« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

無料で大容量データ送信 録音起こし

00018_4 メールの添付では、容量が大きくて送れないとき(7~8Mメガ以上)は、始めての経験をしたときはあせるよね。そのときは、宅急便ファイルのようなシステムを利用します。

★読み始めたら、木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

もちろん当社(野沢工房)では、録音起こしの音声ファイルの受け渡しに利用している保管庫+暗証ID(パスワード)で使えますが、当社と関係ない一般の方は、以下のところから利用してください。

ファイルオクール無料・100MBまで)、宅ふぁいる便(40M)、データ便(100M)、おくりん坊(250Mを利用してみてください。一回利用してみると、これは便利とわかります。http://nozawa22a.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_59fc.html

音声ファイルは圧縮する手を考えるのも一つの方法です。→http://nozawa22.cocolog-nifty.com/nozawa22/2006/11/post_fb45.html

最新のICレコーダーで録音すると、音声ファイルをインターネットを介して送信依頼が簡単である。ぜひ試してほしい。00008_14

« ICレコーダー、形は小さいが性能優秀  録音起こし スピード依頼方法 紹介 |

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

東京クルーズ 浅草→日の出桟橋

Wr2031_1浅草→日の出桟橋740円。日曜日は550人定員で満員。みんな乗ったらいい席に座りたいとの思いで並ぶ。

外から見るときれいな船で最新鋭の船だが、中に入ると新幹線のようには清潔で完璧なきれいさはない。屋根の透明なプラスッチックは汚れが目立つし、座る椅子は木造である。遊覧船の宿命だね。

★読み始めたら、木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Tky01  浅草を出て隅田川にかかる15橋をくぐる。案外スムースにいく。天気はまずますだし、川面を吹く風は寒くもないし、まさに観光シーズン真盛りといった風情。お客は、物を食っているわけでもなく、案外静か。ただ、エンジン音で、川岸の案内説明がさっぱり聞こえない。これは、改善したほうがいい。

Wr2027 Wr2021 しばらく走って、浜離宮に着く。浜離宮に下りる人は、入園料が別に必要という。下船して、また乗れる途中下船可能の乗船券にすれば、お客さんには便利だろうにね。繁盛するだろうに、ケチっていると、損するよ。

私たちは、日の出桟橋で降りて、浜松駅方向へ8人いく。地下鉄浅草線(大江戸線)入口に近い角にビルがあって「芋蔵イモゾウへ午後4時半に行く。W2044 

掘りごたつのように足を下ろして8人がちょうど座れるし、独立した部屋でちょうどいい規模だった。4:30から7:00まで飲み放題が売りの店。一人5000円なり。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2006年10月29日 (日)

浅草漫遊 早稲田OB東京観光

Aww1939 Aww1941 浅草の界隈は、独特の雰囲気がある。

★読み始めたら、木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Aaww1910 Aaww1912 Aaww1925 Aaww1933 仲見世通りは、日曜日とあって混雑。

観光なれしすぎで、商品が客にこびている。売れる品、外人が喜びそうな、そういう安易さがある。

ちょっと横丁にはいって、売れない店、客の流れと外れた店の方が、独自の品揃えにこだわる。

Aww1958 国際通り、場外馬券売り場、伝法院、浅草公会堂、あたりを歩くと、パリの裏町はきっとそうだろうと思わせるく趣きがある。馬券を買いにきて、屋台風の店でビールとつまみでテレビで競馬を見ている雰囲気は、まさにパリの裏町風だ。

仲見世通りとは、まるで違う時間が流れる。こちらの人たちは馬券を握りしめて自分達の欲を隠さない。それが通りを支配しているからか、町の造りも昔のままのイメージが残っている。

船着場へ行こうとして、松屋デパートの前に行くと、演歌歌手で売り出そうとする女性が自分の歌、CD立ち売りをしていた。背は高いし、普通の主婦よりはきれいだが、たすきの文字も滲んでいる。もう苦節20年は経過している様子、歌手で売れるのは大変を絵に描いたような一こま。東京にはいろいろな人がいる。Wr2031

船着場には、町の音楽隊が演奏している。4人組みでチンドン屋ではない。趣味でやっているのか、投げ銭を期待している様子でもない。「WGakudan1995.AVI」をダウンロード 

W1902年二回、安否を確認する同窓会 この秋は、仲見世を歩き、水上バスで浜松町に出て、一献傾け、世の憂さを晴らす。という趣向で企画。

ゆっくりと午後1時半集合、みなpunctuality時間厳守。天候、晴れ間あり、予想通り。参加者、吉岡、野沢、鈴木、手島、菅原、羽賀、森内、望月

耳寄り情報:浅草観光協会へ一週間前に電話して、ボランティアガイドを申請すると、このあたりをよく知っているガイドが1時間から1時間半程度、説明をしながら案内してくれる。無料。(埼玉県川越は5000円)浅草観光協会は、雷門の向え側にある。説明を受けたら、浅草を理解するのに格段の違いがある。人力車(有料)も説明をしながら走ってくれる。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2006年10月28日 (土)

帯状疱疹 大人の20%はかかる

始めは、どこが原因かわからず、ただ痛い。寝ていられないような痛みがある。帯状疱疹は、水疱瘡の仲間のウイルスで、神経に沿って痛みが走る。

★読み始めたら、ここで戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキング   nozawa22ブログ順位がわかる

一週間前から痛みがあったので、いつもの掛かりつけの医院にへ行ったら、主治医の先生は不在で、代診の女の若い医師に見てもらったが、外にかさぶたとか、水泡の様子はなかったので、レントゲン、心電図をとって、聴診器や触診で調べた。しかし、原因不明。一週間様子を見ましょうとなった。

一週間たっても痛みが引かない。調剤だけの薬屋は午後8時にはもう閉っているから、パパスのようなドラッグストアで湿布を買った。これは貼ると、気持ちがいい。痛みも引くような気がした。薬に鎮痛、炎症止めの効能があるのかもしれない。

薬の効能が効いている間はいいが、湿布が効かなくなると痛い。全然治っていない。そこで、マッサージ器のもみをやってみた。10分、ちょっと効いたような気がした。まだ痛みがあるなと、また10分、器械を掛けてみた。そのあとで、湿布を貼った。

しばらくすると、湿布がずれたようだし、チクチクと痛くなった。鏡でみたら、肋骨の皮膚が傷だらけ。湿布で柔らかくなった肌をマッサージで計20分は皮膚を傷つけた。そう思った。その夜は痛くて眠れない状態になった。

00004_1 そこで、先週行った掛かりつけの医院へ出かけた。今日は主治医に見てもらえた。診察室へ入って「では、拝見」と胸を捲り上げたら、「帯状疱疹タイジョウホウシンですね」と一発だ。

何か、私もそうか、と納得。始めて聞く病名でよくわからんから、今インターネットで調べてみた。加齢、疲れで体内のウイルスが活動するのだそうだ。

00005_6 ただ、早く治療しないと、後に神経痛を残すという。最初は痛みだけで、痛みのあとに水ぶくれ、かさぶたになり、約3週間で治っていく。らしい。まだ、治っていないので、はっきりしたことはいえないが、多分放っておいてもなおるかもしれない。

飲み薬(錠剤バルトレックス)+塗り薬が、7390円、高い。あと、ニューロタン、ノルバスクをあわせてもらったら、一万円を越した。これで保険も効いているというから、泡状疱疹の薬は「高いですが」と医師は言っていたのだが、5000円もあれば間に合うかな、と思ったら、意外と高い。保険料は毎月2万円以上払って、その上の金額だから、?と思う。まあ、払えれば払うか。これでもジェネリックス薬品だそうだが、薬九層倍?

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (2)

卒業危機 履修漏れ

H1878 高校の単位不足が起こったのは、いい成績で大学に入れるように受験科目を重点に授業を組むことで、生徒の.受験しない科目は勉強しないですませてしまおうとした結果である。それが、必修科目の履修漏れが発覚して、入学試験の前、センター試験の直前に、受験をしない科目に時間をとられ、逆効果だった。補習をやるといわれて、生徒には身が入らない。よけいな科目を勉強することになる。

★読み始めたら、木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキング   nozawa22ブログ順位がわかる

 元来は受験する科目、受験しない科目、関係なく卒業に必要な科目数は決まっていた。文系も理系も.高校では、理科なら、生物、化学、物理、社会なら、一般社会(政治経済、倫理社会)日本史、世界史を学んだ。受験より高校生として勉強するのは当たり前だった.その当たり前を受験には非効率だと授業をカットする.

H_1879  この辺の事情をわかっている人には、小うるさい説明だが、余計なことをさせられると受験科目以外をやっていては合格しないと、たとえば保健の授業中に英語を勉強しているようなことをやっている。我々時代にもすでにあった。某大にはいったO君は、高校3年時、受験科目に必要ない授業の日には、自宅で勉強するということをやっていた。

 岐阜県はそういうズルをしない県だと見ていたが、ついに岐阜県も授業を受験のために授業を集中していた学校があるようだ。千葉県は、今のところ、違反がない。
 言ってみれが、保健の授業中に受験科目の英語の勉強を内職することを学校自体が奨励しているようなも。こういうことをやっていると、生徒も、当然これが普通常識だと思ってしまう。

 日本史で受験する生徒には世界史をムダナ勉強と思う。私立文系には受験科目に理科の科目はないから、やらないでいいと、.短絡的な思考にお墨付きを与えるようなものだろう。
全国的に、受験だけを目標に教育するスケールの小ささに驚く。高校教育の卒業基準を満たす勉強基準を決めているのに、公立高校ですら、いいかげんなカリキュラムでごまかす。受験のためといえば、通ってしまった教育界の体質、常識がここまで汚染しているのか。

 有力受験高で有名な鹿児島ラサールは、全国から生徒が集まることで知られている。だから、生徒の学力が始めから高いから、生徒自体が教科書をもらうと、数学など自学自習で先に理解してしまう、という。平均的に、一学期で三学期分まで終えてしまう。できる子は、春休み中に終えてしまう子もいるらしい。授業は復習に当てているとか。三年間の授業は高二で終えて、残り一年間、高三は受験対策に明け暮れている。

他の公立高校がこれを真似したくても、ちょっとムリだろうが、それに対抗策を学校は考えるだろう。公立高校でも、いかにして要領のいい授業配分をおこなって、生徒に受験を有利にしてやろうとして、ばれたという感覚かもしれない。

無駄のない要領のいい人間をつくるにはいいかもしれないが、人間を育てるという観点が欠落して、どんな人間を作るのでしょうか。「要領本分とすべし」と軍人勅語にあったというが、ばれなきゃいいのか。世界に通用する人間のスケールを造るという気概がない。
 
 無駄な苦手科目に劣等感をもったり、逆に幅広い教養になったり、という効果がある。それより、問題は、ズルをするこの根性の汚さ。視野の狭さ。こちらが問題で、その単位不足の解消も、「寛大なご処置を」とPTAが大臣に申し出たという。姑息な補習で卒業させようとしているが、高校は義務教育やないで。

 これらの根っこにあるものは、日本の現代風潮だろう。最小の投資で最大の利益。利益優先、このことに頭に行き過ぎ。アメリカから来た、利の文化だろう。無駄をしない、要領良くサラリーマンの地位につくための競争、これを」小学校の私立中受験のときから始まっている。

いいものを食いたい、いい洋服を着たい、いい彼女を得たい、お金を持ちたい。等々の欲望を極限まで進めていくと、受験も、高校の履修科目も、みんな最小努力で、最大の成果を得たい。ここへ行き着く。

 成績も、投資効率、成果がすぐ出る勉強につながる。さびしい社会風潮になっている。勉強にムダはない。そう昔の人は言ったが、そんな悠長なことは言っていられない。それほど忙しくなったのだろうか。

人の一生でそんな短絡的な学習で人間ができますか。当座の目標がクリアできればいいのですか。大きな目標が欠けているのだろう。今日明日ではなく、一生を通して基礎になる教育を高校時代に得たいものだ。学校も、父母も生徒も、目標達成ができれば、満足。それでは、教育のなんたるかが忘れ去られている。

教育や勉強は免許証みたいなもの高校は大学の予備校?そう割り切っている人も、かなり多いだろうね。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2006年10月27日 (金)

日ハム、優勝おめでとう!新庄引退2006年

Sinjo01 日ハム、優勝おめでとう!中日より、日ハムにはドラマがあった。流れがあった。緒戦で中日に負けて、どうなるかと思ったら、名古屋で一勝一敗となり、ここから札幌へ移って3連勝、この意外性がまた北海道日ハムファンをしびれさせた。きっとフアンが増えただろう。

★読み始めたら、木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキング   nozawa22ブログ順位がわかる

新庄剛〔日本ハム181cm、76kg〕の白い歯.あれだけ白くてにっこり笑うたびに目立つと、歯科医の推薦する「白い歯の目立つ有名人のベストテン」になるはずだが、それをわざわざ歯科医協会から、推薦できないとの声明が出た.新庄剛志は、「より目立つように歯をコーティングしている」と、専門家がクレーム。

Sinjo02 新庄は、目立つためには、いろいろなパフォーマンスをして来た。この個人がやったら浮いてしまう演出をこれでもか、といわんばかりに、日本の非常識に挑戦してきた。

これだけ異端に挑戦すると、日本人の中ではいじめられてしまう。日本は和の国、その意味で、争いになるとマアマアと誰かが仲裁して、場を丸く治めるのが特徴である。

韓国にしても、イラン、バングラデッシュでも外国の人には、ニヤニヤ笑って丸く場を治めるのは、不真面目に見えるらしい。

真剣に主張しているなら、それをお互いに話合うことが必要だという。これは、外国人から見て一番日本人の不可思議な点らしい。日本語教室で日本語ができるようになった外人同士で討論してもらうと、これが一番の失礼な点として上げられる。
 

Sinjo03 和が大切だから、新しいことに挑戦するにはかなりの非難を覚悟しなければならない。新奇なことをやると「変わったことをする」と、言われる。ところが、新庄だけは非難されない。彼自身のキャラクターが理解されているのだろうか、目立ちたがり屋とすでに思われているからか。彼以外の人がやっても、「ナニそれ?」になってしまい、顰蹙ヒンシュクを買う。

仮面を被ってグランドを駆け回るパフォーマンス、天井から降りてくる、5レンジャーに変身して仲間を巻き込む、ベルトに電光掲示板のように文字を映し出す。彼一流の観客を楽しませる演出、その演出は見る人、する人側に了解があった。世代が若くなったこともあるだろうが、新庄剛志のキャラクターが納得させてしまった。時代の流れがそこにあったのだろう。その意味で先駆者だ。新しい日本人像だ。

 彼が辞めたあと、日本ハムの演出を誰が引き継ぐか。
 チーム全体で新庄パフォーマンス、ニュー新庄をやらないと、また日本ハムはさびしい3流チームになる。

 北海道に日本シリーズ優勝の夢を実現した、この沸き立つ気持ち、これを与えてくれたのは新庄剛志と言っても、それほど間違ってもいないだろう。ヒーローになりきって、球場を駆け回っても、嫉妬する人はいても、対抗はできなかっただろう。

Sinjo04 凡人が、新庄のパフォーマンスを真似たとしても、「チェッ!」と馬鹿にされるだけだ。奇人にされてしまう。優勝したから、と道頓堀に飛び込むとか、ネットによじ登って奇声を上げても、警察官や警備員に引きずり下ろされるだけで、誰も喜ばない。ここに新庄剛と凡人との差がある。

新庄にしても、一朝一夕でこうなったわけではない。野村監督阪神でピッチャー新庄を試す時期があった。野村監督の意外性のパフォーマンスを演出に端を発したか、あるいはアメリカに渡って、メジャーの空気に触れて、独自性に目覚めたのか、内側を知りたい。

 今年引退では、サッカーの中田、競馬のインパクト。毎年引退はあったが、今年は目立つ、余力をのこして次のステップに行く引退は、新しいスタイルの引退になる。昔は「一生一捕手」とか、「燃え尽きるまで一選手」という方向があった。サッカーの三浦和良なんかは、引退を恐れているようにさえ見える。あっさり引退できるのは、何だろう。お金に余裕があるから?それとも次の計画があるから?

  白い歯疑惑は、彼の演出のひとつ。そこまで、ファンサービスをしてるのだと、理解して許してしまおうか。歯科医の協会も、白い歯「特別賞」をあげるくらいの度量があると、歯科医の人気も上がるだろう。そして、新庄を味方につけるチャンスだったのに。あなた、バカ正直だよ。シャレ、シャレ。話題に主は利用する。注目を集める知恵を働かせんだよ。

  白い歯には、コーティングの種類、フッ素を塗る方法で白くする方法もある、と宣伝さえできる。いいチャンスだったのに。ウイット、ユーモア、度量!これが欠けていたね、歯科医は。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (2)

2006年10月23日 (月)

早稲田信愛学舎 喧々がくがく

Sinai031 見えない神をどう実体のある神と信じるのか。やみくもに神を信じたり、偶像を崇拝する信仰を押付ける議論をする者はいなかったが、その中で、同級生ではあるが、学Y(キリスト教青年会)の古参近藤兄は皆の意見をリードしていた。

★読み始めたら、ここで木戸賃クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

「良心の呵責、このときに感じるのが神の存在だ」と異教徒、浄土真宗の中に暮らしてきた一般人にわかりやすい的確な解説をした。入寮当初の我々は迷える子羊、信仰とはなんぞや、このことで毎夜議論が続いた。この話し合いは近藤富雄兄の部屋に集まって、喧々がくがく、話を遅くまで続けた。

Sinai051鎌北湖へハイキング  キリスト教洗礼を受けてYMCA活動をしている人と今回信愛学舎に入った人では、キリスト教の知識の量でもかなり違っていた。議論してもかみ合わない。先輩会員の近藤兄が中心になって夜よく話し合いをした。

信愛学舎では、朝の礼拝七時になると起こされて、食堂に集まった。舎監の岩波さんの説教と礼拝、その後の食事に遅れることはなかった。最初数ヶ月から半年は、みんなきちんと起きて、参加した。

Ymca21_1  この礼拝の司会進行も、舎監の担当から徐々に我々寮生もすることになった。しかし、信仰のアマチュアには案外きつい担当だった。

 前の晩に原稿を考えて言うのだが、自分がキリストの奇跡や復活を聞いてもよく理解できていないし、信仰というより知識にすぎないことを述べるのは、この役目は力の入れようがなかった。信じていないキリストの存在を信じているようには言えない自分がいた。

Sinai041生のなかでも、子どものころから教会に通っているクリスチャンは、キリスト教に通じているし、みんなの前で語ることもあるのだが、私は大学に入ってからのほやほやの新米だから、語るべき論理に疎かった。仲間は皆、自分よりキリスト教をよく知っていると思うと皆に語るのは負担だった。

野球でいうと、リトルリーグで野球を始めて中学、高校と続けて、大学に来た選手と、野球が好きで大学で野球を始めた、その程度の差があった。多分そのくらいキリスト教の信仰にも知識にも差があったと思う。

Photo_9前にあった木造5階の信愛学舎は戦時中、危険な建物として取り壊しを余儀なくされて、ずっと寮のないキリスト教YMCAだった。戦後、先輩OB、理事等が企業を回って寄付をつのり、鉄筋コンクリートの建物ができた。できた建物は、ボイラー室で重油をたくセントラルヒーテイング、ガラスは透明の外から見える建物だった。近代設備が整った学生寮だった。

Pict0004_72本間勝さんの「並木たより」から引用  李大釧(毛沢東の師)の事跡を調べていたら、戦前 の信愛学舎の写真が出てきた。留日中華基督教青年会寄宿舎から衣替えして、早稲田大学基督教青年会信愛学舎となって30年、多くの人材とそしてエピソードとを輩出してきた。 

1945年(昭和二十年)秋、惜しくも伝統ある「緑の館」は取り壊されてしまった。理由は「空襲目標にされるから」と。しかも、撤去時には戦争は終結していたのに。1960年、現在の信愛学舎が再建される。それから早や47年、そろそろ次の「頁」を用意せねばならない。

大正の始ころ、毛沢東の師で早大出身の李大釧は、今の西早稲田にあった留日中華基督教青年会寄宿舎で、毎日、オルガンをひいて讃美歌を歌っていた中華民国留学生であったそうな。1980年代に、中国で、生誕100年記念の切手が発行されたらしい。その「留日中華基督教青年会寄宿舎」は、彼の卒業直後に「早稲田大学基督教青年会信愛学舎」に衣替えして、第一回舎生小出省吾(後に児童文学作家)と沖中恒幸(後に経済学者)の時代が始まる。

できたばかりのカーテンもない学生寮に入寮したのが、80名の応募者から選考されたわたしたちが、一期生20名だった。昭和36年9月だった。選考した理工学部の植松先生によれば、キリスト教に関心がある人を主体に真面目そうな学生を選んだ、ということだった。

Sinnai011一度、近くにある友愛学舎へ遊びに行ったら、古色蒼然のレンガの建物、これは奉仕園と同時に作った建物だったから、すっかり古くなっていた。でも個室は信愛と違って、学生寮の歴史を感じた。

二十歳前後までキリスト教に触れていないし、知らなかったものには、キリスト教は異文化であった。その以前の知識、信念が固いものほど、この信者として洗礼を受ける段階へ気持ちがついていかない。ノンクリスチャンには、この信愛学舎に2年なり3年なりいても、キリスト教の匂いをかぎながら、信仰を持つに至らなかった。別にここで強制、矯正される場所ではないから、それでもいいわけであるが。

 はっきり、クリスチャンとして洗礼を受けるに至ったのは、病気になって、近藤兄が一番鮮明だった。クリスチャンホームで育った人などは、最初からキリスト教的素養があり、それで律せられて生活しているから、ごく自然だと思うが、仏教の日本人には、クリスチャンにはなれないまま卒業していく。

よく洗礼を受けて信仰するには、大きな淵があって、それを飛び越えないと信仰はもてない、そういわれていた。卒業後、クリスチャン会員は集まっても、信仰で結びついているような雰囲気があったが、非クリスチャンは、どうも、つながりが薄く、卒業以来、音信不通ですごしていた。

翌年、新入生が入ったら、伝統を伝えなくてはならないと、無理やりに、入ったその日の夜かな、布団マキにして、四階屋上にあった風呂場に担いで連れていって、水風呂だったか、そこへ放り込んで、一人の学生が泣きそうになった。その物音で気付いて部屋にカギをかけてしまい、全員にストームを実行はできなかった。

寮生活の信仰的な雰囲気に反発して、いろいろな行動をするものが出たのは、その後である。

Shinai581 現在の信愛学舎 門限になると、正面入り口は施錠された。門限すぎると、夜中非常口からダタガタと登って、窓から侵入する猛者もいた。夜中オカマバーでアルバイトして武勇伝を語る異端もいた。舎監の岩波さんもカッカしていたことだろう。00008_187 

早稲田信愛学舎 喧々がくがく  青山学院短大シオン寮と合コン 信愛学舎ホームカミングDay 早稲田信愛学舎OB会 思い出すこと

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

青山学院短大シオン寮と合コン

  • Sinaii021信愛学舎竣工式  早稲田信愛学舎へ入寮して1年経過したころ、昭和37年秋になって寮祭をしようと発案。最初の回は青山短大のシオン寮、翌年以降は恵泉短大だったらしい。両方とも、ミッション系。

★読み始めたら、ここで木戸賃クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

 

これも寮を建設したOB会員、理事だった松下さんから、「アメリカでは、何々を、こうやっている」とよく聞かされていた。新入生にはストームを掛けるとか、オープンルームをやる、等々の話を聞いた。

 

 そんな流れから、寮祭をやるならどこか女子大生を招待しよう、となった。そこで、青山学院短大のシオン寮へ有志が交渉に出かけた。「魚心あれば水心」で話をまとめてくれたのは、浜松出身のO兄だった。彼の実家は映画館などやる興行師の家だった。経緯は不明だから、今度会うことになった同窓OBに聞いてみよう。

Sinai052鎌北湖へハイキング ミッション系の青学、第一シオン寮、第二シオン寮から1年、2年で20人呼んだ。行きたい希望者が多く競争だったらしい。女性禁止の学生寮が、当日はぎやかになった。OPEN ROOMで開放して彼女達に見せた。

 

要領のいいのは表で接待の役、我々は裏のボイラー室で焼き鳥をせっせと焼いていた。出番で呼ばれて、私は考えていたストーリーで腹話術、人形をつかってやった。人形といっても本格的な腹話術人形ではないが、受けた、受けた。笑ってくれた。これで知名度アップで、人気者になれるかと思ったら、当時「お笑い」は、今ほど女の子にモテル材料ではなかった。

Sinai042 やっとプログラムがおわって、次にホークダンスを前庭でやった。近所の子供たちや大人が眺めていたが、音楽をかけてホークダンス。ちょうど人数があうように男女同じ数になっていたが、見栄えのいい女の子は、人気、けっこう男同士で取り合っていた。それでも、何組かカップルができた。

ホークダンスで手をつないだ子が、「腹話術の・・・」と覚えていてくれた。それではと、後日青学シオン寮にドキドキしながら電話すると、軽く「お断り」の回答だった。残念。

N兄はすぐ両思いになってその後もずっと付き合っていた。彼は途中退寮したから、その後は不明だが、結婚したかもしれない。H兄は1年生のかわいい子をかなり強引に誘っていたとか、評判だった。主催立案者のO兄は青学側のしっかり者の代表幹事が積極的と聞いたが、彼はそれほどではない風だった。この寮祭がきっかけで人生の伴侶を得た人いないでもない。

そうして花の渦中の時間があって、それからひそかに付き合いがまだ続いて、理工学部S兄と法学部S兄の企画の合コンで、男が不足で私が人数あわせで呼ばれて、相模湖あたりにハイキングに車で行った。

二人は楽器を奏でて盛り上げていた。その日、帰りに私は風邪で熱がでて最悪だった。法学部S兄から帰省途中で中央線甲府駅で市内の某医院に電話してみてほしい、と頼まれて電話した。それがその寮祭から続いていたガールフレンドだった。そのころは携帯電話なんてない時代だから、そんな電話を頼むこともあった。00008_188 

早稲田信愛学舎 喧々がくがく  青山学院短大シオン寮と合コン 信愛学舎ホームカミングDay 早稲田信愛学舎OB会 思い出すこと

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2006年10月21日 (土)

Always文京区動坂の夕日

Komagome_map_1 夕方7時ころ、東京で下りた駅が田端だった。叔母の家へ行くつもりであった。高校卒業した年、中途半端に髪の毛が伸びた頭でやってきた。田舎の感覚で兄に迎えに来てと電報打ったが、東京駅で会えそうにないので、田端まで来た。昭和33年、東京タワーができる年、映画「三丁目の夕日」と同じ年、迷子状態で田端、動坂へ着いた。ようやく兄貴に見つけてもらい、おばの家に向かった。

★読み始めたら、ここで木戸賃クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

夕日の明るさがまだ町に残っていたような、田端の石垣の道をまっすぐ歩いた。この石垣が城壁のようで不思議だった。兄貴がつきあっていた彼女とすれ違い、兄貴もやるじゃない、と思ったりした。

それから数年は、動坂の叔母の家に厄介になった。そこで成人式を迎えたし、ここから都電で大学に通った思い出の地だった。裕次郎の映画「おいらはドラマー」嵐を呼ぶ男―を女の子と始めて映画を見たのもその頃だった。デートそのものも、慣れていなくて面白くなかった。

Douzaka_syokudou01今は立派な構えだが、昔は木造だった。動坂という名前は、千駄木、駒込ほど、あまり有名でない。長く東京、千葉に住んでいても口のはに上ることがすくない。動坂の角には木造の『動坂食堂』定食屋があった。長いこと世話になった。ここで昼ごろ一食食えば、後は寝る前に夕食食って、今日一日はOKという感じだった。

 独身男が集まってくる食堂で知られていた。木造に平屋建ての建物は数十年い使われた建物のようだった。テーブルが6脚か、8脚。近くには零細な工場が多くあった。文京区駒込林町あたりから、昼休み時間になると、若い男たちが出てきて、食堂はいつも満員だった。一時過ぎの工員たちが引けたあとに行って、定食を注文した。色白の小柄で可愛いお姉さんが男たちに人気があった。いつの間にか、彼女のおなかが大きくなったようだった。

Photo_3 あそこで見たテレビで、寸又峡で金嬉老が人質を取って篭城していた。事件概要 警察官が記者会見と言って犯人が出てきたこところを取り押さえられた。その時、NHKの放送記者吉村秀実が実況を放送していた。動画 

仕事の帰り、田端新町のキッチン清水で、ひとつ覚えのように「ポークソテイ定食」を注文していた。ここで見たテレビは、ビートルズ来日、武道館公演の実況だった記憶がある。

私が行けば、ソティ定食と思っているように、ここのウエイトレス姉妹がメニューは持ってきても見せるでもない。少しお姉さんの年頃でいい感じの人だった。個人的に話をすることなく、足が遠退いた。

何年もたって、女房を連れで田端、動坂を見てまわって、キッチン清水に入ると、まだお姉さんがいた。見覚えているように、注意して私たちをみているようだった。このキッチン清水はその後どうしたのだろ。ここで見たテレビは、ビートルズの来日のニュースだった。

 角の仕出屋『花屋』は料理をいろいろ作っていた。中で食事もできいた。好きな焼き魚がしま鯵の焼いたのがうまかった。普通の鯵とちがって大ぶりで味もいい。これを買っては食べた。今は、結婚式場のようなことをやっていた。

9の日が縁日だった。動坂は交差点の角『花屋』から坂上の都立駒込病院までの道だった。あの道は全部戦災で焼け野原だったとか。縁日では、私は叔母に頼まれて、タバコ屋の店番やっていると、私も「ありがとうございました」一声で、「あなた、岐阜県出身?」と田舎のなまりをすぐ発見された。近くにすんでいる人と親しくなれたのは、昭和30年代のよさだった。

通りに面したところは戦災で、バラックから立ち上がった家並だったが、林町、駒込林町の奥まった一角は江戸時代か、明治から続いているお屋敷が数十軒並んでいた。広い屋敷には映画でしかお目に掛からないような庭が塀に囲まれていた。この家を相続したら、きっと相当の相続税がかかりそうだった。

動坂の隣には、富士見という場所がある。江戸時代は、文京区のこのあたりは富士山がよく見えたという。そこにある富士神社は山開き(7月1日)にあわせて、境内に縁日のように出店がでる。境内の奥にビルの2階くらいの高さの山があって、夕日がよく見える

都立動坂病院で診察や治療してもらったことは一度もないが、あそこは広いから、散歩コースでもあった。ある日、動坂病院の庭に自転車で幟を立てて入ってきたおじさんがいた。60代半ばと言う感じで、上半身は裸か、シャツ一枚だった。他人にかまわず「ワッハハハ!、ワッハハハ!」とあたりかまわず、笑いを振りまいていた。笑いを病気の人に振りまきにきたようだった。笑いは、ホメオパシーの一種かもしれないが、指圧の浪越徳次郎がテレビに出る前の話だ。

動坂食堂の角あたりの一角は、大きなビルに変身してしまっていた。その後、角の『花家』は、結婚式場になっていたが、今は何になっているやら。都電の通りにあった国民銀行、富士銀行は、どうなっただろう。上野から早稲田に向かう都電通り(不忍通り)を行くと、神明町になる。神明町車庫の手前にあった動坂映画館も田舎臭く、いい味していた。隣の本屋、博文堂も世話になった。神明町車庫もいい味あったな。今車庫は、都営住宅、図書館だ。

長男が生まれる昭和40年代まで神明町にいたが、あの周辺に残っていた田舎ぽさ、昭和30年代の動坂はもう消えていた。産科の医院も、成り立たなくなって「地元への感謝の言葉」を張り出して、妻の田舎へ移転する決意を表明して消えた。とたまたま、出会った大工さんに聞いた。「近くにとろろ昆布をつくる店があった」と話をしたら、その人と動坂話で盛り上がった。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

| | コメント (1)

2006年10月19日 (木)

強国日本、昭和13年の空気を嗅ぐ

Nissosenn武藤貞一 「日ソ戰に備ふる書」(大日本雄辯會講談社)今から70年近く 昔の本である。昭和45年ころ、古本市でみつけて今も所蔵しているが、これも興味ないならゴミになる運命だ。これを一度Web上に紹介しておけば、興味のある人には意味があるだろう。

日本の対ソ連戦略について書いているから、ひょっとして、著者はA級戦犯の荒木某と近しい人かと思ったら、ジャーナリスト、記者、評論家のようだ。朝日新聞論説委員毎日新聞でも論説書いている。

★読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

この本の裏に、昭和13年、S.Tsuda Nov.10th.1938北海道旅行の折、車中にて読破す)と所有者津田さんのペン書きがある。この昭和13年11月10日,という日付から、いろいろ想像できて、興味深くなった。突然、急にタイムスリップして昭和13年1938年に旅している気分である。英語で書きつけてあるから、今から70年前、当時としては、かなりのインテリだろう。本の所有者に思いが馳せる。

イギリスの小説で、こんなのがある。ルサイクルショップで古い机を買ったら、引き出しに女性からの手紙があって、その女性に興味を感じて気まぐれに返事を出し・・・そこから、何度も文通して、会いに行。行ってみると、その人はとっくに死んでいる。大学受験の英文問題で、読んだような気がする。何かそんな奇妙な気分になった。

S津田先生、昭和13年11月10日、読書しながら、列車で旅するなんていいだろうな。津田先生、某大の教授で晩秋の北海道へ旅行の途中、東北仙台で下車して一泊。そんな想像をしている。そしてだ、数十年後、80代半ばで、昭和30年代、40年代に、その人が亡くなって、家人が蔵書を処分したのか。そんなイメージが沸いた。

Niso03日ソ戰に備ふる書」の中身は、当時の気分をムンムンと漂わす文章が並んでいる。昭和10年代、日本は国全体でソ連を強烈に敵視している。

当時は、ソ連を今の北朝鮮より憎んでいるのがわかる。実際に中国に日本軍を送りこんで、ソ連をどう撃退するか、国民全体で、懸命に考えているのが、伝わってくる。一触即発、そのためには、日本軍が中国大陸で軍事行動するのは、当然のこと、そんな雰囲気が当時にはある。

Niso05 この本を所有していた津田さんは、仙台で下車して、駅近くの旅館で一泊している。それが証拠に、この本の中には、一枚の旅館の宣伝、今ならパンフレットが挟まっていた。

面白いことに、中をよく読むと、用語が今とは違う。表現が古い。サービス料、チップはいただきません、という意味に、「茶代拝辞」と書いてある。しゃれた表現だ。サービス料などとアメリカ言葉は使わなくても、いい日本語がある。茶代拝辞とは、時代を感じさせる単語だ。もちろん、「拝辭」と旧字体で書いてある。室内は電気蒸気暖房、浄化装置・・・セントラルヒーティングで、水洗トイレなのかな。

二食付で3円、4円、5円、団体は2円(茶代拝辞)とある。今の物価に換算すると、3000倍から5000倍で考えると、
2円は、6,000円 ~10,000円(団体)

3円は、9,000円 ~15,000円。
4円は、12,000円~20,000円、
5円は、15,000円~25,000円となる。
客室数、大小30、三階建て客室ベランダ新設、大理石浴室2箇所、卓上電話。このくらいの設備だと妥当な線か。

当時のパンフレット一枚はさんだまま、古本として売るとは、味なことをするものだ。本の中身は、軍国主義が横行して、国民全体で、日本の貧困脱却のため、外地(中国、満州、朝鮮)に進出して豊な国、富国強兵を目指して進んでいる。満州を「日本の生命線」と言っていた。今考えると、他国の領地を日本の生命線という意識もすごいでしょ?そのころのインテリの考えることが、ここに書いてある。そんな本である。

そして、時代は、アメリカではチャプリンの映画の時代だし、産児制限を唱えるサンガー夫人が日本に来て講演をしようとしたら、政府は日本への上陸禁止したり、日本中が狂気で踊り狂う時代が始まるころか。

戦前の一断面を切り取るだけで、現代と対比できる。今、安倍さんが強硬に進めようとしている強国思想が、どこか戦前に似てきていないか、それを私は危惧する。

この本は、多分どこの図書館にもないだろう。国立国会図書館くらいに行かないと、見付けられないだろう。

参考記事  戦争  愛国心 

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

| | コメント (1)

2006年10月18日 (水)

三国連太郎 出生のなぞ

Mother01 有名人の母を知ると、意外な発見ができる。「あの日 あの時 母の顔」(小学館)は、各著者が書いたか、取材されている。

最近は「釣りバカ日誌」で有名な三国連太郎の話は、平凡な話ではあると思ったら、最後でドンデン返しで、彼のキャラクターがここにもある。そういう話だった。

母を語るとき、男の子はみんなマザコンになっている。なんでだろう。当たり前かもしれないが。その点、三国連太郎は一味違っていた。

★読み始めたら、木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

Mikuni02  三国の母は、伊豆の伊豆松崎の網元の娘であったが、外洋へ出た船が遭難沈没で網元が破産し、父は自殺。娘である母は呉の軍人さんの家に奉公に出た。

呉から故郷への帰りに、沼津で同じ松崎育ちの父と知合い、結婚した。父は河津川水力電気の事務所で働き、土肥で小学校、中学校はそこで過ごした。

Mikuni01es 教育熱心な父は、「宿題やったか」「あるいはマキ割ったか」と厳しかった。当時はまきで風呂を沸かしたから、マキ割りは子供の大切な仕事だった。ところが、連太郎は遊びほけて、勉強はしないし、それを父は叱りつけて、教育しようとした。ところが、.母は、「連太郎は風邪をこじらせて、寝ていたから、勉強はできなかった」と、母は父にうそをついた。マキ割りは、母が代わってしてくれた。当然連太郎が罰を受けなければならないのを母はごまかしていた。連太郎は、そういう母のごまかしが嫌だった。母が嫌な人に見えた。叱る父のほうが正しいと感じていた。

ある時期から、父は母を置いて家を出て、愛人にところに行って帰ってこなくなった。

三国連太郎は、自身の結婚を機に、そこで家に母を引き取った。母はみんなが仲良く暮らすことに気を使った。そんな折、愛人と暮らしていた父が倒れた。父を愛人と共に引き取ろうとしたら、母は猛烈に反対した.「それでも引き取るなら、私が出ていく」と、母は父とその愛人にはっきり言ったので、父と愛人は西伊豆に戻った。

母も家を出て妹と一緒に暮らし始めてから、脳軟化症で倒れた。死ぬときに「政雄〔三国連太郎の本名〕にすまないことをした」とつぶやいて逝った。「すまないこと」って何だろうと気になっていた。「母が死んだ」と、父に報告にいったときは、父は天井を見て何も答えなかった。

翌年、父の亡くなる二日前、病院に見舞いに行った。折をみて、母が言った「すまないこと」って何か、と聞いた。父は何も言わなかった。

しばらくして、おもむろに「おまえは…おれの子ではないんだ…」と言った。おふくろが奉公先で若い軍人さんと知合い、妊娠したのだそうだ.。それが奉公先に知られて、追い出されて、死を覚悟して故郷の沼津に戻ってきて、気分が悪くなり、父に介抱してもらった。

わらにもすがる思いで、父に身の上話を話した。「分かった。そのお腹の子はおれの子として育てる」と言って、親父はおふくろと結婚したそうだ.。父に対する母の気の使いよう、ぼくをかばう様子、「政雄にすまないことをした」の言葉の意味が氷解した。

すまないことをし続けてきたのは、ぼくなのに…。

私たちが勧めても、母は、愛人と暮らしていた夫との籍は決して抜こうとはしなかった。愛人としていっしょに暮らした女性に「母を父と一緒に墓に入れたい」と頼みました。00008_14

三国連太郎 中学生から徴兵まで  三国連太郎 出生のなぞ    戦中不戦派日記 三国連太郎 結婚~デビューその後  三国連太郎と恩師木下恵介

読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

| | コメント (1)

2006年10月11日 (水)

栄転 昇進するには

Wsinai写真は昭和36年(1960年  「斉藤彰さんが今夏、読売新聞社中部支社長から 東京本社の執行役員・調査研究本部長に栄転しました」ので、7、8名の少人数で久し振りに会おう、との趣旨です。と某旅行会社OBの山口さんからメールが来た。早稲田で元気な時代の仲間が、久しぶりに声を掛け合い、会う予定。(写真には、斉藤彰君はいない。信愛学舎の初期メンバー)

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

00003_14 雨森芳洲対馬の出身。執行役員・調査研究本部長の偉さが、よくわからないが、読売グループのトップ10になったこと、次期社長の候補に近づいたということか。

町の中にウマがいなくなっては、このヤユはあたらないが、佐藤、斉藤、ウマの○○というほどありふれていた。斉藤君は、信愛学舎20数人の寮にさえ二人いた。人柄の優しい斉藤彰君、HPで見ると、よく勉強しているし、世界の有名な実力者をターゲットにして取材をしている。

男子、三日会わざれば、剋目して見よ。と、昔の中国の人がいったが、40年もはるかかなたの寮生の歩みは、剋目ものだ。読売新聞を読んでいないと、彼がどこで活躍したか、さっぱりわかなかった。

栄転、昇進のポイント 
1人柄の温厚なこと、
2よく勉強していること、
3いい引きに恵まれること、
4実力があること、
5自分の言葉で言うべきコンテンツを持っていること。

彼にはそれだけ揃っていたということだ。加えて、英語。英語が自在に使えないと、取材はできない。会ったら、彼の出世を祝い、彼の人物を眺めてみたい。忘れられているかもしれないが、数時間一緒にいれば、思い出すいたずらなども、話に出るだろう。

先生の世界では、教頭を経験して、校長になるというステップであるが、教頭試験は7、8人で討論させて、その中で議論のリーダーシップの取れ、協調性のある人が登用される。と、聞いた。校長になるには、教頭を1年以上経験した人が、校長試験を受ける資格がある。

私の知り合いは、教頭一年で校長になった。多くの同期教頭がまだまだ教頭のままというのに、早い昇進だった。彼は見た目がいいし、気のいい好感がもてる素直な性格である。その上、弁が立つ。

私が会ったときは、すでに校長になって5,6年経っていたが、地域で一番若い校長だったので、先輩校長に足を引っ張られる、とこぼしていた。他の校長たちは、公の場で教育について話したりするのは、苦手の人が多いから、彼にそういう話をする仕事が回ってくる。そんなことを聞いた。

校長には、統治能力、見識、発言力などが見られる。私の友人は、教頭になる前、教育委員会の人事課に勤務していたので、裏事情に詳しいし、委員会のお偉方に知られていた。試験前から、ツボを心得ていたようなものだ。人事課の評価するのは、何か、それを知ることも重要だ。

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

2006年10月 6日 (金)

他力本願と悪人正機説

Shinnrann002 親鸞の思想(宗教の基本)まとめると、他力本願と悪人正機説になる。

宗教学者花山勝友先生宅へ「親鸞について著作」のお願いに編集者と共に訪れたのは、十数年前のことになる。新宿区のJR駅を降りて、10分ほど歩いた。急にビルがなくなった地域に先生の家があった。

先生にアイディア、構想を頂き、私が書き下ろす。そのゴーストライターを頼まれた。先生はどこか学校で教鞭をとっていた。奥さんも同じように働いているから「花山先生」が家に二人いるから、混乱するなどとジョー談をおしゃっていた。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

花山勝友ショウユウ先生は、この作品「親鸞、他力本願への道」(廣済堂)が出版されて、一年も経たないうちに急逝された。

浄土真宗が理解しにくい理由には、一番大きなものに「他力本願」と「悪人正機」がある。ここが、簡潔でストレートに説明できれば、日本人の宗教観が変わったかもしれないと思っている。

他力本願」というのは、他のものによって生かされているという、このことに理解がなかなか行かない。他に感謝、他からの愛、このことである。

こだわり、先入観がないと素直に理解できる。アメリカで仏教を教えていて、このことに気づいたエピソードを話してくれた。アメリカの幼稚園で仏教を教えていて、「南無阿弥陀は、なんと言えばいいだろう」と質問したそうだ。すると、小さい男の子が「サンキュウ―、仏様」Thank you,Buddha.と言った。

それを聞いて、目からうろこが落ちた、そうだ。仏様に感謝することから全てがあらゆることが、ぱーっと、解決する。キリスト教と相通じるというと、両方の学者は違いを強調するが、共通部分を強調したほうが、宗教の和解ができるだろう。宗教が和解してくれたほうが、一般人にはありがたい。

Shuso2悪人正機説」も浄土真宗で理解しにくいものにしている。まわりくどい表現で「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」(善人が救われるのなら、ましてや、悪人は当然救われる。)という一節が歎異抄に出ている。

浄土真宗の真髄だが、主張がすっきりしない。本職の坊さんが説明しても、以下のような説明で、結構難しくなる。善をなしたと善に誇っている善人よりも、深くわが身の悪を自覚した悪人こそが、弥陀にすがるしかない身なんだと自覚できる人であり、往生の正因なんだと親鸞聖人は仰っておられるのです。
だから、誤解して、悪いやつの方が救われるなら、とわざわざ悪行を重ねる人が出た。そんなことが実際にあったらしい。

だから、蓮如のころは、「歎異抄」は秘伝というか、一般に見せないものになっていたそうだ。たしか善人なおもて往生す、いわんや悪人をやと、聞いてもすぐにわからない。他力本願ということばも、仏に身も心も任せてこそ救われる、といってもすっきり理解できない。大抵は自力努力をする。一生懸命努力がなぜいけない、という考えが出る。

例えば、大きい交通事故があれば、医師は重症患者から手当てを始める。これが「悪人正機説」の基本だと説明した。一番の悪いところを治すのが仏の仕事。

日蓮宗のように、敵を峻別して攻撃しない。浄土真宗は、他を攻撃することで、自分の正しさを主張しない。すべての人を包み込むのが、教えの基本である。それは、日本人の精神、和と中庸とマッチする。という理由で、日蓮宗(=創価学会)と聞くと身構え、浄土真宗というと好感を持たれるのではないか、と思う。

江戸時代、仏教が時の権力に刃向かう力を持たせないように、仕向けていった政策が成功して、仏教が葬式のためのセレモニー屋になり、戒名をつけて幾ら、卒塔婆を書いて幾ら、そんなことばかりやってきた。そんな坊さんの跡継ぎばかりで、今やお寺さんは世間で尊敬されていない。仏教の本質ではないのに、それが仏教だと思われて気の毒だ。

生きている人間に道を説く本当の仕事がおろそかにされて、宗教法人になると、税金がかからないから儲かる、といった発想しかない。一般に、宗教を持たないのが、インテリのプライドにさえなっている。

 日本の現状を見てください。
 仏教も、新興宗教も、日蓮宗も、禅宗も、臨済宗も、天台宗も、イスラム教も、キリスト教も、モルモン教も、神道も、七福神も、大仏殿も、仁王門、毘沙門天、釈迦如来、仁王、弘法大師、鬼子母神、お稲荷さんも、廃仏毀釈も、世の中、町中、宗教ぽいものが溢れ返っている。
 この現象を日本人は、どう理解しているのか。こんなに多くては、何がなんだか、分からない人が多いのではないだろうか。

ちょっと(いわゆる新興宗教など)宗教にのめりこんだ人が、我田引水で、自分の流派に都合のいい解釈で、日本の文化や風土、民俗を傷つけるのではないか、と思ったりする。

学校では、「宗教とは何か」を教えないから、かえってオウム真理教や統一教会に食い込まれる原因になっている。血液型、星座、占いの流行も、この辺に理由がありそうだ。

花山勝友 /廣済堂出版 1994/09出版 279p 18cm ISBN:433100659X \1,050(税込) 絶版

親鸞「他力本願への道」

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (5)

2006年10月 1日 (日)

向井亜紀、高田延彦夫妻

Mukai9a 向井亜紀のブログは、不妊、出産の悩みや励ましで、多くの人が集まり、にぎわっている。彼女の出産や生き方を通して、オピニオンリーダーとなっている姿が、このブログから感じられる。ブログの作り方も、プロの手が加わっている印象がする。

昨日の朝日新聞夕刊に報道されていた、「向井亜紀、高田延彦夫妻の双子を実子として届出を東京高裁が認める」判決を出した。そのことで、ブログは投書でいっぱいになっている。向井亜紀は、芸能活動は控えめであるが、生き方の共鳴者、ファンがついてきている。軽いタレントではないのが、投書者のコメントでよくわかる。

読み始めたら、ここで木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

Takata しっかりした女性であるから、不妊治療の過程でも、「高田の子供を産みたい。彼のDNAを残してやりたい」女として、妻として、けなげな気持ちである。子宮ガンで子宮を取ったのち、何としてでも子供を生みたい。自分が欠陥妻であるとは許せないという意気込みが見えた。その気迫たるや、一回目の人工授精、代理妻への受胎失敗、相当額の出費、このあたりのことは、本職記者がどこかで書いているだろうが、失意は相当のはず。

Mkai7 夫の高田は、自分の子供を諦めてもいい、と思う部分もあったようだが、向井亜紀の信念の強さは、レスラーの外見の中にある意思の強さを凌駕していた。それは、不妊治療、代理出産は、完全に向井のペースで、精子提供の夫の役として、高田は従っているだけ。

Nodaseiko_1 Truhoyousuke_1 これは野田聖子衆議院議員とその夫鶴保参議院議員とはちょいと違っている。(選挙では鶴保議員は献身的に党の規定違反で応援したが)精子提供だけの無味乾燥のセックスを強要されたら、カチンとくる。鶴保の神経は正常だろう。それから、不妊治療を続けていくのは、困難だが、その後どうしただろうか。

高田の献身的な努力、向井を見守る姿勢は、ヨーロッパ的だ。今までの日本の亭主関白では、これはムリだ。三行半だ、といいそう。多くの女性が向井的女の行き方に共感しているようだ。そこに添え物的にバイプレイヤー夫高田がいる。それで丸く収まっている。新しい夫婦像ができたようだ。

出産の裏側の代理母の気持ちを取材

不妊治療の過程  不妊治療の現状 わかりやすいブログ

今まで古い時代に制定された法律のしばりに従った施行を行っていたので、時代の背景を無視して施行されていた。今回は、現実にそって、今の人の気持ちにそって判決がされた。(未完)

・・・・・・広・告(あなたに必要なものは何でしょう)・・・・・・・・・

ファイル転送保存  音声ファイル化 録音起こしサンプル  録音テープ起こし  資格教育ソフト  パートナー企業募集   「テープ起こし」から「録音起こし」 

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »