« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月28日 (水)

漢文の素養

00001annke-to  きょうアンケートの自由回答を入力している人から、この文字が読めないとメールがきた。わからない文字、入力できない文字は、jpgファイルでその部分をスキャンして送ってもらうことにしている。

(問合せhttp://www.nozawa21.com/Rennraku/ank.htm

アンケートで書かれた文章は、「当店から伍子▲を出すこともない」とある。70代以上の年齢の方の書く文は、30代女性には古文といってもいい。これは、漢文素養がある人の文章だが、ここで使うことはないだろう。もっと解りやすい表現は使ってもらえませんか。ふと、そう思ったがが、これも文化背景があるものを封じるのも、惜しい気がする。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

SonsiHeihou_2早速調べると、この伍子▲は、インターネットで調べると、伍子胥だった。すぐわかった。

この名前は「孫子の兵法」を読んだときに出てきたような記憶がある。

伍子胥ごししよ(?~前484)春秋の楚の平王に仕えていたが、父と兄が平王に殺されたので、呉に走り、呉が楚国を破るのを助けた。呉王の夫差が讒言を信じ、自殺を命じられたが、「自分の目をくりぬいて呉の東門に掛け、呉が滅ぼされるのを見る」といったために、夫差の逆鱗に触れ、屍を皮袋に入れて銭塘江に沈められた。

hei_04 onoda 「天網恢恢、疎にしてもらさず」「勾践、虚しゅうするなかれ」「李下に冠」三国志とか、春秋戦国の時代に興味持つ人だけしか知らない言葉になってしまった。昭和47年2月2日発見されて横井庄一、恥ずかしながら帰って参りました。」とのグアム島から戻ってきた人とか、1974年3月 フィリピンのルバング島で戦前の意識を持ち続けた小野田寛郎サンなら、わかるだろう。そのくらいの古さを感じてしまう。

岸信介(安倍晋三のおじいさん)とか、アーウーの暗闇の猛牛といわれた大平正芳、池田勇人、佐藤栄作、宮沢喜一、中曽根さん、このあたりまでは、一般の人より素養があるという印象ではあるが、だんだん漢文の素養は次第に薄くなっている。

大久保利通は台湾出兵の引き上げを交渉する際は、筆談で用件を伝えたという。明治の高官では、中国人と漢文で筆談ができるのが普通だった。この頃の志士の素養は漢文は必須だったわけだ。

昭和30年代の高校は、古文か、漢文を国語で選択した。漢文は、漢字だらけではあるが、日常で使える漢字、熟語が、漢文理解の助けになった。連理の比翼、偕老同穴など、そのとき覚えた。中国がもう勉強しなくなった昔の中国史を学習した。

今後、中国の文化、漢文の素養はどうしたら維持できるか、大きな問題であると思う。日本人にも、中国人にも、漢文は理解し合える手段として、大切な宝であると思う。

漢文をおよそ理解するには、「日本漢文へのいざない」松本 淳 著  をお読みください。http://homepage2.nifty.com/kanbun/izanai/izanai1/izanai1-index.htm#01-02backbone

漢文の学者にしては、噛み砕いた、とても読みやすい文章で、驚きます。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

| | コメント (3)

2005年12月26日 (月)

「ロシア油田」中国と競合から考える

13102020 (←日本の石油備蓄基地  ロシアのシベリアの油田開発で大慶ルート(中国)とナホトカルート(日本)が競合してロシア外交の切り札にされ、中国に負けそう。中国は、親中国アフリカ連合で日本の安全保障理事国入りを阻んだ。次の狙いは、「東アジア共同体」という名の「中国親衛国家連合」を作って、アジア諸国を中国の味方につけようとしている。

右翼的な国粋主義ではなく、国際的地位向上に日本の青少年にがんばってもらいたい。がんばるのは、スポーツだけでない。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

 外交に優れた青年を育てるシステムが、日本ではほとんどないに等しい。スポーツなら、子供から鍛える親は目立つのに、外交を目指す青年を鍛えるには、どうしたらいいだろうか。

 外交で日本は明治維新、ペリーが来たときから、後手後手と遅れを取っている。 日本青年に語学力が不足しているのではないかと痛感している。語学はできても、押しや情報収集力の才が不足とか、水準に達する語学力でも、国民のことに思いが至らない。

青年が100名いれば、その中で全般的に教養があるのが80人、その中で外国語の得意な人は20人、駆け引きのできるのがその半分10名、尊敬される人柄でまた半分の5人。外交官試験も受からなければならない。ただ外交官試験も、エリートのⅠ種(20名)一通りではない。一浪、ニ浪して、語学主力の試験と専門学科で外務専門職※になる手もある。体験記

10倍の人間がいる中国に対して、日本が外交を対等にやっていけるには、中国の10倍は人材を用意しなければ、対等にならない。10倍いれば、日本人の肝っ玉の据わった、中国に負けない青年が登用できる。

13301020 (←サハリン沖石油ガス鉱区)今後の外交相手(仮想敵国)は中国だ。サハリンの石油を買おうとすれば、中国がそれを邪魔をしてくる。ロシア自身も自国の存立を考えて石油外交をしてくる。それをアメリカ頼りはできる問題ではない。

中華の国、中国に対抗するためには、日本は他の国と歩調を合わせ、友好国を多くして、平和愛好の精神を押し出し、ODAなど経済力を武器にしてほしい。近隣東南アジアとまず仲良くし、中東、ヨーロッパの国々に日本の仲間親和の感情を持ってもらいたい。

また世界の未来を見据えた、節約技術、省エネ技術を掲げ、実利を与えつつ、石油戦略以外の外交カードを持っていきたい。

中国の外交方法をよく注視して、彼らの目指す先を日本は国民全体が知っていないと、人口10倍の国に勝てない。日本は負ける。

1. 外交官とは
外交官と呼ばれる外務省職員だが、実際には2種類の職種に分かれる。

(1) 外務Ⅰ種:外交分野におけるゼネラリスト、マネージャー的役割。
       将来は幹部・大使職。毎年約20名採用。女子は例年1,2名だったが
       本年度は4名合格。合格者の8割は東京大学出身。
(2) 外務専門職:外交分野における国・地域・言語など特定分野のスペシャリスト。
        言語はメジャー言語からマイナー言語まで幅広い。将来は幹部職。
        合格者の出身大学は国立大学から私立大学まで幅広い。

 外務Ⅰ種試験は、来年度から廃止され国家・種試験に統合される。他、詳細は外務省に資料を請求するか、ホームページを参照してください。


 住所:〒100―8919 東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
 ホームページ:
http://www.mofa.go.jp/mofaj/

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は、青年たちに、メジャーで野球をやるように、外交で活躍するための第一歩を紹介する。リトルリーグのチームで鍛えて、日本のプロに入るだけの力をつけてほしい。プロ野球の選手の数と外交官の数はほぼ同じのようだ。

00016E-Learning  それをやるには、英語を使える青年を10倍育てたい。それを支援するために、インターネット学習、E-Learningで勉強を紹介したい。きっかけはなんでもいい。Toeic-Testの学習がレベルが高いと感じる方は、Toeic-Bridgeで始めてください。

効果のある学習法とわかれば、信用される。それを信じることができる。NewtonのE-Learning この勉強方を1年続けてみてください。きちんと勉強して、効果ない方には返金されます。これは驚異のシステムだ。

10年後の活躍のために、大学に合格したら、合格レベルの英語力はかなりの勉強量しているから、その実力を落とさないように続けるようにしたい。大学に入った時の学力がピークで、それから卒業時まで、学力が下がっていくという日本の大学のシステムを打破したい。

00012 あなたの目標がが医学でも、外交でも、考古学でも、経済でも、専門性を生かすには、ます英語を身につけてもらいたい。30代までの歳月を無駄にしないように望む。そのためにも、Toeic-Test Toeic-Bridgeを試してみてほしい。人生の壁を突破するカギがここにあります。

00013 忙しい人は、いつでもどこでもできるE-Learning アヒルの水かき、見えないところで努力してほしい。必ずこの勉強方は、階段をのぼるように、合格保証を信頼して進めば、目的達成できる。

0001500014 英語の勉強を勧めるために、当社は代理店になっている。この趣旨をお伝えしたいと思っている。    

| | コメント (1)

2005年12月23日 (金)

にわとり

うちでは父、祖父の代からにわとりを飼っていた。
兄は飼って世話やくのはもちろん、六年生になったら、もうニワトリをさばけた。にわとりは卵を産まなくなったヤツから潰した。

rord (←名古屋コーチン)選んできたとりの胴を持って落ち着かせ、首をグイとひねって絞めた。ある時は、興味本位に、包丁で切り落として、手放したら、首なしで数メートル走って倒れた。戦国武将が首を落とされてのち、眼光するどく睨んだという記述も、この経験から、さもありなんと思った。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

とにかく、食うために動物は存在したと理解してほしい。子供は、羽むしりが仕事だった。いわゆるブツブツが見える鳥肌に毛をむしった。湯の中に入れるとむしりやすいが、肉の味が落ちるからとあまり歓迎されなかった。

火で炙りながら、鳥の羽をむしった。鳥の肉は、皮をはいで、足を落とし、手羽先を落とし、内蔵を分けた。睾丸、卵巣、心臓、胃袋、砂肝、肝臓、すい臓、あらゆる場所をにわとりの解体を見て、幼児のうちに覚えてしまった。sachi_niwatori

(←ブリモスロックニワトリは雑食だから何でも食べた。草、オオバコを食べさせると、卵の黄身を濃くなる。精麦会社から麦のぬかをもらい、それに雑草を混ぜて食わせた。そこへたんぱく質として、田んぼへ行って取ってきたトノサマ蛙をみじん切りにしてえさに混ぜた。田んぼにはカエルはいくらでもいた。殻を丈夫にするには貝殻を食わせる。

たしか、波多野勤子原作「少年期」(映画)にニワトリを飼う話があった。ビタミン補給する意味で「わかもと」砕いてえさに混ぜる話があった。

昭和20年代始めには、どこの家でもニワトリを飼っていた。今のように低コストで卵も肉も供給されていなかったから、卵は貴重な蛋白源だった。その当時から卵は10円くらいしたと思う。

寒くなると冬は小屋の回りをむしろで囲ってやった。また、鳥の羽の中に虫が湧かないように、砂浴び用の砂を入れて置くのは常識だった。

hakuregu (←白色レグホン)春先が多いが、白色レグホンも抱卵、巣篭もりを始める。ニワトリは雄鶏を入れておけば、交尾はしょっちゅうやっている印象だった。これは発情期だろうか。巣の中で卵を抱いて座り込んでしまい、卵を生まなくなる。

一日一個生むニワトリは滅多居ない。一日おきに生めばいいほう。早くこの時期を過ごさせるには、偽卵(瀬戸物の卵)を抱かせた。偽卵は陶器の店で売っていた。あるいは、巣から出して地面の上で熱をもった雌鳥の腹を冷やすように洗濯用桶をかぶせて一週間過ごさせる。案外乱暴なやり方だが効果あった。

SYamo(←シャモ)幼児のときから、21日で卵から雛が孵るのは知っていた。21日経てば、雌鳥はまた卵を生み始める。ウチでも有精子卵を抱かせて孵すこともある。ウチでかえすと雄と雌は半々でオスが多いので、雛は買ったほうがいい。

本町の脇から泉町行くと、杉野町に出る。その角のところに金子養鶏場があった。ここの養鶏所は雛を孵す専門だった。おじさんは鑑別士だったのかもしれない。うちの親父と親しかったので、ここから仕入れてきた。

買ってきた雛は、ヨチヨチ歩く時期は、親代わりのあったかい仕切り内に電燈を入れて熱を取っていた。しばらくすると、黄色が白になり、トサカが生えて色づく。

オスの成長は面白い。最初にトキを告げる雄がリーダーになっていく。リーダーになると、二番手が力を示そうとすると喧嘩を仕掛けていく。その様子は子供には興味深いものだった。トリ社会から力関係を見て社会を学ばせてくれた。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

| | コメント (0)

2005年12月20日 (火)

カルシュウム、ビタミン、たんぱく質

kif_1928孫を抱いて腰をドンと下ろすと、背骨にひびが入るような感覚に悩まされた。これはカルシューム不足ではないか。それ以来、カルシュウムに気を配っている。

牛乳は脂肪が多く、たくさん飲むと、下痢のような症状が起こる。これが難物だ。脂肪を減らした牛乳は、カルシュームと鉄分、たんぱく質が多くなるはず、と信じている。食べ物は一種の信仰みたいな面がある。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

健康のためには、三十種類の食品を食べなさいと言うが、それだけ種類を用意するのは困難。ポイントは、カルシューム、鉄分、ビタミン、たんぱく質だと思う。

朝、納豆とヨーグルトを食べると藤野、料理家、今度当選した小泉チルドレンの一人が言っていた。食べ物と平行して運動、柔軟ストレッチ体操をしているが、これより駅までの歩きが効果あると思っている。

最近もそうだけど、宣伝にだまされてしまうものが多すぎて、米の飯を腹八分目、季節の食べ物が重要だと思う。あと、地産地消ではないが、地域の生産物がいいらしい。それを表現するちょっと神懸りな「四文字熟語」があったぞ。忘れたが。

kif_1929私の食生活は、低脂肪でカルシュウムを取り、たんぱく質、ビタミンを心がけている。それが私の健康を保つ方法と心得ている。

アンパンは、甘い物好きの私の嗜好品。タバコのみのタバコみたいなもの。ヘンな言い草と解っているが、甘いもの好きは止まない。この程度の物が食べられたら、私は幸せを感じる。欲出せばきりがない。

充実した仕事、そしてブログがあれば、言いたいことがいえる。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

| | コメント (0)

2005年12月19日 (月)

「テープ起こし」から「録音起こし」へ

筆は入っていないのに筆箱はおかしいように、テープを使わないのに「テープ起こし」はヘンだ。ですから。「録音起こし」が妥当ではないですか。

Audacity_thumb音声を取り込むと、パソコンの画面上に波形が見える。こうして、音声をMP3ファイルに変換すると、全国どこへでも送ることが出来る。

当社では、この仕組みで全国の入力者に一瞬で送ってしまい、、即仕事ができるようになっている。このシステムになって、全国のレベルの高い人に仕事をしてもらえるから、録音起こしの仕事が当社では多くなっている。

読み始めたら、ここで木戸銭と思ってクリックしてね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ nozawa22ブログ順位がわかる

テープ(録音)起こしの様相が変わってきて、最近は、ほとんどカセットテープは使われない。多いのは、MDかな、MDも、Hi-MDが便利だ。これだと音声の取り込みが簡単。

次がCDか、DVDに焼き付けた音声。ここまでは、物に入っているから、送るのには物理的は手段が必要だ。

Audacity200_thumb 実際にインターネットで送ることが可能なのは、音声ファイルMP3だ。メールでは8~10Mb送れたらいいほう。WAVEも音声ファイルだが、これは重くて、MP3でないと事実上無理だろう。

Audcity1917 うちでは、録音された音声をパソコンに取り入れて、ソフト(Audacity)でMP3ファイルに変換する。コレが時間のかかる作業で、録音した時間と同じだけかかる。コレがもっと簡単にできるのが、Hi-MDだけだが、普及していないから、これで録音して送ってくれる人はまだ少ない。

入力者がMP3でファイルを送るというのを常識にしたい。そうすると、一般の録音起こしを依頼する人に浸透していくと思う。 もちろん宅急便で荷物を送ってくれても、仕事の質は同じ。レベルの高い仕事をします。ご連絡ください。

MP3にしたのちは、当社の保管庫にアップするだけ。全国の入力者にパスワードを持っていてもらっているので、すぐダウンロードできる。http://www.nozawa21.com/ これが当社の特徴の一つだある。

録音起こしサンプルLogo11

ソフトのインストールMp3ファイル化 説明

音声ファイルの作り方1  音声ファイルの作り方2  アップロード説明  一括説明  Audacity説明 00008_105

録音起こし新春座談会 テープ起こし 音声をPCに移す 特急録音起こし24時間  ダビング時間の節約  うちの仕事 録音起こし  「テープ起こし」から「録音起こし」へ 録音起こし 講義・講演サンプル  ファイル転送保存  音声ファイル化Audacityの利用  録音はズームマイク付きICだ  宅ふぁいるか、ファイルオクール

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ    nozawa22ブログ順位がわかる

| | コメント (1)

2005年12月18日 (日)

禍福はあざなえる縄のごとし

忙中閑あり わが人生を思う。年末になると、やたら忙しい。心が亡びると書いて「忙」しい。と世間の人はいう。

IMAG0009 今年の最大の出来事は、9月始めに義弟が突然の事故死、実弟も死に、義兄も83肺がんで亡くなった。妻の叔父も89歳で没した。人生はこんなものと割り切る。死んだのは、皆男なんだよ。これが不思議なくらいだ。ひょっとして、女は死なない動物かも知れない。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

私も、自分では自分の衰えはわかっている。元気そうに見えても、必ずお迎えがくる。「さよなら」だけが人生だ。と、坂口安吾が言ったそうだ。

昨日だったか、「二本の足を前後に揃えて、両手を広げ、目をつむって何秒立っていられるか。」健康チェックをテレビでやっていた。それが、10秒以上だったら、この先かなり健康でいられるという。ほとんど10秒持つ人がいないと思ったら、できる人がいるものだ。

死んでいく者がいれば、あたらしい命が、育っている。まだ5歳の孫が一番上、やっと文字が読めるようになったばかり。前途が長い。

GutenMorgen 今年の二番の出来事は、孫の元気なこと。イギリスから今年は半年以上、娘夫婦と孫のアイラが同居したことだろう。同居すれば、揉め事も起こるが、ウチに帰れば嬉しそうに寄ってくる孫がいる生活は楽しい。

子供がいる部屋の中はメチャクチャになる。しょうがないな。散らかすのが商売みたいなものだから。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

| | コメント (0)

2005年12月16日 (金)

ジェイコム株 あなたなら、どうする?

KIF_1902Newspaper この24歳の青年は株取引に通じていて、ネットで取引をしているのか。みずほ証券のミスに乗じて5億6300万円稼いだ。

このやり方は、資本主義社会のほころびに入り込んだのだろう。私だったら、どうする?欲、煩悩、これを拒絶fできるだろうか

そこに億のカネが転がっているのだから、犯罪人なるわけではない。しかし、倫理からもOK?自分の良心に違反はしていないと、言い訳が必要?

当然の権利だろうか。品がよろしくないのは、事実。ずうっと迷うのは、私の煩悩だろう。

この煩悩が人間の生命力かもしれない。生存のためには煩悩がないと生きられないかもしれない。戦争のようにギリギリの状況できれい事は言っていられない。あえて命をつなぐためには、手を汚さないと生きられない。

ジェイコム株で儲けた6億円、違法ではないし、しかし、あまりいい儲け方ではない。といって、返すのは惜しい。ここに問題がある。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

あなたなら、どうする?ここを日本中で議論する国土になっていったら、日本の姿を問える。悩めるハムレットになって、日本経済が停滞する、そんな議論さえ出てくるかもしれない。

27Sai 今度は、6億どころではない、20億とは。私のちいぽっけな危惧、信念、煩悩なんか問題じゃないだろうか。

すごいことをやる人間がいる。20億稼ぐ元手を動かせるのが、27歳で、すごい。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

| | コメント (0)

2005年12月15日 (木)

日本人の本質

Tousyo1 日本人の本質を考えることが少ないと思っている。日本人は、お互いは違うようだが、島国で囲まれているせいか、均質な性格を持っている。

中国人は大陸であるせいか、個々がまったく違うといわれている。一様に、中国人とは、というくくり方ができない。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ 

さて、日本人は、他国の人から言われると、納得しがちであるが、このシンガポールのリーさんからの指摘は実に的を得ている。

「日本人の持つ集団の結束力規律の正しさ知性勤勉さ、それらすべてが日本の力のもとになっている」と、リー元シンガポール首相は語っている。的確に言い当てている。

ほめられた日本人気質を、これを今回の建築偽造問題の一連の組織にあてはめて見ると、こうなる。日本人は、ニンジン(利益・カネ)をぶら下げれば、組織ができて、その下に人が集まり、知恵を働かせ、一生懸命にやる。そういう構図ができる。

集団の結束力=まとまりやすく、
規律の正しさ =統一行動をする、
知  性     =悪賢い知恵が回る、
勤 勉 さ    =一生懸命やる。 

カネに転ばない、人間を育てるには、「武士は食わねど、高楊枝」が必要だ。(川柳の心は「食いたい」ではあるが)、我慢、やせ我慢をしうる心も必要ではないか。しかし、飽食の日本では、それはできるか。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2005年12月11日 (日)

光電話って、債券75000円どうなる?

00014 突然ノックしてきたのは、「NTT東日本」というIDカードを首から提げている男だった。身なりもきちんとしている。最近の押し売りは身なりがいい。

光電話にすると、料金が安くなる」と唐突にいわれても、困ってもいなかったし、光電話の必要性がわからなかった。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

全然その心の準備がないところに、「NTT東日本」と強調した人が「回線工事は無料で、電話代が安くなります」「ただし、光専用の電話機をレンタルで払うことになり云々」と説明で、工事を急がせる口ぶり。NTTのやり方とは、明らかに違う。

「何も、NTTからのお知らせがない」「書いた説明書がないから」と渋っていると、電話料の請求書に書いてある、という。「わかる者を呼んできます」と、合計で5人が出入りした。

最後に地区責任者が来た。よくよく聞くと、「NTT東日本」の販売代理業者「アップデート」という会社だった。確か、光ファイバーと電話、FAX、そが光ファイバー本分が基本料になり、その基本料が安くなる、という。しかし、従来の電話機が使えないから、光専用の電話機はレンタルにならざるを得ない、という仕組み。

この光電話機のレンタル料を最後まで言わなかった。通話料の下がる点、従来の通話料で安くなり、カバーできる。それしか言わない。光電話はいいかもしれない、と感じる心を読まれると、間髪をいれず、ニコニコしながら、得になる点を強調し、決断を迫る。セールストーク独特の押しの強さがある。

決断しないと、「きょう2件キャンセルが入って、営業の責任者として、数字を上げなきゃならない」、と泣きが入る。こんなやり方は、あとからキャンセルしたくなるだろう。

年をとると、判断力が鈍り、この種の押しに弱くなる。リホーム業者ほどの悪質さはないだろうと思うが、セールスの押しは、かなりのものだった。

他に相談をするとか、時間をおくとか、説明書の残して比較する余裕を与えない。相手は、光電話の長所メリットも、損な部分も熟知している。ところが、こっちは予備知識も心の準備もない。そこに畳み込まれる、どう対応していいか、わからない。

「説明書を読んでから」と「相談する人がいるから」と、この二点で地区責任者と対応した。この人、40歳前後の大きな声の、人当たりのそう悪くない人だった。

「平成電々は、あれだけ宣伝して、ポシャってしまったじゃないか」というと、「経費を掛けすぎですよ」という。「NTTに払ってある75000円の債券は、コレに入ると、どうなるんです?」というと、彼はあわってて、「半額の35000円分は、サービスします」「そんなこと、あなたの権限でできますか」「いや、全額は、むりですが、半額はサービスします」という。

これで、一つ気づいた。NTTの電話債券問題を解決する方式として、光電話になることで、従来の制度から離脱で、債券75000円も放棄するという図式? そのNTT債券解決策に乗じて、電話料の請求が販売代理店に移ることで、権利の消滅を狙っているように見える。

しかし、ウチの電話、FAX,インターネット事情から、従来のISDNと光ファイバーの混在は複雑すぎる。コレを単純化するには、光電話で単純化していく以外に選択の余地がないようだ。

113・116へ電話して、光電話の説明パンフレットを取り寄せることにした。それに書いてあることを知ってから、ここで債券の半額をどう保証してくれるか、聞いてみたいものだ。

だんだん便利になると同時に、うまく供給者の網の中に利用者は追い込まれる。これに逆らえない消費者は、電話やインターネットのない不便で耐えるか、それを選択するしかないのか。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

インターネット創生期

K1734士通オアシスの親指シフトで入力に慣れて、ワープロが楽しくなった頃、秋葉原の電気街の店員に根掘り葉掘り聞いて、ようやく電話回線をワープロにつないだ。それは、平成の4,5年かな。

K1735 文字送信ができるようになった。ワープロで入力した文章を送信開始すると、文章の1行ずつが消えていくように伝送されるのが画面上で見えた。これで、フロッピーを宅急便で送る必要がなくなった、と嬉しかった。

送信中は、長い文章が順次消えていく。それをいつまでも見ているわけにいかないので、他の仕事をしてはまた画面を見に来る。そんな悠長な送信風景がついこの前まであった。これでも、フロッピーで送るよりはずいぶん便利になった。

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ 

K1732この頃の機能に、相手がダウンロードする前だと、オアシス同士なら、取り消しできた。これは、同じオアシス同士だけ特典だったが。このワープロは、パソコンよりずっとたかった。このオアシスだって24万円以上した。パソコンはもっと高い。40万円は当たり前の値段だった。

私のインターネットの始めは、テープ(録音)起こしの仕事は、私がゴーストライターをやっていた関係で、インタビュー録音を書き取る作業が出る。それを入力者を募集してやってもらったのが始まりであった。

普通にエクセルで仕事が可能になった。また、周辺の会社にもパソコンが入り、インターネットが普及して使える人が多くなった。

 平成の初年ごろ、教育ソフトCAIのシナリオ作成者募集に応募したことがある。赤坂(地下鉄)の駅の数分、TBSに近くにある会社だった。塾で生徒を教えている経験を買われて、数学、社会の教科書から、コンピュータで勉強できる教材に書き換える仕事をした。1本につき、専用の便箋に200枚近く書いた。

 その脚本から、技術者が入力して生徒が使える1枚のCAIソフト教材ができる。当時、勉強のため、展示会や教材ライブラリーにも通った。展示会には名だたる揺籃期のゲームソフトの会社が集まっていた。「信長の野望」とか、興味引くゲームソフトを並べていた。教育ソフトはその頃から地味だった。

私の書いた社会のソフトはまだ未完成で、動きがある部分がメモリーは食うし、むずかしいと一部作成の展示だった。今なら、あの程度の動作は簡単だろうが、その当時は動きを式で書き込まなければならないから、技術者泣かせだったかも。

創業11年経つが、まわりに入力者が少なく、メール送信さえ出来ないから、フロッピーに入れて持ってきてもらった。各自の文豪、ルポ、オアシス等のデータをテキストに落として、それを読みこみ、ワードでまとめた。

最初の仕事は、相手の会社はソフト「桐」を使ったデータを作ることだった。ところが、データをエクセルに入れるのがやっとだったので、それをテキストに落として読み込んでもらうのだが、こっちもシロウト、相手の会社の女性も桐は覚えてもテキストデータを読み込むのができなかったり、とにかくうまくいかないので、呼び出されてやるのだが、汗ばかりかいて進まない。苦しい思いがある。

 テキスト化する意味も、最初は理解できていなかった状態で仕事として始めたが、それから十数年、仕事の中で、技術を覚えてきた。誰かについたり、学校で技術を習うわけではないから、進歩も遅々として進まない。覚えた技術は(大したものはないが)できるだけ開放して、手を組み合って進もうと思う。

最初、マックもウインドウズもわからないから、この仕事をしてほしいという会社から頼まれて指導を受けたりした。都合よくマックがいいと吹き込まれて、マックを買う。これは、今のウインドウズの機械なら2台買える高価なものだった。しばらく使ったら、ウインドウズが主流だと気づいた。

試行錯誤の十数年、ようやく、信頼される仕事場になり、昨日も、某大学の研究室から、「いい仕事をしてくれると思っているから、ここの先生にPRはがきを拡大してFAXして送ってください」と電話があった。ありがたいことだ。

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

| | コメント (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »