« 大正のガンコ船越英二&英一郎、一代 | トップページ | 関西テレビを告発 格差構造 »

2007年3月22日 (木)

出家を決意する 保阪尚希の心情

070310_top 「保阪尚希が得度、出家をする」と聞いたとき、わかるような気になった。彼の人生の出発は、幼少期に両親の無理心中といわれる死にある。

小学1年生の時、「お前達は、お祖母さんと寝なさい」といわれて寝ると、翌朝は両親が死んでいた。ずーっと両親は交通事故死と聞かされてきた。妹は2歳だった。妹の盾として振舞う話など聞くと、彼の人生が厳しかったんだなと思われた。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

ずーっと自分の気持ちに封印をしてきた、と保阪尚希は答えている。大抵の人は、父と母がこんな死に方しては語るに語れない。幼いときは「心中!」と友達にヤユされていたという。今気持ちが整理がついたので、自分の力を世の中の人のために使うと。信頼できる寺と住職と知合えたので、これから修行していく。寺とか宗教は、こういう場合に役立つ場所だ。葬式など形式宗教では意味がない。
Img_483393_10501613_0_1 下記記事は出典: ウィキペディア(Wikipedia)  保阪 尚希(ほさか なおき、本名:同じ、旧名:保坂 尚輝、1967年12月11日 - )は、俳優。静岡県静岡市葵区出身。静岡北高校中退、明治大学付属中野高校夜間部卒業。FACE NETWORK所属。A型。コンタクトレンズ使用。 下積み時代は劇男零心会の大道具係としても活動(劇男一世風靡には所属したことはない)。1990年代に萩原聖人、福山雅治らと並んで新平成御三家美形俳優としてテレビドラマを中心に人気を集める。レーサーとしても有名。

00011_12 元アイドルタレント、元タレントであり、銀座のホステス、人妻である柏本倫子と不倫の末結婚するが、保阪の暴力、松雪泰子との浮気などが原因で、1年間後に離婚。その後、松雪泰子と同棲するも破局。1996年、女優高岡早紀と結婚。2004年6月、離婚。籍を抜いた後も子供のために同居を続けたことで話題を集めた。

この奇妙な同居は自身が幼少時代、両親の自殺により親に育てられなかったことを子供に味あわせたくにため。半年間同居の後、解消。子供達の親権は保坂、教育は高岡、今現在、母親である高岡と子供たちが一緒に生活している。  2005年8月より、芸名を本名と同じ保阪尚希に改める。 2004年夏、細木数子の発言に口論になるが、復縁を勧められる。

00017_5近話題になった女優高岡早紀との離婚で、保坂は何を考えているんだと最初思った。別れた女房が布袋 寅泰と仲良くしたのを、布袋が「一夜のアバンチュールだ」と言ったことに対して、敢然と保坂が「高岡早紀に失礼だ」別れた女房をかばう発言をしたのを覚えているが、世間ではその心情が良く理解されていなかった。

幼い時期に親の愛情を受けなかった人は、心に障害を負っている。これがトラウマとして残っているから、行動の上で他人には理解できないかたくなな性格が突如出る。これを理解して妻高岡が接しない限り、関係は続かない。幼い時期の愛情不足、これは心の障害になる。これは一種のトラウマ。一度読んだことがあるが、ADとか何か分類されているはずだ。そう考えると、森進一もトラウマになっていると、私は思う。

カウンセリング&心理相談  幼少期の虐待や暴力によって強烈なトラウマ体験をした子どもは、思春期になって反社会的な非行行為や暴力的な問題行動を起こしやすくなるという統計調査があります。しかし、虐待を受けた人やアダルト・チルドレンの人全員が、そのような反社会性・暴力性の問題を抱えるわけでは勿論なく、全体的な割合でいえば明確な反社会性を現すのは少数派ではないかと思います。自分の虐待を受けた過去を必死に抑圧して否認しているほど精神的な問題や症状を引き起こしやすくなりますが、一般的には、他者へ危害を加える反社会性よりも抑うつ感や虚無感といった感情障害や他者への不信感といった自分自身が苦しむ症状のほうが出やすくなります。

幼少期に深い心の傷を受けた人は、何故か大人になってからも自分を侮辱したり暴行したりする相手を恋人や配偶者に選んだり、自分から危険な状況に飛び込むリスク・テイキングな行動を取ったりしやすいという調査があります。

芸能界には、その種の特別なエネルギーがないと、自分を捨てた行動ができないのではないか、そんな印象を持つ人もいる。幼少時の拭い去ることができない心の傷に一生を支配されている、そういう人は、仏門に入って心の底を見つめて、どうすればいいか、飛び込む必要がある、かも知れない。その意味で、保坂はそこへ行き着いたのだろう。

ところで、保阪尚希の妹は一般人と結婚しているが、同じようなトラウマを抱えているか、それを知りたい。余計なことだけど。人間は実にデリケートな生き物だから、小さなことで影響を受けてそれに支配されてしまうものだ。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

|

« 大正のガンコ船越英二&英一郎、一代 | トップページ | 関西テレビを告発 格差構造 »

コメント

はじめまして。
保阪さんの前々妻さんは、
「柏本倫子」さんです。

訂正された方がよいかと思い、
コメントさせていただきました。

それでは、失礼致します。

投稿: あくと | 2008年3月23日 (日) 16時59分

そうそう、保阪尚輝の前々妻の方と以前、知り合いでしたが「真弓倫子」さんとは違います。
DVの話は、かなり衝撃的でした。
私は、彼女が芸能人を引退してからの知り合いですので芸名は知りませんが、「真弓倫子」さんの写真を見るかぎり別人です。

投稿: ろむ | 2008年11月20日 (木) 18時06分

余計なことだけどと思われた点、私も同感です。人の心は複雑です。

投稿: 余計なこと | 2012年4月17日 (火) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大正のガンコ船越英二&英一郎、一代 | トップページ | 関西テレビを告発 格差構造 »