« 斉藤佑樹投手の進路選択 | トップページ | ベトナム戦争 沢田教一の写真から »

2006年9月18日 (月)

アナウンサーと牧師 我が友

1663 彼らアナウンサーと牧師 奇遇の再会であった。学生時代は机を並べて勉強した仲間が、浦島のごとく、40年ぶりに会った。今年、6月二人を見出して、ようやく再会にこぎつけた。会ってみれば、つい数日前に別れて、きょうあった、そんな印象。人生は、そんなものか。

★読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  nozawa22ブログ順位がわかる

1665_1早稲田の同窓、工藤弘雄(神戸の神学校校長)氏が講演で上京したので、アナウンサーの小林達彦氏と早稲田リーガロイアルホテルで会った。ホテルのレストランは、我々の長話にいい場所を提供してくれた。

アナウンサーは立て板に水、得意分野をしゃべり始めると、すばらしい勢いがある。彼は、つい最近まで、ニッポン放送の亀淵社長と一緒に働いたスポーツアナである。

1666_1牧師の彼は、神戸の神学校の校長、落ち着いた語り口で、説得力がある。学生時代からのクリスチャンである。共に一筋に自分の道を究めてきた点、誇れる友である。

バンカラ学生が多かった我がクラスでは、二人はまじめなグループであった。いやはや、きょうは午後2時に会ってから、三人が長き別々に過ごした時間を取り戻すがごとく、しゃべり続けた。別れたのは、午後9時、7時間の対話であった。

1667 牧師夫妻は、琴瑟相和し、夫婦喧嘩とか、醜い争いは少ないかな。そんな仲のよさが感じられる。見習いたい。しかし、まあ現実は知りませんよ。

午後9時過ぎたのを知って、最後に記念にと写真を撮った。これからは40年後は、もうムリ、記念に一枚。 

Waseda3nenn2

Kif_1670 本日は、二枚の写真の距離40数年を一気に埋めた邂 逅であった。 それにしても、小林君、工藤君、奥さん、たのしい時間、ありがとう。00008_39

小林達彦/工藤弘雄 二名発見

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
nozawa22ブログ順位がわかる

|

« 斉藤佑樹投手の進路選択 | トップページ | ベトナム戦争 沢田教一の写真から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 斉藤佑樹投手の進路選択 | トップページ | ベトナム戦争 沢田教一の写真から »