« 竹久夢二をめぐる女たち | トップページ | パンパカパーン!横山ノックのわいせつ »

2007年5月 7日 (月)

矢部太郎(カラテカ)不思議な魅力 

Yabe01  「進ぬ電波少年」に矢部太郎が出たが、こんな変わったキャラクターがいるのか、と思うほど。同じ教室にいると、いじめたくなるような弱々しさがあった。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Yab しかし、韓国のどこか一室に閉じ込められて、韓国語を覚えないと賞品やおまけで生活する不思議な企画だった。お笑いの一環でやっていることだが、矢部太郎は覚えが早い、そういう印象があった。

朝日新聞(19年5月6日)に「おやじのせなか」というコラムに紹介されていた。彼自身の育ちがよくわかる。親父さんは絵本作家、彼もその素質はどこかにある、そんな期待感で見てしまう。

1977年6月30日生。血液型AB型。身長158cm、体重39kg。東京学芸大学中退。父は絵本作家のやべみつのり。立ち位置は右で担当はボケ。 趣味は読書と音楽鑑賞。
『決定!これが日本のベスト100全国一斉○○テスト』では伊集院光らを抑え雑学王に輝いた。 英語、フランス語、スワヒリ語、韓国語をはじめ、11ヶ国語もの外国語が話せる。「進ぬ!電波少年」にて11ヶ月でスワヒリ語、モンゴル語、韓国語、コイサンマン語の4ヶ国語をマスター。

細木数子の番組で、彼女のテーブルへ矢部太郎がボーイに扮して料理を持って行って、わざとこぼす、それを繰り返すのが企画だった。ところが、細木数子の怖さを知っている矢部は出る前から、手も足もガタガタと震えていた。

93958_1 テーブルにこぼして、失敗というか、細木ににらまれて縮み上がっている矢部の姿、まさにそれが視聴者が見たいシーンである。矢部のキャラクターがそのままピッタリはまる。演出というようり、矢部の現実である。視聴者には、彼の心情そのものが伝わる。

彼は、今年、石原 良純(62年1月15日 - )木原実・森田正光・真壁京子と同じ、競争率20倍の気象予報士の資格を取った。勉強が苦にならないように見える。

矢部 太郎(1977年6月30日 - )とは、東京都東村山市出身の吉本興業所属のお笑いタレント、俳優。相方、入江慎也とカラテカを結成した。血液型はAB型。同姓が多いので、「カラテカ矢部」と紹介されている。東京学芸大学教育学部国際理解教育課程欧米研究専攻中退。父は絵本作家のやべみつのり。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

電波少年では、猿岩石ドロンなすび坂本ちゃんチューヤン(香港)など、強烈なキャラが出てきたなかで、矢部太郎のひ弱なキャラで沈んでしまいそうだった。それが一番将来性がありそうだ。00008_14_44

矢部太郎(カラテカ)不思議な魅力      カラテカ矢部 彼女ができる!

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

|

« 竹久夢二をめぐる女たち | トップページ | パンパカパーン!横山ノックのわいせつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹久夢二をめぐる女たち | トップページ | パンパカパーン!横山ノックのわいせつ »