« 早稲田大学教育学部 内部情報 | トップページ | 早熟も才能、晩成も才能 »

2007年1月29日 (月)

製品は人格の表現

Tousyo01朝日新聞「声」欄に載っていた。製品は人格の表現と心得よ」という投書は日頃私の考えていることが書かれていて、「そうだ!」と言いたくなった。

投書こそが、一般の多くの人々の知恵が詰まっている。この投書をなぜワイドショーで取り上げないかと、前々から思っていた。

★読み始めたら、ここで木戸銭と思ってクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

会社のマナーは、大切な購入者の選択指標になる。そういう購買の選択判断なる。マナーの良い会社の製品を消費者が買うことで、より良い社会となるきっかけにしたい。

単に我利我利と自社の利益のみを追求しては、嫌われる。社会に貢献する会社の方針が社の人格になる。その人格が好まれて会社も発展、社会も発展と共存共栄になるといい。

だいぶ前の話だが、中国から買ってきた缶詰を空けたら、中身がたっぷり詰まっていた。缶詰は中身が見えないから、手抜き商品でも通ってしまうが、誠実に中身をこれでもか、というほど中身を詰めてあった。

日本製品は、概して、見た目で売ることが多い。缶詰にぎっしり詰めることはない。そういう製品を見ていた目からすると、ぎっしり詰まっていた缶詰をみて、この田舎モンと思うが、これこそが究極の誠実かな、と思った。

自社の誠実さを表現できる場は、いくらでもある。あえてボランティア活動をしなくても、単に会社の前をきれいに掃除して水を打つだけでも、会社を評価する。

生めよ、増やせよ、国の宝 欧米化!欧米か? 早熟も才能、晩成も才能  製品は人格の表現

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

|

« 早稲田大学教育学部 内部情報 | トップページ | 早熟も才能、晩成も才能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早稲田大学教育学部 内部情報 | トップページ | 早熟も才能、晩成も才能 »