« 太田光の妻は松永弾正久秀の子孫 | トップページ | 蝶の幼虫を飼うつもりはないが・・・ »

2007年7月 1日 (日)

坂井泉水の死に『負けないで』

Image1726 6月26日、東京・青山葬儀所で「ZARD/坂井泉水さんを偲ぶ会」が関係者に開かれ、翌6月27日、一般者向けの音楽葬が開かれ、40,100人が来場した。この人数は美空ひばり・吉田茂・尾崎豊に匹敵する規模である。

多くの人に慕われていたことがよくわかる。結婚式に甥と姪がギターを奏でて『負けないで』を歌ったら、会場の多くが合唱して雰囲気が盛り上がった。いい歌だから、みんなが乗ってくる。始めてZARD/『負けないで』を知ったときだった。みのもんたが泉水=せんすい、と読んだとマスコミが報じていたが、たとえ若者に大流行しても、おじさん連中と若ものの間には大きな溝がある。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ
  nozawa22ブログ順位がわかる

484702716709lzzzzzzz_1 経歴 福岡県久留米市生まれ、神奈川県平塚市、神奈川県秦野市育ち(小学校4年より)。秦野市立西小学校、秦野市立西中学校、神奈川県立伊志田高等学校卒業。中学時代は陸上部、高校時代は硬式テニス部に所属していた。松蔭女子短期大学を卒業後、不動産会社にOLとして約2年間勤務した。

坂井 泉水(さかい いずみ、本名:蒲池 幸子(かまち さちこ)、1967年2月6日 - 2007年5月27日)音楽グループZARDのボーカリスト。 ビーイングの関連会社「泉水」に所属し、同社の副社長を務めた。レコード会社はビーインググループの「B-Gram) 身長165cm。

Image1728 両親・弟妹の5人家族。20代前半まではモデルとして活動していたが、歌手になりたいという強い希望を捨てず、1991年2月、ロックバンド「ZARD」のボーカルとして歌手デビューを果たす。

表舞台に登場せず音楽制作に専念するスタンスを徹底したことに加え、あえて私生活や経歴を公開して来なかったたため、謎の多いミステリアスなアーティストと見られてきた。

Image1723_1 1990年 日清カップヌードルレーシングチーム(2輪)のレースクイーン(岡本夏生と並び、ハイレグのコスチューム姿の写真が残っている)。 6月、写真集『Body Works』(大陸書房、トップモデルシリーズ)出版。
6月21日、ビデオ『SEXY SHOOTING』(サザンクロスビデオアーツ)発売(森村咲、大林美可と共演)。
7月24日、写真集『NOCTURNE』(撮影:清水清太郎、白泉社)出版。
冬にフジテレビ系番組『オールナイトフジ』のグラビア美少女のコーナーに出演。 その他、雑誌グラビアなどに多数掲載される。

Image1724 1991年(24歳) 2月10日、シングル『Good-bye My Loneliness』でデビュー「素直に言えなくて」(2ndシングル『不思議ね…』C/W、2ndアルバム『もう探さない』収録曲) 「いつかは・・」(2nd album『もう探さない』収録曲) 「眠り」(16thシングル『サヨナラは今もこの胸に居ます』C/W、7thアルバム『TODAY IS ANOTHER DAY』収録曲) 「君へのブルース」(42ndシングル『ハートに火をつけて』C/W ※遺作)4thシングル『眠れない夜を抱いて』 6thシングル『負けないで』。その3ヵ月後に『揺れる想い』もミリオンヒット。トータルで6000万枚以上の売り上げという。

Image1725 彼女はレースクイーンやモデル、歌手など華やかな道をたどっていても、自分の内面を見つめる歌詞を書き続けて、それが多くのファンに受けいれられていた。マスコミへの露出を控えたのは、なぜだろう。写真集も出しているが、もうそれは卒業した意識だったろうか。

多くのファンにには、ヌードを見てもらうより、歌を聞いて、歌ってもらいたかったのだろうか。東京・青山葬儀所での大きなスクリーンで坂井泉水が歌っているのに合わせて、ファンが涙を流しながら歌っている姿を見て、よかったじゃないか、死んでもみんなの心の中に生き続けるだろう、そう思った。

40歳の若さであるが、かなり成し遂げた人である。うらやましい。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください

|

« 太田光の妻は松永弾正久秀の子孫 | トップページ | 蝶の幼虫を飼うつもりはないが・・・ »

コメント

 偶然なくなる前に,ファンクラブに加入しました。ニュースの時は驚きました。病院に出向いて,手を合わせました。スロープを見たときには,思わず涙が出てきました。
 あんなすてきな人は,二度と出てこないです。
アルバムが,追悼という形で何枚か出ました。名探偵コナンの主題歌にも選ばれていたり。まだ亡くなったとは,信じられません。

投稿: rakuraku | 2008年3月26日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太田光の妻は松永弾正久秀の子孫 | トップページ | 蝶の幼虫を飼うつもりはないが・・・ »