« 第一歩は野党連合で大同団結 | トップページ | 日記とブログの違い、注意点 »

2007年7月18日 (水)

日本日記クラブ第43回総会で解散

422_1 日本日記クラブ 第43回 閉会総会 日記クラブ43年の歴史に幕が下りることになった。平成19年9月30日(日)東京池袋で、東京芸術劇場で閉会総会で、日本日記クラブは幕を閉じる。寂しいといえば寂しいが、ホッとする面もある。(「ミニとしつき」より)人の死もそんなものだろうか。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

9011 第1回創立総会で小谷信子さんが会長に選出された。39歳であった。会長がまだ若いということで、60代、70代の会田富康、堀井清章さんが副会長としてサポートした。それが毎年欠かさず続けて43回、39+43で足し算しても80歳を越す。まだ続けてください、というにはご苦労が多すぎるだろう。

会員はやめる自由があるが、会長はそうはいかない。第一回創立総会から第43回閉会総会まで、「日本日記クラブ」の起承転結がきちんとしている。小谷さんの性格が出ている。

有力メンバーは、多くが亡くなった。日記クラブはじまって十数年後に、副会長の会田富康、堀井清章さんがなくなった。その後も、橘田英子、堤静夫、田中繁、本間芙美子、高野久江、大脇広司、熊倉源、大竹茂介、森田祐子さんなど。多くの人が亡くなった。いや、これからみんな例外なく行く道ではあるが、これも自然のこと。

95054 OB会開催予定 解散総会が9月30日であるなら、それに先立って、途中でやめた人に声掛けて、OB会をやりましょう、と前から声が上がっていたので、その計画を岩間さんと相談した。

OB会を開催しても、何人参加者があるかわからないでは、予め店を予約して、会場を設定するのは難しいので、まず公園に集まって、まず懐旧談をしよう、となった。

そのさい、古い写真など、思い出の品をお持ちよりください。材料があれば、いっそうの話に花が咲くと思います。

5059 小石川植物園  場所は、小石川植物園がいいでしょう。芝生、樹木の多い小道を散策して、芝生の上か、そんな場所で休憩します。小石川庭園には商業施設はありません。自然豊な昔の里山の雰囲気の残る、東京では唯一の場所です。東京都の公園のように宣伝をしていないので、入場料330円、駐車場がないなど、不便ではありますが、その分、人は多くないです。

8月26日(日)に決定。場所は、東京文京区 小石川植物園交通:地下鉄三田線「白山下」下車徒歩6分 足の悪い方は巣鴨、水道橋からタクシーを利用してください。) 午前11時集合(入り口事務所前)午後4時解散 

赤ひげで有名な小石川養生所の跡地に井戸がある。ここが公園の中央になる。迷ったり、遅刻した場合は、ここへ来てください。天気がよい場合は、この近くの芝生で敷物を敷いて談笑していると思う。

小石川植物園(本園)出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』
元々は東京大学が開設した施設ではなく、江戸幕府によって開園された、小石川御薬園(こいしかわおやくえん)であった。この御薬園は、人口が増加しつつあった江戸で暮らす人々の薬になる植物を育てる目的で、開設されたものであり、1684年に五代将軍徳川綱吉の小石川にあった別邸を薬草園としたものである。その後、八代将軍徳川吉宗の時代になり敷地全部が薬草園にとして使われるようになる。享保7年、将軍への直訴制度として設置された目安箱に町医師小川笙船の投書で、江戸の貧病人のための施薬院設置が請願されると、下層民対策にも取り組んでいた吉宗は江戸町奉行の大岡忠相に命じて検討させ、当御薬園内に、診療所を設けた(小石川養生所)。また、忠相が庇護した青木昆陽が飢饉対策作物として甘藷(サツマイモ)の試作をおこなった所としても有名である。 参照小石川植物園1  小石川植物園2  クリック

ご案内のお知らせは、ハガキを出す予定であるが、なにせ古い古い関係でありますので、通知もれがあると思うので、このページを通知とします。00008_197

クラブ創世記 青春時代 総会予告 41回目の集い 日本日記クラブ第43回総会で解散 ひろちさや『「狂い」のすすめ』

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  感想をコメント欄↓へお書きください

|

« 第一歩は野党連合で大同団結 | トップページ | 日記とブログの違い、注意点 »

コメント

本当に早いですね。昨年の8月27日でしたか。

ご無沙汰しております。NOZAWA22は時々拝見さして戴いております。そうですか。解散総会ですか。小谷会長、本当にご苦労でした。

OB会の参加資格があるかどうかは別にして是非出席したいと思います。岩間さんとも会いたいですね。

投稿: 五十嵐 | 2007年7月19日 (木) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第一歩は野党連合で大同団結 | トップページ | 日記とブログの違い、注意点 »