« 高円宮承子さん乱行スキャンダル! | トップページ | 女は生む機械 柳沢伯夫 人物分析 »

2007年2月 8日 (木)

紙芝居おじさん 神主が副業

Logo23 写真は大正村の紙芝居。本当の紙芝居屋のおじさんは、洋服で必死だった。

Kamishibai94学校(南小)から帰って来ると、午後四時頃かな、紙芝居のオジさんが周辺の子供を集めるために、倉前町から本町へチンドン屋ふうの太鼓を叩いて回って来た。
 ドントンドドドン ドントンドドドン
 その太鼓の響きを聞くと、昭和二十年代の子供たちは鳴り物の魔力に他愛なく引かれて集まって来た。私も二円五十銭を貰って走り出した。

本物の紙芝居は、道路に背を向けて、お菓子を買った子供にしか見えないように紙芝居をした。大正村の紙芝居屋とは違う。

読み始めたら、ここで木戸銭と思ってクリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

 倉前町から桃園町へいく手前の左側、倉庫の前がくぼみになって子供なら丁度十五人から二十人は集まれる所があった。そこにスタンド止めのでっかい紙芝居の自転車が止めてあった。 あの倉庫には祭りの提灯や太鼓、山車が仕舞ってあった。

 当時は家庭にテレビがあるわけではないし、塾へ行く子もいないから、学校から帰って来れば子供たちはヒマだった。その時間帯に紙芝居のオジさんが回って来た。子供はお金を持って集まってきた。

 紙芝居の最低料金は一円の薄いセンベイ一枚。これだけを買うのは、貧乏臭くてちょっと恥ずかしかった。次のランクは茶色の練りアメ(二円五十銭)、上客は五円の透明な練りアメを買った。おじさんは紙芝居台の引出しから二本棒(割り箸の半分の長さ)につけて子供に手渡した。五円使えるのは両親健在の一人っ子、甘やかされた「坊」だった。使うお金の額で子供の環境が理解できた。

 当然ただでは紙芝居は見せてくれないが、時にはなんとかズルして見ようと何気なく紛れている子がいた。その子には事情はあっただろうが、「買わないと見せられない」とオジさんはと中1くらいの女の子を帰した。もっと小さな子には、「今度からはお母さんにお金もらってきてね」と注意したが、帰すわけにもいかず、見せていた。

 「猫娘ネコムスメ」は、見た紙芝居の中で、今でも思い出せる。よく覚えている。いつもは優しい娘が、生魚をくわえると途端にネコ娘になって本性を現す。耳が伸び、髪の毛は逆立つ。目がランランと輝き、爪が鋭くなる。

 佳境に入ると、太鼓が小さな音から急に早く大きくなり、ドドドド、ドン ドドドド、ドン・・・、おじさんは、声色をつかって舞台の雰囲気を盛り上げていた。おじさんの妖怪猫はこわかった。

 子供は食い入るように見ていた。異様な雰囲気の絵、このオジさんの名演技、話術に酔いしれて子供たちは聞き入っていた。その演技や口調は学校の先生よりずっと引きつける力があった。何せこの子供の人気が生活に直接関わっていたから、オジさんは真剣だった。下手にやるわけにはいかない。学校の先生は、日の丸親方がついているから、甘い。

 その「猫娘シリーズ」は案外長く、一年位続いたと思う。

 紙芝居は当時の映画を意識して大体3本立てだった。3本で三十分から四十分で終わった。一本目は幼児向きの作品、次に活劇もの。メイン3本目に大きい子も喜ぶはやり物を見せて興味をつないだ。

 ストーリー展開には、オジさんは気を使った。間を持たせて、次の絵を半分見せ・・・・、次に期待させ、ドンドン、パッと場面展開をした。そして、明日も見たいと思わせ、太鼓をドンドンと叩いて終わった。今のテレビの手法とそっくり同じだ。

 買った練り飴を二本の棒で紙芝居の終わるまで練りつづけて、水飴の中に空気が混ざって真っ白になると、もう一つ何かサービスがあると聞いたが、私は大抵見ている間になめてなくなっていた。中学2年生になるとさすが見に行かなかった。

 紙芝居が終わると子供は帰って行く。
 オジさんは子供が散らかした跡を箒ではき、ゴミを片付けていた。倉前町が終わると、おじさんは重そうな紙芝居自転車のスタンドを外し、そろそろと消えて行った。次はどこだろうか、手賀野へ行くらしい、そう思っていたが確かなことは分からなかった。

 ある日、紙芝居のオジさんを意外なところで見た。
 大抵の新築の家を建てる時には、神主を頼んで地鎮祭をやってもらう。本町に住んでいた木材業の松村さんが竪清水タテシミズ町に家を建てた時、私はたまたま通り掛かって、神主さんを見てびっくりした。地鎮祭をやっている神主さんが、紙芝居のオジさんだったのだ。紙芝居のオジさんが祝詞ノリトを上げていた。

 オジさんが、神主の着物を着て烏帽子エボシをかぶり、神様に幣ヌサを振って安全祈願をしている姿には、いつもは紙芝居をやっていた姿とはギャップがかなりあるように思えた。副業がないと紙芝居だけではやっていけないのか。なんとなく大人の生活をかいま見た気持ちになった。 

00008_59

復員兵が帰ってきた 昭20年秋  文化新進会 戦後中津川市に新風  市内の企業野球チームが盛んだった 紙芝居おじさん 神主が副業  保古沼でスケート 本町1丁目夕日シリーズ

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

|

« 高円宮承子さん乱行スキャンダル! | トップページ | 女は生む機械 柳沢伯夫 人物分析 »

コメント

中津川の懐かしいお話をあ

久保功様
コメントが途中できれていますが、中津川の方ですか。この倉前町で紙芝居をごらんになったかたでしょうか。
 同時代、同じ地域で育った方の共感を得られた、幸いです。今後ともよろしく。

投稿: 久保功 | 2012年8月12日 (日) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高円宮承子さん乱行スキャンダル! | トップページ | 女は生む機械 柳沢伯夫 人物分析 »