« 日記クラブOB会予定 | トップページ | 復員教師の人生観、厳しさ »

2007年8月20日 (月)

24時間テレビの欺瞞 欺瞞 大欺瞞

24zikann  24時間テレビ、まるでいいことずくめで結構だが、案外裏がありそうで、賛成できない。新聞を良く見ると、朝日・毎日新聞はその話題を邪魔はしていないが、取り上げていない。相当まえから、日本テレビはコレに集中して宣伝予告の番組を入れて、普段の放送が疎かになっている。日刊ゲンダイは、「感動の押し付け」と非難している。サライという曲は 何を訴えるのか  批難していても、こんな感動を歌でアピールされると、矛先がにぶる。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓ 

人気blogランキングへ
  nozawa22ブログ順位がわかる

_5551 感動の押し付け、そして、「寄附をしろ、寄附をしろ」と寄付を強制する。同情しないと許さないし、寄付しないと許さない。まるで居心地がわるい。番組を作っている日本テレビの社員は、高給取り(【平均年収】1,427万円 )で勝組だ。聴取者をいかに泣かせるか、彼らは画面上の演出、涙を誘っている。いかに同情を買うか。感動の大バーゲン、「感動の押し付け」をやっている。その行為は欺瞞に満ちているように感じるのは、私だだけだろうか。

01 日本の一般家庭の1世帯当たり平均年収は 579万7千円だが、日本テレビ放送網従業員の平均給与1,427万円 との差額約850万円を全職員1,083人が寄附したら、合計92億円の募金ができる、と計算した人がいる。今クリックしたら、投書が増えていたいた。

チャリティというお題目で、貧困&低学歴層に向けて全国的なプロモーションと免罪符の両方が達成できるんだから、日テレ、芸能事務所ともにウハウハでしょうな。  出演者が全部ボランティアで、出演料ナシで出ているなら、そりゃ信用するが、本当のボランティアは街頭で応援している観客のみだろう。なにしろ、この24時間テレビに「ウソはダメ」という制約はないからね。

72 それで、番組の作成に一体いくら掛けて、出演者のタッキー&翼にいくら支払って、新庄にいくら支払って24時間拘束できたか。欽ちゃんの練習訓練8ヶ月間にいくら経費がかかったか、作詞作曲「サライ」に続くテーマソングを加山雄三&谷村新司両氏にいくら支払ったか、それを表に出してくれるなら、もっと多くの人が寄附もしたくなるだろう。

コレが一切、闇の中で、24時間テレビを見せる作業は、ギマンと言わざるを得ない。出演しなかった人を数えるのは、難しいが、多くの良心的な芸能人は、出演交渉を受けても、出ていない。このギマンに気づいているからだろう。

Px350_01北野たけし  「24時間テレビから出演依頼がしつこく来てたんだけど全部断ってやったよ。 あんな偽善番組は大っ嫌いだ。誰がなんと言おうと俺は絶対出ないから。 ヨダレ垂らした芸能人どもがこの番組でめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせに これ以上貧乏人から金巻きあげんな。チャリティーって言うくらいなら おまえら全員ノーギャラで出ろよ!コノヤロー!!」 ソース:ビートたけしのオールナイトニッポン 

足立区の小学校時、北野たけと同じクラスだった酒屋のおかみさんがいる。お上さん、タケシの母と似て、子供の教育は熱心だ。子供を、千葉の私立中へ通わせていた。タケシの性格は、今も、小学生の時も、まったく変らない、といっている。5562_2

寄付金3億6千300万円を集めたと聞く。結構なことである。貧しい人に、障害者の方に有効に使われるなら、大賛成である。しかし、この寄附を受ける団体が、寄附金をいかに多く受けるか、案外醜い分捕り合戦をする、と聞いたことがある。これは、赤十字の寄附だったかもしれないが、寄付受ける側は遠慮がちな慎ましさが欠けてきて、厚かましい組織が得をする、そんな現実を聞くと、すっきりした気分になれない。

Aat_2 今年は「サライ」に続くテーマソングを加山雄三&谷村新司両氏が新たに制作なさったそうで、先ほどオープニングで披露されましたが、
「サライ」は1992年の放送から生まれた最初のテーマソングである。作詞を谷村新司、作曲を加山雄三(弾厚作名義)が担当した。

25564 007年の第30回からは、この「サライ」に加え、新しいテーマ曲として「勇気のカタチ~私を変えてくれたあなたへ~」(作詞・谷村新司、作曲・弾厚作)が制作された。だが、フィナーレでは例年通り「サライ」を歌って締めくくった。
欽ちゃんの走りも、無料で走っているわけじゃないと思うと、感動も薄れる。

サライという曲は 何を訴えるのか

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位がわかる

|

« 日記クラブOB会予定 | トップページ | 復員教師の人生観、厳しさ »

コメント

北野たけし
「24時間テレビから出演依頼がしつこく来てたんだけど全部断ってやったよ。 あんな偽善番組は大っ嫌いだ。誰がなんと言おうと俺は絶対出ないから。 ヨダレ垂らした芸能人どもがこの番組でめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせに これ以上貧乏人から金巻きあげんな。チャリティーって言うくらいなら おまえら全員ノーギャラで出ろよ!コノヤロー!!」

投稿: | 2010年8月29日 (日) 17時58分

また今年も、24時間テレビが終わりましたが、「感動の押し付け」がなかっただろうかと思うと、さびしい。嘘ぽいところを反省する場があると、日本もいい国だと思うが、どこまで真実か、知りたいものだ。

投稿: nozawa22ファンより | 2011年8月23日 (火) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日記クラブOB会予定 | トップページ | 復員教師の人生観、厳しさ »