« リヤカー 時代とともに消える品々 | トップページ | 時太山 リンチ殺人 何だ相撲界 »

2007年9月27日 (木)

長井秀和 フィリピンで美人局被害

Nagai  現在、アメリカで単身、コメディー修行中のお笑い芸人、長井秀和(37、写真)が、フィリピン旅行の際に美人局(つつもたせ)被害で1100万円をだまし取られそうになるトラブルに遭っていたことが分かった。

創価学会の広告塔の「!間違いない!」というセリフで認知されてきた長井秀和、最近露出度が下がっていると思ったら、アメリカへ行って修行中のようだ。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
  nozawa22ブログ順位がわかる

Nagai 長井は25日、所属事務所を通じ、≪海を越えての劇場型詐欺に、私がすっかり巻き込まれてしまい…(中略)常日頃「間違いない!」「気をつけろ!」と各所で叫んできた私ですが、灯台下暗し、ミイラ取りがミイラになる、という状態でお恥ずかしい限りです≫とファクスでコメント。

長井秀和が巻き込まれた美人局つつもたせ騒動は、今年5月下旬、友人とマニラを訪れた際、ナンパした現地女性2人とそれぞれホテルで過ごしたが、翌日、長井の相手が17歳だったとして少女の親に告発され、滞在先のホテルから現地警察に連行、拘束された。その後、日本人通訳の勧めに従って保釈金1100万円を払う内容で示談が成立したが、少女と親、警察などがグルになった美人局の疑いが強いという。

この情報は、博士の独り言 から知った。「博士の愛した数式」に似たネーミングであるが、政治色が強い。にも係わらず、文章が明解で人気がある。全体のブログランキングで常時1位を走っている。推薦クリックの数は、当nozawa22の100倍以上、13万、12万もある。

世の中の人が、創価学会(公明党)が跋扈している現状をいかんともしがたく思っているときに、快刀乱麻のごとく、鋭く創価学会の本質を切り裂いて見せる爽快さを示している。

Soukayoniges 熱心な創価学会の会員が夜逃げした事実を取り上げ、その夜逃げ現場を写真に撮り、その現状を解説している。夜逃げ会員は多額のお金を創価学会に寄贈しており、飾る仏壇も豪華なものが残されている。そのように景気のいい時期はむしり取るようにした創価学会は、その会員が消えた途端「信心が薄い」と吐き捨てるようにいう。

創価学会はカルトであり、池田大作とその専従職員を養うために会員は働かされていると、ズバっと切り捨てる筆調は、溜飲が下がる。

Mitiru_j5d3297fb城みちる、城内実 二人は似ていて気になる。 筆者はどんな人かと思ったら、案外若い人のようだ。城内実(静岡で片山さつきに数百票で次点に泣いた。芸能人城みちるとは違う)。城内実と同じ年だという。41歳らしい。

20年経っても、まだ福田康夫より若いと言うブログ作者。それにしても、彼の文章はズバリ突いているし、若いのに、老練である。

Founder_ikeda 長井秀和が、そんな女癖が出るのは、池田大作の渡部通子氏(元参議院議員)、多田時子氏(元参議院議員・故人)を愛人にしていた話を元にその亡者の病理だと切り捨てる。ジャーナリストが書いた「池田大作の女性関係」と題する冊子があるらしい。この一冊があれば、かなりの人が創価学会はそういう会なのか、とわかるだろう。

氷川きよし(30)が創価学会員であるとか、出っ歯でウリの某女優久本雅美、ウラウラの女性歌手も創価学会であり、選挙になると、公明党にゴキブリ誘引剤のように利用されている。

以下は、「博士の独り言」への投稿コメントから引用

「昔は王仏妙合、創価王国建設、国立戒壇(国家の創価学会日蓮宗化)叫んでいたが今はおくびにも出さない。その実態は正にオウムと同じ、組織を作り会員を逃がさない仕組みを創って、信者には産児制限をさせず産めるだけ産ませて、その子供を小さい時から組織に入れ洗脳し、創価学会信者を自動的に作り出すシステムを構築している恐るべき教団だ。

子供会などを通じて他の子供も勧誘しているから自分の子供が行く場所には気をつけたほうがいい、子供を多く抱えた信者は公営住宅や行政のあらゆる補助金の受給を公明党議員が優先的に手助けしているのが実態だ。

多くの純真な信者はたくみな扇動で信心を煽られ、財務や聖教新聞の購読部数競争、池田の著作の購入、費用は全部自前の選挙の応援、勧誘などで疲れきり窮乏を強いられているそこが彼らの狙いなのだ。その隙間に付け込んで、お題目を唱えて信心すれば福が来ると煽る。

この教団は正に北朝鮮と同じように、池田を頂点とする一部特権階級の下に、奴隷のごとくお金と労働力を提供させられる庶民がひしめく構図になっている。この教団は表向きは笑顔だがその実態は、検察、警察、裁判所、などに密かに信者を送り込んで意のままにしようとするオウムより恐ろしい団体である。すでに日本の政治は公明党などと、いかにももっともらしい名前の創価学会所有の政党政権の一翼にある事を国民はもっと真剣に考えるべきである。

「創価学会でなければ、人でない」と、かつてのドイツで席巻したナチ旋風の勢いが、日本中に吹き荒れそうな下地ができつつある点を危惧している。自民党が公明党と一緒になっている限り、自民党は長期低落しか道がないように思う。

公明党の狙いは、なんだろう。幹部クラスが良いことを言っても、「創価学会でなければ、人でない」と、組織の軍曹クラスが、北朝鮮の相互監視のような行動をするのではないか。折伏競争するように。00008

公明党の責 紹介「池田大作なき後の創価学会」  桜金造 なぜ都知事選へ立候補? 宗教が政治活動をしては違反だ  創価学会員告発の大反響  長井秀和 フィリピンで美人局被害

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください。

|

« リヤカー 時代とともに消える品々 | トップページ | 時太山 リンチ殺人 何だ相撲界 »

コメント

うーん。なんかわかったようなわからなかったような…でもちょっとわかった気がします。
ありがとうございました。
m(__)m

投稿: すっぱ | 2012年7月 3日 (火) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リヤカー 時代とともに消える品々 | トップページ | 時太山 リンチ殺人 何だ相撲界 »