで読んだが、光代の旧姓は、松永である。戦国時代の知略に富んだ武将松永弾正久秀の血筋を感じたね。00008_2松永久秀 ←リンク外

太田光の妻は松永弾正久秀の子孫  太田光代 光夫妻なれ初め暴露    平成の突破力 早稲田スペシャル

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (1)

2007年12月27日 (木)

美人国会議員の知能、知識レベル

Kif_793400001_3 国会議員14名、共産党、社民党、国民新党、自民党、民主党。全ての党を網羅している。議員しているくらいだから、賢い人が多いはずだが、そうは行かない。ここまで上り詰めているから、どっちかというと、人前へ押し出していけるタイプが多い。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

Kif_7935 一番びっくりしたのは、中国の首相が国会で演説して、安倍首相と親しく話しをして、氷を溶かす旅と、日比谷公園でジョギングして見せたのに、佐藤さゆり、片山さつきは、胡きんとうと回答して、周りをみてカンニングして回答していた。全員正解になった。

Kif_7939_2Kif_7941_3 中国に関心がないのか、テレビ見ていないし、新聞などは読んでいない。そんなマスコミは信用していないのかもしれない。自分たちが動けば記事になる、そんな意識かもしれない。

Kif_7943次の質問は、フランスの首相の名は、3名しか正解はなかった。その正解者には、片山さつきは入っていた。サルコジは大統領である。片山は、大サルコジと書き、首 フランソワ・フィヨンとフルネームを書いて見せた。質問は首相であって、大統領なんか聞いていない。知っているところを見せていやみだ。

Kif_7944 問題「イラクの場所はどこでしょう」これには、14人中5人ができていなかった。国会議員なら、イラクへ自衛隊が出かけたんだろう。イラクの場所くらい、何度も何度も新聞に出るだろうに、知らない国会議員がいること自体が不思議だ。一体、何に関心があるのか、と思ってしまう。

Kif_7950Kif_7951_2 正解すると、嬉しそうで、まあ普通の人と同じだが、国会議員は知能や知識で選んでいるわけではが、 もっちょっと知っていて欲しいものだ。それは、男性議員にも言えるが。

Kif_7956_2Kif_7955 「恋人に選ぶとしたら、誰?」という 一般人の街頭投票で決めることにした結果、このメンバーで・・・やはり、ある程度、マスコミに顔を出している人が強い。この企画に顔を出すのは、スキャンダルでも、何でも世間に知られていないとソン、損。みんなそんな計算で顔を出している。

Kif_7957Kif_7959 選挙にトクか損か、それが全ての基準で行動しているのが見える。オバカタレントでも、そのバカであることが知られても、テレビで外見が可愛いなら許してしまうそんな風潮、それを好む視聴者も多い。それが、まあ言ってみれば、我が国の水準。人間はその程度のモノかもしれない。

Kif_7960 で、一番票を獲得したのは、佐藤ゆかりだった。投票しながら一般人の「容姿なら佐藤ゆかり、中身は野田聖子だ」という意見そのものが、佐藤ゆかりの顔に出ている。それが、M人間には好まれるかもしれないが。野田聖子の地盤に刺客として入って、負けちゃった。比例区で救われたから、人々の先入観に入っていて、結局、選挙区を変えざるを得ないだろう。そうそう、野田聖子は、こんな番組には出られないということかな。

Kif_7922 こうやって、女性議員の顔を見て、政治に関心をもつのもいい。千葉補選で勝ち上がった民主党の太田和美、太った太った。当選して二年経たないのに13キロ体重が増えた、と自分で言っている。この人、キャバクラホステスで資金稼いで県議になった人。エピソードで綴っていく国会議員の経歴を知ると、覚えやすいかもしれない。00008

温家宝 氷をとかす旅 裏の狙い  野田 聖子と佐藤ゆかり どっちが上?  潮目が変わった千葉7区補選

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 

| | コメント (0)

2007年12月26日 (水)

日清戦争で日本人の意識が変わった

Kif_7866「1894年,朝鮮で農民の反乱である東学の乱(甲午農民戦争)がおこり,朝鮮が清に援軍をもとめると日本も居留民の保護を名目に出兵し,日清両軍の戦争がおこった。近代的な軍備をもつ日本軍は,朝鮮から満州(中国東北区)に進出し,各地で勝利をおさめた。1895(明治28)年,清は降伏し,下関で講和会議を開いて下関条約を結んだ。これによって,清は朝鮮の独立をみとめ,遼東(リアオトン)半島・台湾などを日本にゆずり,多額の賠償金を支払うことになった。 」
教科書ふうに事実の羅列だけでは、読んでもあまり興味が持てないかもしれないが、事実はそういうことだ。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

Kif_7871

Kif_7887_2めった見ないが、めずらしくNHK教育テレビ「日本史」授業を見た。先生は、優秀な社会科教師であったが、緊張してテレビ放送では冗談も言えない程だった。しかし、要領のいい授業だった。

Kif_7873 今では日清戦争など、小島よしお風にいえば、「そんなの関係ない!」と言えるかもしれないが、中国となんでケンカ(戦争)するほど深刻な争いが生じたが、実際知らない人が多い。30分ほどのテレビ授業だったが、私にはわかり易かった。清(中国)と争ったのは朝鮮が原因だった。

Nisshin_pic東学党の朝鮮で蜂起した一揆がことの発端で、「邦人保護」という口実で、三日後に朝鮮に進駐して大本営を構える。実にすばやい行動である。内閣府に危機管理機構が設置されているのか、災害救助でもやるようなスピードには驚く。なんでそんなに早く軍隊を送り込めるのか。

その当時、政府は、野党(改進党)に西洋諸国に弱腰で(今アメリカに弱腰と似ている)散々パラ攻撃されて、条約改正で多忙を極めていたが、国民の関心を外に向けて、一発逆転を狙って大きいことをやってやろう、と考えていたようだ。そのチャンスが朝鮮にあったというところ。往々にして、内政の問題を外交に向けさせるものだ。

朝鮮では、日本軍が進駐して、「邦人保護」の下で朝鮮に足場を築こうとしたのに、肝心の朝鮮の東学党の一揆は収まってしまった。外国軍に国内に進駐されては、政府を攻撃するより重大事件である。それでと、さっさと東学党のトップは矛を納めた。

Kif_7885 朝鮮は、まだ中国の朝貢国で独立を果たすには至っていなかったので、日本は朝鮮に盛んに独立をけしかけていたが、日本の誘いに乗ってこない。今度は、清(中国)に朝鮮改革を共同でやろうと持ちかけたが、中国は拒否してきた。それではと朝鮮王宮を占拠して、日本のいうことを聞く大院君を立てた。軍部主導のクーデターである。やるもんだね。

こういう行動は、その時代までヨーロッパ列国がアジアで植民地を作ったやりかたを、大体、踏襲しているだけなのだが、近代化が遅れた日本としては、ヨーロッパのやっていることを真似れば、(国際的に)許されると思っていた。そこが100年遅れているから、欧米のババ(ジョーカー)を掴まされて、悪人にされたんだね。日本はいつも欧米の後塵を拝して、しかも、すぐ近くの朝鮮でやり始めたから、憎まれてしまう。明治政府は西洋から不平等条約を押付けられて、何とかヨーロッパと同等な地位を得ようと必死だったので、逆に挑戦では、やることが強引だ。

Kif_7897 中国(清)と戦争をし始めると、中国はまるで弱い。客観的にみれば、弱いはずないと言われていた。彼らは武器は良いものを持っていたし、予備の兵力は決して少ないわけではないが、清国の末期で軍統制が取れていないし、訓練ができていなかった。それが敗戦の原因らしい。日本は、明治維新の内戦を経て、訓練ができていたのだろう。勇敢でもあった。

Kif_7895 日本はいくつかの戦いbattle は勝利したが、戦争Warの決着がついたわけではない。戦争回避の心理が中国にあった。このまま戦争を続けると清朝の存亡に係わると心配で和平交渉になった。明治維新の内戦をくぐりぬけてきた伊藤博文、陸奥宗光など、ハッタリが利く連中が政府のトップにいたから、「戦争をまだ続けるつもりだ」と脅し、中国全権大使李鴻章に無理難題を飲ませた。

Kif_7910_3朝鮮を独立国と認める。つまりは、中国の朝貢国ではないから、今度は日本が朝鮮にムリをいえる立場になれる。
遼東半島、台湾割譲など、領土を得た。
約3億円の賠償金日本の国家予算の3年分を銀で貰う。今でいうと、80兆円(日本の国家予算1年分)×3=240兆円を中国から分捕った。
④中国の港を日本のため開いた

01 中国に無理難題を飲ませて、ウハウハ喜んでいたら、列強のフランス、ドイツ、ロシアの国々が「遼東半島は返還しろ」と言ってきた。三国干渉である。

このころ流行った言葉「臥薪嘗胆」である。(タキギの上に寝て、熊の肝をなめる)我が国の武力が弱いから、列強と戦うだけの力がないから我慢するが、試練屈辱を忘れない。いつかみておれ、という意味。それで、遼東半島を中国に返還する。このとき、遼東半島の返還代償に3000万両(4500万円)手にする。

03 この遼東半島を一番欲しがったのは、ロシアだ。ロシアはその直後、ここをロシアの軍港ににしてしまう。日露戦争の203高地がその背後にあって、日露戦争でこの軍港を攻撃したことで有名。ロシアへの警戒が、日本国内に高まってくる。「もしロシアと戦わば」という論調が沸騰してくる。

ヨーロッパでの評価は、「中国の後塵を拝していた日本は、なかなかやるもんだ」という見方になった。イギリスは、日本と通商条約を結んで、その後、同盟も結び、中国との戦争に干渉しなかった。三国干渉にも加わっていない。第一次世界大戦までは、日英同盟が生きている。

02_2 日清戦争の前までは、中国の文物で勉強してきた。日本人は漢文で筆談ができるのが当り前だった。日本にとっては、中国は先進国であり、先生であった。
 それが、中国に勝った!勝った!で、一転して、「チャンコロ」というような蔑称を平然と使い始めた。「中華民国」という国になっても「支那」と、日本国内では使われた。日本人は、「勝った、勝った」でいい気になると、みっともない。

Kif_7868 先生、このNHK日本史講座、放送では余計なことは言えないから、日清戦争の歴史的な観点から語っていた。日清戦争で勝った後、中国蔑視が国内に横行したが、そうではないと主張した人もいると、「中勘助「銀の匙」を読んでみてください」と最後に述べた。唯一、先生は、自分の意見を織り込んだ。00008

強国日本、70年前の空気を嗅ぐ

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ
   感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (1)

2007年12月25日 (火)

逸見政孝 最後の記者会見

7835 オジサンズという番組を見ていたら、終わりになって、逸見政孝が死んで15年、最後の会見シーンを再放送した。死に装束で切腹前の武士のような印象の放送は、後にも先にもない。凄く強い印象が残った。

Kif_7841 オジサンズのメンバーは元局アナのおじさんが主体のトーク番組である。オジサンズ11(オジサンズいれぶん)は、毎週月曜日の22:00~22:54に日本テレビ系列で放送

Kif_7862 オジサンズ(主に元局アナ)太字が本日の出席者
MC 水道橋博士(浅草キッド)
日本テレビ:徳光和夫、福留功男、羽鳥慎一(局アナ)
TBS:鈴木史朗、生島ヒロシ

Kif_7861 フジテレビ:露木茂、山中秀樹
テレビ朝日:朝岡聡、辻よしなり
テレビ東京:小倉智昭
文化放送:梶原しげる 
その他:大和田獏

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

逸見政孝さんを偲ぶ

78427843 1993年12月25日、逸見政孝は亡くなっている。逸見の弟がやはり同じガンで若いうちに死んでいるから、体重が減ったりすると、すぐガンではないかと気に掛けていた。他にも親がガンで死んでいる。だから、早期発見に心がけていた。この記者会見の一年前にも胃がん手術をしていた。それは胃潰瘍だとごまかしていたが、それもこの記者会見で告白している。

78517846 この記者会見は9月6日であるが、前数日は、食事のあと自室に閉じこもって、自分のことをテレビで語る言葉を考えていた。自分の生き様をいかに、視聴者に伝えるか、自分の義務と考えていた。アナウンサーの宿命でもあるが、自分を被写体にして語る姿勢が痛々しく、見えた。よく意図が伝わった。

78477849 ちょうど仕事も、乗りに乗っているさなか、多くの仲間がまだまだ元気であるのに、自分だけがという気持ちもあるだろう。子供もまだ二十歳になるか、ならないか、そんなうちに死んでなるものか、それが強いだろう。家も新築したばかりで数億のローンが残っていて、稼ぎ手の逸見が死ねば返せない。事実、このローンのため残された妻はだいぶ苦労した。

手術はその記者会見の10日後、9月16日、内臓を3キロ摘出する大手術であった。三週間後にはリハビリのため病院内を歩く回復振りであった。しかし、その後は体力を失い、徐々に悪化する。

Kif_7837惜しまれて消えたから、未だにファンや視聴者に元気な印象を残している。悪い印象を持っている人は少ないという恵まれた人生である。多くの人に注目されたゆえに、若い頃のあまり好印象でない顔が晩年というか、最盛期の顔は好かれる顔になっている。落差が大きい。奥さんを追いかけて告白しているころの逸見は、奥さんにそぐわないくらい不細工で奥さんがきれいな人に見えるが、今では逆転している。人間って、地位と立場で変わるものだ。

Kif_7859 記者会見後、フジテレビのアナウンサー室を訪れて、みんなに「回復したら、またここへ戻ってくるから」と挨拶して部屋を出て行く。出てから、もう一度部屋の中に目をやり部屋を見渡してから、去って行ったシーンをみんな見ていた。と語ったのは、山中アナウンサー(13期後輩)である。

Kif_7858 今ブレークしているIKKOさんが、メイクを担当していて親しかった。彼が逸見に電話すると、家族の人に「すぐ来て」といわれて、臨終に立ち会う格好になった。「IKKOさんきたよ」と声をかけると、目が動いて反応したが、そのまま動かなくなったという。娘が死に化粧していたが、IKKOが来て改めて化粧してやる。それほどの仲だったとか。話するたびに、涙が止まらない様子である。

8.意識不明、そして死 (三年後 近藤医師と晴恵さんの対談
12月21日、熱が四〇度以上に上がり、容体が急変。 

12月22日には、意識がないまま起き上がり、長男の太郎さん(23歳)に向かって「太郎すまんな、頼むな」とつぶやく。

12月24日、意識不明になる。長女の愛さん(21歳)は、最後の二日間、逸見さんの手をずっと握りしめていたが
25日十二時四十七分、家族に見守られながら永眠。壮絶な闘いに幕を閉じた。晴恵さんは、「助けられなくてごめんね。許して…」と叫びたかったという。

 逸見 「主人は最期まで羽生先生のことを信頼していましたし、手術や治療法についても何の疑いも持たず、これからよくなっていくんだと信じきっていましたから、遺言も残していなかったんです。羽生先生の言葉にかけて、一途に信じて。でも主人にとってはそれでよかったのだといまでは思います」 

近藤 「医師はとかく最後まで治療を続けたいという根強い考えがあって、かえってそれが患者さんを苦しめ、死期を早めているんじゃないかと思う。必要な治療は受けた方がいいが、逸見さんのような場合は、手術も抗がん剤もやらないほうが延命につながったと思うんです。私が著書『患者よ、がんと闘うな』で伝えたかったのも、痛みや苦しみに耐えるばかりの無益な治療で闘うな、ということなんです」

00008

逸見政孝 スキルスガンに死す1993年  逸見政孝 最後の記者会見  逸見氏治療の疑問(外部リンク)

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (1)

2007年12月24日 (月)

M1グランプリ 4239組の頂点

7818 4239組の若手漫才グループが、高校野球のトーナメントで唯一の優勝者を決定するのが、M1である。漫才ナンバー1を決める催しである。F1も、K1もあるが、1位は、大変なことだ。司法試験が難しいといっても、100人に数人は合格するのに、4000人で一人である。これは難しい称号である。テレビでバカなことをやって、ふざけているが、M1となると、これは、神に近い称号である。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

3008 第1回 2001年12月25日 1,603組 中川家              9年 吉本興業(大阪) 笑いのDNA 
第2回 2002年12月29日 1,756組 ますだおかだ       9年 松竹芸能 打倒吉本を合言葉 
第3回 2003年12月28日 1,906組 フットボールアワー 4年 吉本興業(大阪) 悲願 

G2005041301football 第4回 2004年12月26日 2,617組 アンタッチャブル  10年 人力舎 悲願の正面突破 
第5回 2005年12月25日 3,378組 ブラックマヨネーズ 7年 吉本興業(大阪)   モテない男 
第6回 2006年12月24日 3,922組 チュートリアル     8年 吉本興業(大阪) 華麗な妄想族 
第7回 2007年12月23日 4,239組 サンドウィッチマン 9年 フラットファイヴ ワイルドカード 

7821 毎年参加者がグングン増えているのが、実に多い人が目立ちたいと思っているのがよくわかる。しかし、既にテレビで活躍している人も、優勝しようと出る。毎年一人しか優勝できないから、そりゃ大変だ。今年ハリセンボンが出ているが、そうは問屋が卸さない。バライティで活躍しているが、漫才がうまくない。いや、聞いたことがない、かな。

7826 今年優勝したのは、苦節10年マイナス1年、9年下積みをしたサンドウィッチマン 伊達みきお、富澤たけし。彼らに漫才を聞くと、どつきでも、奇抜でもない。正統派漫才をやっている。漫才らしい漫才。言葉の行き違いや受け答えの外したり、蹴ったりのおもしろさである。聞いていて、なるほど、うまい突っ込み、ボケが安心していられる。これから、持ちネタが増えればいいが、増やすには仕込みが大変だ。ガンバレ!

M:アンケート?忙しいから他に当ってくれよ。
T:渋谷で10代の女性に聞いているのです。
M:一個も当っていないじゃないか。六本木で30代だから、オレ。渋谷にいって、渋谷。

T:誰でもいいんです。問題あるようでしたら、音声を変えますし、目にモクザイを入れますから。
M:モザイクだろ!誰が木材を入れてアンケート答えるんだ。カメラもないし。

T:すぐ終わります。ラっという間に。
M:アっという間だろう。すぐおわるの?

T:はい。じゃ、始めます。このアンケートを何で知りましたか。
M:お前でよ、お前と書いておけ。
T:お名前を伺っていいですか。
M:伊達、伊達だよ。
T:苗字もお願いします。一人暮らしですか。その日暮らしですか。お仕事は、なに団関係をしていますか。
M:暴力団限定だろ?アンケート協力しているから、協力団とでも書いておけ。
T:会社員でしたら、会社では派閥があると思うのですが、あなたは、うどん派ですか、そば派ですか。
M:なんで、そんな派閥にしたいわけ?そんなちっぽけな会社のわけ?
T:どっちらかといえば、どっち?
M:どっちだっていいんだよ。どっちかといえば、うどんかな。うどん好きだから。
T:そばに寝返る可能性って、どのくらいあるか?
M:結構あるよ。ケッコウ。長ゲーナ。昼飯ザルそば食べているから。

T:中東問題で揺れている世界情勢をあなたは、どう責任を感じているんですか。
M:ねえ、と思っている。まず、関係ねえじゃないかあ。
T:では、責任はそば派にある。
M:そばからどこにも関係ねえじゃないか。麺類には、人類には。
T:ここから二択問題になります。外食と自炊、どちらが多いですか。・・・・

7827 問いに答える瞬間外す間、この微妙な掛け合いは、絶妙である。これが日常生活でやられたら、イライラするが、芸として存在するから、笑っていられれる。東京から東北では、この相手を笑わす努力はない。真剣な会話で、寸ぷん違わぬ問いと答えが要求される。

ふざけたことをいうと叱られるのが、東京の文化でああり、人を笑わさない会話はヤボというのが、関西である。江戸から東北は、文化を担っている意識が強いが、武士の文化か、とにかく「笑わないのが男」と思っているフシがある。

7831 M1グランプリを始めようと考えたのは、島田紳介である。彼の間、彼の当意即妙の会話聞いていると、なかなかスキがない。相手が弱っているときは、こういう、初対面であった先輩をくつろがすには、どうするか、ありとあらゆるテクニックを持っている。彼も、最初先輩芸人の技を盗むために、かなりの勉強をしてうまくなったという。メモ魔でいろんなことを書いていたらしい。彼は、創始者だから、審査委員もやっている。

78301000万円の山 見ると大した量ではない。一億円でみかん箱一つ。 優勝者はトロフィーと1000万円の懸賞金がある。これで、今回の優勝の二人は、9年間同じアパートに暮らしている。この賞金で引越しをして、二人別々に部屋を借りて住みたいという。彼らには一千万円を目の前に見せられても、たいしたカサではない。一万円札で1000枚だから、たいした量ではない。

Kif_7834 スケジュールなんか、アキアキで一ケ月で一回しか仕事がないなんてザラ。彼らにスケジュール表なんて、真っ白、空白が当たり前。今回テレビ出演が、M1優勝で始めてのスケジュールである。優勝で、これで一躍寵児になるか、そんなにちょくちょく出て見慣れたら、「我われの漫才がおもしろくないことがばれる」と漫才のようなことを言いう。文学賞なら、芥川賞か、直木賞だ。もっと価値あるかも。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (2)

2007年12月23日 (日)

お子様ランチおまけおもちゃの恨み

7808 本日の話は、アイラ(姉娘の子)とヒナ(妹娘の子)従姉妹イタリアンレストランおまけのおもちゃを貰った貰えないで、店の方針との衝突である。

ヨーロッパ生活が長くなると主義主張を曲げない性格が益々磨きがかかってくる。娘は、日本人独特の笑ってごまかすとか、相手に合わせて、マアマアと我慢して納めることはしない。長いものには巻かれる、という弱さは、他民族との衝突のヨーロッパの中では、相手に反論しないで黙っているのは、能力がないか、自分の負けと思われる。

7807 きょうも小さなことだが、イタリアンの店で店の方針にぶつかっていた。店員は「お子様ランチを取った子へのプレゼント」という主張を曲げないので、当然正しいことをしていると思っている。店員は、経営方針をしっかり守っているわけだ。ヒナはお子様ランチを注文したから、おまけのおもちゃをもらえるからいいのだが、問題はアイラである。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

7802 アイラもお子様ランチを注文したかったが、あいにくお子様ランチにはスパゲッティが含まれていなかったので、やむえず高いスパゲッティを注文した。ヨーロッパに血が半分入っているアイラは、ちとやそっとでは引き下がらないで、レジ前で大声で泣き叫ぶ。私も、店側がどんな対応するか、様子を見ていたが、アイラの声は大きいから、人だかりができるほどだ。

店の店員は殆ど女性ばかりで、店の方針は、「お子様ランチ+おまけのおもちゃ」らしく、それを曲げる気配はなさそうだった。「そちらに注文が間違っていたから」だ、という。娘も「お子様ランチにスパゲッティとご飯の選択がないメニューに問題がある。責任者はいないのですか」とまでいう。

7740 多くの人が見ていても、現状を店員は方針を変えて「じゃあ、おもちゃ、どうぞ」と、ついぞ言わなかった。立派といえば立派な見識ではあるが、まあまあ・・・という日本人美風の和がどっかへ飛んで行ってしまっている。ギスギスしい社会というのかね、いいじゃないか。公平に子どもにはおまけのおもちゃ上げるようにすれば。別にお子様ランチ限定とするより、子供は何円以上の注文とすればいいじゃないか。お子様ランチより、アイラが注文したスパゲッティのほうが高かったのだから、おまけを上げるほうが、客観的には妥当な気もする。

お子様ランチのおまけのおもちゃ」は、100円ショップへいけば、もっと良いモノがありそうな、こわれそうな赤いプラスチックの水鉄砲という程度のもの。店としても、子供のご機嫌損ねて、顧客を失うより、この程度のお願いが無理難題とは思わないが、たとえ無理難題といえ、数回また来てもらう方が採算的に合うと思う。女店員に知恵がないのかな。意地になっているようにも見えた。

7757もう、あの店へ行かないと娘はいう。アイラも数分たったら、さっき欲しがった「おまけ」のことは忘れていたが、そんな程度のことだが、「お子様ランチにおまけのおもちゃ」は罪作りだ。同じ年頃の子がいたら、おもちゃを配って店の人気をとるのが、店にも得、店の常道だろうに。知恵がない。

経営難でアップアップして、経営者が経費節減を店員に強いているのかもしれない。それを忠実に守っていて、それが裏目に出たのだろうか。忠実な店員ほど、客に不快な面を見せてしまうのだろうか。相模大野の小田急デパート5階可もなく不可もない店なんだけど。

7795_2 アイラがトイレに行っている間に、店員がヒナに「おまけのおもちゃ」を持ってきたので、家内は「アイラが見ると欲しがるから」と早速しまっておいた。しかし、アイラはおもちゃもらえると信じているらしく、忘れていなかった。

店はチェーン店なのか、経営者は店にいないので、責任ある対応ができないようであった。たった100円程度の問題だっただろうに。こっちは、合計8000円程度の金額払っているのにバランスの悪い経営感覚ではないかな…。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (3)

2007年12月22日 (土)

行動力のある女性 アメリカ移住計画

Img_1061215_16003435_0 「今ローンの途中でこのマンションをどうしようか」とAさんはいうが、きっと繰り上げ償還して、貸し出すか、売却してロスアンゼルスへ行くことだろう。最初は、本気で移住する予定ではなかったが、子供の新学期をめどに9月には新生活を考えている。アメリカ移住の注意点 挑戦!日本脱出★アメリカ移と収入確保作住戦

主人の仕事が、向うで新会社を立ち上げている自動車デーラーに話を付けたいという。最初は主人は乗り気ではなかったが、ようやくその気になったので、1月に今てつだっている仕事の仕入れに行くから、その時ついでに主人の仕事とビザの申込をしてくるという。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

その次、子供と主人を伴って、ロスの就職先に顔出して、決めてくるという。「これだけ能動的に動く女房がいたら、いいね」と、彼女の行動力に感心してしまった。旦那の勤めていた会社が倒産して、今は生活のための仕事でどうしてもやりたい仕事ではない、と彼女は言う。

彼女が手伝っているのは、女性モノの衣類をアメリカから仕入れてネット上で売るウエッブショップである。相当量を仕入れても二ヶ月から三ヶ月で品切れになるほどである。こんどヤフーに出店すれば、発送するのに人手不足になるので、スタッフを見つけないと間に合わないという。

その会社も、若い女性がオーナーである。特に変わったネットショップではないが、商品を熟知していること、たしか、それを真似しようとも商品知識がないから、できないだろう。ブランド名にしても、服のサイズも知らないものにはむりだろう。

目抜き通りに商店を構える必要はない。ウエッブショップはマンションの一室で十分商売できる。着る物は、気持ちいい対応してくれたら、特殊体型を専門にすると、その人の体型は一生続くから、顧客になる。特殊体型をターゲットにする商売は、いいところに目を付けたと思う。

子供が小学生で、10年たっても二十歳だ。アメリカで大学を出て、と楽観的である。40歳でやり直しのリミットかもしれないが、英語とか、治安とか、全然怖からない。冒険だとは思っていない。淡々とビザ申請、ロスの仕事先の交渉を淡々と進めている。このクソ度胸は、どこから出るんだろう。子供と夫を引き連れて、Aさんの心臓はどうなっているんだろう。

「アメリカへ行っても、録音起こしはやりたい」ので、お願いするという。彼女の録音起こしは、今年から始めたばかりだが、仕事はもともと早い人だから、頼りにしていたが、アメリカにいても、インターネットでつながっていれば、仕事は頼める。アメリカと日本で、遠くなっても大丈夫か。「去るものは日々に疎し」ともいうが。最初から遠くて顔あわせることがないのではなく、知っている人なら、安心だろう。

外国へ移住する人は、これで二人目。前の人はロンドンへ行ってしまった。一度語学留学で若い頃行ったことのある人だったが、離婚後、二人の子供を伴って、行ってしまった。向うには、イギリス人のボーイフレンドがいるというウワサだったが、今じゃ音信不通。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

三国連太郎 中学生から徴兵まで

7736 現在84歳、三国連太郎の人生は、出生から不思議な人生であるが、旧制中学3年か、4年で、船の碇iいかり格納庫に隠れて密航しているから、並みの人生ではない。

小倉中学にいたとき、上級生がストをやるのに同調してストに加わった。そのうち学校へ行っていることがイヤになって、小倉から下田中学へ転校した。

きょう「徹子の部屋」のゲスト三国連太郎から聞いた話である。彼の人生は、八十代半ばの人たちが日本の激動を経てきた人生は、日本の生きた道である。終戦後も、この年代の人が、先頭車両で民主主義を叫んで走ったのである。

山田風太郎の「戦中不戦派日記」を読みながら、自分の人生を語っていたが、戦争体験あるだけに、映画でも積極的に平和ってどういうものか、語ろうとする姿勢がある。戦争と平和を若い人に飽きないように、嫌がられないように伝えるのは難しい。戦争になると張り切るし、儲かる立場の人がいるが、平和では儲けが少ないからね。平和は退屈で、なめてかかるんだ、人間は。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

7734 下田の中学へ転校してきて、しばらくすると、自由な雰囲気から、軍事色が濃くなり始めた。それが先ず、制服がカーキ色のそろいの色になり、ゲートルを巻いて集団登校になった。二人の配属将校が学校へ来て、軍事訓練が行われるようになった。

「学校を止めたい」と親父に相談したが、それは許さなかったので、家出して下田に停泊していた神風丸という搬船に潜り込んだ。この運搬船は下田で給水をして、瀬戸内海を経て山東省の朝鮮半島からチンタオ(青島)へいく船だった。

7733_2この船に乗って行けば、日本の縁を切って、外国へいけると思って、碇の格納庫に隠れていた。そこで眠ってしまった。碇の落ちる音で、目が覚めたときは、船は出港して瀬戸内海を航行していた。船員が三国連太郎に気づいて、船長の次のチーフが「出て来い。お前おなかがすいているだろう、食わないか?」と聞かれた。三日間、何も句っていないし、水も飲んでいなかった。

食事をご馳走になって「この船はどこへ行きますか」と聞くと、「山東省のチンタオ(青島)」という。シメタ、外国へいける。中学生の分際で、よくそんな冒険を実行したと思う。

船員も、瀬戸内海で停泊して船を止めるより、また内地に戻るんだからこのまそれから下田の自宅kジュで少年を下ろせばいいと、目的地のチンタオへ着いた。それまでは船の中でボーイとして働いた。船員は10名しかいなかったので、人でが不足している。厨房の床の掃除や皿洗いを進んで働らき、みんなに可愛がられた。

山東省青島(チンタオ)に着いて、脱走しようと様子を見ると、港の波止場には、中国兵が大勢いて、下船しても逃げていく隙がない。船が着いた波止場の反対側には、殆ど人が見張っている様子がない。夜になって船員の油断を見計らって、船を下りた。

一つの灯りを頼りに、チンタオの町を駆けた。灯りのあるところは、日本人経営のダンスホールだった。そこで、「ボーイ」として働いた。中学生にしては、体が大きいことが幸いして、年をごまかしても、通った。

実家へ三国連太郎に召集令状が来ていた。(20歳にならないと、召集令状が来ないと思うので、三国連太郎の勘違いで、これは兵隊検査ではないか)家出しているし、召集令状がくるわで、母から「家出人捜索」が警察に出されていた。日本に帰ってそれを知った。岡山県倉敷あたりで、警察官に不審尋問されて、捕まった。

「君は徴兵を無視している」そのまま、伊豆の下田へ送られて、帰されて、しばらく父の仕事の手伝いをしていたが、指定日に出征することになった。「バンザイ、バンザイ」歓呼の声に送られて、駅まで行列で送られた。

父はその輪には入っていなかった。玄関で小さな声で私に言った。「何をしてもいい、どんな卑劣なことしてもいいから、生きて帰ってこい」と。これが頭にこびりついて、なんとしても生きなければいけないんだと戦争生活が2年続くわけです。

7728_2  戦地ハンカオへ着いてみると、本隊は南方の戦線へ行ってしまい、小さな留守部隊しかいない。留守部隊はお酒の醸造をして戦線へ送る仕事をしていた。そこで終戦までお世話になった。三国連太郎はこの手伝いをして、結局銃を撃つことなく終戦を迎えた。

7729 日本租界ハンカオにいたが、帰るまで約1年、捕虜生活であった。租界には約2万人の日本人がいた。そこで世話になり、帰還まで暮らした。結婚していると、優先的に日本に帰ることができるので、偽装結婚をした。相手は、夫が戦死した未亡人で親と一緒にくらしていたので、書類を作ってニッキョウ事務所に届けた。で、優先的に帰国した。着いたのは長崎佐世保である。

7730 宮崎の小さなバス会社へ数ヶ月勤めていたが、何せ偽りの結婚であるから、いたたまれなくなって、一人夜のうちに逃げるように宮崎を出てしまった。それから先が俳優としてデビユーした世間の人が知っている人生である。00008

参考記事 三国連太郎 出生のなぞ    戦中不戦派日記 三国連太郎 中学生から徴兵まで  三国連太郎 結婚~デビューその後  三国連太郎と恩師木下恵介    戦中不戦派日記

★読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

ジョン万次郎 日本初の英語使い

Johnmanjiro ジョン万次郎高知県土佐清水市中浜の貧しい漁師のi家、次男に生まれた。14歳のとき、漁師の手伝いで、1841年(天保12年)、漁に出たあと遭難し、5日半漂流し、太平洋に浮かぶ無人島の鳥島トリシマに漂着した。その鳥島で143日間生活しているとき、アメリカの捕鯨船に助けられた。

その当時、漁師の子として生まれたら、漁師になるしかない。それが、アメリカへ渡ることで、万次郎の人生は、まるで変わってしまった。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

Kanrinmarutosashimizu 万次郎と共に鳥島へ漂着した漁師は四、五人いた。ハワイで他の漁師たちは下ろされたが、万次郎は船長のホィットフィールドに気に入られて、アメリカの船長の家に下宿して学校へ行くことになった。万次郎な他の船員とちがって若かったし、もの覚えも早かった。彼に期待を掛けていた。学校へ入ると、成績抜群で大学も出て、その後、測量の勉強もした。日本への帰国を望んで、お金を貯めて帰国を実現するが、鎖国の日本で随分、取調べられる。

01彼が日本社会で必要とされるまでには、数年の間があるが、その間に手作りの英語辞典を作っている。その後、日米の間に交渉しなければならないのに、英語に通じている者は全国探しても通訳のできる能力のあるのは万次郎しかいなかった。大学までアメリカで教育されていたから、ネイティブのレベルだ。

日本とアメリカの交渉では。通詞として重宝される。日米交渉が続いている間は万次郎は役人、武士待遇を受けているが、オランダ語のできるものはいたが、英語のできる万次郎に代わるものはいなかった。191031c

しかし、英語能力に嫉妬激しく、日米交渉のさ中、スパイだとされて通訳を下ろされこともあった。明治維新後、一体どこへ行ったのか、姿が見えない。不思議だ。今も有名であるが、その割には、万次郎に光が当っていた期間は短かった。

晩年にアメリカ時代の友人が訪ねてきたが、既に英語が話せなくなっていた。明治31年(1898年)、71歳で亡くなり、今は雑司ヶ谷霊園で眠る。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

きょうは何の日 ペルー大使館人質事件

7706_2 ペルー日本大使公邸人質事件が、1996年12月17日にペルーの首都のリマで起こった。日本は冬だが、地球に反対側で夏だったから、大使公邸の床にごろ寝しても寒くなくてよかったのかもしれない。だいぶ古い話になってしまい、記憶が薄らいでしまったが、大事件だった。

7694 人質になった青木盛久駐ペルー大使がテレビに何度も出て、その挙措を見ていると、一見上流そうな物腰で、独特の雰囲気があった。大使ってこんな感じにしゃべったり、行動するんだ、っていうのがよくわかった。品はいいのだが、浮世離れの人のようにも見えた。世間の垢がついていない、絹のハンカチタイプ。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

Kif_7674 ゲリラMRTA(トゥパク・アマル革命運動)14人が、空き家となっていた隣の家の塀を爆破し、日本大使公邸の庭で行われていた「天皇誕生日祝賀レセプション」を襲撃し、人質をとった。そこへペルー警察が駆けつけて、銃撃戦になった。

Kif_7665 ゲリラのリーダーは、ネストル・セルパという男だった。知恵がある感じだった。青木大使に銃を突きつけて、ペルー警察に銃撃をやめるように要請させた。これで銃撃が止んだ。公邸に招かれた客、公邸職員等、700名あるいは、600名を建物内に入れた。一階はゲリラが占拠し、二階に人質を押し込めた一人ずつ身分証明書を確認して、重要人物と民間人など、区別をした。

Kif_7667 ゲリラは要求をペルー政府に突きつけたが、フジモリ大統領は拒否して、対決姿勢をとった。それが事件後4日目であった。長期化を覚悟したゲリラたちは、人質700名も抱えていられないと判断して、225名を釈放した。その後、徐々に人質は解放したが、最後まで拘禁生活に付き合わされたのは72名になる。フジモリ研究1 フジモリ研究2

Kif_7711 予想以上の人質を確保してしまったMRTAは、人質になっていたミシェル・ミニグ赤十字国際委員会代表の求めに応じて早期に女性や老人、子供など200人以上の人質を解放し、その後も継続的に人質を解放したものの、多くのペルー政府要人や軍人、日本大使館員や日本企業のペルー駐在員らは人質として大使公邸に残された。

Kif_7678 公邸のパーティの皿や瓶などは、数ヶ月事件が終わるまで放置されていた。日本政府は、人質の安全をペルー政府に盛んに申し込んでいたことは、当時のニュースで流されていた。その姿勢は日本の常識であったが、世界の非常識みたいに見られていることは、なんとなく感じた。それが正しいのだが、日本政府の言い分が児戯に似て、戦争が常在化している国の中では、腑抜けているよう見られた。フジモリ大統領の作戦を見ていると、そんな気がした。

Kif_7682 フジモリ大統領は、事件発生翌日には武力突入を検討していたが、事件直後に日本の橋本龍太郎首相の命を受けてペルー入りした池田行彦外務大臣による「平和的解決を優先してほしい」との勧めにより即時の武力突入を断念した。しかし1997年1月下旬に、事件が膠着状況に陥ったことによる国内外からの批判に併せ、内政の不安定を嫌ったフジモリ大統領の意を受けたペルー当局が武力行使計画の立案を開始し、大使公邸と同じ間取りのセットを造り特殊部隊が突入のシミュレーションを重ねていた。

Kif_7679この事件が解決するのは、年を越えて4月だから、相当長い期間がかかった。長期化する見通しになってからは、ボランティアの食料援助、仲裁の牧師が仲介に入ったり、幾多の行動があった。朝日新聞記者がゲリラに面会取材を敢行して、かなりヒンシュクを買った事件もあった。

OasfujimoricropRyutaro_hashimoto_1_2 その後の2月1日に、橋本首相とフジモリ大統領がカナダのトロントで会談し、橋本首相は改めて事件の「平和的解決」と事件解決への全面的支援を訴えた。なお、橋本首相は本事件の対策本部に木村屋總本店のあんパンを大量に差し入れたことから、「アンパン総理」と揶揄された。その後の2月7日にペルー警察当局がフジモリ大統領の発案による公邸までのトンネル掘削を決定し、直ちに掘削作業が開始された。

Kif_7701 ゲリラを寝かさないためのように、夜通しスピーカーで歌が流されていた。それは、公邸の下までトンネルを掘っている音、掘った土をトラックで運んだりする作業の音をごまかしていた。それをゲリラにまったく感づかせないで、完遂するペルー軍の技術もかなりのもの。トンネルは24時間3交代で突貫工事が進められていた。

Kif_7685 支援物資の中には、盗聴器(ギター)が隠されていた。ペルー司令官らに対して聖書に工作して隠しマイクが手渡さていた。次第に、ペルー政府には中の情報が手にとるようにわかってきた。フジモリ大統領を中心に強硬路線が着々と進んできた。

相次ぐ解放により年明けには100人、最終的には70人程度となっていた人質は主に、数名の閣僚やペルー軍の将校を含むペルー政府関係者と駐ペルー日本大使館員、松下電器や三井物産などの日本の大手企業の駐在員などが中心となっていた。

Kif_7703 ゲリラの14名のうち、8名は20歳前後のカネで雇われたアルバイト青年であった。彼らは、ゲリラ幹部の命令で行動するだけで、思想があるわけではなさそうだった。12月人質になってから、3ヶ月もたつと、若いゲリラたちとの間に奇妙な連帯感といいうか、仲間意識が芽生えて、青木大使がいうにはオセロを一緒にしたという。マージャンをやったり、ひまをもてあます時間で、一緒に遊んだという。彼らは室内サッカーを一緒にするメンバーを誘いに来たという。

Kif_7692 最終段階で、公邸の一階に住んでいたゲリラたちは、ホールでフットサルかバスケットをやっている床に亀裂が入って「おかしい」と気づいた。それで青木大使に銃を突きつけて、下へ呼ばれて、ゲリラに激怒された。何を言っているかわからないほどだったが、大使は「築50年も経ったから、リフォームが必要かな」と冷静に言ってまた二階へ帰ってしまった。これで、地下道を掘っていると察せられては、多数の犠牲者が出ただろう。

Kif_7688 事件発生から127日後の4月22日に、ペルー海軍特殊作戦部隊FOES/Fuerza de Operaciones Especiales)を中心とした軍・警察の特殊部隊が公邸に突入し、最後まで拘束されていた72人の人質のうち71人を救出した。作戦名は「チャビン・デ・ワンタル作戦」。作戦の実行に際し、橋本首相への事前通告はなかったとされている。同年2月より掘削を進めていた公邸地下のトンネルを利用したことに特徴がある。

Kif_7694現在の青木氏  4月22日午後、MRTAが日課となっていたサッカーを始めたことが、密かに持ち込まれた隠しマイクでペルー海軍のジャン・ピエトリ中将からの連絡により判明した。その隙を狙い、15時23分に突入作戦は開始された。掘削を進めていた作戦用トンネルの終着地となる1階の床の数箇所が、同時に爆破され、その穴と正門から部隊が突入した。作戦は成功し殆どの人質は無傷で解放されたが、複数の重軽傷者を出した他、人質のペルー最高裁判事と特殊部隊隊員2名が死亡し、MRTA構成員は14人全員が死亡した。

フジモリ大統領の指導で特殊部隊が、大使公邸と同じ建物を建設して訓練を重ねてきた。内部のどの部屋に誰がいるか、人質とのコンタクトで十分わかっていた。準備万端整った状態になった段階で、相手の油断を待っていた。そうすれば、突入作戦は、成功は99%勝ったようなもの。

ゲリラは14人全員殺害、突入側は隊員2名死亡、人質一名死亡。ゲリラの死亡には、投降したにもかかわらず、殺されたとする見方がある。圧倒的な勢力で攻め込んでいるのだから、、投降者には、手加減があってもいいはずだ。

後の検証で、降伏した無抵抗のMRTA構成員の一部を虐殺したのではないかとの疑いが生じ、フジモリ大統領の罷免後には特殊部隊指揮官らの訴追に発展した。

Kif_7707 解放後の青木盛久大使、やつれがはっきり見える 犠牲になったペルー最高裁判事が、反フジモリ派の中心人物であったことから、後にフジモリ大統領のやったことが問題になった。まず、ゲリラ投降したにもかかわらず、殺害したという。これはかなり証拠がある。リーダーのセルパは生きて捕らえたのち、殺害したという。彼に裁判で語らせたら、問題になることが露見する。そんな危惧も考えられる。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

写真俳句 いくつかの挫折も知りて雪の駅

真つき俳句は、作る側より鑑賞する側の理解の橋渡しになる。今後、これが盛んになりそうな予感がする。なにしろ、俳句集をもらっても、え?どう理解するの?と思うことが多かったんだよ。句集を貰っても。ほんと、ありがたいんだけど、なんと感想を述べていいのか、困ったんだ。写真つきならわかるじゃないか。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

021 寝る者も働く者も年の暮

狙いは特賞だと評価するが、写真が弱い。それから、この句の表現がもんきり型である二点がまずい。よって、優勝を逃したと思う。写真が先で句があとかな・・・もっと働く人の様子がわかるといいがね。この寒空に寝ている浮浪者の心が見えたら凄いだろうね。働く者も辛い年の瀬だろうね。

俳句と写真とのコラボレーションはいいアイディアだ。俳句の文字を絵によって表現すると、解説になるはずだったが、絵や写真で俳句の真髄が示すことができそうだが、果たして・・・・

022012_2 一本の彼岸花と棚田かな  彼岸花(まんじゅしゃげ)が咲く遠景に棚田は、うまい写真、全体が明るくていいな。

旬の味先ず値札から吟味する 値札を先に見てからやっと食べるものを決める現実の懐を描写が良い狙いだ。

013011_2 千の風ここに集めて浜の夏 写真は見ているだけで気分がいい。この句でなくても、いい。写真だけなら、これが一番。

いくつかの挫折も知りて雪の駅 雪国の空の重さ、空気の暗さを知らないから、勝手なことを言える。この句、奥深い表現で優勝、最優秀作品のなったようだ。

0200 

俳人を称する人の独特の言い回しで素人との隔絶がなくなる。映像で表現できない俳句も写真をつけてくれたら、独居俳人から、仲間俳人になる。俳句仙人が庶民俳人で、お互いに理解しあえる。いい試みである。

こんな写真つき俳句なら、オレも一念発起して俳句やってみるか、と思ったので、紹介してみました。俳句に懲りすぎて、意味不明なものが多すぎた。これなら短歌もそうしようよ。

ことの写真俳句と短歌 日常茶飯事 彩り 思いついた時に 自然が大好き

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月16日 (日)

湯たんぽが空を飛ぶ 文京区の冬

0101 昭和30年代後半、文京区神明町、動坂映画館の裏あたりにNアパートがあった。20代のこと。

ちょっと奥まった家で、路地を出ると個人タクシーがあり、勤めに遅れそうな時、仕事場である飯田橋、K学園まで飛ばしてもらったことがある。その個人タクシーのおじさん、元気盛りの50代に突然亡くなった。しばらく個人タクシーがしばらくそのまま置かれていたのが印象的だった。

筋向いに「うちは、琴の台を作っている」という家があった。娘に家庭教師を頼まれて行ったことがある。

その裏に銭湯があった。その隣にラーメンや兼飲み屋があった。若い女性が隣に座った男に、どうも「家出をして泊まるところがない」と説明しているようだった。何か危険な感じがした。あれから、どうしたんだろう。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

アパートの部屋には、いろんな人が下宿していたが、隣の40代の女性の部屋へ会社帰りの年配男性が来て、11時か12時までいる様子だった。トイレが出て、たまたま出会い頭に会っても目をそらして知らん顔。隣りと目を合わさなかったから、会ったことにならないとでも思っているようだった。いつまで続いたのだろう。

その隣りのハンサム系の男は、男の私からは問題タイプだったが、女にはモテたのだろう。いつの間にか、女性と同居したが、ケンカが絶えなくて、女性がたびたびネグりジェの姿で部屋の外に出されていることがあった。夫婦ケンカは犬も食わないというから、声も掛けずに通りすぎたが、その後、仲良くするんだろう、と想像した。

向いの部屋に独身の大日本印刷に勤める大館出身の男がいた。彼とは気があったので、たまに銭湯で出会って、ラーメンを一緒に食ったり、よく話をした。

下のUさん宅、日本舞踊を教えていたので、二間借りて、おばさんと養女の姉さんがお師匠さんであった。その家の上に住んでいた私には、三味線の音、踊りの練習で床を踏みしめる音が聞こえてきた。

お父さんが中風で体が不自由でトイレにいくにも、肩につかまっていくようだった。そのお父さんが突然亡くなって・・・お姉さん、お父さんが亡くなったあと、様子がおかしくなっていた。出会う人、出会う人に手をつかんで病気の様子を説明する。お父さんの脳死状態になったが、これからどうするかと医師に聞かれて・・・、お金が掛かるから、延命措置を止めたんだとか。お姉さんに手をつかまれているから、逃げるわけにもいかず、聞いた。

冬は、私は湯たんぽを愛用していた。金属製のしっかりした湯たんぽであったので、ヤカンで湯を沸かして入れるより、湯たんぽに水を入れてガスにかけた。これは合理的であった。「これは、いい」と信じて、慣れてきたので、止め栓がしっかりしたまま、もうひと焚きしてから下ろした。毎回、こうして翌朝まで温かいから、良い眠りにつけた。

ガス台の台所は狭く、すぐ近くがドアである。玄関入ると台所である。単身用の押入れつき6畳とキッチン、二階トイレは4戸で共同。ドアはガス台から1メートルと50センチあるか、という距離である。それでも、昭和30年代のアパートではまあまあである。それ以前は、木造で三畳、台所共同でトイレも別、そんなところに住んでいたから、まあまあだろう。

冬12月、今よりずっと冬らしく、寒かったし、帰りが遅かったので、湯たんぽは必需品だった。湯たんぽをガスにかけて、大体このくらい経てばちょうどいい、とわかるようになった。人は欲張りだから、もっと暖めれば、もっと熱く、長持ちする、そう思っても不思議ではない。それが、失敗のもとだった。

バーン!ガーン!」と、何が起こったか、一瞬わからなかった。部屋の中が蒸気で見えなくなった。床、畳の上50センチ程度までは見えるが、それより先、天井までは雲が掛かっているように何も見えない。驚いた。やっと、湯たんぽが爆発して、飛んでドアにぶつかった。ようやく理解し始めたころ、下の踊りのお姉さんが階段上がってくる音が聞こえた。

「野沢さん、どうしましたか?」とドアの向こうで聞こえた。とっさに「「洗面器を落としたので」とごまかすのが精一杯であった。湯たんぽ爆発は、後にも先にも、初めてである。飛ぶんだね、湯たんぽのあの重いものが数メートルも。蒸気機関車の原理を発見したスチーブンソンは、偉い。蒸気は力があるんだね。湯たんぽの中の水は、殆どなくなっていた。部屋の中、まだまだ蒸気で一杯だった。

湯たんぽの接続部分に亀裂が入り、穴が空き、そこからロケットの噴射が起こって、飛んだのだ。鉛筆キャップにセルロイドとマッチの麟を詰め込み、火で炙ると一気に鉛筆キャップが飛ぶ。ロケットの原理がここにも作用した。水蒸気も機関車を走らせるくらいだろ、強い力があるんだ。

下の踊りのお姉さんが階段を下りてしまう音を聞いて、やっと部屋の窓を全部開放して、溜まっていた蒸気を外に出して、部屋はすっきりしたが、本日は湯たんぽはなし。それ以来、湯たんぽトラウマになった。ねじ栓を締めたまま暖めることは厳禁としたのは、当然である。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月15日 (土)

生んでくれた恩、育ての恩、どっちが

生んでくれた恩、育ての恩は、どっちが大切か。いまどき。生みの親と育ての親が違う人は少ないから、あまり問題にならないだろうが、A君30代半ばになって、いろいろ考えているようだ。

A君の両親は、彼が6歳で離婚して、母は妹を連れて出て行った。彼は父のもとに残された。父は数年して、今の母の家に入る形で再婚した。そこには祖母と同じ年の男の子がいた。

6歳のA君は、妹と別れるとき、たくさんあったオモチャを妹と分けるように言われたことが、離婚の現実を知らされた気がして、ショックであった。大人にしてみれば当り前の作業であるが、悲しくてやりきれなかった。子供には、精神的にガリガリと子宮に存在する胎児を掻きだす作業のようである。そのことが、彼には一番苦しくこたえた。そのことはずーっと頭から離れなかった。その後、原因不明の頭痛持ちとなった。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位

8歳か、9歳から新しい母のもとで育てられた。父からは「いい子」でいるよう強いられていた。父としては、自分の子が新しい家で母はに気に入られるよう、気がかりであるのは、まあ同然である。父も肩身が狭い感じはあったようだ。食事に、行動に、勉強に「いい子」プレッシャーでがんじがらめで、A君、あまりニコニコしたり、子供らしい天真爛漫に跳ね回ることは出来なかった。新しい母は厳しい母で、なおかつ一人娘であったせいか、わがままな性格だったから、自分の気に入らないことには、かなり厳しい母だった。それに振り回された人生であった。

新しい母は職業婦人で、自分の仕事があるから、食事の支度、洗濯、掃除、家事一切は祖母がやってくれた。祖母は新しい孫にも、同じ年の男の子にも公平に扱ってくれたのは、救いであった。

父と義母に弟と妹が生まれて、彼自身が優しくハグされたり、母と素直に呼べない人生だったので、家の中では疎外感があった。家庭から出たいとずーっと思っていた、という。中学、高校時代、ボランティア活動やアルバイトをやって家を離れていることが多かった。それで精神のバランスを取ろうと思っていたフシがある。その間にも、漠然とした頭痛があった。

A君は、結婚を期に、生みの母とたびたび会うようになった。妹も彼氏ができていた。母は再婚していたが、別れて新しい夫と結婚していたが、その夫はアルツハイマーとかいうことで病院に入っている。再婚、再々婚でも、それぞれ新しい弟、新しい妹がいる。弟は就職しているが、妹は学校の寮に入っていたが、そこを飛び出して飲食街で働いているらしい。母の人生も父と別れて以来、波乱万丈で、重石が効かない人のようでもある。

それが結婚した途端、子供を持ってからか、頭痛がまったくなくなったという。「いい子」プレッシャーが消えたせいかもしれないと分析している。精神に余裕が出てきてか、母の人生に同情を感じて、なんとかしてやりたいと思っている。

A君、生みの母には同情しているが、育ての母にはそれがない。私には、逆じゃないかと思うが、それはA君には伝わらない。性格が厳しい育ての母を悪くいうが、現実の母は女であるから、気分が悪ければあたり散らすし、意地悪もあるだろう。父も母との間がギクシャクしているという。家の中で父は居場所がない。だから、別れた母とやり直すように計ったらどうだ、とA君は考えているらしい。

出て行った母、生みに母は、A君には見えないから、美化している。一緒に住んでいれば、欠点も見えるし、勝手なことをする母かもしれないが、一緒にいないが故に、「母は母」と見えて、会えなかった分、甘えたい気持ちで、父と一緒に再びなってくれたら、という希望がおきても不思議ではないが、そんなことをしたら、弟や妹をまたA君の立場にしてしまう。「覆水盆に返らず」を覆水を盆に返しても、却って現実をめちゃくちゃにしてしまう。育ての恩には、気づきにくいものなんだね。

育ててくれた母が、例え鬼母であったとしても、恩はある。これを孔子は、「父、父たらずども、子、子たれ」と教えている。子の側が、1枚上手を行け、そうすれば、物事は納まるんだということだ。母にプレゼントして、8歳から二十歳までお世話になって、一人前にしてもらったんだから、感謝するべきだ。感謝してこそ大人、その大人であることが勲章になる。「反面教師」という教師でもある。大切なこぶをもってこそ、大きく見える。

生みの母は産んでくれた恩はあっても、まずは育ての母にこそ恩を感じていくのが一番。この順序で考えないと、混乱を起こす。生みの母は、幻想で甘えたくなるが、この幻想を現実と見違えないことだ。

とにかく、離婚は大人の都合、子供にはエライ迷惑。選択を間違えないように。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月14日 (金)

本能寺の抜け道 秀吉の陰謀説

7646 今も安土城が残っていたら、織田信長の先進的な考え方が伝わってきただろうが、混乱の内に放火され、炎上してしまった。

10Ch「敵は本能寺にあり」戦国時代の最大のエース信長の側近で「信長公記」を書いた太田牛一を追っかける形でストーリーが進む。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

7602 戦国時代の覇者になって、日本を統一してきた信長は、熾烈な行動、敵対する側からは、憎まれた。反感を買うことが多かった。まあ大体が、宗教勢力が国内統一に邪魔であったことは確か。それを根こそぎ虐殺していく、この方法は、うらみを買う。長島一揆では2万人を殺し、(大阪城のあった場所)石山寺では4万人を殺戮した。

7617 今でいうなら、社会保険庁を皆殺しをしているようなもの。石山寺は防衛省の解体に職員を殺すような荒療治したから、恨まれるだろうな。だから、信長を殺すチャンスを狙っている天皇公家ら、あるいは僧侶、経済界の有力者が使える武将を探していたら、明智光秀が信長に不満をもっている、と知っている黒幕がそそのかしたのは想像できる。さつきかな。

7616_2明智光秀の首  長島で殺された親族や、石山寺で殺された関係者もずいぶん大勢いただろう。しかし、かなり信長は油断して、供回りを30人程度つれて本能寺に入った。自信満々であった時期で、光秀が信長に逆らえるはずがない、そう信じていた。その油断を衝かれた。信長が革新派であり、保守の伝統を守る派は明智光秀だろう。時は今 雨が下知る さつきかな

光秀の首も本当はよくわからないから、曝し獄門で光秀の首は少し高い場所に置いて、知っている者が確認できないようにした、というウワサがあった。

7610 信長の側でも、本能寺(能という字がヒヒとなるのを嫌って、去を当てて書いた文書もあるらしい)に地下通路があって、逃げ道を用意していた。その地下道が100メートル先の南蛮寺に通じていた。信長が保護した南蛮寺であるところ、そして口の堅い、鉱山を掘る「山の民」を飼っていたという。

7623 蜂須賀小六の仲間が「山の民」であったか、仲間が秀吉側にいたので、秀吉はこの抜け道を暗黙のウチに知っていたという推理である。光秀の側にはその情報が伝わっていないが、秀吉側がその抜け道に工作していたのか、塞いでしまった。

7639 本能寺が炎上して、信長は地下道を通って逃げたところ、途中で通路がふさがれていたので、信長は自刃して死ぬことになった。巧妙に信長を殺したのは秀吉である、という推理である。信長の死を毛利勢に知らせる密書が秀吉陣内に迷い込んでしまったという都合のよすぎるストーリーは、後世の体制側の作り話である。

7604 光秀の謀反が行われる密談を忍びが知り、本能寺で信長側の抜け道を塞いでしまった。これが10Ch「敵は本能寺にあり」ドラマの一番の仕掛けだった。長島一揆で殺された妹の敵を討つために、南蛮寺の抜け道に気づいて、僧侶が待ち構えていたりの時代劇サスペンスを描いていた。

7621秀吉の関与がわからないように、本能寺は壊して跡地をきれいさっぱり、寺の存在さえわからなくしている。この辺の工事は、秀吉の手のもので、徹底的に行われている点は注目するべきだ。当時の為政者のやることは凄い。もちろん現代の為政者もかなり、信用できない部分も多い。

05 本能寺の跡地(グランドゼロみたいな場所)を掘り返すと、本能寺の焼けた瓦が出てくるという。そこでは、信長は襲われた場合を想定した防御が施されているとある。とすると、地下逃げ道があっても不思議ではない。逃げ道は、逆に侵入路にもなりうる。すると、塞ぐ理由もあるわけだ。秀吉が天下とるには信長いる限りはムリ。そこで、何か手を打った可能性もないわけではない。天下を統一している秀吉なら、やるだろう。政治は、政略、戦略を全知全能を傾けてするものだろう。まして、戦国時代だ。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

200億円の改装 大隈講堂

7572_27574_2 大隈講堂を見学できるから、4時10分に集まろうという話で、キャンバスツアーをすることになった。単独で入っていくと不法侵入になるらしく、我々が勝手に入った途端、ストップがかかった。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

7575_37566 学校の担当に電話をしてもらい、案内人が駆けつけた。学校は125周年の寄附を今も集めているから、我々年代をターゲットに手を変え品を変えて勧める。8万円以上は寄付金名簿(銅版)に書き込まれ、120万円以上は大隈講堂の椅子のネームプレートに名前を書き込まれる。永久に残るという。

大隈講堂の椅子には、イヤホーンで講演が聴ける。同時通訳音声も聞ける設備が付いた。科学の進歩の恩恵がある。こういう設備、20年も経つと古くなるのが困る。新しくサッと変える資金があれば問題ないが、数が多いとどうなるんだろう。

75891300ある椅子のネームプレートは寄付者で全部埋まってしまった。まだ地下の大隈小講堂は300席のうち40しか埋まっていないが、いかがでしょう、と。これだけ集まっても、まだまだ目標200億円には到達していない。慶応なら、寄附を声かけると、瞬く間に集まるらしい。そこが、早稲田と慶応の違いらしい。早稲田OBはケチ?そうじゃない貧乏、カネがないんだ、との結論。

7594本日メンバーの集合は高田牧舎である。昨年集まったメンバーが再び集合した。YMCAに学生時代住んでいたのに、いわゆる臭みがない連中。自由闊達なテーマで話ができる。話していると、すぐキリストとか、救いとか、十字架という単語が出ることは、このメンツではないみたいだ。話題がメンバーごとに違うが、味のある話が聞けた。各人、メンバーの独演会ができそう。

Photo Sさんの話は、会社が大きいので、プロジェクトも国家規模である。サハリン1では天然ガスプロジェクトのコスト割れだったが、サハリン2がうまくいったので、それを1に併合して、損失をカバーしたという。成功したと思っていたら、そこへロシアの国策会社が共同会社のはずが1パーセント多く株式を保有して、いつの間にか乗っ取る形に。なかなか、ロシアだけでなく、国家同士の付き合いは油断ならない。

その後、天然ガスを液化ガスで運ぶより、冷却してマイナス15度で氷に包む方式を日本チームが研究して、いかに安く輸送するか、それをサハリンでなく東南アジアの天然ガスに適用しようと考えているという。M商事では、政府のやる仕事を代わってやるだけの資力も政治力もある。その執行役員取締役をやっていただけあって、聞いていても、話が大きい。いつか、彼の話をまとめて聞きたい。

7590 某新聞社の幹部のS君は、「話が堅くなったから」と、こんな話をしてくれた。ゴルフに集まった経済界のメンバーは、認知症の度合をこう分類している。レベル1:集合したメンバーの名前が出ない。レベル2:集まったメンバーの顔を思い出さない。レベル3:、トイレから出てきてチャックを閉め忘れる。レベル4:ズボンのチャックを開けるのを忘れて用を足す・・・という基準を語っていた。

コソボの紛争、某大学の大麻吸引事件、映画サラエボの話など多岐に渡る。みんな、今年も元気でいるようだ。来年は、彼が幹事をやってくれるという。

7600コソボ、サラエボの話が出たとき、「ク」という国、ユーゴの中の国、ここまで名前が出たのに、思い出せない、その名前がでないと、話にならない。そして、やっと今、「ク」という国は、クロアチアだったと思い出した。一つの言葉が出ないゆえに話に乗り遅れる。

京成電車の中で、隣りに坐って夫妻がクロアチア人だった。コソボ紛争の直前だったと思う。あの夫妻は、紛争でどうなったのだろう。こんな話は、体験と言っても、自分の仕事に絡んでいないから、話が膨らまない。奥さんは英語を話せるが、夫は英語ができないから、話はできなかったが、奥さんは新聞記者で、夫は化学者だった。00008

斉藤佑樹と田中将大 nozawa22: 斉藤佑樹投手の進路選択  nozawa22: 去華就実 早実準決勝  早稲田実業優勝  斉藤佑樹進学先 早稲田教育学部  早稲田大学教育学部内部情報   早稲田でどう学ぶか 単位の取り方  早稲田大文系 200億円の改装 大隈講堂 センター試験(英単熟語1260)

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

ソ連兵強姦の現実 手記 文藝春秋

 1945年8月9日、ソ連は日本から日米の終戦交渉を依頼されていたにもかかわらず、日ソ中立条約を一方的に破棄し、原爆によって虫の息ほどになった日本に対し、宣戦を布告した。 その頃手薄になっていた満州や樺太にはソ連軍が上陸し、略奪・強姦・殺戮の限りを尽くした。 

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください

全文引用 昭和20年8月20日頃であったろうと思う。・・・(中略)・・・ぶきみという程静かな日が続いていたので、新京の街で何が起こっていたのか解らなかった。

 そんな日病院の玄関で大声で騒ぐ声にびっくりして、私は板でくくりつけた足をひきずりながら玄関に出て見て驚いた。12、3の少女から二十歳ぐらいの娘が10名程タンカに乗せられて運ばれていた。

 それは、まともに上から見ることの出来る姿ではなかった。その全員が裸で、まだ恥毛もそろわない幼い子供の恥部は紫に腫れ上がって、その原形はなかった。大腿部は血がいっぱいついている。顔をゆがめつつ声を出しているようだが、聞き取れない。

 次の女性はモンペだけをはぎとられて下(しも)の部分は前者と同じだが、下腹部を刺されて腸が切口から血と一緒にはみ出していた。次の少女は乳房を切られて、片眼を開けたままであったから死んでいるのかも知れない。次もその次も、ほとんど同じ姿である。

「ああ女とはこんな姿でいじめられるのか・・・」。次々に病室に運ばれて行く少女を眼のあたりに見て、その非情なソ連兵の動物的行動に憤りを感じると同時に、道徳も、教養も平和な中にのみあるのであって一つ歯車が狂ってしまったら、そんなものは何の役にもたたないのだ。・・・(中略)・・・

 1週間私はこの病院にいて毎日毎日この光景を見て、その無残、残酷さに敗戦のみじめさを知った。
 銃で撃たれて死ぬのは苦痛が一瞬であるが、自分の体重の3倍以上もある毛むくじゃら男数名になぶられた少女や娘等はどんな苦しみであったろうか。・・・(中略)・・・

 また女医さんに聞いたことだが、「10名に二、三名は舌を噛んで死んでいるんです。また何名かの方は胸を圧縮されて息絶えている人がありました」と語られたことを想い出す。

 これが戦争の現実である。国土防衛とか、国を守るとかいうが、戦争とはこういうものだよ。法律も警察もなくなると、人間はこういうことをする人間は罪深い。ロシアは、満州には囚人軍を先陣に送り込んだというが、それが真実かもしらない。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (1)

2007年12月11日 (火)

吾亦紅 われもこう すぎもとまさと

Dd07ec96866b1bb20c13465340089964 昨年の紅白は、秋川雅史の「千の風」が話題になったが、今年はすぎもとまさとの「吾亦紅わりもこう」だろう。この歌、あなた、あなたと出て,、そして「謝りたくて」とくる。だから、「あなた」は「恋人」かと思って聞いていると、それが「母だとわかるまでに時間がかかる。この歌はいい歌だし、いい年のおじさんが、お母さんに甘えるにはぴったしだ。

お母さんへの思慕は、いいものだよ、マザコンとバカにしてはいけない。男には、これが精神のライフラインに相当する、と理論的に応援したい。女にはわからないかもしれないが。

坂東英二、「世界不思議発見」の司会者●●さんが、カラオケのオハコにしている。この人らが「おかあさん」と甘えたい気持ち、わかってあげると、この歌の価値が出る。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

吾亦紅 われもこうNHK番組で YouTube - すぎもとまさと/吾亦紅

マッチをすれば おろしが吹く
線香がやけに つきにくい
さらさらゆれる 吾亦紅

ふとあなたの 吐息のように
盆の休みに 帰れなかった
俺の杜撰さ 嘆いているか

Kif_7546あなたの あなたの 謝りたくて
仕事に名を借りた ご無沙汰
あなたに あなたに 謝りたくて
山裾の秋 ひとり逢いに来た
ただ あなたに謝りたくて

小さな町に嫁いで生きて
Kif_7548ここしか知らない人だった
それでも母を生き切った
俺 あなたが 羨ましいよ・・・

今はいとこが住んでいる家に
昔みたいに灯りがともる
あなたはあなたは 家族も遠く
気強く 寂しさを 堪えた

Kif_7549 あなたのあなたの 見せない疵が
身にしみて行く やっと手が届く
バカ野郎と なじってくれよ

「親のことなど 気遣う暇に
後 ではじない 自分を生きろ」
あなたの あなたの 形見の言葉
守れた試しさえ ないけど
あなたに あなたに 威張ってみたい

Kif_7555 来月で俺 離婚するんだよ
そう はじめて 自分を生きる
あなたに あなたに見て欲しい
髪に白髪が混じり始めても

俺、死ぬまで あなたの子供・・・

YouTube - 吾亦紅 (われもこう) / すぎもとまさと

歌は耽美的でなきゃ、とてもなりきって歌えるものではないだろうが、団塊のオジサンたち、子供みたい。いい年こいた男がね、母ちゃんの墓の前で、「来月離婚する」と報告してさ、「俺は死ぬまで、母ちゃんの子だ」とさ。

そんなマザコン、気持ち悪いよ。女たちは引くよ。女はドライだから、メソメソしないよ。死んだものは死んだもの、と割り切って生きていく。自分がしっかりしないと、子供を養えない。女って、そういう大黒柱になっている。昔は、家長制度があったから、自然と男が偉かったが、法律の支柱ががないと、男は偉そうにできない。

男はみんな役目が男にするんだ。課長になると課長らしくなり、社長になると社長になる。男は身分と肩書き洋服みたいなもの。それを着ていないときの男は、お母ちゃんの子、それが男のマザコンのモトだろう。

団塊の60歳手前、彼らの人生を生ききって、ふと振り返ったとき、母の生き方を慈しみ、愛してくれた母を思い、優しさを掛けてあげなかった・・・と悔恨する。体の中に棲んでいるマザコンの心が目覚める。それ、マザコンだろうか。ふと、自分の女房と比べて、母の方が断然優しいと思うと、涙が流れてくるような・・・そんな気分、決して悪いものではない。母が死んだあと、多分そういう気持ちになると思う。

五歳の私を置いて、母は結核で死んだ。母は享年三十八だった。私の長兄は二十歳だった。兄は、元気な頃の母を知っているし、長男であったから、母の愛情も注がれただろう。

まだ家には、母の形見の着物地や浴衣などが残っていたから、私が東京へ私が出てくるときに、後妻である母は仕立て直して浴衣にして持たせてくれた。二枚もあったから、共同生活したA君が胃を手術するとき、一枚上げた。A君は私の兄の病院に入院し、それを寝巻きとして着て、兄嫁が自宅で洗濯していたら、兄はそれを母の浴衣であると見つけて、弟である私は「母の形見を友だちに上げてしまう、大バカもの!」と兄嫁に嘆いたという。

兄嫁は第三者だから冷静に見ていたが、二十歳まで母を見ている長兄の胸には、亡くなった母のイメージが浴衣地に生きていた。五歳までしか覚えていない私には、母の存在はまるでかげろうのようなものだ、と兄嫁の話から私は痛感した。

親のことなど 気遣う暇に 後で恥じない 自分を生きろ というが、これを追って、文学部を出たあと、「太宰治賞」を狙って、それで何度も小説を書いて、美丈夫だったY君、私が会ったとき、失意にまみれていた。そのうち離婚したと聞いた。精神を病んでいると風の便りがあってから、その数年後、死んだという。なまじ、高校時代、新聞部で文章を書くことに興味もち、破滅的な太宰治の生き方に魅せられて・・・。人はバカだというが。

司法試験に破れて何年も浪人する人、芸能人、歌手、プロ野球やプロスポーツで生きることを志す男にも、ほんの一握りの人にしかライトは当らない。それを思いやってこの歌を聴くと、なお一層味わいがある。

男の夢にかけて生きることの難しさ、これを通して、あるいは胸に秘めて、60代を前にした団塊の人たち、母にすがりつきたい想いがないわけではないだろう。それが胸に風となって吹く・・・。夢って、そんなものかもしれない。夢を叶える人の裏には、叶えられない人が山ほどいる。

そう思って「吾亦紅わりもこう」を聴くと、じーんと来る。お母さんへの思慕は、マザコンとバカにしてはいけない。人生のライフラインだよ。

もう一度、聞いてみるか。われもこう吾亦紅 クリック ごめん 聞けない。上の YouTubeで聞いてください。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

ポチッとよろしく!

| | コメント (3)

中古車探しにカーセンサー データ入力

Photoカーセンサーは、最近中古車を買う際の参考書になっている。各地域版があって、関東版を利用して中古車を探し・・・。一軒ずつ中古車を探しまわるより、200円で雑誌一冊を買えば、関東全体から選ぶことができる。これは便利である。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

Photo_2 カーセンサーを作成するリクルート社のデータ編集に協力をしている。紙に書かれているものをインターネット上にある編集ソフトの中にデータを入れる。当社との関わりは、その作業をである。それが編集され雑誌になる。それが、月2回発行の雑誌になっている。一見、簡単な作業であるが、そのノウハウを理解しなければならないが、一旦きちんと覚えれば、全国どこにいても毎月一定の仕事が来るので、安定した仕事になる。ただ、その日に貰った原稿を午前に貰えば午後までにしあげ、午後なら夕方までに、夕方なら翌朝までにという制限があるが、家庭の専業主婦には、もってこい仕事だ。募集

00003 それは、またカーセンサーネットで、選ぶことができる。インターネット上でも見ることができる。雑誌とインターネットを併用して、探せば、ほぼもれなく市場に出ている中古車は見ることができる。

013ウチの娘も、イギリスから来て神奈川県に居を構えてまず必要になるのはクルマである。永住するわけではないので、中古車でいいから、雑誌「カーセンサー」を買い、インターネットを調べ、中古車を買った。中古といえども、新品とそう変わるものではない。子連れで中古車場を回って見ると、子供には退屈だし、中古車を選ぶ時間が理解できないらしく、何回も家に帰るハメになった。

015新車を買うと、慣らし運転が必要でである。その慣らし運転が済んでいるだけ運転がしやすいかもしれない。今の子供は、クルマはあるのは当たり前、ちっとも喜ばない。アイラは乗るたびにチャイルドシートに固定されるから、イヤな乗り物かもしれない。小田急の特急に乗ったら、自由に動けるから、すっかり電車がお気に入りになった。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ
   感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月10日 (月)

怨みに徳をもって報いる 以怨報徳

Photo 20年前のスクラップには、戦争体験者の手記がまだまだ載っていた。その中には心打つ、体験がある。

戦争に負けて、日本軍はそれまで敵対し、見下げていた八路軍に情けを掛けられることを潔しとしない風潮があった。

中国の戦前を知っている人は、中国の街の不潔さ、知識のなさをあからさまに言っていた。飯を盛ると、そこに蝿が集まってきて、ご飯が真っ黒になってしまうから、蝿を追い払いながら食うのだとか、オシッコ、ウンコは、路地では当たり前、町中は不潔だと言っていた。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

Photo_2中国の日本軍本多勝一 創樹社 強姦記念に写真撮る日本兵が多かったとか 日本兵は、中国女性を強姦は当たり前、買い物は押し売りの反対の押し買いで、勝手に不当な例えば、今の値段なら100円渡して「買った」と、牛一頭持っていってしまう横暴が行われていた。中国人への尊敬の念はコレぽっちもない。旧日本軍はそんな接し方をしていた。と断言したら、「お前は日本人か!」と扶桑社(サンケイグループ)教科書派の方々から言われそうだが、実際、当時の日本人は中国人に侮蔑的な接し方をしていた人が多かった。

今は、その当時の実情を知っている人が少なくなっている。あえてその当時を少しでも聞いて知っている者としては、書き残しておかなければならないと思う。

058中国人の多くは、八路軍が何を目指していたか、それははっきりわからなかった。しかし、規律正しい接し方を見ると、ひょっとして日本軍の悪い部分は真似ていない、新しい思想か、そんな気がする。漢民族の偉大さかもしれない。

八路軍とは:陸軍中将、第59師団(衣部隊)の師団長藤田茂氏は、八路軍と戦った体験から次のように述べている。(季刊『中帰連』第16号):日本軍に昔から苦しめられてきた住民にとっては八路軍はまるで後光がさしている軍隊に見えるわけだ。

F2005070710231300000(八路軍は宿泊した)家を出てゆく時には、瓶に水を一杯くんで、全部掃除をし、塵ひとつ残さないようにして、昨晩の泊まり賃も置いてゆく、食物代もいくらいくらと精算してゆく、子供はいたわる、老人は大切にする。こんな規律のしっかりした軍隊を私は見たことがなかった。

日本軍が行けば、銃剣で住民を脅かして、米を出せ、麦を出せ、薪を出せ、出さぬと家に火をつける、女は強姦する、手がつけられない乱暴を働いた。当然その結果、八路軍さまさまになってしまう。

Kaigo10医療行為をして、不当の対価を要求したりはしなかった。これは別の本、日本の戦争犯罪人を裁く際にも現 れている。ある憲兵の記録(朝日文庫 元憲兵 土屋芳雄)では、こんなところがある。
中国政府は「担白(自白)するものには罪は軽く、拒否するものには罪が重い」という方針だった。 係官は、収容されている日本の元兵士たちを前に
君達は中国に侵略し何をしてきたか。反省したことがあるのか。憲兵隊の庭で拷問されて、どれだけの人が殺され、その苦しみ、恨み、家族の悲しみを考えたことがあったのか!」と涙まじりに訴えた。 始めて聞かされる告発にみな一様にシーンとした。

 食事の豊かさは、ソ連とは比べものにはならないのはもちろんのこと、髪が伸びれば床屋に行かせてもらえた。そういう温かい扱いに、土屋は壁が崩れるように罪の認識をするようになった。 土屋は意を決して、正確に自分の犯した罪を書き上げた。十枚程度の自白調書に書いたものを係官に提出した。中国側では土屋の罪状をすでに調べられていたが、それと比べ、「名前は一人が違うだけだ」と土屋の書いた人名がほとんど間違っていないことに係官は感心した。

Mashiko02 土屋が直接、間接に殺した人は三百二十九名、拷問にかけた数は千九百十七名、これだけの数の人間を十年程度の間に苦しめたわけだ。その後も、彼は自分の記憶していることを数カ月に渡って書き上げた。 当然、死刑が下されると思っていたが、「土屋芳雄、起訴猶予」であった。そして、釈放となった。「罪を憎んで人を憎まず」か。

4769825072 釈放と決まって、送別には中国政府から新品の洋服が支給された。引き上げ列車内では「ウソではないか」とお互いに語りあったほどだった。見送りの港には、多くの中国人が集まっていた。 その中には、最初の満州鉄道の列車の中で食事を運んでくれた車掌もいた。彼は車掌ではなく軍人だった。肩についていた階級章は大尉だった。土屋よりずっと上の階級にもかかわらず、捕虜の面倒をみてくれたのだった。日本の軍隊では考えられない行為だったから、土屋の印象に強く残っている。

Changkaisekjnk21八路軍ではなく、台湾へ逃れた国民党軍、蒋介石も、日本の戦中に行動に対して「以怨報徳 怨みに徳をもって報いる 」として賠償金を放棄した。これは普通できないよ。中国人は深い、とすっかり日本人は心を奪われた。それを中国人の深慮遠謀だとうがってみる向きもあるが、中国人がこんなに素晴らしい考えで接してくれるのだから、日本人は素直に受け取っていい、と私は思う。

中国人口は、日本の10倍の13億人の国だから、もちろん善意に溢れた人ばかりではない。ハートが通じる人は多くいるし、通じないこともある。

「日本人はこうだ」と一言でいうように、中国人を一言でいえない。日本だったら、東京を掌握すれば、日本の息の根を止められるが、中国は北京を抑えても、上海で新しい政府ができるだろうし、延安に地下組織ができるかもしれないし、長春に満州政府ができる。100の首をもっていると言われている。抑えどころがないのが中国かもしれないが、以怨報徳 怨みに徳をもって報いる この言葉が使えるだけでも、素晴らしい知恵のある国だ、と思っている。

中国語に堪能な甥は「中国へ転勤があるかもしれない」奥さん(甥の同級生)は「けど、(仕事で)中国人との商取引はイヤだ」という。ねちこくて、商習慣を守らないから、と。実に、中国人は千差万別である。商人は商人だし、学者は学者、政治家は政治家。日本の10倍専門化されている。だから、いろんな人と接し、中国人のいい面に接してくれたら一生涯の宝になる。ぜひ一緒に赴任してほしいと勧めた。

中国の缶詰を買ったとき、八宝菜だったが、缶を開けたら、実が溢れるほど詰まっていた。缶詰の中身なんかわからないから、7分程度入れているのが普通なのに、誠意をぎゅうぎゅうに詰めてあるような気がした。誤解かもしれないが、それって、単に偶然か、田舎モンのやることかもしれないが、中国人の優しさを感じた。

大人になるにしたがって、なかなか善意をまるごと信じられなくなるが、信頼を信頼で応える関係を不断に築きたいものである。現実と信じたいモノとの間にはギャップはあるだろうが。裏切るなよ、という前に自分がその誠意を以って報いたい。スレたり、ブレたりしないように。しかし、貫けるか、と自分に声を掛けているのである。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ
    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (2)

2007年12月 9日 (日)

ケルン大聖堂の威容

7508Logo5 ドイツのケルンという町に、大聖堂がある。大聖堂の修復完成を記念してだろうか、NHK特集をやっていた。私が2000年に見たときは、マンシ7544_2 ョンの補修のようにアチコチ幕が張ってあって、全体が覆われていた。それがめでたく終わったようである。法隆寺の修復も昨年か、もっと前におわったが、古い物は修繕が必要になる。ケルン大聖堂の場合は、第二次世界大戦の被弾、破壊された部分の修復のようだ。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

7538 第二次世界大戦で、ケルンの町は、瓦礫の町にされて、かろうじて、大聖堂は残った。終戦直後は、美しいステンドグラスはかなり破壊されたし、内部の床は瓦礫だらけだった。それでも、連合軍は歴史的建物は破壊しない方針だったようだが、それでも、かなりアチコチ被弾している。

7496ドイツの町は、中心に教会があり、それを取り巻くように町が構成されている。日本でいうと門前町のような成り立ちである。大きく発展している町は、港がある場所で、貿易で稼いでいる。ケルンはライン川の港で中世大いに栄えた町である。川は今の高速道路みたいに商品の流通ルートである。日本でも江戸時代、港町は、松前船が日本の港、港に荷物を運んで、商品が着いた。港の周辺は繁栄して、大きな財産を残している。

7518 7516ケルンの大聖堂を完成に至るまでに600年以上の年月がかかっているが、実際は1560年代、マルチン・ルターの宗教革命が教会に権威に疑問をもってきて、途端にカネが集まらなくなった。教会側では「ケッアライ」(発音ケツ洗いと覚えるとよい)忌々しい異教徒とさげすんだが、彼ら宗教改革派の方に力がついてしまったのだろう。

7505 それまでは、一年間に1万マルクが集まったものが、翌年の一年では1マルク。この革命的意識の変化が、ここにある。これは、日本の高校生が習う世界史に書いてある。免罪符発行など、教会のギマンに目覚めよと叫ぶ活動で、それまでキリストの高弟たちに聖遺物(日本でいう神輿)を担いで寄附を集めて町を回れば、何千万、億のカネが一年間で集まった。しかし、市民の意識が宗教革命で急激に変わった。

7542 そのため、ケルン大聖堂建設は、300年にわたってストップしてしまった。それでも、破壊されないで、300年後の1900年代に再建がはじまってようやく完成した。石で積み上げた石工の最高傑作である。何百年もこのケルン大聖堂の仕事だけを続ける職人も多くいるという。

7543 NHKの女子アナウンサーがレポートしているが、地元のドームラジオ(大聖堂放送)の男性アナウンサーと大聖堂前で知り合って、聖堂前のビルのラジオ局ヘ行って、話を聞いていく。日独共作ドキュメンタリーになっていた。偶然の知り合いみたいにも見えるが。ドイツでも、この聖堂は古いから、若者の聖堂離れがあるようだ。

75327533 言ってみれが、たとえ、成田山新勝寺シンショウ寺が古刹だからとか、あるいは東大寺、法隆寺が古いからといっても、そうそう若者がリピーターで何度も来ない。それと同じ減少があるから、とケルン大聖堂でも、ドームラジオでもそれを食い止めるキャンペーンで必死。

75347535_2 キリストの物語、12使徒の物語がステンドグラスに描かれているべきなのに、今年新しくなったステンドグラスは、ドイツの現代美術の第一人者に依頼したら、モダンアートを描いてくれた。そこで、ドイツ、ケルンの市民は、これが、ケルン市民の喧々諤々、喧々囂々の議論が持ち上がっている。概して、若い人は、現代アートの新しいステンドグラスを支持している。年配の人はキリストの物語を書いてほしいと思っている。

7490 実際中へはいると、広々としたビルである。2000年2月末、デュッセルドル不から、20分ほどいくと、ケルンがある。この沿線にドイツ国際平和村がある。ケルンの駅を降りると、もう眼前に巨大な煙突ではないが、ドーンと大きな大聖堂が立っている。

7488 入口に胸からプラカードを提げた物乞いの女性が大聖堂の入口に腰掛けていた。粉雪の降るような天気の中に、立っていたのが印象的だった。工事中の聖堂に入ると、「入場料は?」と思ったら、ここも不要であった。信者から入場料を取るという考えはない。京都の拝観料を取るのは、世界的に例外だろう。寄進は受け付けるので、角には聖職者が募金箱のような箱を持って立っている。神聖な場所だから、帽子を被ったまま歩いていたら、帽子を取るように注意された。

7489 中のこまごまとした第何代のときの棺とか、第何代の某が何したときの何々、とかドイツ語で書かれても、ちょっとわからない。そういうのが殆どで、興味はもてない。だから、NHKもそれは避けて、ケルン大聖堂ができた経緯を報道していた。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ
    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月 8日 (土)

牡丹江へ突入した避難列車の悲劇

610202 戦時中に軍部、関東軍の身勝手さ、それが今社会保険庁の幹部のに人間も同じような民間人を無視する行動をする。そんな感想をこの満州引き上げ時の列車事故でも、やっている、なんで民間人を救ってやる発想ができないものか、と思う。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

この破壊された牡丹江かかる鉄橋へ列車が突入して、大惨事が起こる。有名な話であるが、平成の御世となっては、遠い遠い昔の話となって記憶している人がいなくなる。わすれるものか!そんな意気込みで、満州からの引き揚げ時に起こったことを覚えていてやろう。

ソ連軍の侵攻を遅くするために、満州奥地から牡丹江にかかる鉄橋を関東軍の技術部隊が爆破して、後続列車には知らせなかった。退却する関東軍は、民間人を盾ににして逃走を図ろうとする。これって、公務員の倫理規定にはんするだろう。

共済保険(公務員保険)は、瑕疵はないと言われているが、厚生年金、国民年金からは、いい加減な記載モレ、一番大きなのは、何兆円もムダにしたグリンピアの建設、自分の責任でなければ、やり放題だ。

戦争中の部下が何人死のうと、戦争遂行のためなら、下手な作戦を立てても罪にはならないのだろうか。公務員が立案する政策は、もっと腕のいい民間人を活用せよ。00008 

nozawa22: 反省すべきは反省し、改めるべきは改め・   社会保険庁の愚、旧日本軍の愚   牡丹江へ突入した避難列車の悲劇     戦後引き揚げ 故郷への道 

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月 7日 (金)

仏像を見て仏教を考える

7337_3 仏像に魅かれて各地の仏像を見続ける人がいる。賛美歌が好きで、キリスト教に洗礼を受けるまでになる人がいる。宗教も年季が入ると、自然と芸術、建築等にまで宗教の味がしみてくる。そんな感じで仏像を見る。NHK日本の仏像100選をみた。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

7440 見てごらん、これが仏像の美しさ、美術品としてみても、うっとりする。結構エロいじゃない?しかし、仏像って、女?男?考えたことがないが、すそまくって、確かめたくなる。男でも女でもあるらしい。知っていた?男にも属さず、女にも属さないとは、うんー、人間の知恵は深い。宗教心に邪魔にはならなかったのだろうか。当時の仏教は、今の宗教以上に、生活全体に入っていたし、人生の目的でさえあった。

7475 とはいうものの、宗教の教義と芸術観点からだけ見て、仏像を鑑賞すると、だんだん仏像から足が遠のくような気がする。中沢新一が、十一面観音を見て、これは九頭竜川の頭が九つもある竜から日本人が考えたものだと新説を語っていた。龍と水とのつながり、それを畏れる祖先の信仰が仏像に結びついてきた。

中沢 新一(1950年5月28日 - )は、山梨県山梨市出身の宗教学者、哲学者、評論家、文化人類学者。1983年に公刊した『チベットのモーツァルト』が注目され、ニュー・アカデミズムブームが産まれた。チベットでの瞑想体験、現代思想研究を駆使して著作活動を開始。初の本格的なビデオゲーム論『ゲームフリークはバグと戯れる』(『雪片曲線論』所収)、その後の成果『ポケットの中の野生/ポケモンと子ども』などがある。オウム真理教を評価するなど、世間から非難を受ける活動があるが、多彩の才能の持ち主であることは確かである。

74787473山頂の湖に龍、九つの頭を持つ龍が暴れて洪水を起こさないように竜神を祭り、それが蛇から龍になり、それが人間の頭になる過程で十一面観音を祭ることでそこが仏教との結びつきで、それが祠で仏像を祭られる一つの理由になっているんだ。仏教の教義と美術芸術の観点からだけで、仏像を鑑賞して敬うのは片手落ちと語っていた。

7340 仏教が人間の精神生活を支え、生き甲斐として仏像を拝むという面は、仏教思想であるが、八百万の神々と混ざりあって仏像を祭ってある場合も多くある。水ベの祠に十二面観音があるのは、かなり土着信仰のように見える。理屈なしに、南無阿弥陀、南無阿弥陀と浄土へいけることを望みをかけて、ただ手を合わせるそんな無垢な人が多かった時代はそれでいい。今は、手を合わせて南無阿弥陀、となかなか言えない。

7467 鎌倉時代になって、宗教革命の時代になると、貴族階級にだけに信仰される仏教から、庶民の仏教、新興宗教として、法然の法華宗、その弟子の親鸞の浄土真宗、次に日蓮の日蓮宗、その後は、禅宗が多く出る。それまでの宗教が一部階級のものになり、政治と密接につながってしまったことから、弾圧されながら、宗教が伸びてきた。

7457 この新興宗教の時代には、余裕がないから、仏像とか、芸術的な仏塔などはできていない。平安時代の仏教の方が、仏像や建物が立派になっている。鎌倉時代になる前、政治も腐敗し、天災も多く、日本中に餓死者、病死者が放置された状態が続いた。釈迦の徳が消える末法の時代に近づいたと喧伝された。とにかく、日本の歴史上で一番惨めな時代だったと思う。

7445 そんなとき、仏教に頼って生きるしか、手がない。浄土へいけることが一番の望みである。それを真剣に望んだ。それしか考えることはないのだから、仏教が、宗教が人間にとって重要なことだった。今から考えると、バカみたいな話だが、今の人が「厚生年金が消えた」と大騒ぎする以上の大事が、目の前にいつもあるわけだから、信心するしか、道がない。

7458 単純ではあるが、真剣に仏様、その代表として仏像が拝まれたわけだ。私だって、小学2年生ころ、桃山のお薬師様(薬師如来)に『頭がよくなりますほうに」とか「エス(わが家の犬)がニモクになりますように」とか、祈ったもんですよ。犬のあご下の毛が二本(ニモク)あると賢くて、三本サンモクだと普通の犬といいう見方があった。だから1本のイチモクは天才犬っていうわけ。だから、子供には犬のひげ本数は大切なことだった。

7460 それが原始宗教みたいなものだった。国宝になるような仏像も多くある。それら仏像をつくるには、時間もかかるし、技術もいる。よく仏像をみると千差万別、可愛い像もあれば、澄ました取り付くシマもない仏像もある。きっとシルクロードを越えて影響があるような、切れ長な目をした仏像もある。それらを想像するだけでも、結構おもしろい。00008 

親鸞「他力本願への道」  他力本願と悪人正機説  オウム真理教教祖麻原、死刑決定  彼岸とは、あちらの岸  本田美奈子が歌うドボルザーク新世界  つつしみの心 それは間違っていないが  石井一参院議員 創価学会党に噛み付く

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓ 
人気blogランキングへ
   感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

晩秋の味わい 落ち葉の押し葉

Photo 歩道に落ち葉が舞い散る季節になった。こうして、立ち木の葉は、落として来年に備えている。

落ち葉をスキャナで写しとると、意外意外、きれいに見えるから不思議である。自然の妙をじっくり見る機会のない向きには、ぜひ見てほしい。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

7424 山から拾ってきたぶどうの木を植えて、20年近くなる。よく人は拾った犬やねこを飼っているが、私はぶどうを飼っている。洗練された品種ではないから、ちっともたわわに実るわけではない。実も小さい。根性だけはあって、冷遇にも耐えて葉だけは一杯つける。そこへ蛾の仲間の幼虫に新芽、若葉を食われても、へこたれない。その点だけはたいしたものだ。

7422 夏は窓に日陰を作って、すだれの役目をしていたが、さすが晩秋(冬)になって、大抵の葉が落ちてしまった。そろそろ「最後の一葉」になりつつある。まだまだとしっかり木にしがみついている葉もある。なんだか、寂しくなるが、それを黙って受け入れている木って、見習いたいと思うほどだ。

7435日がかげる夕暮れ、人は皆家路にたどるころに、わが家にも、影が窓に映る。それが、秋深まると、その影にも元気がないような気がする。なにもいつもと変わらない、ただ日が沈むだけの自然の摂理である。なのに、あれ?日が短くなったのは痛感する。人は同じように、朝起きていつも同じようなことを繰り返し、明日の用意をする。

7426 何だカンダといわれる後から出た葉は、まだ夕日が差す日中に自分の葉一杯、青さを残している。やはり若い葉の方がいいのだろうか。秋には枯れる、それが一番いいだろう。春先に出て、若葉がみずみずしく、夏は青が目立ち、秋から冬にかけて枯れていく。枯れることの重要性を味わいたい。

7434 アハ体験と茂木健一郎がいうのは、固定観念にとらわれると、新しい感動も、新鮮な発想もできないという。アハができる自分でありたいと思う。夕暮れ、日が落ちた後にも味わいがある。それを清少納言は、なんと言っているんだった?

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月 5日 (水)

戦後満州引き揚げ 故郷への道

Z7351 Z7369 NHK「その時歴史が」満州からの引揚の話があったが、身近な家にも、悲惨な話がある。多くの人々には引揚げは過ぎ去った話かもしれないが、未だに引きずっている問題である。 

満州にいた佐々木一家は、ようやく引揚の話が伝わってきたので、母は荷物を抱えて、幼い子供4人と生後一ヶ月の新生児を抱えて、新京(長春)駅に来た。佐々木わき(母)、紘一(長男6歳)、敦子(長女5歳)道子(次女)、隆子(三女)、新生児は半年後死亡。

早く列車に乗れば日本へ帰れると思って、朝から夕方まで待ち続けた。それが上の写真である。母は出産一ケ月たったばかりで、まだムリが利かない体であった。一番上の兄は1年生、長女は幼稚園児で、数え四歳、二歳の妹、人人人の混み合う中で立ち尽くした。列車は来ないし、来ても、超満員で混乱の車両に母が幼児4人を乗せるのは到底できない。
 最初の試みはムリだと思って、再び大荷物を抱えて公務員住宅の自宅へ帰った。もう一度、こんどこそはと駅へ行っては、混雑を見て諦めて帰ることが数度あった。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ nozawa22ブログ順位

Z_7366 奥地から来た人は日本人会が世話する建物に住んで引揚チャンスを待っていた。 隣近所の家は続々と帰国してしまい、がらがらの公務員住宅の中で残っているのは、佐々木家ばかりという状態になった。
 母は産後の肥立ちが悪く、体調が優れないで寝付くことが多くなった。洗濯機があるわけでもないし、洗濯を幼稚園児の姉がやっていた。通りかかった中国人が、物干しに洗濯物を掛けているのを手伝ってやり、お母さんが病気なら、とタマゴをくれた。という話を聞いた。

 満州国公務員であった父は最後まで召集がなかったが、末弟が生まれるころ、終戦間際に徴兵され家にいなかった。佐々木家は女子供ばかりに家になった。

Z7375_2 ソ連が「日ソ不可侵条約」を破って満州へ150万の軍が侵攻して、新京(長春)を占領した。そこで、満州には関東軍という最精鋭部隊がいるはずだったが、住民には知らされない間に、既に主力部隊はほとんど南方諸島へ移動していた。それこそ、職業軍人ではない、開拓団から徴兵した素人兵隊ばかりの満州の日本兵だった。
レイテ戦記 レイテ戦記2 レイテ戦記3 ルソン島死闘

 日本軍には、「名誉ある降伏」をという標語が一人歩きして、無抵抗で、mソ連の指揮下へ入った。このソ連が西側連合軍と同じ程度の約束を守る国だったら、その後の苦労がなかったが、ソ連の狡猾なだましで苦しんだ。
 日本人は外交も下手だが、個人も正直すぎて、コロっとだまされた。日本人は策がなく、えてして相手を信用しすぎる。島国の弊害、本来は世界中がこうなればいいのだが。

Z7344名誉ある降伏を」と、「全員そろって降伏するんだ」、とソ連軍の指定する小学校の広場へ武器を持って集まった。そこが武装解除の場所だった。
 その後は、全員日本へ帰すから集まるように声をかけたわけだ。すっかり、ソ連兵の言い分を信じて整列して待っていると、ソ連兵が人数を数えるが、なかなか数が合わない。つまり、数が数えられないのだ。代わって、日本兵が数えてやる。兵器の数も、日本側で数えた、と義父は言っていた。

 日本へ帰国するために港のある駅へ行くんだと整列させて、列車に乗せた。武装解除した日本兵は武器はないから、自動小銃をもったソ連兵に囲まれ、窓のない貨車に詰め込まれた。列車はゆっくり動き始めた。南下して日本海を目指すはずが、貨車の小さな隙間から見える景色を見て、北へ北へ進んでいると気づいた。日本兵たちはようやくソ連にだまされたと全員が騒いだが、コトは遅かった。

Z7410 時々、列車はトイレ休憩で停車した。
 このまま列車に乗っていたら、ソ連の捕虜になる。このチャンスだ、と必死に逃亡試みるものがいたが、逃げることは死を意味した。実際、逃げ出した者もいたが、数キロは離れた場所まで逃げたが、軍用犬をつかった追跡でみつかり、見せしめに銃殺された。逃げることは不可能であった。 義父はそのまま、
シベリヤ抑留となった。

 抑留されてからの話は、復員してから聞いたものである。抑留中の消息は、内地では殆どわからない状態であった。
 父からは秋田県中仙町の実家へ軍事郵便のような「抑留者専用ハガキ」がきたが、父には妻=母の死を隠して、父の妹が代筆して送っていた。父は、なんかヘンだと感じていたが母の死は引揚げてくるまでは分らなかった。

Z7409収容所(ラーゲリ)内では、共産党に心酔して、ソ連の思想を盛んに語る連中がグループ指導を率先して行っていた。そういう連中が、優先して帰国できると信じていたようだ。
 義父は身分を隠していたが、満州の公務員とソ連側に分って、多くの人が帰国しても、シベリアに抑留が続いた。満州の役人は、支配階級と判断されて、昭和25年まで帰国が許されなかった。早く帰国したいがため、ソ連へのエセ心酔者になり、仲間を裏切る情報をソ連に通報する連中が増えた。

新京の家では、母の体調はよくなる方向へ進まず、医師を呼ぶこともままならない状態で、衰弱していった。29歳の母は、日本敗戦の中、いかにして子供たちを日本に帰すか、衰弱する体調の間で苦悩し、死んでいき、子供ばかりが残された。子供では、新生児の末弟に乳を飲ませることもできず、半年生きたが、母の後を追うように死んだ。子供らが弟に重湯を飲ませたと聞いたが、それは、どんなものだったろう。死の間際の母の気持ちは、推察するに余りある。

 そんな状態で、親戚が公務員住宅へきて、母の亡骸を空き地に埋葬してくれた。しばらくは子供の世話をするが、帰国するにはどうしたらいいか、と相談した。独身の元気な遠縁のちょっと怖いお兄さんがいた。帰国するには、規則では、女子供が優先で乗ることになっており、独身男子はすぐ船に乗ることができなかった。しかし、子供4人を連れていれば、優先的に帰国できる。そこで、その青年に子供4人を託すことになった。

 おまけの話であるが、死んだ母の枕元には、帰国するに十分のお金があったと父はいう。土壇場の混乱では、そんなお金はあった、なかったという親戚でいざこざがよく起こる。戦後、そのことで争うことになった。

7363_2 こういう混乱した場では、乱暴な男ならこそ、多少のムリが効く。そうでなければ、乳飲み子抱えた母が、年端もいかない幼児ばかり4人を連れて、混乱した列車に乗り、船の港へ着くことはムリだっただろう。
 このお兄さんについていかなければ、はぐれてしまう。子供達も、必死だった。混乱の中、この怖いお兄さんの乱暴な態度が子どもを連れ帰るには役立ったもかもしれない。母自身の命と交換に子供を日本まで届けた、ともいえる。

 外地からの引揚は、占領統治する連合国の主導で始まった。日本政府は無力で、何ら手出しはできなかった。しかし、満州を占領していたソ連は引揚は許さなかった。満州の民間人204万人は、意図的に放置されていた。

 ソ連は、ドイツ軍に国土を荒らされ、2000万人が死傷した。国土復活のため、捕虜でもない日本軍をシベリアへ連れて行き、裁判が行われたわけでもないのに、囚人並の強制労働に駆り立てた。60万の軍人軍属が厳しい条件下で無料で働かされている。ソ連の戦後復興にシベリア抑留日本人を利用した。

Z7367Z7379 引揚が始まるのは、満州に立ち上げた「日本人会」の幹部が、このまま冬を迎えたら、子供、老人は全員死亡するという危機感に、元気のいい男性3名を日本政府に救助を求めるために送った。上記図のように、迂回して一ヶ月がかり日本に到着した。

Z7382  最初、吉田茂外相に面会して、満州からの民間人引揚を要請したら
「日本政府は、GHQのメッセンジャーでしかないから、満州から来た君たちが直接マッカーサーに訴えてくれ」と言われた。
 まるで満州の日本人は捨てられたようなものだった。日本政府のふがいなさにがっくりきたが、満州から来た三人は、現在の銀座松屋にあったGHQ本部に行って、最高司令官マッカーサーに窮状を訴え、日本人の帰国を計らうように必死に頼んだ。

Z7384  二週間後、マッカーサーから呼び出されて、司令官の命令で引揚第一便の船が出ると聞かされた。その話を今でも語る三人の日本人会の人は、涙なくして語れないようだった。GHQ内部で三人は抱き合って涙を流したという。満州の邦人救助を必死に戦ってくれた三人の心がジーンと伝わってきた。

 政府は何もできないのは、占領下であるという点を差し引いても、民間人の命に対して冷たい扱いである。国体護持以外の点では、政府はなにもしなかった。
 今現在、平成の御世でも、大きい声で主張している意見は、「国体護持以外は常に後回しになっている。そう、日本は「民の声」はいつも後回しだ。大銀行、大企業が優先の社会だね。

Z7432  これは、アメリカがまったく人道的な見地で善意で行ったわけではない。
 中国全土で、八路軍(共産党)と蒋介石国民軍が戦い始めて、満州を占拠していたソ連軍が引き揚げ、そこへ中国共産党軍が治め始めたので、国民党軍がアメリカに援助を求めてきた。
 国民党軍と武器などを上海から満州ロコ島へ送り込む船の帰りに、日本人を乗せて引き上げ援助をした。三角航路でアメリカ船を利用した。中国満州に日本人を残さないアメリカの方針によって引揚げが実現した。
というのが、現実である。
 国際情勢、国家間の駆け引きは、さように冷酷な側面がある。それを上手に人権、あるいは善意のカモフラージュをして見せるのが、外交官の役目である。

 そして、ようやく、帰国第一便が出ることになった。佐々木家の子供たちも、K兄に引き連れられて、乗船できたのである。ただし、第一便か、どうかは定かではないが。

 子育てをしたこともない青年が4人の子供を面倒を見るというは、相当難儀だったと思う。かなりいい加減で乱暴であったが、子供たちもこのお兄さんから離れたら、日本に帰れないし、死を意味する。兄姉妹4名はわかっていた。

7428 多分この子の腕のような状態だったろう。 だから、このK兄(仮称)は、もう面倒になり、手間のかかる2歳の妹を置き去りしていこうとしたときがあった。
 すると、引揚同胞の人の中で、3人兄妹が一斉に大声で泣き叫び、K兄も放っておくことができず、連れていくことになった。肉親でもないK兄は、母親と違ってかなり強引で乱暴な面が多く、子供たちは恐れながら付いて行った。子供兄妹四人は、団結はしっかりしていたという。食べるものも十分であるわけではないし、食の細い子供は栄養失調であった。

Z7392  新京(長春)を出て、朝鮮の港から舞鶴の港に着き、秋田大曲まで半年近い旅だった。昭和21年秋、大曲の駅に着くと、祖母、父の妹たち、(仙北郡)中仙町の近所の人々が出迎えてくれた。
 子どもたち、半年の間着替えもせず、一度も風呂は入らない体で、髪の毛はべちゃとくっついて、浮浪児より汚れていた。不潔と栄養失調が影響して、髪の毛が普通に生えるまで数年かかった。

 連れてきてもらったK兄とは、(秋田県)東北線大曲駅で別れて、それ以後、一度も会わないという。K兄は、道で出会えば、懐かしそうにするのに、兄姉妹は、怖い兄というトラウマで、ちっとも会いたがらなかった。
 40代になったころ、引揚話を聞きたいと思い始めたころに、K兄は亡くなった。一度、詳しく聞いておきたかった。

Z7395引揚手続き施設 NHK「その時歴史は」の話では、博多へ近づき日本が見えると、女性が海に飛び込んで死ぬ人が連続したという。
 それらの人々は望まない異国の子供を妊娠していて、日本での偏見を恐れての自殺だった。自分の身を殺してしまうことが起こっていた。そこで、帰国した女性で妊娠している人を救助するため、施設で堕胎手術を施した。

Z7405 堕胎手術 女性たちは、設備の十分でない手術室で、麻酔もなく、相当強引な手術を耐えた。痛み苦しみにも、叫び声も上げず、必死に耐えていた、と手術につきそった看護婦だった人が述べていた。
 
博多だけで500名以上の手術が行われた。全国の港では数千人の堕胎が行われただろう。

満州のソ連兵の強姦や樺太の電話局を死守して最後に青酸カリを飲んで自殺した交換手の話、涙亡くして忌めない記事がある。

ソ連軍=ロシア人は鬼畜 :03/07/30 03:57

■ソ連軍がベルリンに突入して制圧した際、スターリンは兵士に対し「ベルリンはおまえたちのものだ」といい、3日間の祭りを許可した。ベルリンの女性のほとんどがソ連兵によりレイプされ、連合軍に届けられたものでも10万件を越えた。
ソ連軍がベルリンを制圧した時、スターリンの兵士への呼びかけ。「ドイツ人の夫達が東部戦線にいる今、おまえたちは人種的優越性にひたるドイツ女に充分陵辱を加えよ。焼き、殺し、犯すのだ!」ドイツ人女性の被害者は堕胎数から推定で数百万にも達しており、自殺者も大量。

■満州でも、ソ連軍は強姦しまくっていた。日本の連合軍への降伏により、日本軍は38度線を境に、南鮮はアメリカ軍、北鮮はソ連軍へ降伏するように指令された。南鮮の日本人は終戦の年の暮れまでにほとんどすべて引き揚げたが、北鮮では約31~2万の日本人がそのまま残っていた。もともと北鮮に住んでいた27~8万と、満州から戦火をさけて逃げてきた4万人である。北鮮にはいってきたソ連軍は、満州におけると同様、略奪、放火、殺人、暴行、強姦をほしいままにし、在留日本人は一瞬にして奈落の底に投じられることになった。白昼、妻は夫の前で犯され、泣き叫ぶセーラー服の女学生はソ連軍のトラックで集団的にら致された。反抗したもの、暴行を阻止しようとしたものは容赦なく射殺された。「韓国・朝鮮と日本人」若槻泰雄(原書房)ソ連軍が満州やドイツで行なった強姦、輪姦00008_14_2


nozawa22: 反省すべきは反省し、改めるべきは改め
  
牡丹江へ突入した避難列車の悲劇 
社会保険庁の愚、旧日本軍の愚  
満州からの引き揚げ 1
 
満州引き上げは 負の世界遺産

 加藤登紀子 遠い祖国 
キャリアの失言と愚将牟田口廉也 
 終戦 荒廃した国土 忘れるな  
講和条約 日本は占領されていた
 
戦争の影響 疎開、食料など 
日本軍の関与 集団自決、慰安婦問題 
反東條運動 松前重義に報復人事 
なぜ東條内閣ににらまれたか 松前重義 
 
ミズーリ艦降伏調印 責任者の責任 
大郷村兵事書類から戦争を見る 
ポツダム宣言 阿南惟幾VS東郷茂徳 

関東軍 機密費戦費まかなう阿片 
8月15日靖国神社2008年 Ⅰ 
戦争を知る人たちの記録
 
戦争体験を聞く 喉元を過ぎれば
 
戦争の記憶が薄れるご時世 1 
戦争の記憶が薄れるご時世 2 
戦争の記憶が薄れるご時世 3
 
シベリアの抑留日記  
ソ連兵強姦の現実 手記 文藝春秋   
後満州引き揚げ 故郷への道 
我が子を手にかけ 満州引揚げ 

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ
    感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (8)

2007年12月 4日 (火)

中津川市の間家 系譜

間家は、中津の発展にとって、どういう家柄だったのか、間家が中津の発展にどういう係わりがあったのか、案外重要だと思うようになったのは最近である。

中津川宿は、苗木、木曾(尾張藩飛地)領を含む地方の経済の中心地であった。中津の商家でも大きい間家が、白木、白木製品、塩製品の販売を行って、莫大な利益を上げていた。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

011 今は、間大正倉が記念に残っているだけである。中津へ三菱の工場を誘致したのも、間一族の功績だ。東京駅のすぐ前で弁護士事務所を持っていた間運吉さんは間太利先生のおじであった。

「若い人が好きだから、行ってきなさい」と、先生に言われてその自宅へアポナシで出かけたが、そりゃ、相手の都合を聞かないでいくのだから、それはムリだった。「富士山登山して帰ってきたばかりで、疲れているから」と断られた。再度、挑戦して訪問すれば、何か得るものがあったかもしれないが、その以後、こちらのニードが弱く、そのままになってしまった。

01002 八の字を○で囲った屋号は七代目間復矩(天明~嘉永)のころにつけた商標である。尾張藩の御用商人として係わりから、尾張にちなむ八を使ういことが許された。東美濃では、間家の権勢は大した勢いであった証拠だろう。間家は、江戸時代から明治になっても、勢いは衰えることはなかった。

142 私が気付いた昭和20年代の市長は市岡信介であったが、その前は間孔太郎市長であった。間家は、三代目から四代目に移るとき、二つの流れに別れて、この間孔太郎は、ヤマ半系八代目の間一族の人である。

01022

本流の間家が、初代と同じ「杢衛門」を名乗っており、中学時代に担任だった間太利先生は、こちらの血統の人である。 中津高校の元になる 女学校を創立したのも、本流間家の「杢衛門」である。太利先生の父に当り、先生は多くの兄弟姉妹の下から2番目くらいで、男尊女卑の時代に生まれ、粗末に扱われたことを、嘆いていたものだ。

そもそも、間家の祖は、関西の京極家の家臣であったという。縁あって、美濃へ移り住む。醸造の技術のある一族であったので、水の清い場所を探して、居を構えたのだという。

はざま酒造がここで酒造りを始めたのは、明治二十五年(1892)のことである。 この間家の先祖は近江の京極家に仕えており、その分家である間喜兵衛は赤穂アコウ浅野家に仕え、元禄十六年二月四日(1703)、吉良邸に息子の十次郎、新六とともに討ち入った。。十次郎は上野介コウズケノスケに鑓ヤリを突きつけ、見事に本懐を遂げた。

021幕末の中津のインテリは、多くが国学の影響を受けて、倒幕の方向に傾いていたが、間一族でも俳諧に嗜み、地元の浄瑠璃へ支援をしている。

ずいぶん前に太利先生宅へ行ったとき、間家の由来を書いてもらったし、兄弟姉妹の写真を見せてもらった記憶があるが、すかかり忘れてしまった。

先生、インコを飼っていて、肩へ乗ったり、とても慣れていたが、たまたま夕食時に鉄板焼きをやっていたとき、インコはピーちゃんと言っていたが、ピーちゃん、熱せられた鉄板の上に止まってしまって、足を焼けどで切断した。私が行ったときは、まだ片足のピーちゃんは元気でいたが、今はどうしたんだろう。00008_14 

恩師オン歳90歳  間家大正蔵   中津川市の間家 系譜 おいでんさい  中津川市  間家の歴史と中津川市   中津川豪商の生き方 杢右衛門と半兵衛

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ
   感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (1)

2007年12月 3日 (月)

おねだり守屋幸子 逮捕後の拘置所で

01syasinn 守屋幸子 逮捕後,「山田洋行の宮崎専務は、夫には仕事の付き合いだが、私は友達だから、ゴルフは賄賂にはなるとは思っていなかった」とうそぶいていたが、収監されても収賄は否認していた。ところが、逮捕後、一日で「反省しています」と全面的に容疑を認めるにいたった。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

宮崎を「宮ちゃん」、夫の守屋を「ぼうや」と呼ぶ女帝ぶりを発揮していたが、あっさりかぶとを脱いだのは、なぜか。

0101 検察特捜部の厳しい追求もさることながら、東京拘置所での生活が応えたという見方がもっぱらである。日刊ゲンダイの記事である。逮捕されると、その時点で普通に暮らしていた自由も失くすし、守られた人権も制限される。排泄から、食事、睡眠も監視された生活になる。エリートは、この種の人格否定には我慢がならないだろう。

20071129k0000m0401 収監される際に、素っ裸にされて、肛門、膣まで調べられる。今までの事務次官夫人のプライドを粉々にされてしまう。エリート中のエリートとして振舞った女性には、身体検査は、男性に見られるわけではないが、ちょっと屈辱的である。経験したことのない姿勢で肛門検査されては、高貴で、エリートの夫人には、耐え難い。昔の拷問はないが、取り調べる側もそう安易な取調べは行わない。拷問に近い効果が出るようになっているだろう。拷問については、こちら

0001 人としての権利が失われてしまった状態で取り調べられるわけだから、屈辱的、「正直に言えば、シャバに出してやる」と誘われて、自分の身が可愛いから、次々に知っている政治家がどうした、こうしたとしゃべり始めているのではないか。かなり正直にゲロってしまっているだろう。

幸子夫人は、守屋氏がキャリア入省する一年前に、高卒ノンキャリアで入省している。田舎では大勢兄弟の末っ子で生まれ、近所では背もスラッとして、良くできるお嬢さんで通っている。地元の高校を出て東京に出る。田舎で葬式があると、地元では10万円も香典を出せば最高であるが、100万円を包んだという。田舎の古い知り合いはびっくりしたという。(私の知識)

内田洋行だけが、防衛省に擦り寄ったわけだはあるまい。甘い蜜をばら撒かれて、大臣級の人間が吸い寄せられているのだから、かなりかなり人脈を「宮ちゃん」と幸子夫人は知っているはず。俺だけ、私だけ逮捕して、と思っているだろう。すると、芋づる式にぼこぼこ吊り上げられるはずだ。

20071129k0000m040144000p_size5  関係者によると、幸子容疑者は守屋前次官よりもゴルフに熱心で、スコアもシングル級といい、宮崎元専務によるゴルフ接待の大半に同行していた。前次官不在でも、ゴルフ接待を受けることさえあった。このため、元専務とは極めて懇意に。ゴルフや飲食接待の席などで「宮ちゃんも、私を山田洋行の重役にすれば、希望通りに防衛庁(当時)の仕事を受けられるようになるわよ」などと言っていたという。

 次女(26)が米ニューヨーク州の語学学校に留学する際、米国滞在中の元専務に世話を頼んだのも幸子容疑者だった。「娘を留学に出すので宮ちゃん、何とか面倒見てくれない?」。転居や入学手続き、さらに「激励会」までしてもらった。元専務はステーキハウスで、1人数十ドルの代金を支払ったとされる。

 幸子容疑者は元防衛庁職員。防衛幹部職員の妻らで作る婦人会の親しいメンバーと東京・赤坂の高級クラブやレストランでカラオケや飲食を楽しみ「山田(洋行)につけておいて」と店員に伝え、宮崎元専務に飲食代を肩代わりさせていた。「奥さんが夫に接待を受けないよう止めなければいけないのに、逆に後押ししていた」。クラブのママは周辺にこう話した。

十分反省しているとして、12月18日(火)に20日ぶりに不起訴で釈放された。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ
   感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (1)

2007年12月 2日 (日)

うっかり夫人にちゃっかり夫人の頃

Photo 昭和33年5月、6月ころ、朝食事時間、おばさんの家のラジオは、「うっかり夫人にちゃっかり夫人」ニッポン放送が流れていた。「お出かけ前の5分間」(雪村いずみ)

おばの家は店先でタバコ屋をやっていた。もたいまさこ(太田キン)のたばこ店と同じ雰囲気だった。私の叔母もキンと名前も同じだった。お客は、店先におしゃべりしていった。私は、東京に出てきた六ちゃんみたいなものだった。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

叔母の家を貸した隣りがはぎれ屋さんの若夫婦、その隣りは揚げ物屋は、新潟県から夫と離婚して飛び出したおかみさん。そこには田舎の家から娘、息子が出てきて、年追うごとに増えた。その隣りは戦前からのS時計店。空襲で焼けたから、預かっていた時計が全部焼けたというが、実際はマンホールに隠していた・・というアングラ情報を叔母は知っていた。その隣りが魚屋で、男兄弟が多く元気のいい家族だった。

向かえ側の通りは、肉屋、豆腐屋、牛乳屋と、人間の手で、自家製を作る店が並んでいた。叔母の貸家の洋裁店で、叔母の娘(従姉)は銀座キャバレー「うるわし」に売れっ子ホステス、毎月、毎週のようにドレスを仕立ててもらっていた。その当時は流行ったものは、すべて作っていた。ツイギーが来ればミニスカートかっこ悪いのにはやった南京袋のようなサックドレス、あっという間に消えてしまったが。

従姉はホステス、同伴出勤のために、電話を出勤前にかけまくっていた。よく芸能人が来た話を聞いた。坂本九のバンドのメンバーの名前を上げていたし、どんな関係か知らないが、すぐ近くに「僕は泣イッチチ」の守屋浩の外車で止まっていたり・・・

わきの道路では、ホッピングが流行っているな、と想ったら次はフラフープが大流行。これは、どこそこに入荷した、といいうとあっという間に売り切れだ。近年のタマゴッチに似ていた。

オバサンの友だちだったのは、裏に住んでいた金五楼似のおばさん、ラジオで「おいそが氏とおやかま氏」で「おトラ婆さん」をやっていたので、同居していた兄は、「おトラ婆さん」と呼んでいた体格にいいおばさんが毎日やってきではしゃべり込んでいた。タバコ屋の店番には、ちょうどいいひまつぶしだった。

7月ころ、中大生で行動力がある友達が誘ってくれたので銀座のコンサートホールへ行った。スマリー小原とナントカという楽団が耳をツンザクような音を出して演奏していた。細身のスマイリー小原が指揮しながら身をくねくねする都会人の身のこなし、これには違和感があった。真夏の冷房が極めて効いていて寒かった。

下宿した叔母の家は、権利書を貸したらその人が担保にして借金のかたに家は取られ、叔母も10年前に亡くなった。昭和33年はAlwaysは、はるか遠くになった。Always文京区動坂の夕日

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ
   感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

友人の母 98歳の死

年末になると、喪中はがきを頂戴する機会が多いが、説明なしの喪中ハガキはどなたがなくなったか、さっぱりわからない。これは困る。

友人の母が98歳でなくなったという喪中ハガキを頂いたので、どんな気持ちでいるか、気を落とさないようにと励ましメールを送った。彼の母は中学校の先生で定年まで過ごした人で、彼の上にNHKアナウンサーの兄がいて、彼ニッポン放送のスポーツアナウンサー、そんな一家。最初に出会ったのは18歳の時だったと思うが、彼自身は末っ子で、母親に可愛がられ、育ちのよさが感じられた。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
 

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位

98歳まで生きれば、それだけで尊敬に値するが、人には満足するまで生きたという気持ちはないかもしれない。メールの返信には、ぴりっとした背筋が通った母だったという。自分の母をそういえるだけで、羨ましい。

母にリモートコントロールされた男の子と、幼少に母を亡くした男の子の匂い、その違いの雰囲気はすぐにわかる。母のイメージが私にはないので、人と付き合うと、すぐその違いを感じた。母の雰囲気を自然に感じさせる良い子とそうでない子、それに関しては、私は敏感であった。母の躾を感じさせる雰囲気を身につけた青年は、羨ましい。それだけでトクだ、と常々思っていた。えてして、マザコンに陥り易い弊害を伴うが。ぴっちと躾けられていると、それは女の嫉妬での見方かもしれない。

私のメールに返信に書いてあったが、「職業を持っていたので、普通の母親とは違うようでしたが、その生き方には尊敬と偉大さを感じ、誇らしく思っています。」と、そう思える彼は、素直でいいヤツだな、いい母を持った、と思う次第である。

たとえ素晴らしい母であっても、いつかは、お別れが来る。「落ち込んでいませんが、やっと落ち着いてきました」という。病気ではないというが、最近、何回か誤嚥をくりかえし、ついにそれが元で、亡くなったという。誤嚥のほか、飲み下す力が老衰と共に弱る、これが老人の死亡原因に多いそうである。これは、医学でなんとかなりそうな気がするが、どんなものだろうか。

彼の母には、一度も会ったことはなかったが、友人の後ろに、それとなく感じる人であったのは確かである。立派に育った息子とその家族に囲まれて、100年に近い生涯を過ごし、召されていった小林ハツさんの冥福を祈ります。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
 
人気blogランキングへ
   感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »