« こども世界 大騒ぎ | トップページ | 米国は、なぜ北に金融解除するか »

2007年3月16日 (金)

誰が勝つか 都知事選 石原氏袋叩き

1901 都知事候補者の討論会があったが、東京オリンピック開催が一番焦点になっている。これをはっきり開催を主張している石原慎太郎に対して他の3候補(浅野史郎、丹下の弟子黒川紀章、元足立区区長吉田万三)は反対、ここが一番明確に対立軸になっている。

吉田万三さんが一番早く立候補の意思表明しただけあって、準備が整っている。ホームページも良くできている。公示日には、これは止められるだろう。

私の大事にしているのは、人柄、目線という点、これは討論しにくいだろうが、大事ではないか。

読み始めたら、ここで木戸銭と思ってクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる 

Ishihara 石原、浅野、共産党候補が、1,2,3位となるのは大体予想がつく。世論調査では、石原の支持が少し下がっている。そこが、浅野史郎のチャンスか。

公示日前が選挙の一番面白いときだ。票は全体で大体400万票らしい。そのうち共産党の固定票が40万票、その残りを石原対浅野、黒川で分け合う。従って、勝者は200万票を取った方となる。

8年ぶり公開討論会、五輪で石原氏袋叩き日刊スポーツから記事引用Tokyo02  ↓写真(朝日新聞から借用)

Asano_1  東京都知事選(22日告示、4月8日投開票)に立候補を表明している有力候補4人が15日、都内で99年以来8年ぶりとなる公開討論会を行い、激論を交わした。最大の争点は2016年に招致する東京五輪。推進派の石原慎太郎都知事(74)が「五輪を引き金に東京に道路をつくれる」とつい本音を漏らすと、3氏が猛反撃を仕掛けた。五輪計画再考を唱えていた前宮城県知事浅野史郎氏(59)まで反対論を展開。やはり五輪賛否が選挙戦のキーポイントになってきた。

 開始1分で入場制限され、1700人が集まった公開討論会で盛り上がったのは東京五輪の賛否論争だった。

 公務のため約40分遅れて会場入りした石原氏の登場を待って、五輪論議がスタート。賛否アンケートでは建築家黒川紀章氏(72)と元足立区長吉田万三氏(59)、浅野史郎氏がそろって「×」パネルを掲げ、ぶ然とした表情の石原慎太郎氏だけが「○」を高々と上げた。

Kurokawas  まず黒川氏が「五輪のために石原都政は後退した。ディーゼル車対策推進費は06年度が32億円だったのが、来年度は28億円。五輪にかかる金が全体を引っ張っている。まあ、無理しなさんな」と友人らしく石原氏に語りかけた。吉田氏は「五輪の名前で大型開発を進めているようだ。(跡地がメディアセンターになる)築地市場の移転の問題も同じ。五輪は白紙に戻すべき」と厳しく言い放った。

 浅野氏は「大きく息を吸い込んで、ストップというのも、ゴーというのも早い。基本に帰ってよく考えよう」とこの時点では構想見直しを強調した。

 対する石原氏は「人間、国家は夢がないと生きていけない」と切り出し、つい本音が出た。「五輪が決まれば国が動かざるをえない。東京の欠点は交通渋滞。五輪を引き金に東京の暮らしがよくなる」と道路建設を五輪招致の理由として挙げた。

Yosida_t220_1   ここから3氏が猛攻を見せた。吉田氏は「苦しい理由付け。過去に近隣国への暴言を謝っていない。アジアの協力得ずになにが五輪開催か」と訴えた。黒川氏も「運輸大臣時代はリニアモーターカーを通して首都移転しようと言ったではないか」と首都機能移転派だったことをバラした。

 様子見だった浅野氏も「夢というのは良かった。でも朝日新聞でおっしゃっていたように国威発揚の手段にスポーツを使うのは美しくない。広島や長崎で実施するならまだしも、東京で行う意義が分からない」とバッサリ。

 最後には石原氏も「五輪開催は国威発揚とかが目的ではない」と反論するのが精いっぱいだった。今回の論戦で、今後、東京五輪問題が、選挙の行方を左右する要素に浮上したことは間違いない。00008_136 日刊スポーツから引用

  都知事戦 石原慎太郎VS黒川紀章 石原慎太郎VS浅野史郎 都知事選 石原慎太郎 都知事当選の軌跡  誰が勝つか 都知事選 石原氏袋叩き  桜金造 なぜ都知事選へ立候補?   予想:当選石原慎太郎180万票

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

|

« こども世界 大騒ぎ | トップページ | 米国は、なぜ北に金融解除するか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こども世界 大騒ぎ | トップページ | 米国は、なぜ北に金融解除するか »