« アニータより青森住宅公社に怒れ | トップページ | 市内の企業野球チームが盛んだった »

2007年2月 5日 (月)

森進一と大原麗子の離婚1984年

Ooreiko ちょっと古い話ですが、大原麗子と森進一の離婚は、話題になったときがある。ちょうど私がスクラップやっていたので、残っていた。

スクラップというのは、切り取った後、利用することが少ないのが残念だ。

ある同一人物に、森は「子供のできやすい方法は?」と聞き、大原麗子は「うまく妊娠を避けるのは何が効果的?」と聞いた。

同一人物に夫婦で聞いてしまったのは、まずかったが、これで、二人の関係がまるではっきり分かる。考え方も。

Reiko5_1森進一は40歳を前に猛烈にあせったという。子供をつくって家庭らしい家庭を望んだのが、よくわかる離婚だった。昭和59(1984)年6月。 

★読み始めたら、ここで木戸銭と思ってクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

ガックリ森進一とサバサバ大原麗子と書かれている。

見た目と中身の違いの落差、大原麗子に勝る人は少ない、と思ったものだ。ところが、最近は、そういう人が多い。

自分の考えというか、趣味とか、それを服装や雰囲気を表すのが服装であり、生活の場の行動だと思った。そうじゃないんだね、このごろは。

Mmm933309 しかし、大原麗子も森進一も、この離婚でダメージは少なかった。森進一に関しては、森昌子との結婚に結びつき、引退させて子供までもうけて幸せをつかんだと見えた。その二十数年後の今は、別の結果が出ているが。 

00008_48  

森進一はなぜ離婚するか   森進一と大原麗子の離婚1984年   森進一が「おふくろさん」歌えなくなる? 森進一の父母、そして家族思いの歴史  大原麗子 独居孤独死

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

|

« アニータより青森住宅公社に怒れ | トップページ | 市内の企業野球チームが盛んだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニータより青森住宅公社に怒れ | トップページ | 市内の企業野球チームが盛んだった »