« ジェイコム株 あなたなら、どうする? | トップページ | 「テープ起こし」から「録音起こし」へ »

2005年12月18日 (日)

禍福はあざなえる縄のごとし

忙中閑あり わが人生を思う。年末になると、やたら忙しい。心が亡びると書いて「忙」しい。と世間の人はいう。

IMAG0009 今年の最大の出来事は、9月始めに義弟が突然の事故死、実弟も死に、義兄も83肺がんで亡くなった。妻の叔父も89歳で没した。人生はこんなものと割り切る。死んだのは、皆男なんだよ。これが不思議なくらいだ。ひょっとして、女は死なない動物かも知れない。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

私も、自分では自分の衰えはわかっている。元気そうに見えても、必ずお迎えがくる。「さよなら」だけが人生だ。と、坂口安吾が言ったそうだ。

昨日だったか、「二本の足を前後に揃えて、両手を広げ、目をつむって何秒立っていられるか。」健康チェックをテレビでやっていた。それが、10秒以上だったら、この先かなり健康でいられるという。ほとんど10秒持つ人がいないと思ったら、できる人がいるものだ。

死んでいく者がいれば、あたらしい命が、育っている。まだ5歳の孫が一番上、やっと文字が読めるようになったばかり。前途が長い。

GutenMorgen 今年の二番の出来事は、孫の元気なこと。イギリスから今年は半年以上、娘夫婦と孫のアイラが同居したことだろう。同居すれば、揉め事も起こるが、ウチに帰れば嬉しそうに寄ってくる孫がいる生活は楽しい。

子供がいる部屋の中はメチャクチャになる。しょうがないな。散らかすのが商売みたいなものだから。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

|

« ジェイコム株 あなたなら、どうする? | トップページ | 「テープ起こし」から「録音起こし」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェイコム株 あなたなら、どうする? | トップページ | 「テープ起こし」から「録音起こし」へ »