« 録音起こし 利用傾向の変化 | トップページ | 久米宏から日本人へ »

2006年12月29日 (金)

初老期うつ病 定年期うつ病

Utsu 初老期うつ病 あるいは、定年期うつ病をよく聞く。押入れに切抜きノートが一杯ある。切り抜き、貼って完成するとそれで満足してその後見ていない。それをパラパラと見ていたら、初老期うつ病という切り抜きがあった。

航空会社の偉い様だった亭主が、定年後毎日家にいて、妻と娘からすると、邪魔ではないが鬱陶しい目で見られているようで、寝間着で終日ブラブラしている。毎日背広を着て出かけていた元気なイメージが薄れ、本人が落ち込んでいる。何をしていいのか、迷っている、こんな話を聞く。

★読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位がわかる 

Syugennma33_2 こっちの彼は、若い頃は仲間から異端のように思われていた御岳(長野県)の行者を続けて、修験者の免状を取って、地鎮祭のお払い、結婚判断、姓名判断とか、JRを定年後、そっちに生業の重点をおいて、現役時以上に稼いでいる。定年後、するべき仕事のない人からは羨ましがられている。

Koyo 外国航路の大型船の船長さん、現役中は家にいたことがないから、今は奥さんが家に一緒に亭主がいると息苦しいらしく、亭主との折り合いがよくない。定年後は、あちこちの趣味の会に行って知り合いになっても、仲間を船長時代のイメージが残っていて、部下扱いをしてしまう。

Images_16 郵便局の局長さん、リーダーシップを発揮してみんなを引っ張っていくタイプだったのに、定年後、同窓会に来ても、元気がない。みんなからも「うつだ」と言われていた。目の前の仕事はバリバリやるタイプでも、仕事が目の前にない今、どうしたらいいか分からなくなっている。

大手旅行会社を定年後、毎朝遅くまで寝ていて、することは犬の散歩だけ。毎日早起きしていたのが、今は10時まで寝ている。それ以上遅くなると、女房に心配されて起こされる。そんなのんびりした生活になるのが定年である。

Photo_3 校長先生など、人から指示されない人ほど、定年後、早く亡くなると聞く。定年後10年が、一つのメドらしい。これも一種のストレス、ウツ。天狗でいられたのが、定年後、家庭内ではヒラになって、仕事がない、存在価値を感じられなくなる。そうすると、生きがいを失う。

よく、エリート職員、校長、公務員が、汚職がばれて、あるいは、解決できない問題の板ばさみで、飛び降り自殺、首つりなどニュースを聞く。強烈なストレスがのしかかり、それが彼らをうつ状態にしてしまうのだろう。

成功体験しかないと、Frastration toleranceフラストレーション トレランス、フラストに耐えられる力が身体に備わっていない。強風に耐えられない喬木のような状態、ポキっといってしまう。

若い時代に屈辱、貧困、寂しさ、といったマイナス要因を体験していると、意外と強い精神が養われるのではないか。あまりお勧めはできないが、いじめられっ子の体験は、決してムダにはならない。

最近の少子化時代、大事に大事に育てられ、いい子になったはずが、思いがけない欠陥商品になっている場合がないわけではない。

Roujin_utsu 体質的な傾向はないわけではないが、よく相撲取りが白星が薬というように、経済的に、社会的に、環境的に恵まれ、目標が達成されたら、ウツとか、ストレスはなくなるだろう。

ウツになったことのない人にウツを説明すると、こうなる。子供の頃、やらなければならない宿題があっても、取り掛かるまでに妙にアレコレやっている。これ、一種のウツかな、とも思う。楽しくないことをやらなければならないのに、イヤイヤの気持ち、これがウツだろう。

人間は弱いから、精神にストレスがかかれば、肉体が異常をきたす。失恋すれば、げっそりしてくるのもそう。胃腸がわるくなり、睡眠がとりなくなる。これは、はらたいらから始まった「男の更年期」とも重複している。精神が肉体に影響与えると同時に、肉体の変調が精神に影響を与える

どうすりゃいい、という回答はないだろうが、まずやるべき目標を持つことだろう。そうすりゃ、生きがいになり、張り切って、肉体を大切にして健康を保つ気になる。もういい、生きているのは面倒くさい、という気にはならない。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位がわかる 

|

« 録音起こし 利用傾向の変化 | トップページ | 久米宏から日本人へ »

コメント


●●さん、当ページを読んで、もういい、生きているのは面倒くさい、という気にはならない…となってください。

投稿: nozawa22 | 2010年6月 9日 (水) 11時30分

成功体験しかないと、退職後のストレスに耐えられる力が身体に備わっていない。強風に耐えられない喬木のような状態、ポキっといってしまう。

投稿: 喬木 | 2015年1月14日 (水) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 録音起こし 利用傾向の変化 | トップページ | 久米宏から日本人へ »