« 絵島囲い屋敷 幽閉生活30年 | トップページ | 朝青龍 閉門蟄居 引退か »

2007年8月 1日 (水)

椛の湖 フォークジャンボリー夢の跡

Bb5356 伊那PUL山荘から恵那福岡へ行く途中に「椛の湖はなのこ」がある。フォークジャンボリーがあって、「受験生ブルース」の高石ともやが出たところとして有名だが、行ったことがないので案内してもらった。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
  nozawa22ブログ順位がわかる

Kif_5355 椛の湖はなのこは、中津の根ノ上高原ほど有名でないから、真夏のキャンプシーズンであるにも係わらず、人出は少ない。オートキャンプ場としては、湖に囲まれて絶好の場所である。この椛の湖はなのこでは、入漁料さえ払えば、魚釣りには静かな湖でいくら釣ってもOKだ。何が釣れるのか、それは確かめていない。

Bb5362 中津川フォークジャンボリー1970年代、栄光の場所は、どこだと見ると、ステージがあり、観客の場所はグランド、テニスコート10面分以上の広さ。これなら数千人の観客も寝そべって、夜空の星を見ながら、演奏を楽しめる。演奏者と観客の距離が近いコンサートはいい。演奏できるようになったら、自分が飛び込んでいける場所、目標がある。単に客で来ても聴かせる側にいつでも立てる。そういう意味では、中津川フォークジャンボリーは大きな役割を果たした。

Bb5370 真夏のキャンプ場は、数組のオートキャンパーが今、バベキューの用意をしていた。グループの声が響いていた。家族で来て遊ぶ場所には、ちょうどよさそうだ。中津など近郊の人にとっても、あぞびに来るといい。ボート遊びもできるのは、いい。リフレッシュできる場所だ。

Bb5371 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全日本フォークジャンボリー(ぜんにほんふぉーくじゃんぼりー)は、日本初の野外フェスティバル。岐阜県恵那郡坂下町(現在の中津川市)にある椛の湖はなのこ)の湖畔にて、1969年から1971年にかけて3回開催された。中津川フォークジャンボリーという名でも良く知られている。

中津川労音事務局長の笠木透(1937年生まれ)や事務局次長の安保洋勝(1938年生まれ)、近藤武典らが「フォーク・ジャンボリー実行委員会」を設立し、企画・演出・開催した。1960年代後半より中津川市などで高石ともやらとフォークコンサートを開くなか生まれてきた企画であった。

近藤武典- 岐阜県内の小中学校の教職員。1950年代から演劇や音楽などの団体を立ち上げた。「ブテンさん」と慕われていた。全日本フォークジャンボリーでは実行委員長を務める。1976年に53歳で他界。

近藤先生は、小学4年で私の担任だった。後年、先生宅へ友人と遊びに行ったこともある。インパクトの強い教師であった。昭和20年代は「生活綴り方」運動の先頭だった。父兄からアカだいわれる先生だが、他の先生にない魅力があた。中津の伝説、伝承話を書いて子供の雑誌に載せて、子供たちに紹介していた。私の覚えているのは、星見が岩の伝説を書いて、絵は別の人の作品だったが、学校で販売する雑誌に載っていた。

自分達の手で開催したこのイベントには、共感した若者達が日本各地から集まり、当時の世相を反映した社会現象のひとつとして捉えられている。

第1回 1969年8月9日(土)午後6:00開幕、10日(日)午前9:30閉幕 入場料 : 500円  参加者 : 約2,000~3,000人 出演 : 五つの赤い風船(中川イサト、長野たかし、西岡たかし、藤原秀子)、岩井宏、遠藤賢司、岡林信康、上条恒彦、ジャックス(早川義夫、木田高介、谷野ひとし、つのだひろ)、高石ともや、高田渡、田楽座、中川五郎

第2回 1970年8月8日(土)午後1:45開幕、9日(日)午後12:00閉幕
参加者 約8,000人弱 入場料 800円
出演 赤い鳥、浅川マキ、アテンションプリーズ、五つの赤い風船、岩井宏、インスタンツ(モンタ頼命、中川イサト他)、遠藤賢司、大田ぼう、岡林信康、小野和子、加藤ヒロシとP36、加川良、金延幸子、上久保雄志、グループ愚、ケニーパイル、斉藤哲夫、シバ、杉田二郎と一億分の4、スルク大舞踊合唱団、ソルティーシュガー、高田渡、高橋キヨシ、高橋照幸、田楽座、のこいの子、はしだのりひことマーガレッツ、はっぴいえんど、藤原豊、松岡実とニューディメンション、南正人、村上律、山平和彦、リチャードパイン&カンパニー、六文銭、アマチュアグループ(なぎら健壱、ひがしのひとし、酒井萠一、バラーズ、他)その他 

第3回 1971年8月7日開幕、9日閉幕
参加者 約
20,000人~25,000出演 あがた森魚とはちみつぱい(鈴木慶一、鈴木博文、本多信介、渡辺勝)、浅川マキ、五輪真弓、遠藤賢司、岡林信康、加川良、金延幸子、かまやつひろし、カルメン・マキ、ガロ、クライマックス、斉藤哲夫、ザ・ディランII、シバ、シュリークス、高田渡と武蔵野タンポポ団、Dew、友川かずき、友部正人、中川イサト、中川五郎、なぎら健壱、長谷川きよし、はっぴいえんど、日野皓正クインテット、ブルース・クリエーション、本田路津子、三上寛、ミッキー・カーチス、安田南、山平和彦、山本コータロー、吉田拓郎、乱魔堂、六文銭、その他 00008

お菓子の町中津川市  本町界隈  間家大正蔵  中川 鮮さん 前中津川市長  玉蔵橋(木曽川  全国夫婦岩1位 春うらら 雑談、ムダ話の効用  冬、来りなば 楽しめる方言集  「みかんの花咲く丘」が歌われた頃    歴史の町中津川市  ふるさとを語ろうよ 中津川市   中津高校関東OB会 アルバム  椛の湖 フォークジャンボリー夢の跡

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位がわかる

|

« 絵島囲い屋敷 幽閉生活30年 | トップページ | 朝青龍 閉門蟄居 引退か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絵島囲い屋敷 幽閉生活30年 | トップページ | 朝青龍 閉門蟄居 引退か »