« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月27日 (木)

中津川市の事件

Kif_3353中津川市の事件、と書くと、愛犬家一家殺人事件(中津川市坂下)が忘れられそうになっているのに、 またかと中津川市を思い出されていしまう。そう狭い町ではないが、▲tasukatta hoto の子だと聞いた。

きょう、電話で中津川市の知り合いから、地元でしか分からない話をいくつか聞いた。パチンコ屋、郊外型の大きなパチンコ屋である。しかも、あのパチンコ屋が目前だったとは、驚きだった。いつも多くの車が駐車してパチンコ屋は繁盛しているように見えた。

★読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

報道では抑えられているが、司法解剖の結果、中2女子は(ninnsinn)していたと言う。この子たちは▲▲(rannkou)グループだった、と町中で今言われている。今この年代では、付き合う=セックス友達という意味になる。中2でこうも乱れている。

私も少女と同じ町、同じ第二中学校卒だが、中津の町もうすっかり変わった人種が住んでいる、そう思える。全員がそうなるはずはないが、小野田少尉がルバング島で鈴木紀夫さんと出会ったとき、こんな感想を持ったにちがいない。この若者が日本人?と思ったのと同じ気持ち。中津の人間がこんなに変わってしまう。性の乱れの先端はこんなものかもしれない。こういうことは、地元の人に聞いてみないと分からない。

00017soukanzu 昔は、19号線といえば、今は宮町を通る道路だったが、今は中央道のバイパス、を19号線だ。そのことを忘れていたので、場所がわからなかったが、非常によく知っている場所だった。

 郊外型のパチンコ屋は壮大な大きさだ。廃墟になったパチンコ屋に入り込む中高生は乱交が目的だろう。中2の女の子がこういうグループでつるんでいるのを知らない教師、警察官はだめだ。教育とは、こういう面でのしつけを重視するべきだ。

市立第二中学校の通信簿は、行動面でのチェックが細かく書いてあった。学力も重要だが、有終の美、行動の責任、これらが先生から採点されていた。先生は生徒の全体像を捕らえようとしていた。

今は、塾の先生の方が、生徒から信頼されて、慕われている。和歌山の写真店主殺人の高校生も塾の先生に頼って自首した。学校の先生、ガンバレ。

女の子の母は、子供を面倒を見る精神的余裕、金銭的余裕がないからだろう。子供も甘える気持ちを受け止めてもらっていないからだろう。

中津川市坂下で起こった愛犬家殺人事件、あのとき娘婿が助かったが、その男は、殺された少女の母親の二番目の旦那だったという。その父親は離婚はしていても父親であることは変わらない。その男が、殺した高校二年生の家に何か、事を起こす可能性はある。当然、民事上の請求をすることはあるだろう。「落とし前」をつける可能性がある。だから、殺した高校生がどうなるか、心配する地元の声がある。

00011_2 この記事を書いたら、数日後に直の友達という子(多分女の子)からクレームの意見が来た。自分の名前は名乗らないで、言い分だけをぶちまけ、まくし立てていた。そんな、感じだ。たしか、私が他人の生き死に口を挟むことは、当事者とその周辺にいる人にとって、うざい存在ではあるだろう。私の人名など、言いすぎた点は▲にしたり、曖昧な表現に替えた。

その彼女のメールはこのようなものである。よしあしを読者に判断していもらうことにしますので、コメントをつけてください。

彼女は▲▲していた。 岐阜県高校の対応

フライディの報道では、以下のように書かれている。これが真実か、スジが通っているから、納得できる情報のような気がする。

事件があった19日の朝、直が一緒に登校した友達のC子に、『私、3ヵ月生理が来ん。1月にAとセックスしたから、今日の夜、Aに会って話し合う』と言ったんです。C子は僕も以前からよく知っていて、僕はC子から直接この話を聞いたんです「FRIDAY」5/12号より抜粋

身近にある言論テロ 物騒な世の中

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ 

| | コメント (1)

2006年4月23日 (日)

ケイ子先生 浪曲師春野恵子

Tkeiko  一見、見ただけでは分らないが、この人は、「進ぬ電波少年」の中でハチマキ頭の坂本ちゃんの大学受験の手助けするケイ子先生役をやっていた美貌の家庭教師だったひと
 
Emiko  いつのまにか、浪曲師になっていた。歌でもないし、バライティでもない部分に活路を見つけた。元宝塚の娘役だった人が平家琵琶を語るのに似ている。人と絡みあって競争するのが向かない人は、個人プレイで完結する芸がいい。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

 演劇でも活躍している人は極少数だ。そこに食い込むには、きびしい。運、実力、ヒキ。本人の努力。才能。売り込みの才能。 
 人を蹴落とす馬力。私が家庭教師に伺った家の娘Tさん、幼いころからピアノを習い、学校でも活躍してよくテレビの生徒討論会で発言するタイプだった。彼女が10代の終りにプロマイドを作り、芸能活動を始めたが、数年で止めた。 
 そのころ、和田アキ子がちょうどデビューしてきたころで、控え室などで一緒になることがあったらしい。
 Tさんは、リーダーシップを発揮して皆の先頭に立って発言したり、和田アキ子と似た部分があるから、キャラがかぶるのだろう。すると、そういうキャラがかぶる新人は徹底的に意地悪をされたらしい。芽が出そうなライバルは、和田アキ子に潰されて、泣く泣くやめる人は多い、と聞いた。 
 
 ケイ子先生、当時から、やさしくて強烈なカラーではないから、応援したくなる人だった。浪曲に行けば、目立つだろう。キク姫と呼ばれている浪曲出身のタレントも東京都のCM番組に登用されている。ひとかどになると、応用が利く人材になる。
 
 しかし、野球でも、フィギヤスケートでも、一流になった後、使い道のある人と、有名になっても使えないで、名前と社会的地位のギャップでうまく行かない人もいる。専門バカという。
 
Haruno_keiko_1  ケイコ先生情報 春野恵子ブログ
明日2月21日、NHKラジオのときめきインタビューに出演致します!
午前10時頃から約1時間です。長いぞ? たっぷり??
東京のスタジオから生放送なので、今日東京へ向かいます!!
行ってきまーーす!~   
~   ~   ~   ~
関西の若手浪曲師・春野恵子の
「東京でも勉強せなあかん会?」

3月19日(月)19時open 19時半start
新宿LIVEたかのや 1500円
(1ドリンク込)
(東京厚生年金会館となり・ファミリーマートの下)
お問い合わせ:03-5919-0228
三味線:沢村豊子師匠
 ~   ~   ~   ~   ~ 
新宣組第2回公演は2月26日池田市常福寺
お問い合わせは072-751-3940
 ~   ~   ~   ~   ~
国立文楽劇場・若手育成会 3月17日午後1時
お問い合わせは浪曲親友協会06-6771-6682
 
★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2006年4月11日 (火)

中津川市 全国夫婦岩1位 春うらら

四月の声を聞くと、 木曽路の入口の中津川市も春らんまんとなる。昭和30年、高校入学式のころ、宮町の恵比寿神社の桜は満開だった。学生証に貼る写真を桜をバックにして義兄に撮ってもらった。メール友Tさんに「中津の写真を撮って送って」と頼んでおいた写真が来た。

Sexr2 中津の名物といえば、五平餅とこの奇岩。あまりにリアルでこれを喜んでいいのか、迷う。この辺りは、火山がゆっくり冷えて花崗岩が浸食され、老化してできたのだろうと思う。全国にある夫婦岩のなかでも、他の似た岩を写真で見ても秀逸。

★読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

00005全国夫婦岩サミット連絡協議会 ここで列挙した各地の夫婦岩の中でも、中津川市の夫婦岩は、セットになった形からいえば、トップだろう。

農業の盛んなところには、昔から性器信仰がある。物を生み出すその根源を尊ぶという精神から、大切にしたのだろう。現代のように「性をもてあそぶ」という考えは、あまりなかったから信仰の対象になったのだろう。

Yakusi_1ここは桃山という場所で、ネーミングがしゃれている。お岩という岩の上に橋が掛かっていて、それを渡るとお薬師様があって、その裏にあたるところが、夫婦岩、続いて弘法大師となる。信仰を押付けるわけでもない感じがいい。弘法大師の境内に入ると、ふんわり包まれるそんな優しさがここにはある。

Kouboutaisi2小学校2年生か、3年生のとき、「飼っていた犬が賢くなりますように」と手を合わせて祈った記憶がある。そんな素朴な願い事ができる雰囲気がある場所だった。難しい信仰はいらないのが、ここのお岩あたりの宗教だ。

お薬師さまには、鼻の頭にオデキができたとき、姉に連れて来られて、お祈りした。その後、境内の石でオデキをこすると治るというので、石を拾ってきた覚えがある。そんな信仰があった。

Komainu写真を送ってくれたTさんのメールには文章がほとんどないので、写真の場所が不明。中津に住んでいた場所なら、写真みればわかると思われるが、私は中津に住んだ時間は人生前半18年だけ。5,6歳までは何も分からないとすれば、意識的に歩いたのは十数年、中津もそれから50年、今はよくわからない。

私が描いている中津の町は、昔のイメージ、今の中津はまるで違う。Tさんに頂いた写真を展示会風に並べてみます。Cherry1_2

  Sidaresakura1_1 

Tsusimatorii Tusima2 

00008_140   間家大正蔵  お菓子の町中津川市  本町界隈  間家大正蔵  中川 鮮さん 前中津川市長  玉蔵橋(木曽川  全国夫婦岩1位 春うらら 雑談、ムダ話の効用  冬、来りなば 楽しめる方言集  「みかんの花咲く丘」が歌われた頃    歴史の町中津川市 

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ   nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »