« 会社を辞めるか、悩む世代 | トップページ | オウム真理教教祖麻原、死刑決定 »

2006年9月14日 (木)

拉致被害者横田さん あと一年が勝負

1565 NHK「クローズアップ現代」に横田夫妻が出ていた。夫の滋さんは、奥さんの早紀江さんがアメリカへ渡りブッシュ大統領に会っているときは入院していた。韓国へ滋さんが行ったときは、早紀江さんは体調を崩していた。

★読み始めたら、木戸銭としてクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位がわかる

2006052401 70歳を越す年で、毎日スケジュールが目一杯あるような生活を続けていては、疲れるだろう。年取るとよく昼寝をすると、子供は思ったものだが、人間も枯れてくると、自然とそのような生活になる。

つい数年前まで、横田さんたち拉致被害者は、北の陰謀で人間が連れ去られるとは、日本国民全体が理解されていなかったから、いくら叫んでも、信じてもらえなかった。

2006052402北朝鮮は理想郷をつくっていると、多くの左翼思想の信奉者には信じられていた。帰国事業で、多くの人がだまされて北朝鮮に帰って行った。社会党の田辺さんと自民党の金丸信さなんが、グループで行って金日成の接待で、大マスゲームをスタジアムで見せられ、ご馳走を食べて、歓待されて、すっかりご機嫌になって、金日成に感謝の言葉を述べて帰ってきた。

15671990年、日本社会党のツテを頼り田辺誠らと訪朝団を編成。団長として朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪問する。このとき自民党の代表として国交正常化や統治時代の補償とともに『南北朝鮮分断後45年間についての補償』という約束を自民党、社会党、朝鮮労働党の3党で交した(後の金丸の脱税捜査の際に発見された無刻印の金の延べ棒数億円分はこの時北朝鮮から貰ったのではないかとする疑惑もある)。この約束は帰国後批判を浴び、自民党の承認を得られず反故とされる。

そんな状況で、社会党は北朝鮮を友好国と思っていたから、有本恵子さんと石岡さんから秘密裏に送った手紙を社会党に持ち込んだら、その事実を北朝鮮に通知されて、この二人の身の危険を生じさせてしまった。その事実が、後になって、社会党の凋落の原因の一つになった。

P1559私も、横田めぐみさんの写真展を有楽町で見てきた。写真展は全国で開催されて、多くの支持者は我がこととして、写真を見て、その前で涙ぐむ人がいた。じっと見ていれば、自分の子供に引き当てて思い、涙が出る。写真展に出ている写真で、まだまだ新聞などには紹介されていないものがある。

しかし、今年は安部政権になり、対北強硬の安部さんが手腕を発揮して、ブッシュ大統領も協力すれば、一気に安部さんブームが起きる。参議院選挙の起爆剤になる。豪腕小沢一郎の戦略も、かすんで飛んでしまう。

「AV1575.AVI」をダウンロード 命を賭けた横田夫妻の「恵み」チャン奪還、他の拉致被害者を取り戻す運動は、あと一二年、北の崩壊がそのチャンスだ。北に招待されて言った、猪木さん、あと5年以内に北はつぶれるとそっと言った。北の幹部さえそう語っている。しかし、5年待つのは、横田夫妻には長い。

  00008_14_12 

拉致問題を考える  めぐみさんの写真展 北朝鮮包囲網  ドン詰まり北朝鮮と中間選挙アメリカ  山拓、北朝鮮訪問、とんでもない?! 集団脱北 国境警備兵20名  北朝鮮は六カ国共同宣言を守るか   北朝鮮の今を紹介  拉致被害者横田さん あと一年が勝負  北朝鮮制裁決議 根回しの悪さ  金正男、北後継者を降りる  拉致問題がよくわかる YouTube

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

|

« 会社を辞めるか、悩む世代 | トップページ | オウム真理教教祖麻原、死刑決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144429/11894148

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致被害者横田さん あと一年が勝負:

« 会社を辞めるか、悩む世代 | トップページ | オウム真理教教祖麻原、死刑決定 »