« 松岡事務所には浄水器はない | トップページ | 人生、敗者復活戦で勝ちあがれ »

2007年3月 9日 (金)

海老名香葉子 あした元気になーれ

Okamisan アニメあした元気になーれ3月10日、東京大空襲の日、家族が死んで、香葉子さんが12歳でひとりぼっちになってから、どう生きてきたか、それが書いてある。一人で生きることの難しさ、悲しさが一杯詰まっている本。

解説を読むだけで、悲しくなって、涙がこぼれてくる。戦争と言うのは、兵隊だけの戦いではなく、生き残った者も、苦しい生活を余儀なくされる。それを海老名香葉子さんは訴えている。

下町江東区を中心にアメリカ軍のB29の大空襲を受けて大半は焼けて、死者10万人。ベトナムやイラクではなく、日本の東京で、10万人が焼け死んだんだから、すごい話だよ。アメリカが、我々同胞を10万人を殺したんだよ。一人、二人を殺したのとは、訳が違う。家も焼き尽くして、逃げるとこもなく、川に飛び込んでも、火は空気も焼き尽くし、吸う空気さえないのだから、多くの人は死んでしまった。

読み始めたら、ここで木戸銭と思ってクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Logo_001 ストーリー
Aatop004 かよ子の家は東京の下町にありました。代々続く釣り竿職人の家で、お父さん、お母さん、おばあさん、それと五人の兄弟の八人で仲良く暮らしていました。 
しかし、かよ子が小学校低学年の時、アメリカとの戦争が始まると楽しい生活はいっぺんしてしまいます。はじめは国外が戦いの場だったのですが、しだいにアメリカ軍が日本にせまり、空襲の被害を受けるようになります。東京も危険になってきて、かよ子は家族と別れ、ひとり静岡県沼津にあるおばの家に疎開することになりました。
昭和二十年三月十日の未明のこと、空襲警報が鳴りわたり、かよ子たちは山の中に避難します。ものすごい数のアメリカ軍の爆撃機が東京に向かっていくのがみえ、かよ子は東京にいる家族の無事を必死に祈り続けました。
 その時、東京は大空襲に襲われていました。一万二千発もの焼夷弾がばらまかれ、下町一帯は火の海となっていたのです。そこには、かよ子を豊かな愛情で包んでくれた暖かい家族と、竿作りを営んでいた生家「竿忠」もありました。
何日も家族と連絡がとれず、安否を気づかっていたかよ子のもとに、兄のきさぶろうがやってきます。
「皆無事だよね、元気にしているよね」と、かよ子は兄に問い質しますが、きさぶろうはなかなか答えてくれません。
「皆死んじゃった。母ちゃんも、父ちゃんも、大兄ちゃんも・・・」きさぶろう以外の家族全員が亡くなっていたのです。
戦争が終わり、かよ子は東京・中野のおばの家で暮らすことになりました。きさぶろうは行方知れずで、おばはかよ子に冷たくあたります。それでもかよ子は家事を手伝いながら、きさぶろうとの再会を夢見て頑張っていました。ひとりで電車に乗って、田舎の農村まで買い出しに行くこともありました。
そんなある日、おじとおばが、かよ子たち一家が住んでいた家の跡地を売り渡すという話をしているのを聞いてしまいます。思い出がつまったあの場所が人手に渡ってしまう・・・。かよ子はおばの家を飛び出します。

45802799 かよ子は、きさぶろうを探し歩き、ようやく浅草で再会することができました。きさぶろうは闇市で商売をしていました。戦災孤児仲間のリーダーになっていて、たくましく生きていたのです。かよ子は一緒に暮らしたいと訴えますが、おばの家に帰るよう言われてしまいます。闇市で生き抜いていくことは大変なことで、妹への思いやりだったのです。
しかし、兄と一緒に暮らすことを楽しみにしていたかよ子は、願いがかなわず悲しくてしかたがありませんでした。かよ子がしょんぼりと座り込んでいると、通りかかった復員兵が、「これを食べて元気を出しなさい」と、さつまいもをくれたのです。復員兵に優しくはげまされ、かよ子は、また元気がでてきたのでした。

海老名 香葉子(えびな かよこ、1933年10月6日 - )は、日本のエッセイスト、絵本作家、作家である。参照  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Ebinaphoto3 海老名 香葉子 東京府東京市本所区(現・東京都墨田区本所)出身。第二次世界大戦中、静岡県沼津市に疎開。そのさなかに起きた東京大空襲で両親・祖母・兄二人・弟の家族6人を亡くす(三兄の中根喜三郎(現・釣竿職人)のみ生き延びる)。身寄りを亡くしたため、親戚をたらいまわしにされるが、父の知人であった3代目三遊亭金馬に引き取られる。金馬の家に7代目林家正蔵の妻が出入りしていた関係から、3代目林家三平と結婚。三平の芸能生活を陰からサポートした。

自身の戦争体験を絵本などにまとめ、平和の尊さを訴えている。講演活動やテレビ出演も多い。また、週刊誌などで人生相談の回答者としても活躍している。

海老名美どりと泰葉は娘、9代目林家正蔵と林家いっ平は息子。峰竜太と春風亭小朝は義理の息子。下嶋兄は孫。

2006年10月、政府の教育再生会議委員に就任。

2006年11月、現在護憲政党である日本共産党の赤旗まつりで党書記局長・参議院議員の市田忠義とトークショーを行い、日本国憲法第9条の堅守を訴えた。戦争を回避するために、何よりも重要なものと考えている。00008_127 

火垂るの墓 11月2日TV  海老名香葉子 あした元気になーれ

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

|

« 松岡事務所には浄水器はない | トップページ | 人生、敗者復活戦で勝ちあがれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松岡事務所には浄水器はない | トップページ | 人生、敗者復活戦で勝ちあがれ »