« 謄写版から次の段階、それから | トップページ | 救急車事故から私の体験 »

2007年8月30日 (木)

無駄な体験は人間に幅ができる

1451b001m プリンターで写真をプリントしていると、突然プリントされなくなった。印画紙は印刷されないまま、出てくる状態になった。困った。昨日のことである。

きょうは、台東区にあるキャノン東京QRセンターへプリンターを運んだ。昼休み時間だったから、受け付けないと思ったら、すぐ対応してくれた。キャノンの姿勢は客の都合を重視してくれたのは、好感が持てた。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓ 

人気blogランキングへ
  nozawa22ブログ順位がわかる

その場で、担当者がプリンターで印刷してみると、普通に印字される。写真が順次印刷された。異常はない。担当者いわく「パソコンの側の問題です」「何が問題ですか」「ピクサスPiXUSのプリンターのCDインストールをし直しをするよう」に指示された。

折角行って直せたらと思っていたが、プリンターを持ち帰り、再度プリントしてみたが、相変わらずプリントできない。インストール用CDはどこへいったのか見当たらない。東京QRセンターで教えてもらった電話で問合せして、ホームページから再インストールし、既にインストールしてあったものを削除した。

そこで、セットアップしようとすると、インストールするCドライブのメモリー不足でインストールできない、と意外な結果が出た。なんじゃ!これは。パソコンの古さが露呈。

なるべくパソコン有効利用のつもりで、プリンター用に最も古いパソコンを割当てておいたが、そんなにメモリー小さかったけ。ここ10年でパソコンのメモリーが2Gギガから、20ギガ、40ギガ、80ギガ、200ギガとドンドン大きくなった。

最後の手段で、プリンタ用に2ギガから40ギガを活用したら、何のことはない、順調に写真がプリントされ始めた。アア・・、きょうの努力はなんだったろう。これが始めからわかっていたら、修理所へ重い思いでプリンターを持って行く必要はなかった。時間も3時間、何だったのか。2ギガは罪作りだ。

CDからのインストールよりはインターネットからのインストールの方が、情報が新しいから、それを勧めてくれたり、案外こういう無駄な体験は人間に幅ができるんだ、そう思わないとやり切れんな。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
  nozawa22ブログ順位がわかる

|

« 謄写版から次の段階、それから | トップページ | 救急車事故から私の体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謄写版から次の段階、それから | トップページ | 救急車事故から私の体験 »