« 古い家(川越)写真集 | トップページ | 時は今 雨が下知る 皐月かな »

2006年6月 9日 (金)

黒田官兵衛 

Wtbook1 高橋和島のこの作品を読んだら、もう葛飾区の図書館には蔵書がない。最近知った著者だが、歴史的事実をよく知っているし、調べている。人物の言動、時代の動き、政治的な動向も、大人が読んでも耐えられるだけの中身が書けるようだ。

歴史的なものは変わらないから、読者がすでに知っている内容を飽かさず読ませるだけの小説の構想、筋書き、この点がすぐれている。

★読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

あとは、女性を上手にちりばめて、飽きさせない。文章も難しくない。「童」の付く作家より、名前は知られていないが、売れていい作家だ。

Wtbook 岐阜県土岐市の市のイベントとして、著作を依頼した作品。そんな注文の仕方は始めてだ。

陶磁器と茶道に詳しい秀吉側近の武将織部である。それほど歴史に名を残した人ではないので、興味が薄くなりがちの人物を歴史上の動き、秀吉周辺の人物と絡めて、飽きないストーリーに仕上げる力量は感心する。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

|

« 古い家(川越)写真集 | トップページ | 時は今 雨が下知る 皐月かな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古い家(川越)写真集 | トップページ | 時は今 雨が下知る 皐月かな »