« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

アジアの風 感じて 加藤登紀子

Tokikokato 加藤登紀子は、学生運動のさなかからデビューしたから、学生たちにとっては、鮮烈な印象がある。

学生運動が盛況だった高校生の頃に東大生の樺美智子の訃報にふれ、心を動かされる。
1965年 東京大学在学中に、第2回日本アマチュアシャンソンコンクール優勝。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

1966年 「誰も誰も知らない」でデビュー。「赤い風船」で日本レコード大賞新人賞受賞。
1969年 「ひとり寝の子守唄」で日本レコード大賞歌唱賞受賞。
1971年 「知床旅情」(作詞・作曲: 森繁久彌、ミリオン・セラー)で、2度目の日本レコード大賞歌唱賞受賞。

同大入学後、アイドル歌手的存在となりつつも学生運動に積極的に参加する。その噂を聞きつけた同志社大学の学生であり、ブント系の「反帝学連」委員長の藤本敏夫にコンサートへの出演依頼を受けるものの、歌を政治運動に利用されることを嫌った加藤は、それを断る。しかし、この件をきっかけに2人は交際を始める。

1972年5月に、防衛庁襲撃事件などで逮捕され拘留の身であった同氏と獄中結婚。「ひとり寝の子守歌」は、塀の中にいる夫を思って作られた、加藤登紀子を代表する曲のひとつでもある。拘留と釈放を挟み、あわせて30年間を連れ添った夫は2002年に死去(享年58)。

東大出身の芸能人も多くなったが、自分の思想を持ちながら、芸能活動を続ける人は少ない。どれも、思想は持たないで、まあ言ってみれば、魂を売って稼いでいる。その手の人が多すぎる。そうでなきゃ、生きていけないとでも言いそうだが、赤い風船、知床旅情、100万本のバラにしても、メッセージがある。問いかける姿勢が感じられる。

音楽活動の方向も、「盛者必滅の理」という単語が彼女の口から自然と出るように、与えられて歌を歌う歌手が多い中で、彼女は自分の意思で歌おうとする方向を示している。だからと言って、それが、押付けであったり、感動を呼ばないでは意味がない。歌にはひきつけるものがなきゃ。エンターテイメントを欠くようではダメ。

昔から、左翼思想を信奉する人が作る絵や芸術は、臭くてね、これぞ平和、これが人間愛・・・誰も反対できないだろう、というクサさがあった。それぶっ壊しても、光るものがあれば、きっと芸術になるはずだ。

00003_18 登紀子ワールドというホームページ、商売商売で食えない。やはり、稼ぐ道具がなきゃ生きていけないが。

nozawa22: 加藤登紀子 遠い祖国

☆これからもがんばります。クリックに協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

夕張メロン味キットカットを売り出す

Yuubarikittokatto 夕張メロンのキットカットなら売れるぞ。夕張は日本中から支援されて幸せだ。こんなに愛されるのはどうしてだろう。

木下藤吉郎さん、次点で市長には落選したが、公約は施設を買取り、再生させると言っていた。当選した市長は、「協力してくれ」と申し出て、彼の力を活用する手もある。

夕張メロンの味だと聞けば、買ってみよ、と思うじゃないか。一過性の人気は困るが、夕張を支援とは言いながら、147円中10円だけだ、寄附するのは。渋いよ。30円くらい上げたらどうだ。

キットカットの工場を夕張に建てたら、雇用で生活できる人ができるが、ちょっと支援で一儲け、これは被災者支援といいながら稼ぐ輩と似ていないか。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Cyousi 銚子電鉄の「ぬれせんべい」は駅で作って売っているから、自社製品だから、これはまるまる儲かる。相当の鉄道の支援になっている。

八千代で売っていたので買ってみた。醤油の効いた柔らかい厚手のせんべいだ。醤油が効いて長持ちするし、他には類を見ない印象である。柴又あたりの手焼きせんべいの系譜だ。それに似てはいるが柔らかい部分がNewだ。応援しているお金が直通で行くのもいい。

明知線(岐阜県恵那市から明智までの単線)でも、銚子電鉄のぬれせんべいを真似して、駅長から出てセールスした。二番煎じはどうも、ぱっとしない。

沿線ウオークラリーを駅主催で企画したが、当日はあいにく雨降りで殆ど参加者がいなかった。その上、せんべいはまだ知られていないから、全然売れない。最後にお情けで誰か買ってくれたが、この単線の第三セクター経営の明智線の運命も風前の灯火だ。

車が発達して、モータリゼーションの事情がガラッと変わってしまったから、あんな電車でいくことはない、車で行こうとなる。これは、大正村の出し物にしてしまう手もあるぞ。大正村を電車でつなぐ方法をとれば。一両の電車をグルグル回す方法を考えるといい。

松江でも、川越でも実行している。やっていないのは、千葉の佐倉くらいではないか。明智と競争だね。

☆最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

鈴木宗男議員と松岡農水大臣との関係

引用文ばかりで気が引けるが、鈴木宗男と松岡利勝議員の友情が見える。生きているときは、悪の権化と思っていたが、こう死んでしまうと、ほろーっとくるところもある。

Matsuoka_1 気弱で、鈴木宗男が親分で、彼はやはり子分だったね。東の宗男、西の松岡と呼ばれて利権=汚職と見えたが、逮捕されて宗男さんは変身した。 彼も自殺するなら、逮捕されて刑務所へ1年入って胃潰瘍でもわずらって、二年後にデビューするときは、月光仮面にでもなるイメージチェンジできただろう。自民党特に幹部=患部にに反逆する、生き方もあっただろう。

☆読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

それができないのは、やはり、空手をやって鍛えた学生時代もケツの穴が小さかったんだろう。残念、人のいい部分がね、見せられなかった。85歳になる母を悲しませるなよ。母親を悲しませる、不幸者だ。 不思議と、だんだんかわいそうになる。「今は黙っていた方がいい」と国会対策委員からの、上からの指示するヤツがいるんだ。悪いのは、日本を仕切るやつなんだよ。誰だと思う?

それに逆らえない弱さは、政党政治の悪弊だ。無所属、党派なしの選挙制度にしたい。個々人の主義主張で政策、課題に離合集散して、賛成票、反対票を自由にできる国会にしよう。そうすれば、郵政反対で党を追われたり、刺客を向けられることもなくなる。これも、有権者の自覚が高まり、投票率が80%になれば、日本も変わる。80%になれば、組織票の悪弊も毒が薄まるはずだ。

言論の府でありながら、自由に自分の意思が表明できないのは、問題だと言い出さないのがおかしい。マヒしている。美しくない日本、バンザイ?

Eba69eacd256424667m  鈴木宗男衆議院議員のホームページから   熊本空港9時発で羽田へ。  11時20分、松岡利勝さんの弔問。家内も一緒に行く。眠る様な松岡利勝さんのお顔であった。「松岡さん」と声をかけながら「身命を賭す決意があるなら、まだ生きる道があったのではないか」と考えると、ただただ涙が流れてくる。松岡さんだけが、松岡さんにしかわからない厳粛な事実を受け止めるしかない。 

お互い肩書もない頃からの36年の付き合いだった。昨年9月26日、官邸から呼び込みの電話が入った時、私は松岡さんの議員会館の部屋にいた。あの時、すくっと立ち上がって「鈴木先生、お陰様で大臣になれます。本当にありがとうございました」と私の手を両手で握ったあの感触が今でも残っている。

 奥様、息子様に御挨拶しながら、秘書の皆さんにも 労ねぎらいの言葉をかける。28日、松岡大臣と最後に話した秘書さんから「車の中ではよく鈴木先生のお話をされていました。『鈴木先生の意志、精神力は強い。俺は鈴木先生の真似は出来ない』と言っていました」と聞かされ、松岡さんの無念さが伝わってきた。松岡さんとの事でテレビ4社、新聞6社の取材が入り、これだけで一日が終わってしまった。

朝日新聞には鈴木宗男議員のお詫びを勧めたコメントが書かれている。  農林水産省のまだ肩書のなかった役人時代からの、35年にわたる付き合いだったが、何ともあっけない永遠の別れだ。  24日夜、会合で話したのが最後となった。

私は松岡大臣に「あす決算行政監視委員会で私が質問するから、国民に心からのおわびをしたらどうか。法律にのっとっている、法律に基づいてきちんとやっていますと説明しても、国民は理解していない。ここは国民に土下座し、説明責任が果たされていませんでしたと率直に謝った方がいい」と進言したら、力なく「ありがたいお話ですが今は黙っていた方がいいと国対からの、上からの指示なのです。それに従うしかないんです」と、弱気な言いぶりだった。

 私はなお、「これからも何かにつけこの話は続くので、早く国民に正直に説明した方が良いと思うよ」と重ねて話すと、「そこまで言ってくれるのは鈴木先生だけです」とほほ笑んでくれた。 私自身なんとなく松岡さんの胸の内がわかる。私が逮捕されるまで、毎日の様に励ましの電話をくれた松岡さんだった。 00008_169

松岡農水大臣、がんばってるが   松岡事務所には、浄水器はない   松岡利勝農相 自殺、午後2時死亡確認  宗男議員と松岡農水大臣との関係

☆最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月29日 (火)

私だけでは、切りがない 止める?

190529 女子中学生がゴミを拾っていたら、おばさんが「そんなゴミ拾ってもきりがないから、やめなさい」と言った。この言葉「切りがないから、止めなさい」・・・止めておこうとする心理は、みんながもっていたら、どうなるんだろう。

一人が節約しても、しょうがない」と水を節約しなかったり、節電しなかったり、廃油を(私一人くらい)下水に捨ててもいいじゃないとか、地球を汚すことを平気でやっている。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

私一人投票しなくっても、政治が変わる変わるわけではない、と平然としている人も多い。若い人に恥ずかしい行動を案外しているものだ。

若い人の指摘は、鋭いし、古い人間が忘れていることだ。私も若いときは、地球に優しかった?いやいや、どんなことはない。雀は打ち落とそうとしたし、川にゴミを流していた。それを当然とした社会だったが、今はゴミを分別して片付ける社会になった。

しかし、環境については鋭い感覚になってきたが、政治では鈍い。緑機構の汚職と言われても、ピンと来ない人が多い。松岡農業水産相が自殺と聞いても、その死の特異性、自殺に興味が行ってしまう。死なら、岡田有紀子の自殺の方が注目がいく。多くの人は、政治の根幹で死に至るような事実に目を向かない。折角新聞代金を月に3800円とか払っていながら、殆ど読まないページが多いのは惜しい。

ある評論家が言っていたのだが、女性のすべての人が新聞を一日1時間しっかり読んだら、社会が変わる、と言っていた。そして、自分の支持しなければならない政党、立候補者を見つけて投票したら、劇的に社会は変わる。

知らないことによる平安、安定、コレが今社会を覆っている。自分の味方をする人は誰、平和を守るのは誰?このポイントで社会を自分で判断するのは至難であるが、すべきことは、学習することだ。

敵は百万といえど、我行かん!」という台詞、これが男の姿勢だった。自分の意思というのが、はっきり出ていた。今、人と違うことをやると、浮いちゃう。相手の異なったことが認められるか、これが度量だ。違うことへの理解、人間が他人に左右されない教養と分別がないと、判断できない。その教養は、学科の勉強とは違う。ゆとりのある学習しないと、身に付かない。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月28日 (月)

松岡利勝農相、午後2時死亡確認

Zenkoku07010515164301_file_01 松岡利勝農相が赤坂の議員宿舎で自殺を図ったことを警察当局が発表。安否は不明。松岡農相、首つり自殺図る…心肺停止状態 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

午後0時30分ごろ、東京都港区赤坂2にある新衆議院議員宿舎の1102号室で、松岡利勝農相(62)が首をつっているのが見つかった。119番通報を受けた救急隊が手当をしていますが、現在心肺停止状態だそうです。YouTube

http://oredas.com/ore/%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E5%88%A9%E5%8B%9D

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

SANSPO.COM > ニュース速報
なお、松岡農相は1990年に衆院選に立候補し初当選。2005年に衆院選で6選を果たし、昨年安倍晋三内閣の農水相として初入閣。

松岡利勝農林水産大臣公式ページ。現在アクセス過多でつながりません。
・14:29 先ほど搬送先の病院で、自殺図った松岡農相 死亡確認ご冥福をお祈りします。

松岡利勝農相は、死んでお詫びをする、という切腹自殺だな。首吊りではあるが。我慢に我慢を重ねていたんだね。相当ダメージを受けて、胃壁がボロボロになるくらい神経も、肉体も・・・大臣を辞めたいと辞表を出しても、受け付けてもらえないから、困っていたんだろう。こんな形で犠牲者がでるとは、意外だ。

プロ野球でノックアウトされたピッチャーをまだマウンドに立たせて、投げさせてさらし者にされたな。続投させられたピッチャーは気の毒だ。さらし者するのは普通いない。ちょっとやり過ぎ。引っ込めてあげるのが武士の情けだろ。安倍さん、自分の内閣を大事にしすぎて、犠牲者だしてしまった。監督責任があるんじゃないの?苦しんでいるのがわからないのは、坊ちゃんゆえの、人の立場に立てないのか。

20061205185259 強そうに見えても、国民の怨嗟の的になっては、耐え切れない。それに緑機構で逮捕者が6人出ている。その関係者から、かなりの献金を松岡農林水産大臣受けていることがわかっている。返金した分もある。金に関して、松岡農林水産大臣、かなり貪欲だからと見られていた。

現職大臣級の自殺は、中川昭一の父親中川一郎もそうだ。これは今新党大地でイメチェンした○○が秘190529zisatu 書当時で、彼が自殺に追い込んだのではないか、とウワサされた。声は大きいし、追求は厳しいから、イメージが悪かったが、刑務所に何ヶ月入っていたんっけ、その後は随分変わった。

新井将敬といわれた代議士(東京都選出)もあっさり死んだ。

同情しては、この問題の矛が鈍くなる。図太い連中は、大体が死んだ者に責任をおっかぶせて知らん振りするのが通例。

死んでお詫びのつもりだろうか。死んでも何も変わらない、死なないタフな人もいる。新自由クラブの創設で活躍した小柄な男で、政界の牛若丸といわれた男は、最後は自民党から追い出されて、今刑務所に入っている。

イラク侵攻した後、自衛隊を派遣するのに安全か、その調査に国会議員がグループで出かけた際、一緒に行った議員から聞いた話だが、牛若丸氏、現地の人をなんとしても自分の都合いい発言するよう強引に言わせるやり口には、あきれたと言っていた。強引さは、議員には必要だが、芯になる部分に誠意がないと、議員でないし、ましてや、人間ではない。

どうせ死ぬなら、役立つ死に方、クライスター爆弾製造止めるくらいの意味のある死に方をする人はいないのか。逃げの死しかないのだろうか。

気鬱で逃げ込んだのだろうか。これで、悪事追求が疎かになるとは思わないが、手控えさすような、「また、○○を自殺に追い込むつもりですか」と安倍総理は相手質問者に言い出しかねない。まさか。日本人は死者に鞭打たないという習慣を逆手にとって言う?まさか。00008_14_42 

松岡農水大臣、がんばってるが   松岡事務所には、浄水器はない   松岡利勝農相 自殺、午後2時死亡確認

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

村田蔵六(大村益次郎)46歳で死す

Omuramasujiro 村田蔵六年表 三田尻(現在の防府)の蘭医梅田幽斎に医術を学んだ後、大坂の適塾で緒方洪庵に学び、塾頭にまで上った秀才。1850(嘉永3)年に長州へ戻って開業する。福澤諭吉も塾頭になっているが、村田蔵六が諭吉の先輩。諭吉の才走った行動に好感ををもっていなかったので、ほとんど交流がない。

適塾を卒業後、宇和島で父の医院の跡継ぎ医師をした。村の医師として歳月を過ごすが、開業医としては特に繁盛した様子はない。「お暑うございます」と村人に挨拶されても、「夏は暑いのは当たり前」とか、「よい天気で」と言われると「見ればわかる」と応えたそうだ。村人との挨拶、会話が成り立たないから、医師として父親より人気がなく繁盛していなかった。(司馬遼太郎の受け売り)

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

00002_33 数年も経たないうちに、1853(嘉永6)年に伊予宇和島藩主伊達宗城に迎えられて兵学・蘭学などの講義を行なう。1857(安政4)年には幕府講武所教授となった。その後、請われて長州藩に出仕し、兵学の講義などを行ない、藩の軍制整備に着手。村医者から、運命が一転する。

1866(慶応2)年の幕府軍の第二次長州征伐に際しては、長州藩参謀として戦略を立て、自らも兵を率いて石州口から石見浜田まで進撃した。この辺りの運命は、山口県周防(三田尻)の村医から、長州藩の重役だった木戸に見出されたことによる。

Tizutaima 政府軍として浜田藩と援軍・福山藩とが、長州藩と最も熾烈な戦いを演じた。場所は石州口(益田市)の戦である。長州による近代武器で浜田城は落城する。浜田藩内にある(長州に加担した)津和野藩の飛地(三隅町井野)に住いする三浦長兵衛の手引で長州軍は浜田藩と援軍・福山藩の陣地を無血占領した。蔵六(大村益次郎)は、ここから攻城戦を指揮した。

その後、1868(明治元)年からの戊辰戦争では各地を転戦。江戸幕府の(開城命令に従わない)彰義隊が上野寛永寺では立て篭もったが、本郷東大からアームストロング砲を打ち込み、わずか1日で殲滅した。これは、村田蔵六の近代戦法に対する慧眼によるもの。

新政府でも軍制整備を担当。兵部大輔に任ぜられるが、徴兵制の導入をめぐって士族の反発を買い、1869(明治2)年に滞在中の京都で刺客に襲われ、2ヵ月後に大坂で没した。享年46。

大阪の病院に入院している間、横浜にいたおイネさん(シーボルトの娘)が駆けつけ、熱心に看病した。妻が故郷の鋳銭司村にいたが彼の元へ駆けつけることはなかった。イネは看護知識に詳しいとはいえ、村田蔵六とは特別親密な間柄という印象を与える。若かりし頃、イネの面倒をみて同じ屋根の下で暮らした同士、兄弟の意識があるのか、もっと親しい関係であったのか、その辺は微妙。司馬遼太郎も小説の上では、どちらにも取れるような書き方である。シーボルトの娘イネには、誰とも結婚していないから、子孫はいない。と、思っていたが、イネは結婚はしていないが、石井宗謙の子供娘の楠本高子を産んでいる。(投稿: N.Kさんからの忠告で訂正 せつあんさんからの忠告で、追加訂正)

楠本 高子(くすもと たかこ、嘉永5年2月7日(1852年2月26日) - 昭和13年(1938年)7 月18日)13歳まで長崎の祖母・お滝の元で育つ。14歳の時に母の師・二宮敬作の縁により宇和島藩の奥女中として奉公を始める。
1866年三瀬諸淵(高子16歳、本名三瀬周三、シーボルト門下の医者、二宮敬作の甥)と結婚。1877年高子27歳に夫に先立たれた、異母兄・石井信義の元で産婦人科を学んだ。しかし、その中で医師・片桐重明との間に周三(恩師の反対で結婚できなかった。子供の名前は三瀬の名前を付けた。後に母イネの養子)を生み、医業の道は断念した。その直後に医師・山脇泰助と再婚、一男二女を生むが、結婚7年目に先立たれた。高子35歳。その後は東京で母のイネと共に暮らした

村田蔵六は、二宮敬作に頼まれ、イネの教育掛に任ぜられ、イネと同じ家に暮らした。イネが西洋シャボン(石鹸)で村田蔵六の髪を洗ってやるとか、蔵六が日本にはない鉛筆をイネにプレゼントする話などは、多分作り話だろうが、まあ、許されるぎりぎりの創作かな、と思う。しかし、調べようにも調べられない部分は小説家の腕の見せ所である。

新政府になって、村田蔵六は、どんどん必要な手を順次打って、明治政府を作る作業に熱中していたから、周りから疎まれることが多くあった。学者に近い感覚で、先へ先へと進めていたが、嫉妬やねたみ、利に走るものからは、政治力のない蔵六をはじき出そうとする勢力が渦巻いているのに気づいていなかった。

才能も能力もないのに、藩閥から登用されてきた役人が多かったのだろう。村田蔵六には、故郷の村人と同じで、木で鼻をくくるような挨拶を交わしていたのだろう。バカに何を言っても通じないとでも思っていたのかもしれない。

「斬るべし」という雰囲気が高まってきても、気づいていないのか、無視していたのか、警戒している様子はなかった。その日も、湯豆腐を食っていたらしい。暴漢が入ってくるも簡単だったようだ。斬られたあと、蔵六は風呂場の浴槽に入って、暴漢が去るまで隠れていた。傷跡が水に長く浸かっていて重症になったと言われる。

シーボルトの娘おイネさんが長崎がら駆け付けで治療に当る。彼女とは、親密な愛人関係であるような、ないような表現で司馬遼太郎は書いているが、実際はどうなんだろう。

Youngine2イネはこんなに不細工ではないと思いたい。

藤野先生が「村田蔵六がおイネさんと住んでいたころ、二人の間に何かあったと思いますか」藤野先生は弟子たちから恐れられている、石のような人です。私(司馬遼太郎)は、そんな話題が出るとは思ってもみませんでした。「自分だったら大丈夫かな、大丈夫ではないかな」ま、自分も蔵六も我慢できると思ったものですから、「何もなかったでしょう」と答えたのです。藤野先生は「私はあったと思います」言いました。堅い堅い教授が、実にうれしそうな顔をされていました。蔵六には奥さんがいましたが、ちょっとヒステリーなところがあったようですね。蔵六は京都でテロルに倒れ、風呂場に逃げ込み、たまり水の中のバイ菌が傷に入り、亡くなります。
 何十日か大阪の病院(法円坂)におりました。その病院に奥さんは来ませんでした。おイネさんがずっと看病していました。おイネさんは宇和島を出たあと、そのころ横浜にいたと思います。日本で最初の看護婦の免許の持ち主でもありますから、看病していても不思議ではありません。しかしやはり、並々ならぬことであったと思います。「きっと宇和島で何かあったんですな」と藤野先生も、蔵六も堅い人ですから、真実はわかりません。

Takasugisinsaku 高杉晋作 二ヶ月後、その傷がもとで、大村益次郎(村田蔵六)は死亡する。明治政府の軍制を確立した功績で、靖国神社で銅像として残っている。明治になって活躍したら、もっといい政府になっただろう人材が消えている。坂本龍馬、村田蔵六、高杉晋作など、役立ちそうな人材は早くに死んだ。長く政府内で残るのは二流の人物が私利私欲で政府内で組織を作り、後の路線を作っている。汚職などその中で起こっている。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (1)

2007年5月27日 (日)

塾は闇米みたいな存在

公立学校は検定教科書で塾は闇米みたいな存在。闇米をたくさん食べているやつが元気で病気もしないが、闇米を食わないやつは死んでしまう。それが現実だ。

闇米がなくなっていることに、ハタと気づいた。いつからないんだろう。闇米が横行していた時代を生きてきたから、、すぐ正規米は品質が悪くて、美味しくないというの通り相場だった。

米は闇米、農家が自分ところで食べるために作った米だから、それを売ってくれるのだから、配給米とは違う。公定価格で買えるのはいいが、量が十分ではなかった。

その話を今の学校教育に当てはめると、公立小中学校では、満足できる教育は受けられない、となる。闇米にあたる私立学校へ行きたがる。お金さえあれば、美味しい教育を受けるように多くの人が移っていく。米を多くの人が買えるようになると、闇米は騒がれなくなるが、教育の闇米はいつまでも残るのか。

闇米は絶対食わない、と法律違反をしない清廉潔白な裁判官がいた。その人は、どうなったと思う?見つからないように内緒に闇米を食っていた、というオチは今なら通じるが、昭和20年代のまじめな裁判官は配給米だけで生活して餓死した。そこまでやるのが裁判官であり、公務員の律するべき姿勢だろう。本来なら。

公立で小学校から、中学、高校と出るのが、本来の姿。別に手を加えなくてもできるのが、人間の生き様だ。それでできるようになるのが、才能のある人間だ。手加えてやっとできるじゃ、たいしたことない。

闇米は食わない人間で勝負しよう。

☆今後ともがんばりますので、クリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

自民党(保守)支持の根拠を聞く

Honjo 「戦後の焼け野原だった国土現在の繁栄にしたんだから、今の自民党でいいんだよ」「共産党や社会党ではこうはいかなかった」という。

自民党Jが努力したとは思わないが、国民の多くが貧しさから脱却に必死になっていたのは確か。「今日本で食えない人間はいないじゃないか。これだけの日本にしたのだから」だから、自民党支持だ」というわけだ。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

過去の実績、をれを挙げて功績があったのは自民党、自民党を支えてきた国民の一人として彼は、自民党を支持する。自民党に代わる政党は考えられない様子だ。多分、自民党支持の根幹を支えているのは、共に日本繁栄を支えてきた意識がある人々だろう。

きょうも、きのうも、社会保険庁の解体、新しい組織に移行する自民党法案を強行する姿勢を見ていると、自民党のやり方は、わからなくなっている。何を守るためにこのような強行するのか、わからない。委員会強行採決を議長が行うのは、議長の意思ではなく、裏の意思が働いているから、こうするのだとは思うが、自民党は腐敗し始めている。

農林水産庁の下部の緑機構の談合汚職を見ていると、かつて日本の戦後復興を牽引してきた組織は、既に役割を終えて、自らの組織を守るだけのためにしか働いていない。そうとしか見えない。

R0102753 豊臣秀吉政権が確立してくると、安定政権の執行には武闘派より文治派の能力が必要になってくる。日本が焼け跡から高度成長して伸びていくには、多少のズルや談合は見逃してもいいだろう。しかし、織田信長の国の統一までの武闘派の力量から、安定、平和、生活、公正・・・これからの価値を求めていく文治派が必要。価値観が変っていかなければ、今後の安定政権で国民は満足さけられない。

「なんとか還元水」を飲む農水大臣が旧来の意識のままで、社会保険庁も組織変っていないし、看板を架け替えても中身も同じ。自民党の変革では、ダメ、武闘派ではムリ。そこで文治派の政権に変ったような政治家が必要になる。

Yakeato 新しい日本になるには、戦後焼け跡から発展した原動力自民党という意識で応援するのでは、今の日本を牽引する原動力にはならない。その点に気づいてほしい。

「産院占拠」ではなく、「参院選挙」の参考にしてもらいたい。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月26日 (土)

離婚、結婚、離婚のスパイラル

00001_27 地方の奥さんが、息子の離婚についてTV相談していた。よく聞く手の話だが、当人にとっては、一大事でどうしたらいいか、迷う問題である。

息子のA男は、背も高くて女性にもてるタイプである。建築設計士で会社でも有用の人物で出張も多く県内あちこちに出て、会社を代表して仕事をしている。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

弱い女性が結婚したら、鬼嫁になることを男は、知らないんだね。「女は弱し、されど母は強し」は、生きている。女たちのハニートラップ(甘いワナ)にひっかって、据え膳食ってしまうのが失敗のもと。女としては、このハニートラップを上手に使って、うまく男女の仲を進めるキーポイントだろうかね。手ひどい傷を負うのもコレではあるが。

 相談者の母は、A男が最初妻A子の離婚の数年前に夫を突然亡くし、これからは同居の孫娘たちと暮らせると思っていた。ところが、A男B子とのことがばれて、妻A子は実家へ帰ってしまった。

それまでは、同居していた可愛い孫娘と会えなくなって、おばあちゃんとしては寂しい。学校の帰りを待ち構えて会うのだが、孫たちも親に言われているのか、あまり会いたがらない様子が見える。本心と別の行動をさせられる孫の気持ちも悲しい。

 嫁き遅れていたB子は意地で、この人A男でないと一生結婚しないとがんばって、両親の反対を説き伏せた。その様子がA子に伝わったのか、A子は娘二人を抱えて、やはり夫とやり直したいと申し出た。A子は、A男A男の母に土間に両手を付いて謝ったが、A男は、新しい彼女B子の魅力に傾いていた。覆水は盆に返らずであった。

A男は、B子の気性には気づかなかったから、優しい子だと信じていた。子どもが生まれてから、気性の激しさに気づき、嫌気が差してきた。そのころ、会社の女性C子とねんごろになってきたのをB子が察して、激しい暴行を夫A男に加えるようになった。男は手を出すものではない思っているA男へ、B子の暴力は、殴る、モノを投げるで収拾がつかないのだそうだ。

そのことは、B子の両親も知るところになり、B子の両親とA男の母と共にC子の家に談判をしに出かけた。手を切れ、ということが中心議題ではあったが、といって、A男B子の仲が回復するわけではない。

 B子の実家はA男に離婚を迫り、養育費を出させるように考えている。慰謝料を要求する裁判にしたいと思っている。A男は、前の妻A子の二人の娘に養育費、B子の息子にも養育費を払い続けることになる。B子の実家としては、家業の事業が順調なので、孫さえできれば、婿は要らない。娘は家で働いてくれたらいい、そんな態度だ。

 新しい愛人のC子C子で別れる気はない。A男C子と所帯持っても、3人分の養育費を払いながら、結婚生活が長く続いたら、騒動の元だろう。目に見えている。

 久しぶりに妻B子から電話があって「ウチに帰っていいワ」と誘いがあったので家に帰ると3歳の息子は大喜びだった。嬉しくてうれしくて、一緒に風呂に入り大はしゃきだった。
 
そこへ実家の父から電話があって、別れたはずのムコA男が来ているのに怒った。「なんでA男が娘の所にきているんだ!」とA男の母親に電話があった。「B子さんが来ていい、という連絡で行った」というと「娘がそんなことを言うはずがない」と娘夫婦の問題を親たちが介入して複雑にしてしまっている。

「離婚しかない。離婚だ」
 
A男の母親は、しょげ返っている。二度あることは三度ある。そんな言い方で、近所の人は、一度目の離婚を知っているし、二度目の結婚も知っているから「うまくいっているか?」と挨拶代わりに聞くのが田舎の人たちである。個人情報保護法の時勢とは縁がないから、首突っ込まれる方はたまったものではない。
 
死んでしまいたい。と泣くしかないのが、当事者の気持ちのようだ。

 A男の母親は息子に「いつだって、おまえの味方だから」と言ってきたという。理非をわきまえる普通の親とは違う。ところが、愛情の注ぎ方が間違っていると、誰も注意しないうちに、時が過ぎていく。可愛い、可愛いで男の子を育てる母親が多いが、男の子の可愛がり方が間違っていたようだ。男の子が母に訓育されて、そのワクの中で思考がとどまっていると、やっていることの間違いに気づかない。離婚のスパイラルの中で、どうしてまた女を悲しませて離婚になるのか、自覚がない。悲しいけれど、「家庭を守るには、男の操を大切にする」この自制が必要なのだよ。残念ながら。

 田舎の家にいるとき、ママ親に育てられてみると、子供の悲しみをじっくり味あわせられると、次代の子たちに家庭の冷たさを知らせたくない、そう思う。多少にトラブルは自分の代で止めておいてやろう、そんな自覚ができるものだ。それが科学知識のようには人間の知恵は伝承されないのが、歯痒いものだ。

結婚している相手を奪って結婚すると、何年かして、同じことが繰り返される。これは一つの法則のようで、新しいほうが魅力がある。

 平家物語の中にも白拍子が見初められて、前の奥さんを追い出して、自分がその座を占めていたが、十年もしない間に、別の若い魅力的な女性に自分が追い出される。そんなことは、枚挙に暇はないが、問題が自分の周りに起こると、それは解決が付けられない。それが現実だ。

孫、息子たちを守っていくには、忍耐、我慢。これから、離婚が多くなるだろう。別れるのは簡単だが、自分たちの子孫を幸せにしてあげる義務が親にはある。それを忘れて行動する人が多くて、益々複雑怪奇な社会になる。

 こんな話、中高生が読んで役立つだろうか。結婚のイヤな面を見て幻滅するのではないか。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (1)

2007年5月25日 (金)

秋の大型連休 選挙の目玉に

Holiday01 秋にも春と同じように大型連休を国民にプレゼントして、それを選挙の目玉にしようという動きがあるらしい。

連休づくりの意図はなんだろう。消費を盛んにして、産業の活性化?家庭サービス?連休を多くすることの意義が伝わってこない。異議しか、聞こえない。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

つい先頃まで、、日本は「汗を流せ、汗の出ない者は知恵を出せ」と、必死に日本の成長を牽引するのが、政府の仕事だったように思う。

遊びに興じる時間 今は、学校を休みにして、会社を休み、官公庁を閉じて、遊びに興じる時間を作ろうとしている。そんなんでいいのだろうか。東南アジアの発展途上国が日本の発展モデルを見習って、追いつき追い越そうとしている。

理系の知識 理系の学問がげきないと、大学へ進学できないのが韓国の教育システムになっている。産業発展のためには、理系の知識、学問だと、明治の日本のような必死さがある。文系の学生は日本の大学で学ぶために随分きている。大久保駅で線路に落ちた人を救おうとして列車ではねられて死んだ人もそうだ。韓国人のための日本語学校は、大久保だけでなく、日暮里にもある。下校時間には、随分若い韓国の学生がびっくりするくらいいる。

必死さの欠如 昔陸軍の兵隊は地方ごとに編成されていた。すると地方の連隊は強いが都会、東京を中心に組まれた連隊はすぐ逃げる、弱いといわれていた。食うに困らない人間には必死さがない。日本では、はだしで歩く人はいない。食うに困る人も少ない。簡単にいうと、フリーターは将来的にうんぬんされるが、子どもが少なくなって親の家にいれば何とかなる、そんなんで意欲がない人も多い。休みが多くなって、ますますその傾向を助長するのではないか。

必死に働いた頃 日本の実力が、アメリカ合衆国の1/50であったとき、勝つ気で戦争をしてしまった。そのときの日本は人件費が本当に安い時代、政府は国民にハッパをかけた「月、月、火、水、木、金、金」という歌を流行らせた。知ってる?この歌。休みなく働かせて、半日でも休めたらありがたいと思わされた。戦時中の話。

日本は凄い国だった 今思うと、日本という国は、猪突猛進、今の北朝鮮より「凄い国」だった。軍事力では負けないと、国民全体が政府を先頭に「世界一」「世界一」と燃え上がっていた。その傾向、そのエネルギーが、今もスポーツの応援や、テレビの放送に出ている。冷静に見ると、日本がそうは強くなくても、「金メダル○○個取るんだ」取らなきゃ日本に帰さない、そいうくらいのあの燃えるような集団ヒステリーが見える。

それを今憲法を改正する気でいる連中には、「それ」を利用するような気配がありゃしないか、と老爺心ながら、危惧する。

情報操作しやすい集団をつくる その流れは、連休を作って、国民を遊ばせ、考えさせないで、扇動しやすい集団にしておけば、情報操作しやすい。

戦時中も、政治思想の左傾には厳しく取り締まったが、軟派学生の桃色乱行には甘くて、不公平であった。

マス(集団)をいかに催眠術に掛けて誘導するか、これが今に日本の政治家は必死になっている課題かもしれない。美味しい餌を目の前にブル下げると、大衆はすぐひっかかる。秋の連休設置もその一つだろう。

カレンダーは、元旦は休みで曜日に入れないでほしい。曜日に入れない日を祝日にして、祝日は決まった意味ある日にしてほしい。毎年成人の日が移動したり、春分の日、秋分の日が決まらないのは困る。残りを7で割れる日数にしておけば、カレンダーは一つで用が足る。エコカレンダーになる。それじゃ、儲からない?これが今の発想なんだなぁ。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月24日 (木)

吉田茂の流儀 決断と迷い

Asotaro麻生太郎の「吉田茂の流儀」 を読んだ。

吉田茂の死んだときは、国葬だということで、学校を休みにした。彼に一番の功績は、講和条約を結んで、占領された日本を独立国にした点だろうと思う。

講和条約と同時に安保条約を結んで、アメリカの配下に日本を置いた。その際、吉田茂は、全権大使の一行の誰にも責任が及ばないように、池田勇人、宮沢さんには署名をさせなかった。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

20051020yoshida この決断が非難されると思っていたことは確かだろう。アメリカにべったりで、日本を守るという選択は、当時の社会党は健在だったから、野党は強かった。特に、講和条約については、全面講和と言って、ソ連や中国との和解なしに、見切り発車を反対した。

吉田茂は、どういう含みで、アメリカ、ヨーロッパと先に講和を結ぶか、全然説明をしていない。このやり方、まあ国民のためには結局なっているが、説明抜きがから、ワンマンだと批判されていた。大磯の別荘か自宅が知らんが、そこまでの道を高速道路並みの道を作って堂々と走らせていた。「ワンマン道路」と呼ばれていたし、そこの行き帰りを葉巻をくわえて悠々としていた。

Img46_061215 吉田茂は、外交官上がりに人だから、政治家に歯なる予定はなかった。それが、戦後の自由党は鳩山一郎が総裁で首相になる予定であったが、突如、「公職追放」まあレッドパージ?ちがう、戦争犯罪?これもちがうようだな。戦争に協力した人間は公務員から追い出す占領政策がGHQ(General Head Quarter) から出て、一夜のうちに鳩山一郎は一転浪人の身の上になり、吉田茂が首相になってしまう。

国会で議席がないと首相にはなれないから、衆議院議員に立候補する。吉田茂は、人に頭を下げたこともない人だから、立会演説も「頼まれて、挨拶しろといわれるから・・・」愛想も、サービスもない話。選挙民に握手するでもないし、実に無愛想な立候補者であった。吉田茂の個性でもあるが、選挙に媚を売るのは、本来のあり方ではないという信念も彼にはあっただろう。

Shigeru_yoshida それでも高知でトップ当選する。東京の近くで立候補した方が便利だが、参謀が近くだと「冠婚葬祭で雑事にひぱられる。吉田茂はそんなことをやらされたらきっと選挙民を怒らせてしまうから、遠い選挙区がいいだろう」といいうことで、高知にして、めったに帰ることのないようにしたんだそうだ。

愛想は悪いし、反対党の議員が気に入らんことを言えば、コップの水をかけ、「バカヤロー!」と言って議会を解散してしまう。スジが通っている面もあるが、気ままな坊ちゃんの面がすぐ出た。近づいて話をできる人には、よくその風刺、諧謔、ユーモアは理解されている。

「首相は、お元気ですね」「私は、人を食っているから」と受け答えをしたという。麻生太郎なら言えるかもしれないが、それが通る国会議員は今、ほかにいるか?

自民党にも民主党にも、ちまちまと政務費を懐に入れたり、ごまかすような国会議員が多くてね。

Matsuoka 松岡洋右が国際連盟を脱退して国民に大歓迎されて帰国した話、小村寿太郎がポーツマス条約(日露戦争の後始末)でロシアから賠償金も取れず、樺太半分で妥協して帰ってくると、沿道kら石を投げられて、自宅は放火されて・・・こういう話は歴史として学ぶが、麻生太郎は祖父吉田茂から講和条約に出かける数日前に聞いたという。

松岡洋右と小村寿太郎の評価は、相対的で、最初は大歓迎の松岡、非難轟々の小村寿太郎、しかし今の評価はまるで逆な評価である。

Komura 小村寿太郎 講和条約を結んだあと、吉田茂は石をぶつけらる覚悟で帰って来た。親米、ヨーロッパ志向に日本を導く決断をして、これでよかったのか、迷いがあったのだろう。まだ、昭和26年頃は、戦前の思想が濃厚に残っている時代だ。

日本の神国思想の中にも、十分欧米の思想以上によい物がある。それを切り捨てたというトゲが吉田茂の心に刺さっていたのだろう。こう考えるのは今の「私」自身の考えであるが、間違っているだろうか。

復古調の志向に走ろうとする現代、平成の御世に、こちらに行くか、ここに留まるか、その憲法論戦に迷いも躊躇もないような人物の思考の固さを感じる。もっと人間らしく、ヨーロッパの民主主義のよさ、日本大和民族の神がかり思想、いや第三の道もないか、そのあたりを時間を掛けて中学生や高校生にまでわかる、関心がもてるレベルの議論がほしい。一つの選択にはもっと迷いがあっていい。

飛行機が羽田に着くと、吉田茂は窓から迎えに多くの人々が日章旗の小旗を持って迎えてくれている姿を見て、かなりほっとしたようだと書かれている。日本の行く末を選択したことの重さがつたわってくる。エピソードだ。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月23日 (水)

八百長告発 北の湖の元愛人から

Yocyo_1  (この女性は宮城野親方と結婚の約束していたが、宮城野部屋の継承で、親方の娘に乗換えて、振ってしまった。そういう背景がある)宮城野親方は、間に入って、メッセンジャーの役目をした、そういう関係である。

愛人がいたという事実からして、人生の八百長だろう。こういうことがあって、相撲だけウソのない勝負しているとは、ちょっと信じられない。

心技体の格式を問う相撲の世界を言えばいうほど、ウサン臭い部分がにおうんだ。警察官の不祥事が目立つように、格式や伝統を言えばいうほど、相撲取りのズル、乱暴、イジメが目立つ。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

学校の先生を聖職だと強調すると、生身の先生が薄汚れた部分が目立つ。そういうことからすると、八百長がない、八百長がないと言いながら、愛人を囲っていた事実が出て、その愛人が録音していた中で、(北の湖らしき人)が語っているのを聞くと、ヤッパリな、と思ってしまう。

有名人や地位のある人は、身を正す姿勢を保つことが、その立場にある条件であってほしい。歌舞伎や落語で伝統のある家に生まれてきた人間には、その自覚をもって生きていってほしい。お金や地位があると誘惑も多いでしょうが、そこをその地位との交換で、律してほしい。

自分一人くらいは勝手なことをしてもいい、とは思ってもらいたくない。

しかし、煩悩は誰にでもある。そうは言っても、清く身を律するのは難しいが、「そうありたい」「そうしなければいけない」という黄金律だけは、みんなの心にあって、汚い心との葛藤、これが心にあってほしい。

では、「身清き者、この娼婦に石を投げよ」という山上の垂訓をイエスが群集に言う場面があるが、、「お前はどうだ?」と問われて大きい声で、相手非難できる者は99.9パーセントはいない。それが人間だろうが。

一宗派に所属した見解で相手を非難はしたくない。多数派の論理だけでは、解決のつくものではない。じっくり相手のよい点を吸収し、こちらの意見を述べる場もないし、習慣もない。このまま、言い放しの無責任さで大衆をいかに騙すか、それにすべてを掛けている様子が見える。

悲しい社会だが、コノ中で生きていくのが人生。座標軸を自分の中に持っていれば、迷う事はない。これを避け、コノ道を進むしかない。それもおもしろい。

「何かおもしろいことないか」と聞かれたら、「案外、自分の観察がおもしろい」と答えようかと思っている。00008_167

白鵬優勝 大相撲3月場所  大関昇進を決めた白鵬  白鵬優勝、横綱への道  八百長告発 北の湖の愛人から

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月22日 (火)

ふるさとを語ろうよ 中津川市(岐阜県)

04080054ふるさとの自然は、人間の営みと違い、一朝一夕ではそうは変わらない。中津川市の景色も、そうだ。

石橋 中津川市のいい所と言って、多くの人は、馬篭、藤村堂、根ノ上など、名の知れたところを上げるが、私は名前もついていない川、小道に沿った川の風情がいいと思う。市内を綺麗な小川streamが流れている。これが川の町の特徴だ。

★読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

本町の裏を流れる川、これは二中の横、昭和町から南小学校周囲を通って、竪清水の裏から本町のはしっしこ横町寄りを通り、杉野町を流れ、中津川の本流に合流する。

梅村書店のヨコの小川、この川も一体どこが源流かよくわからないが、四つ目川の分流で、宮町恵比寿神社裏を流れる水が流れているのか、その川は、五万石の前から大田町から、緑町の淀川に流れ、木曽川と中津川の合流地点手前で一緒になるだろう。

中津川市内には、細い川が流れていて、中仙道沿いの古い家は、裏庭には池をもっていた。昭和7年の洪水では、多くの家から鯉が逃げ出し、道路を泳いでいたという。ウチも本町の池から鯉が逃げたが、代わりにほかの家の鯉が代わりに入ってきたと聞いている。

台風で大水が出ると、南小の周りの川があふれて、運動場が池のようになる。そうすると、田んぼに飼っている鯉、昭和町あたりの池から逃げ出す鯉が、小学校のグランドに泳いでいるらしい。台風になって、水が出ると明け方から網をもって事情通が出かけると言う話は聞いている。今は、そういう面白い話はないだろうが。

  こういうところに何百年も変わらず流れるせらぎに味わいがある。白山町に流れる川は、山腹の伏流水である。

04080055「石橋を叩いて渡る」という言葉を始めて知ったとき、この石橋を思い浮かべた。
  恵那山を源泉として流れ始めた川が道路に沿って流れている。子どもの頃の私たちには当たり前の景色だった。中津の町は、市内を清流が流れていることが、他の町にはない特徴ではないだろうか。

Pos9 ポスターは、これは吉永小百合主演の3回目「青い山脈」、ロケ地は、彦根が選ばれた。
 1957年(昭和32年)第2回目「青い山脈」では、映画のロケ地に山と川の町、中津川市が選ばれた。
 女学生・新子役の雪村いづみが列車から降り立ったのが中津川駅。隣駅の恵那高校が舞台となった女学校となり、恵那山をバックに木曽川沿いを自転車で走るラストシーンが印象的。ロケ地は、中津川市と恵那市をつかった。

青い山脈(1957) http://youtu.be/sqOhCVzclro

 中津高校の学校新聞(旭陵キョクリョウ新聞)にロケ隊から新聞記事のコンクールの誘いがあり、新聞部は湧き上がっていた。高校の新聞部2年生が取材に出かけた。
 この映画でデビューした名古屋出身の笹るみ子、高校生にはまぶしいものだった。
歳も同じくらいで、高校生記者たちは、笹みどりを床の間に座らせて写真を撮ったり、指示通り動いてくれるから、主演女優雪村いづみ より彼女笹みどりに興味があったみたいだ。

 当時の高校生はブラの下にバストカップを入れることなど知らないから、雪村いづみ のバストの大きさ高さにびっくりした。
 
映画宣伝の一環で、映画スタッフが中津川市の名士たちを相手に交流野球大会を開いたり、その後、料亭で宴会を開いたり・・・昭和32年秋は、にぎやかな大旋風であった。

寺沢新子:雪村いづみ
島崎雪子:司葉子
金谷六助:久保明
沼田玉雄:宝田明  
梅太郎:淡路恵子
富永安吉:太刀川洋一
笹井和子:笹るみ子  
駒子:森啓子  
松山浅子:水谷良重
野田アツ子:小西瑠美
武田校長:十朱久雄
八代教頭:村上冬樹
北原:草笛光子
岡本:藤原釜足
井口甚蔵:志村喬

Nakastugawa01 本町から杉ノ町へ流れる川 恵那山を見て育っているから、第二中学校、校歌の歌詞は即私のふるさとだという印象である。
 「恵那の麓ふもとにそびえ立つ・・・」
 中学の校歌は、安保先生の渾身の作曲である。創立時の音楽を担当していたが、作詞を全国募集して、当選作がきまって、作曲は音楽担当の安保先生がやることになった

04090123根ノ上高原の保古湖 先生は、将来にわたって残る曲だから日夜考えていて、ある日、ひらめいたんだ、先生は私たち生徒に音楽の時間に言っていた。下から上に見上げる感じでぐぐーと音階を上げて歌う。
「(恵那)えなぁーの・・」
と歌って見せた。学校のある限り、先生の名前が残る。

04090141昭和町にはどこの家も池がある 音楽の先生は結婚式に「歌ってくれ」とか頼まれるほど、困るものはないという。音楽の先生ならうまいのは当然と思われるから、下手に歌えない。だから、あれで音楽の先生?と言われるに決まっている。
 指名があると、「りんごの歌」を歌って、みんなの期待を外していた。音楽の先生というのはプレッシャーがある。先生宅が姉の家の隣だから、ご近所代表で来賓頂き、二回も、先生の「りんごの歌」を聞いてしまった。

04090016  市内を流れる川は、本町の側溝から杉野町を流れていく。本町から水は大川に落ちるから、ごみを流して平気だった。昭和20年代は、あまり川を汚さない意識がなかった。
 川の水が市内を流れているから、湿気が空気中にある。だから、女性の肌がしっとりしてる。中津川市は、美人が多いと説明を聞いた。それが事実か、来て見て確かめてください。

04080091家の周りに川が流れている 街道沿いの町だから、定着して住む人が多い。商人が定着して町の中心人物になっている。丸三(間一族)、間(マルハチ間本家)、市岡(分家、間半兵衛の子孫)、これらの人は、滋賀、近江から流れてきた人の子孫である。間家は近江の藤堂家の家臣だったと聞いている。醸造の技術を持っていたから、水のいい場所を中津に見つけ、中津で酒をつくり、商売を始めたのだそうだ。酒にはいい水がポイントであり、街道沿いの中津が適していたかもしれない。 00008_168 

お菓子の町中津川市  本町界隈  間家大正蔵  中川 鮮さん 前中津川市長  玉蔵橋(木曽川  全国夫婦岩1位 春うらら 雑談、ムダ話の効用  冬、来りなば 楽しめる方言集  「みかんの花咲く丘」が歌われた頃    歴史の町中津川市  ふるさとを語ろうよ 中津川市   中津高校関東OB会 アルバム 旧姓須沢須美子さんを探してください。 2009.12.03

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (4)

2007年5月21日 (月)

白鵬優勝、横綱への道

Aa4570 始めての大相撲見物で両国国技館の中に入った。脇の入り口から入って、茶屋を見て行った。既に朝早くから相撲は始まっているが、名前の知られている力士は、中入り後の力士である。

初入幕の力士里山にしても、よく知らない。幕内で活躍して陥落した十両の力士は多少知っていても、あまり興味がわかない。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Hakuhoaa_1

今場所、全勝が多い。横綱朝青龍、大関白鵬、東10枚目出島、東13枚目普天王。7勝1敗が西正大関琴欧州、東張出大関魁皇、西張出大関千代大海、関脇琴光喜と上位陣が好調。こういう場所は活況である。

大関白鵬が今場所優勝すれば、横綱昇進は確実と言われている。下馬評では13勝でも昇進させるだろう。横綱朝青龍の一人横綱が続きすぎた。相撲協会も横綱が二人ほしいだろう。そこでいろんなウワサが立っている。

白鵬が朝青龍に勝のはむずかしいから、勝たしてやりたい。その願いが八百長をやらせても白鵬の優勝、横綱、そういうストーリーが・・・これは、その通りだと、疑われてしまう。ガチンコの掛け値なしの勝負で、13勝で昇進かもしれない。 参考

Hakuho01 稀勢の里×白鵬戦の新聞写真 なにしろ、二階の椅子席では、豆粒に近いのでよく勝負が見えない。稀勢の里×白鵬戦、稀勢の里には歩が悪く、3連敗している。きょうも、立会い、白鵬が押し込まれて、えっ・・と思ったが簡単には負けるわけはなかった。今場所の白鵬は強い。観客は相撲通が多いから、勝って拍手喝采だった。

Aah4568 実際に見える稀勢の里×白鵬戦 中日だからか、満員御礼の垂れ幕がスルスルと下りて、大相撲協会は儲かって、安泰だな、と安心した。しかし、コンサートのチケットで4,500円だと、もっといい席だが、2階のかなり土俵から離れてカメラマンが写すようないい写真は撮れない。そういう席である。

20002320 一度買ったチケットはキャンセルできない制度も、相撲協会の考えてもらいたい。電車でも乗らなかったら、払い戻しがある。行けなくなったら再発売できるんだから、可能なはずだ。

相撲の近代化と観客サービスが欠けているような気がする。テレビなら一度終わった取組みをビデオで見せるのに、実際の両国国技館内ではそれが全然見られないから、遠くで見ていていは決まり手が見えない。野球でもオーロラビジョンで選手の表情まで見せる工夫をしている。相撲は、その努力をしていない。

相撲協会のえらい役員は、土俵脇に坐っていて、2階席でずっと見たことがにから、見難さに関心がないのかもしれないね。

外国力士に頼って、大相撲は成り立っているという現状を考えたら、国技としての伝統と権威に寄りかかったままでは、新しい観客を呼び寄せることはできない。もっと見やすくするために金を掛け、なおかつ料金を安くして、人件費を削減する工夫が必要だ。これを競馬の場外馬券や、サッカーのTOTOみたいに優勝の星勘定と優勝者あて宝くじを検討すると、きっと国民投票法の審議より国民の関心は高いだろう。

正統派相撲のフアンは怒るかもしれないが、そういう場合は、靖国神社と戦没者慰霊の場に分けるアイディアのように、本場所とトーナメント相撲大会に分ける手もある。00008_166

 白鵬優勝 大相撲3月場所  大関昇進を決めた白鵬  白鵬優勝、横綱への道

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

沈没船の宝600億円 宝くじなんか目じゃない

00001_26 米フロリダ州の深海沈没船探査会社「オデッセイ・マリーン・エクスプロレーション」(Odyssey Marine Exploration)は、宝探し専門の会社らしい。海賊が隠したり、沈没した船の情報に沿って、海底など、一般人が行けない場所を探す会社。英語の読める人は→http://www.shipwreck.net/

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

日本の新聞には、ホンの小さくしか掲載されなかったが、金額が大きい。金貨や銀貨で日本円にして600億円になる。その金額に驚かされる。

過去の記録は、AP通信によると、沈没船の財宝で最も高値がついたのは85年にフロリダ沖のスペイン船(1622年に沈没)から回収された金貨や宝石などで総額4億ドルだった。オデッセイ社は03年にも米南部ジョージア州沖で1865年に沈没した船から金貨など5万枚を回収している。

Takaraship 日本宝探しは、ガセネタが多い。徳川末期に明治政府軍に取られまいとして日光の奥地に隠した話が一番よく出る。それをずーっと信じて掘り進めている人がいて、その井戸のような穴のなかで何か人工物を発見したとか、あれは人の射幸心か、好奇心は刺激しても、ウソくさい。

フィリピンで敗戦時に山下奉文の配下が、日本軍の持っていた財宝を山中に隠したという情報が乱れ飛んで、宝探しがフィリピンの人々が一斉に探したというニュース、バライティ番組で企画報道されたことがある。

いつも宝は出ないで終わる。こういう番組のプロデューサーは、発見されないほうがいいと思っているフシがある。これはなぞのまま、続くほうがまあ、いいだろう。私もそう思う。

しかし、実際に宅地の跡から江戸時代の甕が埋けてあって、そこから銭がどっさり出てくるケースがある。神保町の角の現在うどんやの敷地(三省堂前)からは、ツボが出た。江戸時代の繁華街には、まだその可能性がある。

沈没船の財宝よりスケールは小さいが、敷地跡からブルトーザーが万札、旧札で数千万が入った箱を掘り起こした話も最近あった。隠した本人が死んでしまうと、そのままわからなくなる可能性が高い。

今、そういう金は、銀行に預けてある可能性が一番高い。ところが通帳が行方不明、古新聞の間に隠しておいたら、捨てられたり、本人が死ぬ、あるいは忘れる、そんな場合、個人情報を公開しない銀行が積極的に何十年も取りに来ない、ということもある。そうすると、その財宝はどうなる?相続該当者は気づかないだろうし、探すことしない、と思う。

保険会社が保険金を支払わない、通知しないから申請しないし、保険かけた人は気づかない。それと同じ現象が銀行の改変によってかなり起こっているはずだ。その情報は白日の下にさらすべきだろう。

郵便局の通帳も10年使わないと、無効になる。そうすると国庫に入ってしまうらしい。それは、ないよ。現代の宝の山、沈没船の財宝は、国家や銀行のものになっているのではないか。

大陸から引き上げて来た人たちの、預かった証書や貴重品がまだ返されないままになっているとか。これも、まずいよね。国に取り上げられたようなものだ。有効な使い方を考えたらいいのに、と思う。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月19日 (土)

大学生「はしか」にご用心

Hashika01 ワクチン予防注射しているから、「はしか」に子ども時期に罹患しなくなったから、ありがたいことはありがたい。それが、大人になって罹患とは、意外な結果だ。

はしかにより、早稲田大学は、21日四時限から29日まで休校にした。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

2007052200000000maipsociview000 ニュース 早稲田大(東京都新宿区)は21日、はしかの集団感染を予防するため、同日から29日まで全学休講とし、学内の立ち入りを禁止したと発表した。対象となる学生は各学部、大学院、法科大学院などの計約5万5000人。
 早大広報室によると、21日午前11時現在で30人の感染が確認されたため、午後2時40分開始の4時間目以降を休講にした。北九州市にある大学院のキャンパスは対象外とした。 サークル活動も禁止だが、野球部など体育会系の運動部は対応を検討中で、当面は活動を続けるという。 

はしかにかかったという証明(母子手帳で)ができる者、検査して体内に免疫があるとわかった者は、運動部で練習をしてもよいとの見解がでている。

マスコミが「斉藤佑樹に免疫があるか、ないか」を彼の兄に聞こうとしたら、家族の申し合わせで一切情報は出さないことになったそうだ。免疫があるか検査して結果が出るには数日かかる。結局斉藤投手は早慶戦のための練習はできない。ここから、ガタガタと調子崩したら、「はしか」は罪が重いぞ。

Hashika02 日本では、1988年から1993年まで三種混合(予防ワクチン)が実施されていた。しかしムンプスワクチンによる無菌性髄膜炎が予想された発生率より大幅に高く、問題となって中止となった。親の不安から、生後3から90カ月の接種が50%までに落ちたといわれる。その世代の子どもが今大学生になっている。それゆえにはしかに対する免疫がない学生が多く流行が激しいのだ、という見方がある。

60代以上の人は、体内に強い免疫があるから、今時の大学生の免疫力とはちょっと違う。自分の体を通して、「はしか」にかかっている。

Measlesはしかウイルスの電子顕微鏡写真 

はしか情報 小学校3年生の春先、赤いボツボツができて熱がでた。ひと目で「はしか」だといわれて、その晩から寝付いた。3,4日は熱があったようだ。病気になると、母が私だけにいつもより美味しい食事を作ってくれた。

近所の子も順番に「はしか」にかかっていた。一週間は学校を休むことになる。みんな子どもは「はしか」になるのは当然だと思っているから、まあ一週間たつと、「学校へいこ」と呼びに来てくれた。

床上げすると、優しかった母がまた普通の母に戻った。そういう印象がある。「ウチのニワトリが逃げ出して、向かいの熊崎さん宅に行ったから、取り戻してこい」と言いつけられて、小学校3年生としては、事実を知らないのに言いつけが正当なことか、よくわからないから躊躇していたら、また大声で「役立たず」と怒鳴られた。

大人しかいない家の玄関はガラス格子戸で静まり返った家には、なんと言って入ればいいのか、悩む。子どもには「言い方」を教えてくれないと、他所の家には行けるものではない。新しい母と同居して3年目のことだった。「はしか」のあとの印象として、この母とのやり取りを思い出す。ヘンな思い出だが。

はしかよりきついのは「百日咳セキ」だ。これは、今三種混合で生まれたらすぐ予防するから、これで命を落とす子はいないが、60年以上前には、かなり死んだ。亡くなる子がいた。大正年間には、6歳だった父の妹じょうが杉野町の家で百日咳がもとで亡くなっている。

妹四女じょうは丈夫な子供だったが、百日咳がこじれ、肺炎を併発して死んだ。家の中は仕事が忙しく皆立ち働いていて、祖母は病気がちで充分面倒を見てやれなくて、気の毒に六歳の命を儚くも失ってしまった。風雪野沢家第三章

「はしか」での死亡は、50年前では数千人に上がっていた。はしかは軽いという認識でも合併症が怖いのだとか。百日ぜきは、子どもの体力をうばう。百日咳に魔王が来る こういう人生の関門をくぐり抜けた子だけが成長できる。それが人間という生物の宿命だった。縄文、弥生時代から、人間は、こうやって生きてきた。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

参考資料 ウイルス感染症の一種。「麻疹」と書いてはしかとも読む。伝染力が強く、日本では一生に一度はかかると言われている。

潜伏期間麻疹ウイルスの感染から発症まで8~12日間かかる。 「カタル期発症すると、発熱(39℃程度の高熱となることが多い)に、咳、鼻汁、結膜充血、眼脂といったカタル症状を伴う。発熱2~3日目で頬粘膜にコプリック(Koplik)斑が出現する。カタル期は3~4日間続いた後、いったん解熱する。他者への感染力は、カタル期に最も強い。

発疹期カタル期の後にいったん解熱するが、半日ほどで再び39~40℃の高熱が出現し(二峰性発熱)、発疹が出現する。発疹は体幹や顔面から目立ち始め、後に四肢の末梢にまで及ぶ。発疹は鮮紅色、やや隆起している。発熱・発疹のほか、咳・鼻汁もいっそう強くなり、下痢を伴うことも多い。口腔粘膜が荒れて痛みを伴う。これらの症状と高熱に伴う全身倦怠感、経口摂取は不良。長い発熱が続く場合には、細菌による二次感染の疑いがある。
回復期解熱後も咳は強く残るが徐々に改善してくる。発疹は退色後、色素沈着を残すものの、5~6日程で皮がむけるように取れるとも報告されている。回復期2日目ごろまでは感染力が残っているため、学校保健法により解熱後3日を経過するまでは出席停止の措置がとられる。

治 療
特異的治療法はなく、解熱剤、鎮咳去痰薬、輸液や酸素投与などの支持療法を行う。ビタミンAの投与が症状の悪化を防ぎうるとの報告があった。抗菌薬の予防投薬は二次感染を予防するという根拠がなく、必ずしも推奨されない。

大人で増えている「はしか」にご用心 2006年02月02日
ウイルスの感染の小児期の代表的な感染症の1つ。この病気は、これまで大人がかかるケースはまれと考えられてきた。最近、はしかにかかった成人患者の報告例が増えているとして、注目されている。はしかは、大人がかかると重症化することが多いといわれている。日本でも50年前には、子どもを中心に毎年数千人規模の死亡者が出ていた。今でも、毎年数十人もの子どもが、重い合併症を起こして死亡している。

| | コメント (0)

2007年5月18日 (金)

「どんと晴れ」見ていたら

00007「どんと晴れ」見ていたら、 主人公の夏美が修行の一つで植木の面倒を見るシーンがあった。植え替えのあと、水をせっせと掛けてやっていると、おじいちゃんの長門裕之が、「水切りをしてやらんと木は育たない」水がないと、木は水を求めて必死になって育つ、と教えるシーンがあった。

優しく、水がほしいだろうと先回りしてサービスすると木は楽して育つ。そうすると、自分で育とうする勢いがなくなる。そう教えて「教えすぎたかな」と大女将の草笛光子に話しかけていた。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

00011_17 ドラマは単純なストーリーでそれほどの破綻はない。

こんな老舗旅館に入って、シキタリを見るのはおもしろい。

水きりをすると、植物の本能で必死に育つといにしえの人はよく知っている。今の人は、可愛がることばかりで、親のの愛情はそうだと思っている人が多い。

V07_pic おばあちゃん子は「三文安い」と言われたものだ。おばあちゃんに育てられると、実の両親の厳しさがない。可愛いから、つい甘やかす、という。孫を見ていると、子どもを育てたときより甘くなっている。時代がそうなっているのだろうが。

ライオンは子を千尋の谷に落として、這い上がってきた子だけを育てるといいう。厳しさを潜り抜けないと、立派に育たないという人間が考えた格言だろう。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (6)

2007年5月17日 (木)

NNK聴取料を安くする機械

00005_18 ○ 水道橋駅近くの歩道
人だかりしている露店で、卓治がまくし立て、常二が一番前で見ている。
卓治「いいでっか、腹立ちまへんかー。腹立たんだったら、用あらしまへんでェ」
台の上に“NNK料金メーター”の紙切れとそれらしき機械が七,八個。
卓治「このメーターつければ、NNKに余計なカネ払わんで、済みまっせえ」
一番前の客(代田)「本当かァ?」
卓治「うちなんか、これつけてから、一円も払ってまへんでぇ」
代田「そうか。タダになるかァ」
卓治「一日十八時間の放送が三十日としてぇ、一ヶ月のうち、NNKを十時間も見ますかね。――まあ、多めに見て」手のひらで,電卓を押す真似をする。
卓治「一ヶ月八百八十円のうち、十五円も払えば、ええんでっせ」
代田「ふーん。そうか」
  卓治、常二に目くばせする。
常二「一つ、売ってェ!」
  大人たち、常二の方を見る。
卓治「ダメ、ダメ。子供には売らないよ」
代田「一万円か。一つ、くれ」
卓治「マイドォ、オオキニ」
代田「コンセントに差し込めばいいんだな」
卓治「NNKには秘密だから、よそへ行ってしゃべらんでくださいよォ」
  続いて、二三人の客が争って買う。


読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる


○ 1DKの木造アパートの一室(夕)

タエが寝ているところへ、卓治と常二が帰って来る。
卓治「肉たくさん買ってきた来たけど――食えるやら、かあちゃん」
タエ「――うん、スマンな――もう一日、パート休めば、治るから――。すまんな――。
卓治「すまんことなんか、ありゃヘン。親の面倒を見るのは、子供の義務や」
常二「ギムや」
卓治「わかっとるんか?義務ッて」
常二「しらん」 卓治とタエ、笑う。
○「代田タクシー営業所」の看板(夜)

○ 代田・玄関

向かい合っているNNK集金人と代田
代田「うち、NNKの放送、見てまへんのや。――NNKは、見た分だけ払わさせてもらいまっさ――」
集金人「からかわないで下さいよ」
代田「言うな言われていますが――メーターで、NNK、見た分計算して――」
集金人「ハッハハッハ・…」
代田「(キョトン)」
集金人「いっぱい食わされましたな、お宅も…。これ見てください」
  印刷物を広げて、代田に見せる。

○ アパートの一室(夜)

食卓の上にカレーライス食べかけの皿、水の入ったコップ――。
苦しそうに汗を流しているタエの背中をさすっている卓治。洗面器でタオル絞っている常二。
卓治「かあちゃん、大丈夫か…」
タエ「…スマンな…。父ちゃん、居てくれりゃなァ・・・」
卓治「オレ、かあちゃんについとるで。帰って来んモンのことはえいやないか」
タエ「痛たた・・・」腹を押さえる。
常二「ダイジョウブ?」
  常二の顔を見て、うなづくタエ。
卓治「明日、朝になったら、病院へ行こ、な」
タエ「・・・おカネ、ないし・・・」
常二「もっとるよ。兄ちゃん、もうけたから」
   卓治、ポケットから、ちらッと札の束をのぞかせる。
タエ「どうしたんや?そんなに――」
卓治「正当な稼ぎやから。かあちゃん、気にすること、ありゃへん――」
常二「気ニスルコト、アリャヘン。な、兄ちゃん」
  常二、ニヤッと笑って卓治を見る。
  卓治、タエの額の汗を拭いている。

○ 代田タクシーが走っている。(朝)

○ 道端

   タオルケットに包まっている。青い顔のタエ。寄り添う卓治、常二がタクシーに手を上げる。
   代田のタクシー、寄ってきて止まる。タエ、常二を後部に乗せ、前の座席に座り、ドンと扉を閉める卓治。
卓治「厚生病院」

○ 代田タクシーの中(朝)

   卓治の顔をジロッと見る代田。
代田「なんや、オマエ!」
   ドキッ、とする卓治。
代田「インチキな物、売りつけおって!――警察へ行こ、警察へ!」
卓治「・・・母が病気で、どうしても病院・・・」
タエ「・・・どうしたんや、卓治。ハァハァ」
卓治「大丈夫や。なんも悪いこと、しとらへん。――厚生病院、お願いします」
代田「お前の家族なんか・・・運べるか・・・」
   ブッブー、後の車、四、五台が代田のタクシーに発進を促す。
代田「いいか、お前なんか、ブタ箱へ放り込んでやっから――」
  ギヤを入れ、発進する代田。

○ 走る代田のタクシーの中(朝)

   ムスッとした顔で運転する代田。
   後部座席をのぞく卓治。
卓治「かあちゃん、大丈夫か・・・」
タエ「それより・・・」
代田「お前のおかげで、えらいハジかいた上に、NNKに延滞金までとられて・・・」
タエ「(苦しそうに)すみません・・・卓治には・・・私が体が弱いばっかりに・・・」
代田「あんたも、こんなガキに育てた責任ッうものがあるんだ」
タエ「スンません・・・ご損かけた分は、必ず――。病気、治りましたら」
卓治「アッ、そ、そこの厚生病院」
代田「わかってらァ」
   厚生病院の方へ ハンドルを切る。

○ 厚生病院入口・前(朝)

   タエを両脇から卓治と常二でかかえる。その後から見ている代田。
代田「逃げるんじゃないゾ」
卓治「――ハイ」
代田「返せば、済むッてじゃないからな」

○ 診察台

診察台の上に横たわっているタエの腹部を触診する篠山。
心配そうに見ている卓治と常二。

○ 病室

点滴を受けているタエ。
荷物の中からNNK料金メーターを二,三個取り出す卓治。そばで、タエの視線をさえぎっている常二。

○ 厚生病院入口・前(夕方)

タクシーの外に立っている代田の足元にタバコの吸殻が散乱している。
篠山、代田のタクシーに近づく。
篠山「空車?――東京駅まで」
代田「チキショウ!だましゃがったな!」ニガニガしそうにタバコを捨てる。
篠山「そこ、吸殻捨てる所じゃないよ」
代田、不機嫌なまま。
篠山「もう少し、愛想よくしたら、どう?」

○ 走る代田のタクシーの中

ひとりごとのようにいう代田。
代田「ひでえガキだ。母親も、母親だ。今度見つけたら、トッチメてやッから――」
篠山「穏やかじゃないね――」
代田「聞いてくださいよ。・・・NNKの料金メーター買えば――、テレビ見た分だけ払えばいいなんて、ウマイことコキャがってよ」
篠山「エッ?私も、今一個買わされた・・・」
代田「一個一万円の?」
篠山「いや、私のは二万円――」
代田「ヘェ」
篠山「民間のCM見た分だけ、料金払い戻すという。特製アダプター付きという――」
  カバンから特製メーターを出す。
代田「あのガキ、病院の中でもインチキやっている。戻って、トッチメてやりましょう」
篠山「あの子も、母親が腎臓結石で手術のお金がいるっていうから、つい・・・」
代田「そんなのでまかせでッせ。旦那」
篠山「いや、それは間違いない。・・・私が診察したのだから――」
代田「そうでッか」
篠山「私も、NNKなんかめった見ないのに料金とられていて癪に障っていてね・・・。ハッハッハッハ・・・」
代田「旦那も、助平心出したら・・・」
篠山「うまく付け込まれた・・・」
  二人、ハッハッハ・・・。

○ 看護婦控室(夜)

卓治、看護婦三人を相手に例のメーターを見せている。
看護婦A「そう、篠山先生も、お買いになったのって、これ?」
卓治「お姉さんたち、買っても、あまりオッピラに言わないでくださいよ」
看護婦「NNKに払う分、卓治君に払うと思えば、ネェ」
  うれしそうにモミ手する卓治。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる


| | コメント (0)

母親の首を切った高校生の精神状態

00001_25母親の首をバックに入れて、警察に出頭した会津若松の高校3年生、一昨日、昨日とテレビで持ちきりだ。母の右腕を切断して白く塗って、植木鉢にさしていたという。モダンアートのつもりだったのか動画

Photo母親殺害したのち、朝4時、インターネットカフェへ行き、DVDを二時間見て時間をつぶして、タクシーを呼んで警察に出頭したという。この悠然とした態度というか、自分のしたことが認識できていない。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

00003_17 母親は、高三の長男が登校できなくなっている状態を学校と相談して「登校しろ、登校しろといわないようにしてほしい」と伝えている。高1では数日、高2では20日の欠席、高3では4月半ばから学校へ行けなくなった。

福島の進学率の高い高校は、いくつか決まっている。福島出身の友人も何人かいるが、彼らに聞くと、学校内では成績が張り出されて序列はっきりしている。一人は、逮捕された福島県知事の某氏、かの有名な高校で同級生だった。某氏は成績トップで東大へ入ったとか。どこの地方も、似たようなものだが、白虎隊の時代から、福島は勉強では負けない気持ちの強い地方。

中津高校も進学で張り合っていた。中津市内の一中、二中出身は凡庸な子も進学できたが、北恵那電車や(国鉄)中央線通学者は郷土の誉れとまでは言わないが、進学を前提にして高校へ通っていた。

英語の成績でクラス分けが行われた。Aクラスを選択したら、たまたま落合から来ていたI君と隣り合って、ちょくちょくしゃべった。もの静かな少年だった。特に深い語るわけではないが、気分的に親しくなった。ただ、確とした何かが伝わってこない子ではあった。

その彼がある日、突然学校に来なくなった。担任は何か聞いているのだろう、我々生徒に学校の周りを探せ、と指示した。きっと学校へ行くと言って学校へ来られないのだから、近くにいるだろうと想像できた。その後、学校に来たり、来なかったりであった。卒業後、しばらくしたら、I君は電車に飛び込んで死んだ、と聞いた。

宮町に住んでいたとき、仲良しだったKちゃんは中津商業から大学へ進学し、東京で暮らしていた。彼は、几帳面に仕送りの収支をきちんと書いて親に報告していた。「おまえも、そのくらいしろ」と言われたが、仕送りをどう使ったか一度も報告しなかった。大雑把だった。

そのKちゃん、大学二年のなかばに学校を休んで中津へ帰っている、と聞いた。Kちゃんと二中で同じ学校だったが、一度も一緒のクラスにならなかったから、彼と遊ぶこともなかった。彼の従兄弟が同じクラスになった。「Kちゃん、どうしている?」「ずーっと大井の○○に入っている」という。従兄弟が精神分裂でいるのは名誉なことではないから、深くは知らないし、言いたくはないだろう。

ヨーロッパ、特にイギリスでは、奇行を行う女は魔女として、火あぶりにして処刑、リンチで殺された時代がある。精神異常者の因子がそれによってかなり撲滅されたのではないか、と思っている。今、魔女狩りをしろ、というのではないが、日本では、異常な人間も哀れみを掛けてきた。施薬院とか、労わりの精神で接するのが基本だったような気がする。それによって、精神異常のDNAが脈々と日本人の中に潜在して伝わっているような気がする。

ストレスやバ-チャルのゲームが、少年少女の精神に影響与えていることは確かだ。車の運転席から道路を見ていると、時にバーチャルの風景かと瞬間錯覚してしまわないのだろうか。バーチャルと現実、微妙に交じり合ったような気分になる、それが精神の衰弱、高校の勉強という、一番プレッシャーのかかる青春期には、精神のバランスが崩れる。

会津若松の高校生には、母を殺したことが認識できているか、正気に返ったり、またバーチャルの世界に入ったりしているのではないか。精神の病気は自分で薬を飲んで予防する。これからは、このことが常識にならないと、いつまでもこういう事件が続くだろう。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月16日 (水)

丸川珠代が参院東京地方区に立候補

Marukawa_big テレビ朝日の女子アナ、丸川珠代(36)が参院選に出馬する。安倍首相(52)好みの経歴でやることも飛んでいる。比例区ではなく、東京選挙区から立候補する。ニュース

東京地方区には、川田龍平(無)、黒川紀章(無)が名乗りを上げている。あと、保坂三蔵(自民)、民主党はだれだったけ。共産党、公明党が指定席を狙っている。5人区になった東京地方区はショーウインドウみたいなところだから、出たがる人が多い。

川田 龍平(1976年1月12日 - )は人権活動家。東京HIV訴訟(薬害エイズ事件)原告、松本大学非常勤講師。東京経済大学出身。みどりのテーブル運営委員。母は元衆議院議員の川田悦子。
血友病患者で非加熱血液製剤によりHIVに感染し、高校生の時、実名を公表。HIV訴訟ではリーダー的な役割を果たし、一躍時の人となった。一時は共闘していた小林よしのりなどからは「川田の運動が次第に薬害エイズとは関係の無い運動などに変わってきた」として批判。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

丸川珠代の顔は露出度が多く世間に知られているから、浮動票狙いで、組織票はいらない候補として目をつけた。自民党は東京で定員5で2人取ろうと計画している。(公選法の改正で、今回の参院選、東京選挙区は定数が4から1増で5人になる)

経歴:神戸大学教育学部附属住吉中学校→大阪教育大学教育学部附属高等学校池田校舎→東京大学教養学部文科Ⅲ類入学・東京大学経済学部経済学科卒業。1993年4月にテレビ朝日へ入社。東京大学の同級生に法学部出身のテレビ朝日アナウンサー西脇亨輔がいる。いくつかのゼミで一緒だったそうだ。ただ、西脇は大学在学中に司法試験に合格し、第47期司法修習を終えた後、1995年にテレビ朝日に入社した為、後輩になる。

現職のパッとしない保坂三蔵議員(67)は、組織をつけないと当選しにくいから、2人目には組織票ではなく浮動票、無党派層から支持のある人、花のある人と安倍さんが目をつけたのが丸川珠代だ。

彼女も意欲的で、自分から立候補する気でいた。民主党も彼女にアプローチしていたが自民党を選んだ。丸川珠代としては政権党の方が活躍の場があると判断したんだろう。さすが東大卒は、政権を倒して新しい日本を建設する、という方向には向かない。ちゃんと勘定の合うほうを選ぶ。

珠代ちゃん、「国連の弁務官のような仕事をしたい」と前から言っていたとどこかで読んだ。テレビ朝日でつい一年前にニューヨークに派遣されて一年勉強していた。仕事もしていただろうが、会社の金で経験を一杯させてもらったのに、あっさり自民党に身売りしてしまう、ドライさはなんだろう。

彼女が朝日の真髄を身につけているなら、自民党の体制に入るよりより革新的な党を選ぶべきではないか、と私は個人的に思う。ところが、そうならないのが、丸川珠代の限界か、と思う。

彼女の政治的方向性が見えない。才能として、そつなくこなす能力はあるかもしれないが、日本をどっちに向かって進めるか、その辺の意見を世間に知らしたことは一度もない。これからだというだろうが、色彩のはっきりした人を選ぶべきだ。

Sakurai0_ 桜井よしこのような、主張がきちんと方向が見えるひとでないと、自民党のスピーカーに使われて、小渕優子みたいに首相の娘というだけで、飾り物になるか、参議院議長になったオバサンがいたが、一体あの人は何を考えていたか、さっぱりわからなかった。あんなふうになる。自民党では、埋没する。

小野清子も体操では華だったが、政界では何物でもなかった。お荷物で賛成投票の票具に成り下がっていた。自民党で女性議員が能力を発揮するという組織になっていない気がする。自民党は利権のカタマリで、おいしい思いをしたい人の集まりだろう?

そうじゃない?そうしたら、「一度、日本を洗濯いたしたく候」と言った土佐の浪人坂本龍馬の理想を想起してくれよ。00008 

東京地方区 丸川珠代、評判が悪い  丸川珠代が参院東京地方区に立候補

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (1)

2007年5月15日 (火)

口笛Music女性部門美人優勝者

Kutibuemusic *試聴用音源「同じ空の下」mp3/1MB/約1分 「sample.mp3」

 分山貴美子、シロウトかと思ったらアチコチで演奏活動をしている音大出のプロだった。たまたま、子どもの頃から口笛でインコやオウム相手にトリ寄せをやるような人だったのだろう。

視聴で口笛演奏を聴くと、女という感じがまるでない。口笛といっても、口も笛も穴から音を出すから、調節は同じだ。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Kinen 口笛を始めてできたのはいつだったのか。学校へ上がる前、兄たちがやっているのをまねしても、必ずしもうまくはない。空気が出てかすれる音だけだった。それが鳴るようになると、夜も吹いて大人に怒られた。泥棒が来るとか言われて、脅された。

吹いても、吸っても、同じように鳴るから、そんなことに興味を持っていた。しかし、音楽、歌を吹くと、音程が上がったり下がったり、これがオンチにはなかなかうまくいかない。

中学生時代は、グループで暗号の口笛を作っていた。「ピーピッピ、ピーピッピ!ピーピッピ、ピーピッピ!」と隠れて吹けば、O君だ、A君だ、とすぐわかった。メールもないし、電話もない時代は、口笛は通じて親しい関係を築いていた。

00004_16 余山貴美子さん、口笛の先駆者、ホームページで顔を売り、CDを売ろうとしている。売れたら、結構だ。なかなか売れるものではないが、売れ出したら、すごいだろう。インターネットなら、火がつけばすごいが、捨てられるのも早い。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月14日 (月)

家庭で子育てしながら働くSOHO

力者がパートに出なくても家庭で子どもを育てながら、仕事ができるというスタイルを確立していきたいと思っています。入力の早い人、遅い人がいますが、技量が上がればその仕事を継続して収入が安定でき、社会との接点がある暮らしをできる。目標は、少なくともパートに出るのと同価格にならないか、といつも考えています。ベテランになると他に仕事を求めてしまうのは困りますので、張り合いをもって、仕事を継続できる価格をお願いしたい。

入力者の代表として、クライアントにメールで働く者の要求、基本の考えたを訴えた。私のところ、データ入力の仕事をクライアントから受けて、入力者に渡す、供給と需要の交差点で調整する作業をして、それぞれの生活スタイルに合う仕事を作り出していきたいと思っています。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

0003906 業者が来て入力研修 現実として、主婦も働かなければ家庭の水準を保てない社会になっている。そこで、家庭で出産、子育て、家事労働、学校とのかかわりを考えたら、家庭内で仕事ができたら、かなりの悩みが解決するのではないか。

インターネットが発達したことで、家庭で子育てしながら働くことが可能になったと思っている。しかし、単純に喜んでもいられない点もいくつかある。独立して仕事をやる主婦も、自分で仕事を見つけるとなると、営業力があればいいのだが、何も仕事がない日が続くことも起こる。

業者から委託される際、単価が低く、納期が短いなど、厳しい条件がネックになって、パートに出るほうが安定しているからと仕事に出る人が案外多いのが悩みの種である。

今戦国活況の様相で、うまく稼ぐ組織と最低レベルでつぶれるところが出ている。組織によっては、下請け入力者を叩けるだけ叩いて安くしているところもある。1円2円でも仕事があるからいいじゃないか、といった態度の業者もいるので、そういう入力者の生活レベルも考えてくれない委託業者に立ち向かっていきたいと思っている。

しかし、SOHO入力者が仕事がもらえるのは、正社員より安く仕事をしてもらえるからだ、という点も忘れたら次から仕事がないと覚悟しなければならない。

良質の仕事をしながら、継続するには、給与はある程度の額を保っていないと、ベテランから順次いなくなって、正社員化して、家庭の空の巣状態になり、内閣の諮問委員会が理想の家庭を発表しようとしたら「朝食を一緒に食べて、目を見て話しをして・・・」という家庭は、現実的でない、とヒンシュクを買って発表を取りやめた。

しかし、それを実現するには、SOHO入力者がうまく機能するれば、子どもの動静を見守りながら、生活のレベルを保っていく道が見つかるのではないか、と私は思う。少子高齢の日本ではなく、子どもがいっぱいで主婦が家庭を充実できる社会を作れる。

その社会の仕組みを目指して、データ入力、アンケート入力の受注を心がけている。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

自閉症の子との遭遇

Ab4388 二人がケンカを始めて、ついにヒナは泣き、アイラは叱られて泣き、収拾が付かなくなって、そこでおじいちゃんの出番、公園へでかけた。途端に二人とも機嫌がよくなり、何事もなかったように遊び始める。

大体がおもちゃの取りっこだ。取るのはアイラで取られるのはヒナ。ヒナの家に来ているのだから、アイラのおもちゃは自分の持ってきたものだけだから、つい欲しがる。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

公園に来たら、麟太郎より年上かな、と思える子が滑り台の上にいた。「おともだちいる」とアイラがいうから、そばへ行って、すべり台の上の男の子に「何年生?」とコミニュケーションを取ろうとしたが、返事がなかった。少々違和感を感じたが、しゃべらない子もいるだろう。

3981 先々週、もっと広い公園へ、2年生麟太郎とヒナを連れて行ったら、「リン君!」と大柄な女の子(3年生)が近寄ってきて、何やかやと世話焼きして、ヒナとも遊んで世話を焼いてくれた。きょうはそういう雰囲気と違った男の子だった。

3982 ブランコで遊び、砂場で遊ばせていたら、すべり台の上にいた子が、私に近づいてきて顔をゲンコツで殴ってきたのには、驚いた。瞬間「コノやろう!」と大人気なく、怒りを感じた。立ち上がって「何する」と言ったかもしれないが、その子は離れて行ったら、その子の母親らしき人が近づいて来て、「すみません」と言って、連れて帰った。

連れて帰る姿を見て、そうか、と納得した。コノ子は、友達との接触する手段を知らないんだ。三人連れて遊んでいる姿を見て、仲間に入りたいのだったのか、そういう感情がどこかにあるのだろう。一人でしか遊んでいないから、仲間がほしいけれど、友達になるためには言葉を掛けられないし、叩いてしまうような接し方しかできない。

そうすると、子ども同士では避けられてしまう。殴ってきても怒らない人はいないし、大人が我慢して遊ぶしかない。親がきっと遠くから見ていて、一人遊びをさせているのだろう。普通がったら、私が殴られたら、すぐ親が出てくるはずがない。いつも、気配りしてみているんだろう。親の気配りも大変だ。麟太郎に聞くと、一年上の3年生だが、同じ学校には来ていないという。

文京区にいるとき、大家さんの家に兄妹がいて、二人ともダウン症のようだった。自閉症とは違うかもしれないが、親の気遣いは大変。「夕べよく泣いていましたね」というと、親は「泣いていなかった」というから、ヘンだと思っていた。

そのお兄ちゃんは1年生に入る前に亡くなった。ウチの長男が生まれて1歳になるときまでいたが、母親が突然ウチの長男を連れて行ってしまい、びっくりした。そこのお兄ちゃん、体が弱くて、あまり外で遊べないから、遊び相手にさせたいということだが、その行動は唐突だった。母親の気苦労が行動の異常さにも出ていた。

Ab4394ウチの長男も、正直に反応してしまう。バギーで押して歩いて、大家さんの自閉症の子に出会うと、お兄ちゃんを見て怖がって泣くんで、困った。亡くなって、気の毒だったが、義父がきたとき「ほっとしているんではないか」という言葉を聞いて、その頃はよくわからなかったが、そうかもしれない、と最近は感じる。

公園から、その子が母親と一緒に帰って、やっとほっとした。子どもが普通で元気がいい。それで十分幸せだが、そうでもまだまだ、不満が多い。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月12日 (土)

政治家はなぜ尊敬されないか

Matsuok02_1 今回政治資金規正法が改正されて、資金の流れが透明化されたなら、安倍自民党もよくやった、自民党も信用できる、国民の信頼に応えている、といえるが、今回の改正はまるでザル、抜け道だらけだ。 

過去のことは問わないとか、資金を管理する政治団体については何も規制がない。そっちへ資金を動かせば今規制される部分はなにも制限されても、痛くもかゆくもない。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

政治家はヤクザだ、と言ったら、逆だという。ヤクザが政治家になったのだから、行儀が良くなったんだという。押しの強いタイプでないと、コノ世界は生きていけない。良心的で、きちんと金銭を領収書つけて透明化すると、余り大きい行動ができないという。

新聞も「逃げ切り濃厚」と他人事のように書いている。他人事ではない、新聞自身が真剣に主張して突っつかないとまかり通ってしまう。自分の意見を持たないのか、と思うような表現が多い。

新聞は大きくなればなるほど、正義はいえなくなるのが現実。舌鋒鋭くすると、敵を作る。見てごらん、まず、創価学会新聞を刷らせてもらっていると、創価学会の悪口をいわない。読者がへるからね。言ってみれば、お金で喉元を締められている。

Siminn 大きくなると、政権側にべったりしていた方が絶対トク。リスクを背負っては、危険な主張がしにくい。いわゆる自己規制をしてしまう。戦時中は新聞の不許可を貰わないために、検閲官の意を汲んで、その規制に逆らわないことしか書かなかったという反省する、良心的な記者はいう。いまごろ言われても、遅い。

意見はズバズバ言える社会を保つためには、どうすればいいのか。こういうと規制されると心に掛かるようでは、既に規制された社会だ。利で動かない人間、組織であることだ。個人がニュースソースに食いついていける組織が必要だ。ひまで生活に困らない年金生活者は、正義を糺す、社会の公正のために一肌脱ぐべきだ、と思う。参照オーマイニュース記者

Matsuoka01_1 年金貰って安心した途端、何やっていいかわからん、という人のために、市民記者称号、ニュースの核心に食い込む権利を持って、ドンドン不公正に噛み付いて、それをレポートするべきだ。

まず第1点、年金だ。国民年金が一ケ月6万円あるかなし、そんな涙金で一ケ月暮らせない。生活保護の給付額より低いことがおかしい。なんで、何も払っていない人に18万円も支給されて、30年以上も払い続けた人間に生活保護の1/3以下の年金。この仕組みがおかしい。為政者は一般国民の年金、特に国民年金のみ受給者をバカにしている。

第2点地デジ特需で業界はウハウハらしい。好感度の高い草薙剛が「地デジの用意はいいですか」と盛んにいう。供給する側はいいよ、儲かるのだから。一般消費者は、使える機種を使えなくされるのから、強盗に出会うようなものだ。まったく合法的に強奪されてしまう。

こういうのが「知らしむべからず、寄らしむべし」の典型だ。国民投票法も、憲法改正議論も、よくわからないうちに進んでいく。あり地獄にはまって、英語が使えるなら、日本よりアメリカで暮らすほうがいいかも。アメリカが斜陽になったら中国かな。

なぜこういうことの声が大きく出ないのか。不満のガス抜き程度の作業しかしない。頭にくる。農耕機具も、パソコンも、技術の小出しで製品化しては、商品の陳腐化を策して消費者に新製品を5年に一度は買い替えを強いている。

昔なら技術の進歩が遅いから、と抗弁する向きもあるだろうが、一度建てた建築物が何百年年に渡って地震に耐えてたっている建物もある。技術があるくせに技術の小出しでもうける根性が許せない。これでは人間も悪くなるし、損する人間とトクする人間の二分化は避けられない社会しかできない。知恵のある人間はもっと考えろよ。偏差値が高いといわれる人間は、そういう社会を増進する先兵になるのが目的で生きていくのか。

第3点、赤い羽根募金の仕組みも、だいぶおかしい点がある。一般人が核心に近づけないから、不透明のまま過ぎている。市民からお金を受けとる人はボーイスカウトのボランティアが声を枯らして行く人に「寄附をしないのは人でなし」とでも言わんばかりに呼びかける。

しかし、その後、集まった金を集約する組織はそこで働く組織のために経費と称してカボっと取る。そののち、寄附を配られる受給団体の浅ましいほどの分捕り合戦をチラリ聞いた限りでは、貪欲な団体ほど多く受取るらしい。そんな話を聞くにつけ、寄附の窓口ボランティアの真心が汚されている、と思わざるをえない。

だから結論、利害のない一般市民が真実を知る機関がもっと突っ込んで現実を見ないと、政治にかかわっている輩は自分の利得にしか興味がないし、それが基準で行動する。

政治家の規律を正す、精神の清さは、どう考えても一番重要なのに、あの「なんとか還元水」の大臣は政治家としての資格がない。人間としても風上にもおけない。これを市民感情として認められない。これが政治に反映できないでは、誰が政治に関心を払うものですか。

ここが政治の腐敗を増大する根源になるという矛盾があるが、金に負けない精神、「井戸、塀」政治家を求めることは、「木に寄りて魚を求める」に近いが、日本が尊敬され、美しい日本と言われるにには、まずは自己の確立にあり、だ。自分の生き方に集約される。他に求めるより、まず自分。

選挙に行こう!松岡を落選させるキャンペーンから始めるしかない。松岡的な分子を落とすことだ。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (1)

2007年5月11日 (金)

小3の小さな恋のメロディ

Chiisa01 小さな恋のメロディ 中学生の子を数人連れて見に行った。メロディを旋律だと思っていたら、メロディというのは、名前だった。

厳格な教育方針をとるパブリックスクールに通う11才の少年少女がお互いを好きになり、「結婚したい」と言い出す。「どうして結婚できないのか」と問うが当然親も教師もとりあわない。ある日、教師が授業を始めようとすると教室はほとんどもぬけらの空であった。自分達の手で二人の結婚式を挙げようと同級生らが集団でエスケープしたのである。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

2502061b 今、仕事をする方が小学校3年生の男の子を連れてきたので、「君、好きな子いる?」と聞いたら、案外正直に言うかと思ったら、テレくさそうにしている。お母さんが「いるんだよね」という。

「同じクラス?」と聞くと、結構正直に話してくれる。お母さんが解説してくれた。幼稚園時代の同じクラスだったそうで、今はスイミングのバスで一緒になるのだけで、それもバスの席がが離れていてチラっと見るだけでそばへいけないんだそうだ。

「君ね、自分でアプローチできないときは、大人とか人を利用して、告白というか、好きッ意思を伝えた方がうまく両思いになれるよ」と話したら、食いついてきて、目に光が見えた。

自分で近づけるタイプはいいけれど、ウジウジしている子は、親が気を利かして、一緒になるチャンスを作って上げたらいい。今の子は、進んでいるようでも、そうはいかない子もいる。

昭和の終わり頃に、オーストラリア(シドニー)へショートスティ留学で見た話を聞いたら、小学校でも、学校帰りの道すがら、男の子と女の子がブチューとキスしているという。

日本でも小学校の1年生、2年生の教室で、好きな子同士のカップルはある。麟太郎に「好きな子いる?」と聞いたら、「(ときどき)ハグしている」という。好きな子同士は、そのくらいでいいかな。

きょう来た男の子、小柄でやせていたが、コノ年齢でも、見た目のよさとか、左右するものか、人気あるのはおもしろい子、勉強のできる子、そんなことがあるか。

きょう来たA君、パソコンが好きで、学校でも習っているから興味がある様子。お母さんのパソコンをいじって、親に教えているみたいだ。

A君の好きな子、「スイミングの級が変わって、バスも一緒でなくなるよ」とお母さんに言われて、ショック。「陽気がよくなるから、外の公園で食事会とか、誕生会で家に呼んでもらったらいい。ね、おかあさん」彼に、チャンスを作ってやればいい。そんな話をして、元気付けてやると、また、顔色良くなり、目に元気が出た。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月10日 (木)

昨日の石景山遊園地

偽ディズニーランド(中国の「石景山遊楽園」)、あわてて白雪姫の塑像を壊したり、「ディズニーランドは遠い」と書いた垂れ幕は取り外して、真似っ子キャラクターは全部やめてしまった。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

やることが早い。非難ゴーゴーとなったら、さっさと止めてしまう変わり身の早さには驚く。日本のマスコミもここぞとばかりに、肖像権、をいうから、やっと気づいた遊園地側も良心の呵責に耐えられなかったのか、堂々と歩いていたキャラクターが一切なくなっていた。

遊園地の経営者の上にいる党幹部から、きっと何か言われたんだと思う。こんに簡単に引き下がるなら、やるな。といいたいが、権利義務という意識がないのだろう。

ここのジェットコースターは、大阪吹田市の事故で有名になった○○が輸出した物を使っているという。メンテナンスは契約していない売り切りだという。20年前の開業当時から、そのまんまとしたら、金属疲労がきているんじゃないか。

大阪の学芸大学付属高校が修学旅行で中国へ行って、列車が正面衝突した事故を思い出した。相当数の高校生が死んだ。あれは、何年前だったろうか、列車が正面衝突ってある?ポイントの切り替えミスだった。今思い出したばかりで、うろ覚えだが。

それから、きょうのニュースで市民に「光化学スモッグ」が出ている話を振ると、工業の発展のためには公害はある程度止む得ない、というのが一般的な意識だ。「日本はうるさく言いすぎる」と言う意見をいう人がいた。なかなか、そういう公害の意識や空気や水をキレイに保つという意識、これも水俣病のころから、やっと日本人も考えるようになった。

そのまた昔、明治の公害、足尾銅山の公害タレ流し、これは日本が富国強兵を目指している間は、人間は多少死んでもいい、という程度にしか、考えない人が圧倒的に多い。政府為政者だけでなく、選挙民がその意識だから、その程度、という社会しか作れない。

政治家の使った費用に領収書をつける問題もこの意識と同じで、選挙民の監視、意識が高まらないかぎり、政治家のいい加減な金銭管理で過ぎていく。

中国の遊園地が一斉にキャラクターが消えた話から、ここまで飛躍するんだ。意識のなさ、世界につながるためには、今人間は何を目指すか、その点を意識してほしい。中国の市民、国民も経済と同時に知識も成長してほしい。

中国は13億人の人間がいるから、意識の高い市民がいる一方で、わけのわからない蛇頭と呼ばれるヤクザ組織のトップもいる。まるで文字を知らない人まで、バラバラだ。日本はどこを切っても似たような人が出てくるが、一面をとって「中国は・・・」とはいえる均質性のない国。

例えば、日本なら東京首都を押さえれば、日本を支配できるが、中国は北京を押さえても、香港、南京、上海、西安と、どこからでも首都と政府ができる。それでけ、多様でエネルギーがある。石景山遊園地をバカにしていると、とんでもない。中国恐るべし、である。00008_165

昨日の石景遊園地 中国の模倣、偽ディズニーランド 温家宝 氷をとかす旅 裏の狙い   「ロシア油田」中国と競合から考える

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

日本人夫とアメリカ人妻のなれそめ

0004310多摩川の河川敷は、人、人、人・・・・、まったく、人が多い。近くの公園は、人のいない公園はたくさんある。日本人は、人が集まる場所に行きたいのかな、と思う。レジャーシートを敷く場所すらないんだけど、やはり人の多い場所が好き。祭りの心理かもしれない。人は人を見ると刺激があるのかもしれない。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

0004271 混雑する中にいて、なんでこんなに人がいるのか、と文句はいうが、自分自身のことは棚に上げている。屋台の出店は、相変わらずの出し物で射的、ボール投げ、ラムネ、焼きそば、イカ焼き、かき氷など。ペットボトルのお茶を買ったら、町で買えば100円ソコソコのものが200円だ。

しょば代をどこか、闇の社会に払っているのか、モノが高い。しかし、そんなことを言っていると、うるさいオヤジと思われるから、娘夫婦、孫達のお荷物になってしまう。静かに黙っているに限るか。

ぼけたらあかん 長生きしなはれ

年を取ったら出しゃばらず/
憎まれ口に/泣き言に/人の陰口 愚痴言わず/
他人のことは褒めなはれ/
聞かれりゃ 教えてあげてでも/
知っていることでも知らんふり
いつでもアホでいるこっちゃ

0004206bb_1 孫の顔を見て、瞑目するときの土産にこんな景色を思い出しながら、息を引き取るのか、と仕事と仕事の合間、連休を楽しませてもらった。人間はオムツを赤ちゃん時代に3年間あるとすると、逆に末期の3年間はオムツが必要になるのか、と考えた。人生を山にたとえるなら、登れば必ず下る。

娘夫婦が、大学教授と妻アメリカ人のカップルと知合ったので、「ピックニックひ行くけれど一緒に来る?」というから、5月4日相模原公園へ行った。天気もよく、草の上にレジャーシートで食事する人人人・・・左を見ても、右を見ても、人人人・・・

ゆけむり温泉でアイラが飛び回っていたら、じっと見ている外国人女性がいたので、「ハロー」と声をかけたら、彼女の娘はもう大きくなったが、昔育っていた幼い頃にウリ二つで懐かしさで見ていた、という。夫教授も出てきて、クリスチャンと名刺交換をして、一緒に明日某相模原公園でハイキングをしようとなった。

ここの公園は、東京都の一番大きい水元公園並の大きさはある。奥さんのキャッシーが料理を作ってきた。ジャガイモのサイズが大きいポテトサラダ、ピクルス、ケーキ、から揚げの塊が大きい。アメリカの味、私たちが来ることを知ってか、量も多かった。アメリカ人は年と共に低カロリーにするということがないのか、徐々に太ってしまう傾向があるようだ。

二人はどこで知合ったの?と教授に聞いたら、アメリカ留学中に同じ教会へ通っていて、と話をしてくれた。キャッシーの一家と親しくしていたんだそうだ。留学中、田舎(長野県)で(母は早くに亡くなっていた)一人暮らしの父が、突然倒れて病院に入ったが誰か付き添う必要があった。そこで、キャッシーが単身アメリカから長野県の病院に行く。これだけ思い切った行動をした彼女と結婚した。ドラマだね。

0004152クリスチャンも私の娘も、英語は自在に使えるから、この夫婦とコミニュケーションに困らない。クリスチャンも、留学来日して早いうちに、英語で通じ合える友人ができてよかった。2年間、付き合える。逆にクリスチャンの日本語の勉強が出来ないのかも。

教授は穏やかな人柄だった。いい日本人と知れあいになれてよかった。お互い家も近くで、行き来ができる。犬を連れて歩く散歩コースの範囲らしい。キャッシーの娘は、今年アメリカで卒業式だそうだ。そのままアメリカで就職して住むという話だ。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月 8日 (火)

末っ子長男 姉四人

Suekko3
「ウチのうどんは、モノが違う。どこにも負けやせん」これがおばさんの口ぐせで斜陽になっても、ますます強がっていた。

  おばさんとおじさんの家は、杉野町で赤「マル仙」という屋号でうどん(乾麺)製造業を営んでいた。倉前町から杉野町に流れる川で水車を使えたので、祖父がここを坂本から中津進出の足がかりにした場所である。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

  食糧難の戦中戦後、昭和30年代の半ばまでは、うどん製造(乾麺)の現場はにぎやかで、朝から工場ではモーターがうなっていた。
  機械から小麦を粉にして練り合わせて、柔らかなうどんが竹のクシ棒にかかって出てきた。一箱が一杯になると物干し場で干された。一日干すと、女たち総出で束にして包装した。

  私も子供のころ、使いでうどんを買いに行ったことがある。  買うといっても、現金で買うのではなく、小麦を背負って行って乾麺と現物交換が多かった。農家には現金がいらないから物々交換が好評だった。  私は買ったうどん(乾麺)が出てくるまでの待ち時間、周りの光景を見ていた。

  おば一族、女6、7人が並んで座り、流れ作業をしていた。干しあがった麺を1クシと半分をつかんで目方を秤り、揃え1束にした。細紙を乾麺の中央に掛け、クルクルと束にするおばさんたちの手早さは名人芸に見えた。うどん包装しながらのおしゃべりは、伯母を中心にした女たち団結の場所であり、「マル仙」イズム」の教育現場であり、他人の入り込む余地のない場所であった。

  待っている間、おしゃべりを聞かされることになる。
 たいていは、「おまえの親父は・・・」と、おばの弟である我が家の父の棚卸がひとしきり続く。亡くなった母の健康を考えての言葉だったかもしれないが、7人兄弟の6番目の私は「茄子だったら、お前は捨てられるトコだった」と、あっさり言われた。今考えれば、他愛のないおっしゃべりだろうが、年上の女たちのおしゃべりに少年の私が反論できるものではない。強い女性一族だった。

  昭和30年代半ば、ヒノキ木材をふんだんに使った別棟を乾麺の干し場に建てた。ヒノキの匂いがプンプンする新しい家は、おばさんの自慢だった。「便所だけで50万円だ」と、当時の感覚からすると相場の3倍か4倍の値段のようだった。長年働いて得た誇りをこういう形で表したのだろう。この頃から乾麺製造が斜陽になりかかった。

  昭和31年頃、ウチの風呂が故障したので、杉野町へ風呂を貰いに行った。離れの風呂場は泉町のお寺さんと接していた。帰りに、不二家のミルキー1箱呉れた。
  風呂の順番を待つ間に、
「名古屋のうどん屋(製麺所)が中津にできるらしいね」 大手の会社が進出してくるらしいと、情報を教えたつもりだったら、おばさんの逆鱗にふれたみたいだった。「ウチのうどんはな、モノが違う。どこが来たって負けやせん」と叱られたかっこうになった。たぶん、この頃が商売の分岐点になったようだ。
  うどん屋から、ガソリンスタンドに商売代えになった。

  おばさんとおじさんには4人の女の子以外に、男の子が二人いた。長男は太平洋戦争開始早々に戦死、末っ子洋吾さんが長男になった。 おばさんは末っ子洋吾さんを溺愛して可愛がっていた。洋吾さん、人がよくて、つい合いやすい先輩であった。
  ガソリンスタンドは、末っ子洋吾さんの指揮のもと、行われた。
  そして、ヒノキの豪邸を建てた直後、洋吾さんは結婚した。乾麺を配送している間に、馬篭で見つけたと言っていた。お嫁さんが私の同じ中津高校の数年後輩であったから、これからつきあいがしやすい家庭になりそうと思っていた。しかし、あっけなく彼は36歳で亡くなった。

  期待していた末弟の長男が死んで、強気のおばさんも気が弱くなった。
  私が行くと、「仏さんに線香上げてやってくれよ」と優しい物言いであった。洋吾さんの写真の飾ってある仏壇で手を合わせていると、おばさんはじっと後ろに座っていた。「きょうも一日仏壇の前に座っていた」と、淋しそうに言った。以前には歯牙にも掛けていなかっただろう甥っ子の私に悲しみを語った。
  帰ろうとすると、「これを持っていけ」と、乾麺をダンボール一箱呉れた。重いから困るなァと思ったが、もう昔日の強気のおばさんではなくなった、と感じた。

  おばさんは、お祖母さんの18歳の時の長女として生まれ、お祖父さんの事業、うどん製造の事業の従業員だった仙太郎さんと一緒にさせられた。そのせいか、おばさんはおじさんより強い人に見えた。

 祖父は米屋を本町に独立してのち、杉野町のうどん製造は長女である伯母と仙太郎さんが引き継いだ形になった。ただし、うどん製造の機材をすべて祖父から買い取る形であった、と聞いている。商取引としては当然ではあっても、娘である叔母の立場からは納得がいかない面もあったかもしれない。

  本町に移った米屋が繁盛するようになると、5人の妹たちは豪華な花嫁支度をしてもらって鉄道員、先生など、専業主婦専業のできるサラリーマンのもとに嫁いだ。すでに嫁した長女の伯母には縁のないことであった。
  祖父母は子沢山で、私の父を入れれば8人兄妹。妹たちが下に6人(一人は夭折)いたから、長女の伯母さんは従業員だった仙太郎さんに早々に嫁がされた。うどん製造は繁盛している店だったが、妹たちが専業主婦の家庭で幸せであればあるほど、姉である伯母の心は穏やかではなかった、かもしれない。

  嫁いだ妹たちが中津の町に集まっても、妹たちを自分の家に上げて歓待することはなかった。姉である伯母と妹の叔母たちとの間にほとんど交流がなかった。両者の間にミゾが生じているのは、子供の私のも感じられた。

  本職のうどん製造を十代から始めて、70越した歳でそれが立ち行かなくなれば、リストラにあったのも同然。気持ちの張りが切れてしまったのか。おじさんはヒノキの別棟ができても、そちらに居を移さず、工場兼住宅だった旧宅に一人で暮らしていた。食事も自分で作っているように見えた。酒が好きでいつ見ても赤ら顔しているから、妻も子も避けているようだった。
  甥っ子の私が通りかかると、赤い顔で親しげに声をかけてくれた。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月)

パンパカパーン!横山ノックのわいせつ

01knokパンパカパーン!今週のハイライト!上岡龍太郎を従えて、テレビで横山ノックが活躍していたとき、テレビは白黒だった。時事ネタで非常に風刺が効いていた。そこで、政治に目覚めたと、解説する人は多いが、既にコロンビア・トップ、ライトが政治的な発言をしていたから、その影響もあるのではないか。最近の笑いは幼稚園児狙いが大多数だ。時事ねたはニュースペーパーのみ。ザ・ニュースペーパー - Wikipedia コロンビア・トップ 

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

B0057679_10154470_2ザ・ニュースペーパー  最初、参議院の全国区で立候補して、そこで50名当選するうちのかなり下位だったが、ギリギリ当選した。全国区は100名、6年任期で3年で半数が改選される。全国区は運動が大変だとつぶしてしまったが、有名個人が政党に影響受けないで当選の可能性があり、投票する側では、これが一番おもしろいと思った。

36万票取った横山ノックは1968年か。このときの画像が、勝った!勝った!組織に勝った!とノックが飛び上がって喜んでいた姿だ。その頃の選挙は、組織選挙だから、大抵の候補は組織の推薦で票を集めて当選するのが普通。ノックのようにまったく組織ナシに立候補して浮動票を集めて人気だけで当選は考えられなかった。その点、彼は先駆者であった。

02knok 浮動票と呼んで浮き草のような主義主張のない人のように考えられていた。今みたいに無党派層と呼んで、政党がビクビク恐れる対象ではなかった。人気があっても、投票してもらえるとは、候補者自身も思っていなかった。他の政党も固い固定票が票であって、浮動票はあてにならないと見ていた。その浮動票で当選したから、青島幸男と横山ノックは奇跡みたいに思われた。トップが石原慎太郎が300万票、2位が青島幸男が半分の150万票だったと思う。

Yokoishoichi この時期から、ケロっと選挙民の意識が変わってきたんだが、そういう票が全国で少しずつ集まると、当選に達する票になる、それを嫌った党組織がこぞって全国区をつぶして、二大政党だといって選挙制度を組織政党ばかりが出るようにして、選挙が面白くなった。全国で36万から40万人の支持があれば国会議員になれたから、有名人が出た、出た。恥ずかしながら、帰ってまいりました、といったグアム島で発見された横井さんも出たし、・・・・横井庄一 - Wikipedia 落選したけど。1974年6月

087fichikawa1 ノックさん、二院クラブでそれなりの活動をした。市川房枝さんが健在の間は、二院クラブも青島幸男と一緒に活動した印象である。その後、青島は都知事、横山ノックは大阪府知事に出た。ノックの人気はすごかった。

あんなはげで、つけひげのようなカツラをつけたお笑い芸人が府知事になるのは、東京だったら、そうはイカンだろう。大阪だからよかった、と違うか。大阪だから、おばちゃんやおっちゃんに絶大な人気がそのまま票に結びついたんだろう。

04knokk 二期目は、4年間の成果もあっただろうし、当選して当たり前というおごりもあっただろう。芸能界では、多少の脱線も見えんように仲間がカバーしてくれる。選挙カーの中で、ウグイス嬢にわいせつ行為をした、とウグイス嬢が告訴しなければならないほど、の悪さを横山ノックはしてしまった。ウグイス嬢は逃げられない走行中の選挙カーの中の行為は、相当悪質だわ。

■犯行の状況■1 午後5時半ごろ、被告人は休憩するとして候補者カーを降り、追従していたワゴン車に移った。 

2 被告人は右隣に座っていた女子大生に「お前にも、毛布掛けたるわ」などと言って、二つ折りにした毛布を女子大生の腹部から下半身に掛けると同時に、毛布の下で、右手をズボンのウエスト部分からその中にすっと入れ、徐々にその手を下におろした。 

3 女子大生はいきなりそのようなことをされてびっくりし、背筋がぞっとして体が硬直してしまったため、暴れたり声を出したりして抵抗することができなかった。被告は力を入れて繰り返し両足を開かせ、その都度女子大生は両足を閉じた。被告は約30分間にわたり、女子大生の下腹部を執鋤(しつよう)に触り続けた。女子大生は一連のわいせつ行為から逃れる方法を必死で考えた末、前を走っていた候補者カーに乗り移るしかないと思い、ワゴン車の運転手に「トイレに行きたいんですけど」と言ったところ、被告人は運転手に対し、右前方に見えていたガソリンスタンドに車を止めるように指示して、両手を動かすのをやめた。

4 しかし、女子大生がトイレから出たところ、すでに候補者カーは出発していたため、乗り移ることができなかった。被告人らから、手招きをされて早く車に乗るよう促されたため、乗車を拒否する口実をとっさに思いつくことができず、また、ガソリンスタンドの従業員に助けを求めるなど、わいせつ行為を表ざたにするまでの勇気はなかったので、やむなくワゴン車に乗り込んだ。

 5 女子大生は被告人のわいせつ行為に対し、左足に力を入れて踏ん張るなどしたが、それ以上に手で被告人を押しのけたり、声を上げて抵抗することはできなかった。女子大生は被告人が平然と下半身などを触っている態度をみて、被告人が暗に「抵抗できんやろう。知事には逆らえんやろう」と言っているように思われ、抵抗すれば、その場で被告人が恥をかかされたと思って怒り出し、逆恨みしてもっとひどい目に遭わされるかもしれないという恐怖を感じていた。

 女子大生は依然、駅のプラットホームで痴漢に遭ったとき、大声で叫んだところ相手の男を怒らせてしまい、その場から逃げても更に執ように追いかけられたという恐ろしい目に遭った経験があった。抵抗をしたときには、知事である被告人から、人を使って報復されるおそれがあるとも考えた。 しかも、女子大生はワゴン車に乗車していた運転手及び警護の私服警察官は、被告の部下であると考えていたので、彼らに助けてもらうことは期待できないなどと思い、助けを求めるという行動には出なかった。

6 被告は午後6時前ごろ、堺市内で停車し、運転手と警察官が降車した後、下着から右手を出し、「おまえ、生理中だったんやな」などと言い、左手で女子大生の左乳房をトレーナーの上からなでるように触った。その際、被告人は女子大生に対し「お前の誕生プレゼントにヴィトンのカバンと財布買うてやったで。メシでも食いに行こう。連絡先は後で渡す」などと言った。

03knokk 告別式で、誰か大阪の喜劇人は「あれはなかった、と思う」と言っていた。身内の仲間からは、相当好かれていたんだとは思う。しかし、それは芸能人の常識は、非常識だということだろう。

それと違うが、芸能人だと、近づきたがる一般人はどういう神経だろう。ホテルにまでヨーロッパ系の芸能人、音楽家、有名人が来ると行く女性は多い。あれは、飢えた狼にえさを持っていくようなもの。

060914uekusa いくら天才的な才能を持っていても、それは才能は優秀だが、下半身は並の神経、並のマナーしかない。植草教授を見ても、優秀な才能があっても、相当ゆがんだ欲望が体の中にある人も多い。それを抑えるのが理性というものだが。外れてしまうと、事件であり、法にひっかる。横山ノック、この一事で、大阪府知事の地位も名誉も吹っ飛ばしてしまった。

Md20070704795384_web 日本に来たら日本の女の子を「食う」のを楽しみにしてる外タレが多い。才能があって尊敬しても、それはそれ、下手に部屋に入って暴行を受けて泣きを見るのは、女性。女の子がその点を知らない、と(最近父が亡くなって再デビューした)山口美江が言っていた。彼女は芸能界を冷静にみている、と思った瞬間だった。00008_194 

墓碑銘 坂井泉水の死に『負けないで』 宮沢喜一氏死去 和魂洋才の系譜 羽田健太郎は惜しまれて逝った  松岡利勝農相、午後2時死亡確認 パンパカパーン!横山ノックのわいせつ  わかっちゃいるけど、植木等の死

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

矢部太郎(カラテカ)不思議な魅力 

Yabe01  「進ぬ電波少年」に矢部太郎が出たが、こんな変わったキャラクターがいるのか、と思うほど。同じ教室にいると、いじめたくなるような弱々しさがあった。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Yab しかし、韓国のどこか一室に閉じ込められて、韓国語を覚えないと賞品やおまけで生活する不思議な企画だった。お笑いの一環でやっていることだが、矢部太郎は覚えが早い、そういう印象があった。

朝日新聞(19年5月6日)に「おやじのせなか」というコラムに紹介されていた。彼自身の育ちがよくわかる。親父さんは絵本作家、彼もその素質はどこかにある、そんな期待感で見てしまう。

1977年6月30日生。血液型AB型。身長158cm、体重39kg。東京学芸大学中退。父は絵本作家のやべみつのり。立ち位置は右で担当はボケ。 趣味は読書と音楽鑑賞。
『決定!これが日本のベスト100全国一斉○○テスト』では伊集院光らを抑え雑学王に輝いた。 英語、フランス語、スワヒリ語、韓国語をはじめ、11ヶ国語もの外国語が話せる。「進ぬ!電波少年」にて11ヶ月でスワヒリ語、モンゴル語、韓国語、コイサンマン語の4ヶ国語をマスター。

細木数子の番組で、彼女のテーブルへ矢部太郎がボーイに扮して料理を持って行って、わざとこぼす、それを繰り返すのが企画だった。ところが、細木数子の怖さを知っている矢部は出る前から、手も足もガタガタと震えていた。

93958_1 テーブルにこぼして、失敗というか、細木ににらまれて縮み上がっている矢部の姿、まさにそれが視聴者が見たいシーンである。矢部のキャラクターがそのままピッタリはまる。演出というようり、矢部の現実である。視聴者には、彼の心情そのものが伝わる。

彼は、今年、石原 良純(62年1月15日 - )木原実・森田正光・真壁京子と同じ、競争率20倍の気象予報士の資格を取った。勉強が苦にならないように見える。

矢部 太郎(1977年6月30日 - )とは、東京都東村山市出身の吉本興業所属のお笑いタレント、俳優。相方、入江慎也とカラテカを結成した。血液型はAB型。同姓が多いので、「カラテカ矢部」と紹介されている。東京学芸大学教育学部国際理解教育課程欧米研究専攻中退。父は絵本作家のやべみつのり。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

電波少年では、猿岩石ドロンなすび坂本ちゃんチューヤン(香港)など、強烈なキャラが出てきたなかで、矢部太郎のひ弱なキャラで沈んでしまいそうだった。それが一番将来性がありそうだ。00008_14_44

矢部太郎(カラテカ)不思議な魅力      カラテカ矢部 彼女ができる!

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月 6日 (日)

竹久夢二をめぐる女たち

Yumezi 大正のロマンを売る店として、竹久夢二の妻たまき(岸他万喜)が生活のために夢二の作品を商っていた。

最初の妻たまきは、母としてしっかりしていた。二番目の妻というか、同棲相手になったのは、17歳か18歳の笠井彦野。彼女は学生で夢二に絵を習うことから恋しあう。典型的に大正の女だったのか、胸を患い、数年で亡くなる。彦野23歳、夢二35歳

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Oyou_g01 お葉と夢二  竹久夢二について
 竹久夢二は、明治末から昭和初期にかけて活躍、一世を風靡した詩画人です。大正の歌麿とも言われているように、その作品には市井のくらしに根付いた喜びや悲しみが表わされ、一世紀に近い時を経た今も人々の心を魅了します。美人画はもちろん、子供画や晩年は日本の山河を多く主題としました。
 また、木版画の制作、楽譜や表紙装幀にも携わり、浴衣・半襟・手拭いなど日々の生活に用いるもののデザインにも情熱を注ぎ、日本のグラフィックデザイナーの先駆者として多くの素晴らしい作品を残しました。

Yumezi_1 彦乃と夢二 朝日新聞のBe版に紹介していたのは彦乃だった。はかなげで夢二モデルにはいいかもしれない。早くに亡くなって心に残る。子持ちの年の離れた男に夢中になっている娘を親父さんは反対するのは、当然。秘密の名前を使って、文通を続けていた。

うまく理屈をつけて、父親の所から出て夢二と同棲を始める。北陸の温泉地へ行く。湯涌温泉。その時期が二人にピーク。その期間は短かった。

  夢二さんはいつまでたっても好きな人だと思った。好きだというより離れられない人だと思った。自分はどんなにか幸福か知れない。(10月12日)彦乃日記から

Take_01翌年の夏、二人で別府温泉に旅行中に喀血して彦乃は父親が連れて帰る。それっきり、死に至る。再び二人は会えないで永久の別れとなる。これが夢二の印象を強くする。

彦乃を失ったのち、お葉と知合う。外見はモデルになるような美しさがあり、彦乃の代役になるが、性格は奔放で夢二は振り回される。

夢二を画Script家として見ると、素晴らしい作品を多く残して、大正時代の歌麿と呼ぶひとさえいるが、絵を知らない人、温泉宿の親父さんは「なよなよしい」男と見ている。身勝手をやって一生をすごしたんだ、ともいえる。

好きな女を妻にして、多くの女を・・・という男から見たやきもちも入って、毀誉褒貶の激しい人物でもある。

Take021大正時代に育った女性は、多くはこの女性像に憧れを持ったと思う。友人の母親が、体が弱く細身で浴衣をきて静かに大正琴を弾いている姿を見たとき、「夢二の絵から出たのか」と思ったほどだった。

そのお母さんも今、95歳を越え、先日躓いて転び大たい骨を骨折したと聞いた。もう大事にしないといけない歳になった

なんでも鑑定団 新発見 夢二の恋人

竹久夢二をめぐる女たち

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (1)

2007年5月 5日 (土)

相模川こいのぼりの吹流し&孫娘

Aaa4258Aaa4265_1相模川のこいのぼりの吹流しのイベントに行ったと思ってください。なかなか人出でした。特に最近は車で来る人が多くで、道路の渋滞、従って駐車場が満杯で止められないのが、悩みのタネ。という私たちも車で来ているから、文句も言えないが。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Aaa4311_1さて、わが家の孫娘たち、お互いに会いたがって前の晩から眠れないほど興奮している。最初はお手つないでニコニコ、仲良く遊んでいる。ところが、しばらくすると、相手の持ち物を欲しがリ始め、いさかいが絶えない。

Aaa_4319最初、仲良く二人が坐っていたのだが、ヒナがビーチサンダルを履いているのを見つけ、アイラがそれを貸して、と脱がしにかかる。いけないとか、相手のものという我慢がない。2歳は原人間、理性という皮がないから、欲望のまま行動するのが見える。人間研究には、ぴったりの素材だ。

Aaa_4322実に見事な女の欲望と争いが見える。きょう着ているTシャツもまったく同じになっている。二人は2歳9ヶ月と2歳8ヶ月、一ケ月の違いだけど、性格がかなり違う。コレが大きくなっても仲良く影響しあえるなら、いいが。

Aaa4321

脱がされたビーチサンダルを取り返すためにヒナがアイラに引っ張り返す。そこで、アイラは自分の履いている靴を脱いでヒナに「コレを履いて」と寄越すが、それはヒナが気に入るはずもない。返して、返さない、コレ履いて、履かない・・・とケンカになる。まったく同じものを与えていないと、取りっ子してしまう。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月 4日 (金)

中国の模倣、偽ディズニーランド

7_1中国の「石景山遊園地」は20年以上前にできた遊園地で年間150万人の入場者がある。「ディズニーランドは遠いからこっちへおいで」と書いてあるらしい。白雪姫と小人たちのキャラクターを真似たぬいぐるみそっくりさんが園内を歩いている。ディズニーグッズのマガイモノを販売している。日本の生み出したキャラクターのドラえもんもぬいぐるになって真似している。

電話取材に対して「グリム童話」をテーマにしているんだ、と答えたそうだ。中では、キャラクターと一緒に写真を撮ると、日本円で60円だったか、それいくらいのチップ?袖の下?わいろ?をぬいぐるみをかぶっている人に要求される。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

2007050200000025scncnview000このチップが案外、みなさん従業員の収入として重要かもしれない。あちこちの国では、このチップが従業員の収入になっているようだ。今日本では考えられないが、もめごとがある時には金を握らせると解決する。そういう習慣を当然とするお国柄が現実としてある。なぜかといえば、国が貧しいからだろう。その現実を無視して、アメリカと同じ基準にしろ、と振りかぶっても,、基本が違うから難しい。

5b15d 中国では、海賊版のCDが極当り前に販売している。平然としている。中国の人のCDを見せてもらったが、ほどんど海賊版を上海で買ったとか、香港で買ったと、説明してくれた。車にしてもそっくりな日本製自動車をコピーして販売している。

極め付きは、NECという名前の会社を作ってNECという名刺を持った社員がいる。そこではNECの製品に模倣品を作っているそうだ。クレームがあると、本物のNECに連絡があるから、すぐわかるとか。

39 ここまで徹底した会社が存在できるには、国民の意識が日本や西欧と違う精神構造でつき動かされてからだろう。チップ問題や、模倣品、偽ブランド、偽キャラクター問題は、先進国と同じ基準で「知的所有権」を考えることは違うかもしれない。

先を走る国々のいうシステムに網を掛けられて、7652 後追いの国々が追いつこうとすると知的所有権と称して、売上の多くの部分を取り上げられる。

それを日本はディズニーランドなど、ブランド利用して正直に払って利益を吸い上げられている。これは正当な権利とはいえ、合理邸な理屈で支配されていることだ。

7653 「知的所有権」以外にもあるんだろうが、なんだカンダと先に発見した、先に発明したと、権利を占有する。領土占有みたいに、発見発明した人の権利や利益を保証するんだろうが、この「知的所有権」はくせものだ。この「知的所有権」という占有ですべて決められたら、後進国は丸裸にされてしまう。

7654 日本のマスコミも、「知的所有権」という魔法に絡め取られている。声を出せ。ビルゲーツみたいな大金持ちを生むのは、おかしい。地道に稼ぐのがバカらしくなる社会を批判しながら、黙っている。先に見つけた、先に発明したといっていることを見直すべきだと思う。富も知恵も公平に人間の財産にする知恵が必要だ。

7655 この「知的所有権」の合理性、一見合理的だが、これを破らないと、発展途上国は懐の中まで占領されてしまう。多少の利得はいいとして、利益を取りすぎている、と多くの日本人は気づかない。法に守られた合理性のウソを見破る眼力をつけないと、アメリカにコミやられる。アメリカとか、先進西欧はコスずるいから、気をつけよう。

7656 アラブのイスラムは、経済的には弱体だが、アメリカに絶対頭を下げたりしないプライドがある。イスラム(モスリム)の教えにキリスト教思想のギマンを見抜いているのかもしれない、と私は個人的に思っている。

詳細の数字は把握していないが、ビル・ゲイツの儲け方、ディズニーランドからアメリカに流れていくお金を見ていると儲けすぎ、取りすぎ、アメリカの独占がひどすぎる気がする。これを国民全体が知ったら、暴動が起きても不思議ではない。

7657 日本の政府は「アメリカに負けた」国の立場で一貫して通しているから、絶対反抗しない国と思われている。これで日本は安寧を保ってきたのは、たしかだが。

中国は違うようだ。国民の知識不足もあるだろうが、真似して偽物で儲ける業者の立場を黙認している。政7658 府要人は意図的に放置してる。そう見える。イランやイラク(アラブイスラムの諸国)も、アメリカの支配、領土も金も支配されまいとしている。それらの国は、500年後のアメリカの凋落をにらんで行動している、かも。

個人的に親しい中国人は、CDに正規のお金を払うのはバカらしいという。それが多数だ。音楽も無料ダウンロードが当り前、中国の大卒エリートでも多くがそのような意識だった。今は少し変わってはいるが。基本に低賃金のベースが違うから、しょうがない点もあるだろう。

中国も意識は行き過ぎかもしれないが、日本はアメリカの専有権や知的所有権に抵抗しなさ過ぎだ。「知的所有権」は形を替えた植民地支配だ。これに気づけよ。法律という文句が言えない、見えない網で、先進国から絡め取られて支配されている。

西洋、アメリカの真似して、日本はアニメを世界に売り出す。結構だけど、植民地路線で満州を作って失敗したアレと同じ失敗をしないように、日本の利益だけだなく、現地の実情、国民の利益になるようにしないと排斥される。日本は西洋の知的所有権と違う色付けしたい。00008_14_41 

  中国の模倣、偽ディズニーランド   温家宝 氷をとかす旅 裏の狙い   「ロシア油田」中国と競合から考える 昨日の石景遊園地 

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
感想をコメント欄↓へお書きください

| | コメント (6)

2007年5月 3日 (木)

語り継ぐ戦争体験

War01_1 戦争に行って苦労した人は、もうわずかな人たちになった。自衛権で国を守るとか、独立国として当然と議論をするが、実際に戦う人と議論をリードする人は違うんだから、いい気なもんだ。

二十歳前後の若い人を戦場に送るのは、みんな年寄りだ。戦って傷つくのはみんな若い人だ。政治の動きに無関心でいると、戦場に送り込まれる人を決められていまう。

美辞麗句をなれべて、ニコニコして握手する政治家をチェックしていないと、私たちはニワトリで彼らは飼い主、そんな関係になっている。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

小学生ころ(昭和20年代)戦争が終わって数年経ったころ、年配に人がよく戦場の話をしてくれた。そのころ、年配と思っていたが、あれは30代半ばの人だろう。

満蒙・・・満州や北支のこと、で馬賊を追いかけて銃撃戦になって、手綱を持っていた左手を吹っ飛ばされても気づかないで帰営して馬から下りて気づいた、そんな話を聞いた。それは、話した人が見聞した話だが。そのとき、心臓を打ち抜かれたが、胸にタバコケースを入れていて助かった、とその人は言っていた。

夏の夕方、通りに縁台を出して近所の人は涼んでいた。そこで、戦争から帰ってきた人は、周りの子供に自分の体験話をしてくれた。30代の人が戦争に行って、人も殺したり、味方が死んだり、こちらにいる子供には言い知れない大きなバックが見えて、迫力があった。

町には、催しや縁日には、必ず傷痍軍人が傷付いた足や手、義足、義手を見せて、アコーデオンで「ここはお国の何百里、離れて遠い満州の・・・」と弾きながら、通る人の同情を買っていた。

日本軍軍人が、この体たらく、恥をしれ、と言う大人もいた。軍人が乞食まがいなことをするのは我慢ならない、そう思われても、働くこともできないし、手を失い、足を失い、どうやって食っていくのか、と逆に言われるかもしれない。

帰郷してから、居場所のない人が全国に浮浪していた。町から町を回っている酔っ払いのような元兵隊もいた。見たこともない人がよっぱらて倒れている、と子供が囲んで見ている。そういう人は、家にいられずに行き倒れているのだった。今ならホームレスだろう。

戦争とは、そういう悲劇が、あとから後から出てくる。健全の体の人が、片手、片足失う。命を失うほうが楽だと思うくらい、生きていくのが大変になる。

そんな現実を知っている人が大多数だった頃に平和を願ってできた憲法なんだよ。戦争を知らない人が政治の中心に来ると、日本の憲法は変えたくなるんだね。君たちが背負っていく日本は、君たちが決めればいい。そう言って、責任を放棄していいのか。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (1)

2007年5月 2日 (水)

「恋から」出身者 練馬区議に

01005518 小林興起の主宰する政経塾卒という経歴で、練馬区の区議に立候補して倉田麗華 4643票を得て当選した。

「恋の空騒ぎ」13期では目だった発言はなかった。中段9人中で右から3人目に倉田麗華いた。25歳の若さで区議になる狙いは、かなりしたかかさがある。彼女の足を引っ張るより、これからいろいろ学んで、小沢遼子並の世間を見る目ができたらいい。

小沢遼子 埼玉県立浦和第一女子高等学校、法政大学社会学部心理学科卒業の後、広告代理店、出版社勤務を経て、1967年(昭和42年)、当時継続していたベトナム戦争に異議を唱えるため、彼女は"埼玉ベ平連"(ベトナムに平和を!埼玉市民連合)を結成し、自ら代表としてベトナム反戦運動を展開した。
1971年(昭和46年)、統一地方選挙浦和市議会議員選挙に立候補し、最高得票で当選した(革新系無所属)。以後三期連続当選。1983年(昭和58年)には埼玉県議会議員選挙に転じ当選(革新系無所属)。1987年(昭和62年)、二期目を目指した県議選では高校の後輩で同じく浦和市議会議員だった岡真智子(現在はさいたま市議会議員)が日本社会党公認で立候補。ともに革新系で支持層が重なり、支持者を奪い合った末に落選(岡は当選)。以後政界を退き、社会評論家として活動するようになる

全国ネットの放送でセックスフレンドが3人、彼氏も3人いるなど発言して話題を呼んだ。年収2000万以上の男じゃなきゃ生活 が成り立たない、とかなりの浪費家でもある。この度、東京都練馬区議選に国民新党公認で立候補することとなった。

彼女自身、番組内で政治の話などしたこともなく、国民新党がなぜ彼女00017_2_1を推薦したかは大変興味深い。

メンバーでは中段右端が吉本真佐美。ちなみに左端は、自称床上手の社長横井由香(31歳)、最上段のめがねの府中文江に比べるとキャラが薄かった。

それが練馬区では人気モノだったが、高位で当選は、ちょいと驚きだ。

Kokuminnshinntou 00002_32当選した区議は50名いて、始めての立候補で基礎票も組織もなく、定員50名中13位とは、かなりの人気だ。いい加減の投票であると批判があるだろうが、全然知らない新鮮な感覚で見る人が多いほうがいい。練馬区議定員50名はちょっと多いな。00008_164 

恋のからさわぎ 男は苦労する  「恋から」出身者 練馬区議に

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2007年5月 1日 (火)

ホワイトタイガー 白虎隊仕立て屋

Sitateya2         

 テイラー ホワイトタイガーは、「白虎隊」の英訳だった。この店名から叔父さんは、福島出身だな、とわかった。
 文京区に住んでいた叔父さんは、チョビヒゲを蓄えて威張っていたらしい。「らしい」というのは、私が上京した昭和33年にはもういなかったからだ。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

 ワンマンで、お針子に手をつけて、子どもを生ませた。妻である叔母は縫い物が出来ないから女中代わりで、若い女が妻の座に座っていた。
 生活費も充分でなく、叔母はいつ追い出されるか、ハラハラするような立場だった。それでも虎の子のお金五十万円を帯に隠し持っていた。札束はオヤジに見つからないように隠し続けていた。風呂に入るとき以外は肌身離さず持っていたが、とうとう見つけられて、汗が滲んで色の変った五十万円は取り上げられた、という。
 私が上京したのは叔父が死んで3年目くらいだったと思うが、叔母はまだその頃のことを思い出すと悔しそうだった。

 叔父はガンだとわかってから、私の長兄が勤めていた東京医科大付属病院に入院した。
 助からないとわかって、愛妾は自分の生んだM雄を置いて九州福岡へ帰った。 女の子に九州で再出発ができるように叔母が図ってやったと言えば聞こえはいいが、背負わなくていい苦労を選択し、叔母は50代半ばから成さぬ子を養育した。M雄に実母の存在を教えず、「お母さん」と呼ばせていた。

 臨終に叔父は「オレが悪かった」と謝り、叔母はその言葉で苦労が報いられたと思い泣き、すべてを許したそうだ。簡単に信じる単純さが、よきにつけ悪しきにつけ叔母の一生について回った。

 戦時中の爆撃下を文京区動坂周辺で居残っており、都立動坂病院敷地にあった防空壕が直撃弾を受け多くの死者を出したときも隣組責任者として活躍したらしい。不在地主の焼け野原を占拠してしまったのか、叔父は動坂に二軒家作を持っていた。叔父の残した家作土地は叔母が引き継ぐことになった。名義は娘になっていたが、それらが自分の物になって文句はなかったからか、叔母はそのへんの事情はあまり詳しくは語らなかった。

 昭和10年頃、靖国神社の境内で、和装で着飾った横向きポーズの叔母の写真が、田舎には何枚かあった。ハイカラな叔母がなお一層演出されて写っていた。斜向きポーズは誰が教えたのか、昭和20年前の女性の写真にこれが多い。これが、洋服仕立て屋をする前、写真屋をやっていた叔父が写した写真だ。

 バツイチの叔母は自分の産んだ長男を祖父母のもとに残し、中津川から逃げるようにして東京に行き、数年後彼氏を中津川へ連れてきた。その彼氏が叔父である。

 そのとき叔父が田舎の祖父母を撮った大きめの写真が何枚か残っている。小津安次郎映画の一場面のような写真だ。だいぶ姿勢を直して、時間かけて撮ったのがわかる。これらの写真も叔母と結婚するために小道具に使われているな、と今なら私にもわかる。田舎の人たちには「口八丁、手八丁の、いい男を連れてきた」との評判だったらしい。

 叔父の表の顔は、文京区を地盤にしていた鳩山一郎(鳩山邦夫、由紀夫のお祖父さん)の選挙参謀で文京区の番頭で地元の顔役だった。首相にまでなった鳩山一郎の子分をやっているのだから、地元では何でも自由自在の実力者だった。

 叔父が亡くなって四,五年後でも、叔父に世話になったという人が、
「姐さん」といって叔母にメシ食わせてもらいに来て数日泊まって行った。下宿していた私はヒマに任せてその人の相手になっていた。
「あの人がお礼にといって立派な革の財布を置いて行った」
 と、伯母はその財布を見せてくれた。もちろん財布の中はカラだが、後から「あの人はスリだ」と教えてくれた。

 従姉の話によると、高校に入るとき不合格になったので困っていると、「よし、何とかしてやる」と文京区内の音羽町にある私立女子高校へ乗り込んで、校長と面談、入学式の数日前の娘を入れてしまった。

 私は上京した当時、叔母には数年お世話になった。困ったときには親身になって気遣ってくれる優しい叔母だった。
 しかし、「人生の大事なところで、選択を間違える」と、兄であるウチの父はかつて言っていた。たしか、口のいうまい他人に騙されることが多かった。
 叔父の死後、店先をお茶屋さんに貸していて、この人に印鑑証明書を使われ借金の保証人にされて損したと、叔母はこぼしていた。

 その後、叔父から引継いだ家は都の区画整理で新しく建て直された。ところが、10数年後、その家も娘の夫となった男に権利書を持ち出され事業の担保にされた。借りた金を返済しなかったので差し押さえられて、平穏な生活から一朝にして叔母は身ぐるみ剥がされるように家から追い出された。

 家財を外に放り出されたその日、叔母は執行人に狂ったように文句言っていたらしいが、後の祭り。叔父から受け継いだ不動産は一切なくなってしまった。

 その後、娘と同居したが、東京にも居ずらいのか、祖父母の実子にして置いてきた息子の中津川の家(実家)に時々来た。滞在が長くなると、田舎の実子にも厄介視され、東京へ帰ってもらいたい様子に見えた。

 92歳で亡くなったとき、新宿の葬儀場で、昭和30年代に世話になったメンバーが一同に会した。
 かつて叔母に世話になった双子を生んだ従姉、田舎の先生から東京に出てきた従兄、今は養子先で水道工事の会社の社長なった仕立て屋修行中だった男の子、弁護士を目指し勉強中だった従弟、「お母さん」と呼んで育ててもらった息子も来ていた。身内全員が集まった。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »