« 故郷の原風景、宮町、本町 | トップページ | ロマン薫る 日本大正村 明智を紹介 »

2006年1月29日 (日)

「みかんの花咲く丘」が歌われた頃

里の秋   みかんの花咲く丘 (クリックして口ずさんでください)里の秋足ふみオルガンみかんの花の咲く丘ピアノで、どちらも郷愁を誘う童謡だ。みかんの花咲く丘(解説) とんがり帽子(川田正子) みどりの丘の赤い屋根 とんがり帽子の時計台 川田正子の声が残っている。 参照みかんの花が咲く丘

4kawada この歌を歌っていた川田正子が亡くなったという投書を見た。71歳、ちょっと早い。しっかり者、お姉さん歌手であった。 

童謡歌手として、松島とも子が(岐阜県)中津にきたとき、たらいで水遊びしている写真が、太田町の吉野肉屋隣の写真館に長く飾ってあったのを覚えている。今はみんなおばあちゃんになっているが、あの頃は童謡歌手が花盛りだった。今では、童謡歌うのは、安田姉妹だけじゃないか。

Kif_7325 みかんの花 湯河原駅にあったタイル絵 日本がポツダム宣言を受諾し降伏した昭和20年暮れのNHKラジオは,戦地から日本に帰国=当時の用語では復員してくる将兵を励ますために「外地引揚同胞激励の午后」を放送しました。昭和20年12月24日午後1時45分のことです。
「音羽ゆりかご会」の童謡歌手川田正子さんが,番組のなかで新曲を歌います.戦災の焼け跡に,家代わりの防空壕に,闇市の雑踏にそのメロディが流れました。
可憐な少女の優しく澄んだ静かな歌声にたくさんの人々が思わず聴きいり、そして熱い共感に心満たされます。歌い終わるやNHKの電話は鳴り続け「いい曲だった」「もう一度歌ってほしい」というリクエストが殺到しました。「番組中にもう一度歌ったような気がします」と、川田正子さんは回想しておられます。その歌詞は


しずかなしずかな里の秋
お背戸に木の実の落ちる夜は
ああ母さんとただ二人
栗の実煮てますいろりばた

明るい明るい星の夜
鳴き鳴き夜鴨の渡る夜は
ああ父さんのあの笑顔
栗の実食べては想いだす


日本を目指して引揚げて来る復員船の中に父さんの笑顔はあったでしょう。

Kobatokurumi9763童謡歌手として、一番可愛いのは小鳩くるみだった

鷲津名都江わしづ なつえ 1948年1月20日- 愛知県出身 「Kobato.mp3」をダウンロード

あのころは、私たち子供はグループで徘徊していた。犬がお供で、遊んでいた。犬も子供も一体になって行動していた気がする。

めんこ(パンパン)やりながら、片方では漫画をみては順番を待っていた。色つき漫画が出始めたのだが、色がズレていたものが平気で売られていた。あれはひどいと昔の子どもでさえそう思った。田川水泡の「蛸の八ちゃん」田川水泡、「あんみつ姫」黒金章介、あとなんだったか、忘れたな。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

Tkawada1川田孝子 そのときみかんの花咲く丘 を本町の吉田さん(本州製紙工場長宅)の玄関でメンコしながら聴いた記憶がある。山がちの中津の町の子には、海の見える丘は憧れ、「いいなァ!」という印象だった。里の秋 はよく学校の合唱で聞いた。これは山がちの町ではしっくりきた。その中で、ちょっと悲しい、戦地の父を思うところなんかは時代背景が出ていた。

さよならさよなら 椰子(やし)の島
お舟にゆられて 帰られる
ああ
(注) 父さんよ御無事(ごぶじ)でと
今夜も 母さんと 祈ります

Doyou うちの父は出征しなかったから、そういう悲劇はなかったが、(注) 父親がいない家庭は多かったから、こういう歌詞を書いたのだろう。戦争が家庭を崩壊し、いかに惨めな生活を引き起こすか。この辺りのことを考えたら、憲法の改正して軍備を持つ、なんて簡単にいえない。熟慮が必要だろう。60年も経つと苦しみは忘れてしまう。人間の浅はかさがある。

この当時、草野球が盛んだった。昔の子は集団で遊んでいた。子沢山の時代だから、5,6人はすぐ集まった。集まると、本町から倉前町、桃園町、杉野町、線路渡って石炭置き場へ行き、野球をした。小さい子も仲間に集めてする三角ベースなら、そうは広い場所でなくでも遊べた。中津川は中央線西線の中央で、機関区が置かれていた。機関車のターンテーブルもあり、近くの広場には、蒸気機関車の石炭の貯蔵場所があり、そこが子供の遊び場になっていた。

小さい子、小学3,4年の私たちも、中学生について回った。上級生リーダーの話を聞いていろんな知恵をつけた。犬の散歩、釣り、魚すき、山遊び、先輩のお尻についていれば、安全だし、いろんなことを覚えた。門松取り、ゴイサギ取り、杉の実鉄砲作り、自転車のパンク直し、ドンド小屋の建て方。中3くらいになると、何でもできる。野球しながら、紙に書いた化学記号を覚えている兄貴分もいた。先輩のそうして大人になっていく姿を見ていた。

大人になっていく先輩の過程が見本で、彼らと一緒に遊ぶことでいろんなことが身についていった。ナイフの使い方、喧嘩のしかた、仲間との遊びが重要だった。学校の勉強を一生懸命やるのは別の次元に子供社会の中で身についた。江戸時代から連綿と続いた若者宿とか、その種の教育の場が身近に存在した。

ラジオが盛んに放送されていた。日米水泳大会で古橋広之進、橋爪がアメリカの選手を破って優勝したのに、日本中沸いた。それまでの1500メートル自由形は19分台だったのを古橋の予選の記録は18分19秒フラット世界新記録だった。1500メートル自由形で16分台は普通になっている今では、とても誇れる記録ではないが、当時、梅干や沢庵で麦飯を食っていた日本人がビフテキ食っていたアメリカ人に勝ったと大いに日本人に自信を持たせた。

向えの近藤家具(本町)のテルちゃんは高校生くらいの年だったが、後田川や前川に魚スキに親切で連れて行ってもらった。戦後は家具製造販売が盛んだったから、テルちゃんトコは余裕があった。ホンダの原付自転車も買って商売に使っていたが、近所の子供が乗りたがると、使わせていた。また、テレビを買ったのは、テルちゃんとこが本町一番だった。近所の子供が家の中に黒山の人だかりだったが、文句言わないで許していた。

Always三丁目の夕日」よりもっと前、昭和20年はもっと夢のあった一つの時代だった。当ページ

00008_14_3

    

お菓子の町中津川市  本町界隈  間家大正蔵  中川 鮮さん 前中津川市長  玉蔵橋(木曽川  全国夫婦岩1位 春うらら 雑談、ムダ話の効用  冬、来りなば 楽しめる方言集  歴史の町中津川市 (思い出、故郷)

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

忙しい時に「仰げば尊し」聞く    夏も近づく   旅先で味わう贅沢 ピアノとオカリナ コンサート      心疲れた方へ 童謡唱歌を紹介  さらば昴よ スバル    紅白06 秋山雅史/夏川りみがよかった  早春賦の季節となって   歌声広場 泉のほとり ロシア民謡を歌った夜 (音楽、歌)

|

« 故郷の原風景、宮町、本町 | トップページ | ロマン薫る 日本大正村 明智を紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 故郷の原風景、宮町、本町 | トップページ | ロマン薫る 日本大正村 明智を紹介 »