« 第五福竜丸のマグロを食べた家 | トップページ | 松岡事務所には浄水器はない »

2007年3月 8日 (木)

若者はなせ「安倍離れ」するか

190307abe01 安倍離れこれは安倍総理も自覚している。「参議員選挙で負けても、政権選択の選挙ではないから、辞任の必要はない」と中川幹事長が予防線を張った。

昨年9月発足当時は63%であった。今年2月37%になった。若い世代ほど低い。

ニッセイ基礎研究所(篠原研究員)「同世代の代表リーダは、中田英寿イチローでしがらみをおそれず、自分の意思を貫くタイプ。安倍さんは拉致問題ではぶれない態度で人気が出た。首相になってからは、調整型、内政では何がしたいか見えない」

その結果「たよりない」(28歳派遣女)「「はっきりものを言ってほしい」(30無職男)「「外見は若いのに年寄りっぽい」(30無職女)「あいまいで何もしないリーダーは社会で損失を生むだけ。首相の言動をシビアに見ている世代」(33公務員男)

この世代が小泉さんの「郵政選挙」で自民党圧勝の原動力になった。その層から、反動をまともに安倍政権は受けている。

読み始めたら、ここで木戸銭と思ってクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

29syosin1_m 前回自民党に投票した(IT企業男31)「古い自民党を壊すと期待したのに、造反組の復党にがっかり。昔の自民党に軸足を移したのではないか」(若手キャリア官僚32)「役所と自民党の力が強くなり、経済諮問会議も小泉政権時のように役所に切り込んでくる恐さがなくなり、上司も安心している」と明かす。

小泉政権との落差を感じて、自民党支持から無党派に変わった離反者がどこに向かうか、この点が政権批判票になって、どこに向かうか。政権与党には不気味な存在である。(以上朝日新聞3/6から)

総理は、小泉首相時代に落選した仲間を自民党に復党させて、「自分と同じ考えだから国政を一緒にやっていきたい」そんな理由で、自民党に復帰させた。もう参議員選挙を負けは織り込み済みみたいな行動だ。

善人で進歩的な皮をかぶって負けるより、自分の思うとおりの行動で負けたほうがいいと判断したように見える。その一環で行動している。

旧来の自民党の体質、なんでもあり、これでダメなら、コッチ、実に変幻自在の政党に戻った。このほうが、動きやすいし、ごまかしが効く。

これでは、無党派の風が味方するはずがないが、若さゆえか安倍さんのリーダーシップが見えない。安部さんの良さは、見た目のカッコ、三代続く毛並みのよさ、長州から続く保守本流・・強国日本を叫ぶには、いいのかもしれないが、味方するのは、既成の勢力ばかり、そっちの味方だろう。

29syosin2_m 自民党は、資本家、生産手段をもつ支配階層を基盤にした政党。労働者の味方ではない。しかし、日本人のすべての願望を満たすだけの勢力がある。それによって政権を取り続けている。

民主党は、自民党から分離独立した党。超保守もいれば、市民運動グループもいる。基本は、一部上場会社のエリートサラリーマンまでを含む。党が多くなるに従い、だんだん、保守的な議員を取り込んで、自民党との差が見えなくなっている。

公明党は、創価学会を基礎票にした宗教政党。先鋭的日蓮宗を宗旨として池田大作の支配下にある。

共産党 社会主義を標榜した低所得層を支持母体にしている。一番のガンは上意下達の徹底した部分である。自由な個々の意見が生かされない点で、多くの人が追い出されている。

社民党、平和憲法を死守する政党。日教組や労働組合が弱体化していくと共に、社民党は民主党の草刈場になってやせ細ってしまった。市民運動のノウハウを浮動層に展開しない限り、消滅する。ここも、個人の自由な発想を生かしきれないので、著名な議員が当選してもやめてしまっている。二院クラブになったほうがいい。

無党派層今後は政党なし層、組合に入らない労働者が、わーっと流れ、彼らが政治の動向を左右する。この人たちは、有名、新しい、刺激的人物、言葉に流れる。劇場型の政治パフォーマンスのできる方に流れる。ヒットラーの出てきた時代の社会に似てきた。独裁者の出る土壌が醸成されている。 日露戦争のあとの条約後の焼き討ち前夜のようだ。00008_115

      公明党の責任  松下政経塾出身青年  潮目が変わった千葉7区補選  内閣補佐官=側用人説  美しい国日本 という考え方  教育基本法と公明党君の立場  安倍晋三首相の健康 松岡農水大臣、がんばってるが  美しい国 命をかけた祖国

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

|

« 第五福竜丸のマグロを食べた家 | トップページ | 松岡事務所には浄水器はない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第五福竜丸のマグロを食べた家 | トップページ | 松岡事務所には浄水器はない »