« ミャンマー軍事政権 長井健司さん銃殺 | トップページ | さんまの焼き方 NHK料理参照 »

2007年10月 1日 (月)

ウルルンSP特番 断崖村 いとうあいこ

015ウルルン滞在記のスペシャル、再訪版をやっていた。3本中の1本目「断崖絶壁の村 空通村訪問記を紹介する。女優いとうあいこが訪ねた。中国の少数民族ヌー族は、文字を持たない民族だ。優しい人々のせいか、争いを避けて、奥へ奥へと移ったと説明があったが、彼らは断崖絶壁の村に住んでいた。

8 いとう あいこ(1980年10月24日 - )は神奈川県横須賀市出身の女性タレント・女優。本名:伊藤 愛子。スターダストプロモーション所属。血液型O型。神奈川県立逗子高等学校卒業後、印刷媒体を経て短期大学在学中に本格的にデビュー。主にテレビドラマ、映画、CMなどで活躍している。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓ 

人気blogランキングへ
  nozawa22ブログ順位がわかる

02_2 そこは空通村という。 中国のミャンマーに沿って流れる怒河という急流が、チベットの山中にある。その河は地図をたどってみると、ラオス、タイ、ベトナム国境にそって流れ、下流はメコン川になるようだ。

Kif_5958Kif_5975Kif_5961Kif_5962少数民族で文字を持たないし、彼らの言葉は村から出ると通じない。日本では考えられないが、村ごとに言葉が違うというのは、ネパールの人からも聞いたし、インドの紙幣には多数の言語で表記している。インドではもっと多くの言葉があるらしい。記録も研究もされないで、消えていく言語もあると聞く。参照

Kif_5976 25Photo_2 家族にはツイホア、ツイメイとチューシャン、三人の子供がいる。若い女の先生1人の小学校で、中国語を学んでいる。姉は4年生、妹は2年生だった。

2年前ウルルンでこの村へ訪問した際に、姉ツイホアは町の小学校へ入学した。妹は今回入学する。姉は学校を出たら会社勤めを考えている。妹は学校の先生になりたい、と思っている。弟は医師になりたいという。

4 子供に「何になりたいか」聞くと、具体的な希望はなかったが、「働いて両親を楽にさせてやりたい」という。学校で勉強するのは、両親を幸せにしてやりたいから、という。ウルルンの回答者谷村新司が、「中国では、実際、そういう考え方を子供がする。それを聞くたびに涙する」という。子供が親の苦労を見て育つと、自然、そういう考えが育つのだろうか。それが自然な姿だろう。しかし、文明が進んでくると、変わってしまうのか。

Photo02_5 9月、新学期になり、妹も町の小学校へいくのに、「いとうあいこ」が付き添っていく。姉と妹と離れてしまう母親の悲しみ、少数民族の宿命といえば言えるが、悲しい。この怒河をリュースーと呼ばれる渡河機で渡る。怖そう。

Kif_6013 リュースーで怒河を渡ると町へいける。お姉ちゃん4年生、二年間小学校に寄宿、在学して、しっかりしてきた。きっと立派にやり遂げることだろう。日本でいえば、アイヌ民族の子が日本の小学校へ入ったようなものだ。妹も賢そうだが、先生に当てられて、答えられず悔しい思いをするシーンがある。素質がありそうだから、そのうちすぐ追いつくだろう。

この二人が順調に育って、大人になっていく姿を二年ごとに訪問して姿を見られたら、いいな、と思った。時にはハラハラするが、子供が育っていく姿は、気持ちがいい。00008 

ドイツ国際平和村 ウルルンで知った  ウルルンSP特番  断崖村  いとうあいこ

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください。

|

« ミャンマー軍事政権 長井健司さん銃殺 | トップページ | さんまの焼き方 NHK料理参照 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミャンマー軍事政権 長井健司さん銃殺 | トップページ | さんまの焼き方 NHK料理参照 »